コンサート

February 17, 2010

__非常に久し振りに日記を書きます。
キーボードを叩くには、気分が乗らないとなかなか出来ません。
変な時間に目が覚め、今まさにパソコンに向かわないとまたかなり先になってしまいそうだったので、我が身に鞭打ってシコシコとキーを打っています。


昨年11月27日に、ハンガリー・ソルノク市立交響楽団の来日公演最終日でバルトークのピアノ協奏曲第3番を共演しました。
会場は、東京ニューシティ管とのリストの『死の舞踏』を共演した初台のオペラシティコンサートホール。
指揮はもちろん、このオーケストラの音楽監督でありソルノク市の芸術監督である井崎正浩さん。

山形や甲府など、タイトなスケジュールで沢山の地方公演をこなし、その度に各地で高い評価を得て気分も最高潮になっていたオーケストラの皆さんは、今回の最終公演では本番前のリハーサルですでに熱く燃えていました。
ゲネプロは、このテンションが本番まで続くのかと少し心配になってしまう程の盛り上がりでしたが、本番が始まるとそんな不安は一瞬にして消え去りました。
オーケストラは、更に更に集中度の高い、かつ大胆で情熱的な演奏を繰り広げてくれ、共演していて本当に充実した幸せを感じました。

井崎さんの、バルトークの音楽への強い想いや今回の来日公演に掛ける情熱的な想いがバルトークの音楽に乗り移り、僕もそのエネルギーを強烈に受け取ったように自分で感じていました。
特に最終楽章のオーケストラの間奏での井崎さんの渾身の指揮をダイレクトに感じ、プレーヤー全員に完全にスイッチが入ったのをはっきりと確認しました、いや、スイッチが入る音が聞こえました(笑)。

演奏される機会が世界的にみても決して多くないこの協奏曲を、バルトークが愛したマジャール語を日常の言語として話している彼らと共演出来た事も、それを日本の皆さんに聴いて頂けた事がとても嬉しかったですし、本当に素晴らしい幸せな本番でした。

オーケストラのメンバーを始め、団長さんサイドからは再共演を希望するお話を頂きました。また、この素晴らしく情熱的で温かいオーケストラと一緒に演奏出来るのを楽しみにしているところです。

井崎さん、オーケストラの皆さん、どうもありがとうございました。
そして演奏会にお越し下さった皆様、本当に遅くなりましたがどうもありがとうございました!!


実は今年は、僕の東京デビューリサイタルから10周年にあたります。
会場は東京文化会館小ホール。マネージメントは神原音楽事務所でした。プログラムは二晩分になってしまう位のボリュームで、今見ても自分で呆れます。。。

2000年10月31日 東京文化会館小ホール PM7:00開演
ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126
ブラームス:4つの小品 作品119
バルトーク:ピアノソナタ 1926
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜休憩〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シューベルト=リスト:愛の使い
シューベルト=リスト:若者と小川
シューベルト=リスト:魔王
シューベルト:ピアノソナタ D.960 変ロ長調


10周年記念リサイタルを、10月に予定しています。
プログラムはまだ検討中ですが、デビューリサイタルの中から幾つか演奏する事も考えています。
リクエストはありませんか?今だったらまだ検討します(笑)。
その他、延期になっているショパン連続演奏会のリサイタルが4〜5月の間に、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番二短調の演奏会(墨田トリフォニー大ホール)が5月に予定していますので、皆様是非聴きにいらして下さいね。
詳細は改めて日記に書きます。


(15:53)

September 10, 2009

db35fb36.jpg9月1日はハンガリーの大切な祝日『ソルノクの日』。

首都ブダペストから車で約1時間の所に位置するソルノク市でバルトークのピアノ協奏曲第3番を演奏してきました。

共演はハンガリー・ソルノク市立交響楽団で、指揮はこのオーケストラの音楽監督を務める井崎正浩さん。
2月にフライハイト交響楽団とバルトークをご一緒して以来になります。

バルトークをハンガリーのオーケストラと共演するのは初めてでしたので、とても楽しみにしていました。
特徴的なリズムやアクセント、言葉の語り口などさすがマジャール民族ならではのもので、演奏していてとても説得力があり、リハーサルでの初合わせの時から皆さんの情熱がビンビンにみなぎり伝わってきて感動しました。
ソルノク響のメンバーは、音楽監督である井崎さんを非常に信頼し尊敬していて、その井崎さんが招聘した日本からのピアニストである僕を敬意を持って受け入れてくれている事も強く感じられ嬉しく思いました。

その井崎さん率いるハンガリー・ソルノク市立交響曲が11月27日に初台のオペラシティコンサートホールで来日公演をします。その時に僕もバルトークのピアノ協奏曲第3番でソリストを務めます。

後半のコダーイのミサでは、ハンガリーを代表する国際的ソプラノのロスト・アンドレアがソリストを務めるのも魅力です。ミラノ・スカラ座の帝王リッカルド・ムーティが惚れ込んで椿姫に抜擢したプリマドンナです。

今度は日本でバルトークを共演するのがとても楽しみです。
とても貴重なプログラムですので、皆さん是非聴きにいらして下さい。

※チケットの割引き可能です。


(21:06)

December 01, 2008

152a03f0.jpg昨日は朝早くから表参道カワイでピアノ教育連盟のオーディションの審査と大学で試験前の合同レッスンが夜遅くまであり、ご報告が一日遅くなってしまいました。


代官山ヒルサイドプラザホールでのシューベルトの「鱒」が終わりました。
客席は200席ほどですが、とてもお洒落で温かい雰囲気を持つホールで、ピアノはベーゼンドルファのフルコンが装備。92鍵盤あります。

実は、このピアノには嫌な思い出がありました。
14歳の時に、ザルツブルクでモーツァルテウム音楽院のメインホールでのリハーサルなしのガラコンサートに出演した僕は、インペリアル97鍵のベーゼンが存在する事を知らなかったのです。
メフィストワルツの冒頭を1オクターブ低くスタートしてしまい、すぐに戻すと恥ずかしいので前奏部分を丸々そのまま弾き通した、という苦い記憶が…(笑)。


それはさておき、素晴らしい共演者に恵まれて、本当に楽しく幸せな演奏会でした。
ウ゛ァイオリンの梅津美葉さんの力強く推進力のある流れ、ウ゛ィオラの佐々木亮さんの豊かで温かい音色と的確なセンス、チェロの石川祐支さんの美しい音色と豊かな音楽性、最年少のコントラバスの遠藤祐平さんの的確で安定感のある通奏低音、それぞれ質感の高い素晴らしい演奏家でしたので、安心して作品に集中する事が出来た事が有り難かったです。
二楽章のウ゛ィオラとチェロのデュエットなど至福の瞬間で、「あぁ、室内楽っていいなぁー!!」と感銘を受けてしまいました。あっ、自分もその時一緒に弾きながらですけど(笑)。


是非また共演したい仲間ができて、とても嬉しい演奏会でした。
どうもありがとうございました。


(12:54)

November 20, 2008

fa694bec.JPG
11月17日、初台のオペラシティ武満メモリアルホールで行われた東京ニューシティ管弦楽団の定期演奏会が終了しました。


今回演奏したのはリストの傑作『死の舞踏』。
素晴らしい作品なのにもかかわらず、そのあまりに衝撃的でデモーニッシュなアクの強いたたずまいからか、プログラム的に組み合わせが難しいからなのか・・・国内はもちろん、世界的にみても協奏曲No.1に比べて演奏される、生で聴く機会が極端に少ない、作品です。

ですから、今回の演奏会で『死の舞踏』を弾ける事を本当に楽しみにしていました。
悪魔的で輝くような神々しさと究極の美しさを備えた超難曲ですので、実際にオーケストラと合わせる事に関して、期待と不安が入り混じった気持ちでした。

演奏会の二日前に指揮の内藤先生とピアノを使って二人だけで打ち合わせ。内藤先生は、ソリストの考えや感覚を最優先に的確にサポートして下さる方で、とても有り難く感謝しています。

そして、前日にはいよいよオーケストラとのリハーサルです。
東京ニューシティ管弦楽団の皆さんは、確かな技術はさることながら、音楽に対する姿勢が情熱的で、ソリストである僕をとても温かく支えて下さって、本当に嬉しい気持ちで共演する事が出来ました。リハーサルの前後にも話し掛けてくれる方が多く、演奏以外では通常孤立しがちなソリストの気持ちを温かくほぐしてくれました。
オーケストラにとっても『死の舞踏』は初めてということでしたが、合わせる面でも最初の合わせから全く問題なく進み、僕の感じ方や解釈を感覚的に汲み取ってくれ、まさに一緒に音楽を作っていく事が出来ました。
このリハーサルで、不安は一切消え、音楽、作品そのものに集中する事が出来ました。

ゲストコンサートマスターは素晴らしいウ゛ァイオリン奏者の浜野考史さんでした。
師匠のハイドシェックさんが数年前に来日し、奥様のタニアさんとモーツァルトの2台の協奏曲を演奏した時もコンサートマスターをされていた方です。
浜野さんの美しく的確な音色をすぐ後ろに聴けた事は、自由に楽しんで演奏出来た大きい理由でもありました。


本番では、先月の紀尾井ホールで使用したニューヨークスタインウェイ(通称;F1)を再び運んでもらいました。
当日はコンチェルト&大ホール用の調整が施され、そのスキルと音色はまさにモンスター。高木さんの腕前にはいつも驚かされます。
素晴らしい楽器にも支えられ、心から楽しんで演奏する事が出来、とても幸せでした。


演奏後は長く温かい拍手を頂き、(少々長かったと反省していますが、死の舞踏は少し短めの曲なのでお許し下さい。)僕自身の編曲によるリストのハンガリー狂詩曲第13番をアンコールに弾かせて頂きました。
紀尾井ホールでのリサイタルでのプログラムの最後に弾いた曲でしたが、もう一度あれを聴きたいと言って下さる方がとても多かったのでアンコールに選ばせて頂きました。

演奏会終了後にはサイン会が行われ、CDを買って下さった沢山のお客様が並んで下さいました。どうもありがとうございました!

内藤先生、オーケストラの皆さん、浜野さん、本当にどうもありがとうございました。
またご一緒させて頂くのを楽しみにしております。
そしてご来場の皆様、本当にどうもありがとうございました!


※写真はゲネプロの後のリハーサル



(11:03)

October 26, 2008

bea7ade9.JPG先週土曜日の紀尾井ホールでのリサイタルが終了しました。


当日は温かいお客様のお陰で、自分で組んでおいて何ですが(笑)、我ながら超ハードなプログラムを弾き切る事が出来ました。
お忙しい中お越し下さいました皆様、心から感謝を致しております。
中には北海道や名古屋、栃木や茨城など、この演奏会の為に遠くからいらして下さった方が沢山いらっしゃいました。
本当にどうもありがとうございました。

もう何度か紀尾井ホールで弾いていますが、やはり素晴らしいコンサートホールだと改めて思いました。
響きも雰囲気も世界に誇れる会場だと思います。
当日ホールに持ち込んだニューヨークスタインウェイも喜んでくれているように感じる事が出来たのも嬉しかったです。



さて、来月17日には、また同じピアノをオペラシティ武満メモリアルホールに持ち込みリストの『死の舞踏』を演奏します(内藤彰さん指揮/東京ニューシティ管弦楽団定期演奏会)。
このホールもまた素晴らしい響きを持った会場ですし、オーケストラとの共演でF1の異名を持つこの楽器が、どのように鳴ってくれるのかとても楽しみです。

皆さん、また是非聴きに来て下さいね!
8e84a5b6.JPG

(21:59)

October 13, 2008

8e84a5b6.JPG演奏します。
桐朋高校に入学して以来ショパンはよく弾きました。
その頃はただ純粋にショパンの作品の持つロマンティックな空気感と華やかさに惹かれていたのかもしれません。

ハンガリーに留学し、約8年間ヨーロッパに暮らすうちにいつしか自分の興味がショパンから離れ、ドイツ古典からロマン派やロシア物へ。

それらの作品を研究した結果、ショパンの音楽がドイツ物に比べて更に厳格で音楽的文法に乗っ取ったものである事に気が付き、10数年ぶりに演奏会でショパンを取り上げたくなったのです。

プログラムにはショパンの他、シューマンとリストが並びます。
実はこの三人、リストは一歳年上ですが同学年(?)なんです。
特に、ショパンとシューマンが同い年であることに驚きませんか?

今回はそんな三人の作品を、言葉遣いや表現の違いを聴き比べて頂きたいという気持ちで組んだプログラムです。
是非お越し下さい。

チケットは、チケットぴあ、e+、紀尾井チケットセンター、イマジンチケットセンターなどでもお求めになれます。

皆様に会場でお会い出来るのを楽しみにしております。


<干野宜大ピアノソロリサイタル>

日時;10/18(土)PM19時開演
場所;紀尾井ホール

<プログラム>
ショパン:ポロネーズ「幻想」、2つのノクターンop.27-1、2、スケルツォNo.2、バラードNo.4
シューマン:クライスレリアーナ
リスト:ハンガリー狂詩曲No.13(干野宜大編曲)

主催;コンサート・イマジン
協力;アウローラ・クラシカル
後援;ヤマハ銀座店、河合楽器製作所、ヤングプラハ国際音楽祭実行委員会、在日本ハンガリー共和国大使館、日本ハンガリー友好協会、ハンガリー政府観光局、株式会社WFN SEVショールーム

チケット;
S席\5000、A席\4000、学生席\3000



(11:32)

August 23, 2008

先日20日の上野旧奏楽堂でのトウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブルの定期演奏会が終了しました。

弦セクションの固定メンバーに、管楽器の助っ人が加わってくれて、とても楽しい演奏会になりました。

最後のコンチェルトのリハーサルでは、旧奏楽堂のステージやシャンデリアがグラグラ揺れる位の地震がきて皆さん中腰になる場面もありましたが(一瞬ピアノの下に潜ろうかと思った笑)、本番では地震も来ず無事に終える事が出来ました。

ウ゛ィエールのメンバーは、指揮者の石川さんを含み、ほとんどが大学時代からの親しい仲間で構成されていますが、その信頼感が演奏に現れていて共演していてとても楽しく、リハーサルから本番まで心地良く臨めました。

今度は僕も石川さんも大好きな曲、KV595やベートーヴェンも出来たら良いね!と話しましたが、近い日に実現することを願っています。

ご来場の皆さん、石川さん、ウ゛ィエールの皆さん、どうもありがとうございました。


(01:31)

August 10, 2008

962a7448.JPG昨日と一昨日は、二日連続で表参道パウゼへ。
8日は来月からロンドンへ留学する大2の池永夏美ちゃんの演奏会を、9日は西山姉妹のデュオリサイタルを聴きました。

池永夏美ちゃん;
バッハ=ブゾーニやラウ゛ェルのソロの他、オーボエとの共演でプーランクを、そして後半はチャイコフスキーのピアノ協奏曲を…という大プログラムでした。

西山由紀&由香姉妹;
モーツァルト=ブゾーニ:魔笛の序曲、モーツァルト:2台のピアノの為のソナタ、サン=サーンス:死の舞踏、サン=サーンス:動物の謝肉祭、リスト:ドン・ジョバンニの回想・・・というこちらも重量級のプログラム。


どちらも自分で企画しながらの演奏は大変だったと思いますが、とても立派な演奏会でした。
演奏を聴きながら、まだ中学生だった夏美ちゃんと初めて会った時の頃の事や、西山姉妹との出会いや彼女達の目覚しい成長をを思い出したりして…胸が熱くなったりしながら演奏会を楽しみました。

今後も益々充実した勉強を続けて、また成長した演奏を聴かせて欲しいと思います。
是非頑張って下さい。




ところで、まだ少し先の話なのですが…


今月20日に上野の旧奏楽堂でモーツァルトのピアノ協奏曲KV488 イ長調を演奏します。

共演は指揮者の石川和紀さん率いるトウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブル。
日本でも珍しい弦楽器で構成されたアンサンブルで、結成からもう13年目だという。
僕は今までに数回、このオーケストラの定期演奏会を聴いているのだが、美しく温かいサウンドを満喫しつつ、毎回非常に感銘を受け続けていたので、今回の共演はとても楽しみなのです。

真夏の暑い夜ではありますが、モーツァルトの透明感あるサウンドで少しでも涼しくなりませんか(笑)?



トウキョウ・ウ゛ィエール・アンサンブル定期演奏会
2008年8月20日
午後18:00開場・18:30開演
上野旧奏楽堂


オールモーツァルトプログラム;
ディベルティメントKV136 D-Dur
ピアノ協奏曲KV488 A-Dur
交響曲第40番KV550 g-moll


(21:54)

July 04, 2008

e8cf51e9.JPG7月2日にサントリーホールで僕が所属するコンサート・イマジンのアーティスト達が大集合した七夕ガラコンサートが開催された。
僕は、『名曲巌流島』以来共演させて頂いている山田武彦さんとの2台ピアノ、それにフルートの山形由美さん、ウ゛ァイオリンの磯絵里子さんを加えての共演、そしてソロで「エリーゼのために」を演奏しました。
超満員の熱気溢れるサントリーホールでの演奏はとても楽しく嬉しかったです。

2008.07.02 PM18:30開演

サントリーホール/大ホール

音楽監督;山田武彦
司会;ダニエル・カール
山形由美

出演;山田武彦(Pf.編曲)
   干野宜大(Pf.)
岡田将(Pf.)
山本貴志(Pf.)
辻井伸行(Pf.)
河合優子(Pf.)
山形由美(Fl.)
奥村愛(Vn.)
磯絵里子(Vn.)
水谷川優子(Vc.)
竹松舞(Hrp.)
須川展也(Sax)
加藤昌則(作曲、Pf.)
ヴェネツィア室内合奏団 他

主催&問い合わせ;コンサート・イマジン


総勢30組のアーティストが出演し、公演時間は3時間にも及びました。
これだけ沢山のアーティスト同士が集い、お話する機会は普段ないので、ステージはもちろんのこと、舞台裏がとても楽しかった!

出演者達は終始和やかくつろぎムードでひたすらお喋り。
音楽家同士ですから、音楽の話題はもちろんのこと、在住の国やそれぞれが留学した国の話や言語の話など、次の出番をうっかり忘れそうになり普段着に着替えちゃった人もいたくらい(笑)。ゴメン、O君!

ショパンの研究を長くやっていらっしゃる河合さんのお話を聞けたのは収穫でした。
ショパンがいかに装飾音について自由に考えていたのか…などなど改めて勉強になりました。


来年の七夕コンサートは7月7日に予定されているそう。
年に一回のコンサート・イマジン祭典。今からとても楽しみです。


※写真はコンサート終演後の打ち上げでの一枚。
チェリストの水谷川優子さんが送って下さったものです。
どうもありがとうございました!


(22:59)

June 15, 2008

9a2feee2.jpg…でした。


演奏家としてだけではなく、芸術家として人間として、数年前より確実にグレードアップしていらっしゃいました。
本当に本当に素晴らしかった…エリックさん。


一時期は満足にピアノを弾けない位に肩と背中を痛めて、決まっていた演奏会を全てキャンセルしてブダペストの僕の家に泊まって、毎日温泉治療をしていたエリックさんを、、、

そして数日後に、そのかいあって「体が軽くなり痛みも治まった!僕はもう弾けるよ!」と大喜びして、僕が必死で止めるのも聞かずベートーウ゛ェンのソナタを何曲も通したあげく(素晴らしくて感動したけど笑)「もっと痛くなっちゃった」と落ち込んでいたエリックさんを、、、(これでブダペスト滞在の予定が数日延びた。)

コルトーが亡くなる直前に、最後にレッスンしてもらったというフォーレの変奏曲を聴いてもらっている時に、「僕がコルトーから伝えてもらった宝物のようなアドバイスを今、君に受け渡したよ。」と涙を流しながら僕の手を握ってくれたまましばらく離さなかったエリックさんを…

数え切れないエリックさんとの思い出が蘇ってきました。

(ああ、この人は本当に沢山悲しい思いや苦しさを経験しながら、本当の優しさや温かさを身につけてきたのだなぁ)
彼の音楽と音を聴きながらそう思いました。

僕はエリックさんに出会い、彼から沢山の事柄を学んだことによって、後輩達に伝えていく大切さを知りました。
だから、僕が一緒に勉強している生徒さん達がエリックさんを聴きに行ってくれて、彼の音楽や音楽的な技術や音色、それから何より温かくてチャーミングな人間性に触れてくれた事がとても嬉しかったです。

昨夜のリサイタルは、僕にとって忘れられない時間になると思います。


そうそう、6つのバガテルは僕が初めてパリのハイドシェックさんの御自宅でレッスンしてもらった曲でした。
もちろん素晴らしいアドバイスを沢山してもらったのですが、、、
昨日聴いて判った。
とっておきの事は言わなかったとわかりました。くっそぉ(笑)


8f53db27.jpg

(10:39)