第90回記念選抜高校野球大会は、近畿勢同士による決勝戦を制して、大阪桐蔭が史上3校目の2年連続3回目の優勝を決めました。試合速報等はツイッターで行いましたので、ここではちょっとしたまとめとして、大会のトピックスをお送りします。

・25年ぶりに大会歌『今ありて』が入場行進曲に
・滋賀県勢が初の3校同時出場
・成松海悠さん、センバツ初の2年連続の司会
・膳所の「データ班」野球、成果見せるも終盤力尽きる
・明徳義塾・谷合が逆転サヨナラホームラン
・3月25日、センバツ30年ぶりの満員通知出る
・聖光学院、5度目挑戦もまた「神奈川の壁」を越えられず
・彦根東のアルプスで「赤鬼魂」再び。応援団最優秀賞を獲得
・日本航空石川・原田、創成館・松山がサヨナラアーチ
・1大会3本、1日2本のサヨナラホームランは春夏通じて初
・明徳義塾の1大会でのサヨナラアーチでの勝ちと負けも初
・彦根東・増居9回ノーノーも、延長10回にヒットを許し敗れる
・石川県勢2校がベスト8、北信越勢2校ベスト8進出はセンバツ初
・智弁和歌山、最大5点差を追いつき、延長戦でうっちゃる
・智弁和歌山・黒川、親子二代の甲子園サヨナラヒット
・大阪桐蔭、花巻東相手に19得点と、チーム甲子園最多得点更新
・準々決勝4試合の総得点67はセンバツ新記録
・東海大相模×智弁和歌山戦で、準決勝初の両チーム2桁得点
・智弁和歌山がまた5点差を追いつき、18年ぶり決勝進出
・28年ぶりに準決勝が2試合とも延長戦突入
・大阪桐蔭が9回までリードを許すも追いつき、延長サヨナラ
・1大会のサヨナラゲーム7試合はセンバツ新記録
・決勝は大阪桐蔭が制し、史上3校目のセンバツ連覇
・大阪桐蔭・根尾は、センバツ史上初の2年連続優勝投手
・大阪桐蔭・西谷監督が春夏計6回目の優勝で1位タイ
・大会通算安打616本は昨年の最多記録を更新
・2年ぶりに大会を通じて雨天順延なし、雨も降らず
・延長戦は6試合も最長は12回で、タイブレークは適用されず
・大会総入場者数540,000人は平成以降で最多