コミュニティFM大図鑑

全国で続々開局中!200局以上あるコミュニティFMで遊ぼう!

ご案内(最新記事はこの下からです)5

東日本大震災の臨時災害FM局については→こちら

 こちらはコミュニティFM専門ブログ「コミュニティFM大図鑑」です。
 このサイトがスタートした1997年5月当時、コミュニティFMの数は71局でしたが、現在は300を超える局が全国各地で、地域に密着した放送をしています。そんなコミュニティFMで遊ぶというのが、本サイトのコンセプトです。主な内容はこんな感じです。

開局情報等
 その名の通りです。随時お伝えしていきます
リスト更新情報
 コミュニティFMリスト&リンクの更新情報
コミュニティFM訪問記
 私が95年から、趣味で続けているコミュニティFM局訪問。主観に満ちた、自己満足度の高い訪問記をどうぞ(番組・DJ等は訪問当時のものです)。
 【最近の訪問】
 2016.03.13(209)エフエムつやま(岡山県津山市)4回目
 2016.03.03(123)かずさエフエム(千葉県木更津市)2回目
 2016.01.04(294)FMくらら857(栃木県栃木市)
 2016.01.04(293)FM-UU(茨城県牛久市)
 2015.12.29(292)壱岐エフエム(長崎県壱岐市)
よもやま話
 上記以外のコミュニティFMネタはここで
ツイッター
 こっちでもコミュニティFMネタをつぶやいています

 このブログでは、コミュニティFM論みたいな堅苦しいことはやりません。まったり、マイペースでお送りします。

※開局順位は当サイト独自の番号です。閉局した所はそのまま欠番になります。

京都府京都市北区に「RADIO MIX KYOTO」22日開局4

☆NPO法人コミュニティラジオ京都(京都府京都市北区)87.0MHz
 2016.5.22開局(全国324、京都8)
 スタジオ:京都市北区小山上総町14 大垣書店ビル4階(地下鉄北大路駅歩1分)

 京都市内では13年ぶりとなる新しいコミュニティFM局、北区を主なエリアとする「RADIO MIX KYOTO(ラジオミックス京都)」が昨日開局しました。上京区もエリアです。
 北区では地域の活性化を目的に、市民の有志と北区が2013年からコミュニティFM開局に向けて検討を開始。15年6月に運営を担うNPO法人を設立し、ここから約1年で開局にこぎつけました。
 RADIO MIX KYOTOの大きな特色は、「大学と地域の連携」です。北区と上京区には大学が多く、これら各校の学生が地域情報や災害情報など、エリアの情報を発信していくという試みがなされます。特定の大学が中心となって運営しているコミュニティFM局はありますが、複数の大学が参加するのは珍しいそうです。すでに昨年7月からトライアルとして、中京区にある京都三条ラジオカフェで、大学生が企画・制作する番組の放送を、PRを兼ねて行っていました。
 スタジオは小山上総町にあるビル内の本社スタジオと、千本北大路にある楽只市営住宅の空き店舗を活用した「1000KITA」内のサテライトスタジオの2ヵ所。この他、エリア内の大学キャンパスにもサテライトスタジオを設置する構想があるそうです。番組はほぼすべて自社製作で、上記の大学生の番組(19時台に生放送)のほか、京都三条ラジオカフェや、先日開局した舞鶴市のFMまいづるとの共同製作番組なども放送されます。
 昨日は朝9時半より、北大路ビブレ南側の広場で開局イベントを開催。10時に運営NPO法人の理事長と京都市長が御霊太鼓を叩いて、本放送を開始。北区長や上京区長などのトークや、同局で始まる番組の出演者が登場しての番組紹介などが行われ、賑やかにスタートしました。

(関連ページ)
RADIO MIX KYOTO

リスト更新(2016.5.22)3

【開局】RADIO MIX KYOTO(京都北)
【リンク】<更新>Be FM(八戸)

リスト更新(2016.5.12)3

【リンク】<更新>RADIO MIX KYOTO(京都北)

リスト更新(2016.5.2)3

【4月1日愛称変更】FMドラマシティ Radio D→RADIO T×T FMドラマシティ(札幌厚別)
【リンク】<更新>RADIO T×T、805たんば(丹波)

鹿児島県曽於市に「SOO Good FM」開局4

☆一般財団法人まちづくり曽於(鹿児島県曽於市)87.4MHz
 2016.4.29開局(全国323、鹿児島13)
 スタジオ:曽於市末吉町諏訪方8127 曽於市末吉総合センター

 鹿児島県の大隅半島北部に位置する曽於(そお)市。2005年に曽於郡の末吉町、財部町、大隅町が合併し発足した市です。本日、曽於市をエリアとするコミュニティFM局「SOO Good FM(そおグッドエフエム)」が開局しました。県内13番目、大隅半島地域では5番目の新局です。
 SOO Good FMは市が主導して、開局準備を進めてきました。市の情報を伝える有線放送やオフトーク通信に代わる手段として、また、人口減少が進み、高齢化が進む中で、街を活気づけたいという思いがあったそうです。運営は市が出資する一般財団法人が行い、開局に合わせて「地域おこし協力隊」のパーソナリティーを採用しました。
 本社スタジオは、末吉総合センターの1階に設置。本局のほか、4つの中継局を整備して市内を広くカバーし、市が全世帯に防災ラジオを配布するなど、地元にできたラジオ局の普及に努めています。
 本日は、スタジオ前の玄関で10時にテープカット、10時半に記念式典を行い、12時より本放送を開始しました。番組は平日土日とも6時半から21時まで、14時間半すべて生放送。ガラス張りのスタジオの前面には、ソーセージをモチーフとした、市のキャラクター「そお星人」が大きく描かれています。

(関連ページ)
SOO Good FM
記事検索
スポンサードリンク
THPおすすめ




QLOOKアクセス解析
月別記事
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ