第99回全国高校野球の地方大会は、今日の宮城大会決勝戦で、代表49校がすべて出揃いました。
 春夏連続出場は、センバツで優勝した大阪桐蔭をはじめ9校。初出場は6校で、うち藤枝明誠、おかやま山陽、下関国際、早稲田佐賀は春夏通じて初の甲子園です。昨夏優勝の作新学院、同準優勝の北海も甲子園に戻ってきます。
 また、聖光学院は夏の戦後最長記録を更新する、11年連続の出場。一方、土浦日大は1986年以来、東筑は96年以来の久しぶりの出場となるなど、今年も多彩な顔ぶれが並びました。
 さまざまなチームが揃った2017年の夏の甲子園。「THP blog×夏の甲子園特集」恒例、今大会の代表校49校をまとめて紹介します。

▼第99回全国高校野球選手権大会・代表校
【北北海道】滝川西(19年ぶり3回目)
【南北海道】北海(3年連続38回目)○昨夏準優勝
【青森】青森山田(8年ぶり11回目)
【岩手】盛岡大付(2年連続10回目)★春ベスト8
【秋田】明桜(8年ぶり9回目)
【山形】日大山形(4年ぶり17回目)
【宮城】仙台育英(2年ぶり26回目)★○
【福島】聖光学院(11年連続14回目)昨夏ベスト8

【茨城】土浦日大(31年ぶり3回目)
【栃木】作新学院(7年連続13回目)★◎昨夏優勝
【群馬】前橋育英(2年連続3回目)★◎
【埼玉】花咲徳栄(3年連続5回目)
【千葉】木更津総合(2年連続6回目)昨夏ベスト8
【東東京】二松学舎大付(3年ぶり2回目)
【西東京】東海大菅生(17年ぶり3回目)
【神奈川】横浜(2年連続17回目)◎

【新潟】日本文理(3年ぶり9回目)○
【長野】松商学園(9年ぶり36回目)◎
【山梨】山梨学院(2年連続7回目)
【静岡】藤枝明誠(春夏通じて初出場)
【愛知】中京大中京(2年ぶり28回目)◎
【岐阜】大垣日大(3年ぶり4回目)
【三重】津田学園(初出場)
【富山】高岡商(2年ぶり18回目)★
【石川】日本航空石川(8年ぶり2回目)
【福井】坂井(初出場)※旧・春江工など

【滋賀】彦根東(4年ぶり2回目)
【京都】京都成章(19年ぶり3回目)○
【大阪】大阪桐蔭(3年ぶり9回目)★◎春優勝
【兵庫】神戸国際大付(3年ぶり2回目)★
【奈良】天理(2年ぶり28回目)◎
【和歌山】智弁和歌山(2年ぶり22回目)◎

【岡山】おかやま山陽(春夏通じて初出場)
【広島】広陵(3年ぶり22回目)○
【鳥取】米子松蔭(17年ぶり3回目)※旧・米子商
【島根】開星(3年ぶり10回目)
【山口】下関国際(春夏通じて初出場)

【香川】三本松(24年ぶり3回目)
【徳島】鳴門渦潮(9年ぶり7回目)※旧・鳴門工、鳴門第一
【愛媛】済美(4年ぶり5回目)○
【高知】明徳義塾(8年連続19回目)★◎昨夏ベスト4

【福岡】東筑(21年ぶり6回目)
【佐賀】早稲田佐賀(春夏通じて初出場)
【長崎】波佐見(16年ぶり3回目)
【熊本】秀岳館(2年連続3回目)★昨夏ベスト4、春ベスト4
【大分】明豊(2年ぶり6回目)
【宮崎】聖心ウルスラ(12年ぶり2回目)
【鹿児島】神村学園(5年ぶり4回目)
【沖縄】興南(2年ぶり11回目)◎

連続出場:11校(最長連続…聖光学院:11年)
再出場:32校(最長間隔…土浦日大:31年)
初出場:6校(うち春夏通じて初出場:4校)
春夏連続出場(★印):9校
最多出場:北海…38回
夏優勝経験校(◎印):10校
夏準優勝経験校(○印・優勝経験校を除く):6校