▽準々決勝
大阪桐蔭(大阪) 6-4 東北(宮城)
 東北が途中逆転したが桐蔭が7回、平田のこの試合3本目となる本塁打で逆転勝ち。
宇部商(山口) 5-3 日大三(西東京)
 8回に日大三が逆転するが、土壇場9回に宇部商が再逆転。劇的勝利で20年ぶり4強。

 明日の準決勝は京都外大西×宇部商、大阪桐蔭×駒大苫小牧と決まりました。外大西×宇部商はともに甲子園を知り尽くしたベテラン監督同士の戦い。ここまで一人で投げ抜いている宇部商・好永を外大西がどう攻略するか。一方、外大西は北岡−本田の“勝利の方程式”に持ち込めるかどうか、玄人受けしそうな勝負が見られそうです。
 一方、桐蔭×駒大はともに優勝候補に挙げられていた注目の対決。桐蔭・平田は準々決勝で3本塁打と完全に絶好調モード。平田を駒大の投手陣(松橋、田中)が抑えることができるか。一方、桐蔭エース・辻内はまだ不安定なところがあり、そこを林を筆頭とする駒大攻撃陣がどう攻めていくか。見逃せない戦いになるでしょう。
 明日は午前11時試合開始。テレビはNHK(11:00-)とABC・BS朝日(10:30-)のほか、応援実況で山口朝日放送(10:50-14:00予定)と北海道テレビ(13:20-15:15予定)、さらにテレビ朝日(13:55-15:50)でも放送します。

▼個人1試合最多本塁打(3)
1984年(第66回)PL学園・清原和博(対享栄戦)
2005年(第87回)大阪桐蔭・平田良介(対東北戦)
▼個人1試合最多塁打(14)
2005年(第87回)大阪桐蔭・平田良介(対東北戦)