2018年の高校野球シーズンを締めくくる、第49回明治神宮野球大会。高校の部では、今年も秋季の各地区大会を制した10校が出場して、11月9日から5日間に渡って熱戦が繰り広げられました。
 決勝は27年ぶりの優勝を目指す星稜と、初出場ながら強豪を打ち破ってきた札幌大谷が対戦。星稜が5回に福本のスクイズで先制しましたが、大谷が7回に2死2・3塁のチャンスで北本がタイムリーを放って逆転。このリードを、大谷先発の西原が守り切り、終わってみれば5回の1安打のみの完封勝利で、創部10年目の大谷が初出場初優勝。甲子園未出場校が神宮を制したのは、史上6校目です。
 北海道地区の優勝は2005年の駒大苫小牧以来で、来春センバツの「神宮大会枠」をもたらしました。来春は北海道から、一般選考で2校が出場します。

▼第49回明治神宮野球大会・高校の部(すべて神宮球場)
■第1日(11/9)
▽1回戦
八戸学院光星(東北・青森) 7-3 東邦(東海・愛知)
札幌大谷(北海道) 6-5 龍谷大平安(近畿・京都)
■第2日(11/10)
▽2回戦(準々決勝)
星稜(北信越・石川) 9-0 広陵(中国・広島)=7回コールド
筑陽学園(九州・福岡) 10-1 桐蔭学園(関東・神奈川)=7回コールド
■第3日(11/11)
高松商(四国・香川) 9-6 八戸学院光星
札幌大谷 7-3 国士舘(東京)
■準決勝(11/12)
星稜 7-4 高松商
札幌大谷 5-2 筑陽学園
■決勝(11/13)
___稜 000 010 000 = 1
札 幌 大 谷 000 000 20X = 2 【優勝】札幌大谷(初優勝)