June 13, 2010

__36月6日に第一回情熱の日・芸術祭 コンクールシューレのセミファイナルが札幌サンプラザコンサートホールで開催され、審査をしました。

カテゴリーは導入、初級、中級、上級、コンチェルトと部門が分かれ、第一回なのにもかかわらず沢山の参加者が押し寄せました。

審査員はコンクールの創立に関わっておられる札幌コンセルヴァトワールの院長である宮澤功行先生を始め、道内の著名な演奏家や先生方で構成され、ピアノ、ヴァイオリン、チェロなど様々な楽器奏者が審査に臨みました。

審査委員長は、素晴らしいピアニストでモスクワ音楽院教授のヴラデミール・オフチニコフ先生が招かれました。

全カテゴリーで135名の参加者朝9時半から夜9時半過ぎまで審査が続きとてもハードでしたが、隣りの席のオフチニコフ先生と次々と登場する若い音楽家達の演奏について感想を言い合ったり、審査員控え室でも冗談を言い合ったりと、終始和やかな雰囲気の中で演奏を聴く事が出来、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

何より、生徒さん達のひたむきで情熱的な演奏が素晴らしく、本当ならば全員にファイナルでもう一度演奏してもらいたい気持ちになりました。

ファイナルは来月17日で、札幌キタラ大ホールでの演奏となります。
入賞者にはモスクワでの演奏の機会が与えられ、コンチェルト部門上位3名には、再び札幌キタラ大ホールで、宮澤先生が指揮するオーケストラHARUKAとの共演の機会が与えられます。

来月またファイナルの審査をしますが、生徒さん達の素晴らしい演奏を聴くのが、素晴らしい音楽家で教育者であり人格者であるオフチニコフ先生、強く情熱的な理念を貫いていらっしゃる宮澤先生とお会いするのがとても楽しみです。

※写真はセミファイナル終了後に、刺身系では札幌でNo.1と宮澤先生お勧めのお店で。お刺身大好きなオフチニコフ先生も「まるで喜びの島にいるようだ!」と、ずっと唸りっぱなしでした。


(22:06)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔