ブログネタ
高校野球 に参加中!
▽2回戦(第7日第3試合)<延長15回規定引き分け>
___安(京_都)000 000 200 100 000 = 3
鹿 児 島 工(鹿児島)000 000 200 100 000 = 3

 またまた延長15回引き分け再試合になりました。センバツでは一昨年(第78回)の早稲田実×関西戦、夏を含めると昨年(第89回)の佐賀北×宇治山田商戦以来。これで春夏合わせて3年連続となりました。
 先発した鹿工・内村、平安・川口の出来がよく、6回まで互いに無失点。7回に平安が2死から2点を先制しますが、その裏に鹿工もすぐに追いつくという展開。9回裏、鹿工の先頭バッターが出塁した時点で平安は松田にスイッチ。松田は落ち着いて後続を断ち延長戦に入ります。
 10回に平安が青木の内野安打で1点を勝ち越しますが、鹿工はその裏に再び同点。試合は膠着状態に入ります。平安は12回に2死満塁のチャンスを逃し、鹿工も最終回の15回に1死2塁から石神がヒット。平安センターの山口がファンブルしたのを見て、2塁ランナーが一気にホームを突きますが、山口が好返球を見せてホームタッチアウト。結局この日決着はつきませんでした。
 鹿工は内村が15回194球で完投。平安は川口、松田、小林と継投しました。再試合は1日おいた3/30の第1試合に行われます。勝負の結末やいかに?

 鹿工と言えば一昨年の夏の準々決勝での福知山成美との熱戦が印象に残っていますが、今回の延長戦の相手も京都勢。京都と何か因縁があるのかもしれませんね。

▼春のセンバツ延長規定引き分け再試合(カッコ内は再試合の結果)
1962年(第34回)作新学院 0-0(2-0) 八幡商<延長18回>
2003年(第75回)東洋大姫路 2-2(6x-5) 花咲徳栄<延長15回(10回)>
2006年(第78回)早稲田実 7-7(4-3) 関西<延長15回>
2008年(第80回)鹿児島工 3-3(?) 平安<延長15回>