2016年07月19日

稽古日記(2016.7.17)


皆さま夏風邪は大丈夫ですか?今年の夏風邪は喉からやられるようですよ!!(∩´﹏`∩)
体調管理とはなんぞや…家族間の体感温度差のせいか部屋が寒くて長袖お布団で寝ている謎の劇団員Yumiでございます。


今日は見学者の方が1名来られました♪
新しく入った劇団員と何と繋がりがあったというお互い知り合いというわけではないけれど、学校での共通点があったそうな…世間ってホント狭いんですねぇ。

という事で、自己紹介からの体操→発声→滑舌練習。
久々?に別役実さんの『受付』を使っての練習をしました!
滑舌はもちろん、うねる台詞回しの癖の修正なんぞを致します(`0ω0)キリッ
早口で!ってなると陥りやすい言葉の流し読み。言わんとしていることが分からず聞き取れないダメな読み方ですね。。
分かっていてもなかなかできない人も多いはず!読み込む事は大事です。台本の意図する事を読み取りどこで切る事で意味が伝わるのか…なんてのも大事ですよね(*´`)


新しいメンバーと共に頑張って行きたいなと、ここに思う次第で~ございます♪




さて、やっぱりこの言葉で締めましょう!はいっ!!

レッツ!日々精進です!



見学、体験のお問い合わせは下記まで~(*´∇`*)ノ

1000theater@gmail.com

@yumi_fineからでも♪

thousandtheater at 01:34|PermalinkComments(0)稽古日記 

2016年07月11日

稽古日記(2016.7.10)

セミの鳴き声がしてきた今日この頃暑さが猛烈に襲ってきますね。

台本の読み方など、なかなか思うように出来ないところが、あって、でも、それをどうしてうまくできないか、聞くとああ、なるほどと納得し、これからもっと、力をつけたいなと感じました。

お稽古はやっぱりたのしいです。
演劇が好きだなと毎回練習で思います。

次のお稽古は新しい方が来てくれるので楽しみです。

毎回お稽古はワクワクの連続です。来週も頑張るぞ!

小澤でした!



サウザンド・シアターの見学、体験お問い合わせは下記のアドレスにて!
1000theater@gmail.com

thousandtheater at 23:15|PermalinkComments(0)稽古日記 

2016年06月26日

稽古日記(2016.6.26)

こんにちは!
雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ、こうぢです!
梅雨の時期ですが今日は天気もよく暑いくらいでした。

本日からしばらく日曜稽古で活動を行っております。
そして、見学者が二人いらっしゃいました。

本日の稽古はそのお二人も含め、基礎練習と読み合わせを行いました。
経験者ということもあり、そつなくこなしており、感心するばかりです。




せっかく文章を書く機会を頂いているのでちょっとだけ、僕の演劇観を書きます。

今回のテーマは劇中での「笑い」です。


喜劇、コメディとコントって何を基準に区別してるんでしょうね。
コントはフランス語「conte」(寸劇)が語源になっているらしく、笑いは必要ないらしいです。
日本ではお笑い芸人がお客さんを笑わせるためのお芝居をさして言うことがほとんどですね。
2つの区別に関しては、個々の判断に任せるとして…

お芝居の中で笑いが起こるときは何でしょう?

「タキシードを着た紳士がバナナの皮で滑ると面白い」
これは某演出家さんの本に書いてあった言葉ですが、
「タキシードを着た紳士」という社会的地位のある存在でも
「バナナの皮」を踏んだら物理的に滑って転んでしまうという滑稽さこそが演劇的笑いだと思います。

これは別に劇中で一発芸みたいなギャグをするのがナンセンスというわけではなくて、
ギャグを発した時に起こる笑いは瞬間的なもので、
物語と関係させ長続きさせるためには、「タキシードを着た紳士」のような社会的背景を丁寧に描く必要があるなーんて
考えたり…考えなかったり…しております。

(あー、喜多方ラーメン食べたいな…。)

以上、こうぢでした!


サウザンド・シアターの見学、体験お問い合わせは下記のアドレスから!
1000theater@gmail.com

thousandtheater at 23:26|PermalinkComments(0)稽古日記