2017年の高校野球シーズンを締めくくる、第48回明治神宮野球大会。高校の部では、今年も秋季の各地区大会を制した10校が出場して、11月10日から5日間に渡って熱戦が繰り広げられました。
 決勝は初出場の創成館(九州)と、36年ぶりに決勝に進んだ明徳義塾(四国)が対戦。明徳が初回に安田のタイムリーで先制。明徳は3回にスクイズで追加点を挙げ、7回には藤森の2点タイムリーと、効果的に得点を重ねて、投げては先発の市川が創成館打線を4安打完封。明徳が36年ぶり2回目の神宮制覇、新チーム最初の全国頂点に立ちました。市川は4試合すべて完投しました。
 四国地区の優勝は一昨年の高松商以来で、来春センバツの「神宮大会枠」がもたらされました。来春は四国から、一般選考で4校が出場します。

▼第48回明治神宮野球大会・高校の部(すべて神宮球場)
■第1日(11/10)
▽1回戦
創成館(九州・長崎) 5-1 おかやま山陽(中国・岡山)
日本航空石川(北信越・石川) 7x-6 日大三(東京)=延長10回タイブレーク
■第2日(11/11)
▽2回戦(準々決勝)
大阪桐蔭(近畿・大阪) 4-2 駒大苫小牧(北海道)
明徳義塾(四国・高知) 5-3 中央学院(関東・千葉)
■第3日(11/12)
創成館 6-4 聖光学院(東北・福島)
静岡(東海・静岡) 6-4 日本航空石川
■準決勝(11/13)
創成館 7-4 大阪桐蔭
明徳義塾 5-3 静岡
■決勝(11/14)
明 徳 義 塾 101 000 200 = 4 【優勝】明徳義塾(36年ぶり2回目)
__館 000 000 000 = 0