高校野球は春季大会が最終盤。すでに東北を除く各地区は終了して、残る東北も今日から開幕しました。この春季大会が終わると、いよいよ夏の甲子園第100回記念大会の地方大会が始まります。今年は、6月23日の南北北海道と沖縄から開幕します。
 既報の通り、今大会は史上最多の56代表校が出場します。例年の北海道と東京に加えて、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の1府6県が2校出場となって、甲子園のチャンスが拡大します。90回記念大会のときに続いて、各大会の区割りを紹介したいと思います。

【北海道】
▽北北海道(加盟172校)
旭川地区、空知地区、名寄地区、北見地区、十勝地区、釧根地区
<主な高校>旭川大、旭川実、白樺学園など
▽南北海道(160校)
札幌地区、函館地区、小樽地区、室蘭地区
<主な高校>北海、駒大苫小牧、東海大札幌など

【埼玉】
▽北埼玉(79校)
東部地区、北部地区
<主な高校>花咲徳栄、春日部共栄、本荘一など
▽南埼玉(85校)
西部地区、南部地区
<主な高校>浦和学院、聖望学園、埼玉栄など

【千葉】
▽東千葉(88校)
第1・6〜8ブロック(千葉市、成田市、木更津市など)
<主な高校>木更津総合、東海大市原望洋、拓大紅陵など
▽西千葉(84校)
第2〜5ブロック(船橋市、習志野市、市川市など)
<主な高校>専大松戸、習志野、中央学院など

【東京】
▽東東京(143校)
区部(世田谷区、練馬区、杉並区を除く)、伊豆諸島、小笠原諸島
<主な高校>関東一、二松学舎大付、帝京など
▽西東京(130校)
世田谷区、練馬区、杉並区、多摩地区
<主な高校>日大三、早稲田実、日大鶴ヶ丘など

【神奈川】
▽北神奈川(98校)
北横浜地区、川崎地区、北相地区
<主な高校>東海大相模、桐光学園、慶応など
▽南神奈川(96校)
南横浜地区、横須賀地区、湘南地区、西湘地区
<主な高校>横浜、横浜隼人、日大藤沢など

【愛知】
▽東愛知(87校)
三河地区、知多地区
<主な高校>愛産大三河、豊川、大府など
▽西愛知(104校)
名古屋地区、尾張地区
<主な高校>中京大中京、東邦、愛工大名電など

【大阪】
▽北大阪(92校)
大阪市北部、高槻市、豊中市、吹田市など
<主な高校>大阪桐蔭、履正社、関大北陽など
▽南大阪(97校)
大阪市南部、堺市、東大阪市、八尾市など
<主な高校>大体大浪商、大阪偕星、東大阪大柏原など
※大阪市を国道308号を目安に南北に分け、市部は大東市以北が北、東大阪市以南が南

【兵庫】
▽東兵庫(72校)
神戸地区、阪神地区
<主な高校>報徳学園、神戸国際大付、滝川二など
▽西兵庫(90校)
播淡地区、西播地区、但丹地区
<主な高校>東洋大姫路、明石商、西脇工など

【福岡】
▽北福岡(66校)
北九州地区、筑豊地区
<主な高校>東筑、九州国際大付、飯塚など
▽南福岡(70校)
福岡地区、筑後地区
<主な高校>福岡工大城東、西日本短大付、九産大九州など

 なお、高野連加盟校でも部員不足による大会不参加や連合チームの結成があるため、今大会は東東京が最多の参加校数(134チームの予定)になる見込みです。