THP blog 熱闘!高校野球


THP blog
高校野球を中心に、自分の興味のあることだけを追求する、ひとりよがりなブログです。

 

2016春のセンバツ特集

第88回選抜高校野球大会・まとめ

2016春のセンバツトーナメント表(クリックで拡大)
2016春のセンバツトーナメント表(クリックで拡大)

<第88回選抜高校野球大会>
主催:日本高等学校野球連盟、毎日新聞社
後援:朝日新聞社 特別協力・会場:阪神甲子園球場
期日:2016年3月20日(日)〜31日(木)

出場校:32校(一般選考29校、21世紀枠3校)
出場校決定:1月29日(金) 組み合わせ抽選:3月11日(金)

<組み合わせ・結果>
■第1日(3/20)
▽開会式 選手宣誓:樋本尚也(小豆島)
▽1回戦
智弁学園4-0福井工大福井、鹿児島実6-2常総学院、滋賀学園9-5桐生第一
■第2日(3/21)
釜石2-1小豆島、龍谷大平安7-1明徳義塾、八戸学院光星6-2開星
■第3日(3/22)
明石商3x-2日南学園、東邦6-0関東一、木更津総合5-2札幌第一
■第4日(3/23)
大阪桐蔭9-0土佐、南陽工6-0市和歌山、秀岳館6-5花咲徳栄
■第5日(3/24)
創志学園5-1東海大甲府、高松商7x-6いなべ総合<延長10回>、海星3-2長田
■第6日(3/25)
敦賀気比1-0青森山田
▽2回戦
智弁学園4-1鹿児島実、滋賀学園9-1釜石
■第7日(3/26)
龍谷大平安2-0八戸学院光星、明石商3-0東邦、木更津総合4-1大阪桐蔭
■第8日(3/27)
秀岳館16-0南陽工、高松商5-1創志学園、海星2-1敦賀気比
■準々決勝(3/28)
智弁学園6-0滋賀学園、龍谷大平安2x-1明石商<延長12回>、
秀岳館2x-1木更津総合、高松商17-8海星
※3/29は休養日
■準決勝(3/30)
智弁学園2x-1龍谷大平安、高松商4-2秀岳館<延長11回>
■決勝(3/31)
智弁学園2x-1高松商<延長11回> 【優勝】智弁学園(初優勝)

<トピックス>
出場校入場行進曲司会進行&国歌斉唱チケットイメージキャラ

<関連ページ>
2016春のセンバツ特集センバツ行進曲メモリー毎日新聞×MBSNHKオンラインスポーツナビ阪神甲子園球場日本高等学校野球連盟(外部へのリンク先は全て、HP内の高校野球サイト)

<アーカイブス>
・春(2015,2014,2013,2012,2011,2010,2009,2008,2007,2006,2005
・夏(2015,2014,2013,2012,2011,2010,2009,2008,2007,2006,2005

第88回選抜高校野球・決勝の結果

延長11回サヨナラ!劇的決着で智弁学園が初優勝(2016.3.31)
2016.3.31 延長11回サヨナラ!劇的決着で智弁学園が初優勝

▽決勝<延長11回>
__商(香_川)000 000 010 00 = 1
智 弁 学 園(奈_良)010 000 000 01x = 2
【優勝】智弁学園(初優勝)

 初優勝か、56年ぶりの優勝か。柔らかな春の日差しに包まれた、第88回センバツの決勝戦。42,000人の観衆を集めて、12:34にプレーボールしました。
 先発は智弁・村上、高松・浦。1回、高松は先頭の安西が2塁打。続く荒内のバントで、村上が3塁へフィルダースチョイスをして、いきなり無死1・3塁のチャンス。しかし村上は、米麦を併殺、植田響も打ち取って無得点に抑えます。逆に2回、智弁は1死1・3塁で中村のセカンドゴロが併殺崩れとなって、1点を先制します。
 先制された高松は3回に2死2塁、5回に1死2塁、6回は2死1・2塁のチャンスを作りますが、いずれも無得点。智弁も3回以降は得点を奪えず、1-0のまま7回を終了。両先発とも準決勝に続いての連投となりましたが、素晴らしいピッチング、そしてバックの堅い守りで、ロースコアの接戦で終盤へ向かっていきます。
 8回、高松は安西が足を生かして、内野安打で出塁。送りバントで2塁へ進み、ここでキャプテンの3番・米麦がセンター前へヒット。安西が一気にホームインして、ついに追いつきます。なおも勝ち越しのチャンスでしたが、後続が倒れて同点止まり。このまま9回を終えて1-1の同点で、6年ぶりに決勝戦は延長戦に入りました。
 10回、高松商は3塁まで進めるも得点ならず。そして11回、智弁は2死から盒兇ヒットで出塁。ここで、今大会ここまで全試合を投げ抜いてきた村上の打席。村上は浦のこの試合127球目を打ち返し、センターオーバー。盒兇3塁を回ってホームへ。クロスプレーとなりましたが、ランナーの手が早くセーフ。準決勝に続いての劇的なサヨナラ勝ちで、智弁学園が春夏通じて初の決勝で、優勝へと駆け上がりました。試合終了は14:33で、延長11回ながら2時間に満たないスピーディーな試合でした。

 決勝戦のサヨナラ決着は1991年(第63回)の広陵6x-5松商学園以来、延長戦でのサヨナラ決着は1989年(第61回)の東邦3x-2上宮以来、準決勝と決勝ともにサヨナラ勝ちで優勝したのは1951年(第23回)の鳴門以来。そして奈良県勢のセンバツ制覇は、1997年(第69回)の天理以来となりました。
 激戦を制して、頂点に立ったのは智弁学園でした。エースの村上は全5試合を完投し、わずか3失点(自責点2)。最後は自らのバットで決めました。そんな村上に対し、小坂監督はインタビューで「粘り強く投げてくれた。ほめたいと思う」とねぎらいました。秋季大会で大阪桐蔭に大敗してから、「日本一」を目標に掲げて鍛錬を重ねてきたチームがつかんだ頂点。今度は夏に向けて、全チームからの目標になると思います。
 高松商は56年ぶりの優勝はなりませんでしたが、古豪復活を印象付けるセンバツとなりました。神宮大会を制した、粘り強い戦いは甲子園でも健在で、3試合の延長戦に1試合のサヨナラゲームと、たくさんの見せ場を作って、大会を盛り上げました。今度は、夏の20年ぶりの復活を目指します。

 今大会は初日から多くの観衆が詰めかけ、また雨もほとんど降らなかったこともあって、11日間の日程で529,000人と、2009年のリニューアル後では最多の人数となりました。それに比例するように、試合も熱戦が続き、1点差が11試合、延長戦が5試合、サヨナラゲームが6試合(タイ記録)。決勝戦は、その集大成とも言える試合となりました。
 高校球児の戦いは、春季大会、そして夏の大会へ移っていきます。ブログとツイッターでもお伝えしていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

▽応援団賞
最優秀賞:小豆島(香川=21世紀枠)
優秀賞:釜石(岩手=21世紀枠)、常総学院(茨城)、木更津総合(千葉)、大阪桐蔭(大阪)、秀岳館(熊本)

紫紺の優勝旗を授与される智弁学園・岡澤主将(2016.3.31)
2016.3.31 紫紺の優勝旗を授与される智弁学園・岡澤主将

第88回選抜高校野球・準決勝の結果

9回逆転サヨナラ!智弁学園が初の決勝へ(2016.3.30)
2016.3.30 9回逆転サヨナラ!智弁学園が初の決勝へ

▽準決勝
智弁学園(奈良) 2x-1 龍谷大平安(京都)
高松商(香川) 4-2 秀岳館(熊本)<延長11回>

 第88回センバツは準決勝。平日ながら、第1試合は39,000人、第2試合は37,000人と観衆が詰めかけ、それに応えるように2試合とも熱戦となりました。
 まず近畿勢同士の対戦となった第1試合、先発は智弁・村上、平安・市岡。試合は3回、平安が2死1塁から橋本がレフトへヒット。これを智弁レフトの中村が後逸してしまい、1塁ランナーが一気にホームイン。1点を先制します。しかし、これ以降は両先発が踏ん張って、またバックも好守備を連発して、得点が入りません。
 1-0のまま迎えた8回、智弁が2本のヒットで1死1・3塁のチャンスを作るものの、4番・福元、5番・盒兇連続三振で無得点。このまま市岡が完封かと思われた9回、智弁は1死から大橋がヒットで出塁。さらに中村、青木も続いて満塁。ここで1番・納がセンター前ヒット。3塁ランナーに次いで2塁ランナーも還って、逆転サヨナラ。土壇場の4連打で試合をひっくり返した智弁が、春夏通じて初めての決勝進出。平安は2年ぶりの決勝進出と、甲子園通算100勝目はなりませんでした。
 第2試合は、先発が秀岳館・堀江、高松・浦。4回、高松が盗塁などで2死2塁として、美濃のタイムリーで先制。高松は6回にも植田響の犠牲フライで2点を奪いますが、その裏秀岳館は2死1塁から天本のタイムリーで1点を返し、続く廣部のショートへの当たり(記録は内野安打)で、高松の米麦が悪送球。この間にもう1点入って同点に追いつき、2-2のまま延長戦に入ります。
 11回、高松は7回から登板していた秀岳館2番手・有村を攻め、1死から荒内のセーフティーバントが内野安打となって出塁。さらに、米麦のサードゴロで併殺を焦った廣部が悪送球して、1・3塁。ここで、4番の植田響がセンターへの鋭いヒットで勝ち越し。続く美濃もタイムリーで4-2。その裏、秀岳館も2人ランナーを出しますが、廣部の併殺で万事休す。激闘を制した高松が、55年ぶりの決勝進出を果たしました。

<明日の予定>
▽決勝
(12:30)智弁学園-高松商
▽閉会式
司会:中村みちるさん(広島・尾道北)

 智弁が勝てば初優勝、高松が勝てば56年ぶり3回目の優勝となる明日の決勝戦。ともに厳しい試合を勝ち上がって、決勝まで来ました。準決勝まで智弁は村上が全試合完投、高松は浦が全試合先発で2試合完投、2試合が美濃のリリーフを仰いでいます。打線はどちらも目を見張るものがあり、決勝もエースをいかに打ち崩すかがカギになりそうです。紫紺の優勝旗をかけた一戦は、12時半プレーボールです。

<明日のテレビ放送予定>
12:30-15:30 NHK総合(延長あり)
12:00-16:00 GAORA(延長あり)
12:00-14:25 MBSテレビ(延長あり)
13:00-14:25 山陽放送(延長あり)

第88回選抜高校野球・準々決勝の結果

▽準々決勝
智弁学園(奈良) 6-0 滋賀学園(滋賀)
龍谷大平安(京都) 2x-1 明石商(兵庫)<延長12回>
秀岳館(熊本) 2x-1 木更津総合(千葉)
高松商(香川) 17-8 海星(長崎)

 「高校野球で一番面白い日」と言われている準々決勝。今日の第88回センバツ準々決勝も、熱戦続きで大いに盛り上がりました。
 第1試合と第2試合は近畿勢同士の対戦。第1試合は、智弁が初回に太田と高橋のタイムリーで2点を先制。2回以降も得点を重ねて、3回までに5-0として、試合の主導権を握ります。智弁先発・村上は強打の滋賀打線に対し三塁を踏ませず、2安打完封。智弁が39年ぶりのベスト4進出を果たしました。
 第2試合は、平安・市岡、明石・吉高の両先発による投手戦。6回に明石が先制しますが、7回に平安が追いつき延長戦へ。12回、平安が1死満塁から小川が左中間へのヒットを放って、サヨナラ勝ち。平安は2年ぶりのベスト4で、甲子園通算99勝目。明石は得意のバントが決まらず、7回はスクイズが併殺となるなど、好投の吉高を援護することができませんでした。
 続く第3試合は、4回に木更津が鳥海のタイムリーで先制。昨日18安打を放った秀岳館打線は、木更津先発・早川の前に8回まで2安打無得点に抑えられていましたが、9回に四球などで2死1・3塁として、廣部のタイムリーで同点。続く堀江がセンターオーバーの2塁打を放って、逆転サヨナラ勝ち。秀岳館が初のベスト4進出を決めました。
 そして第4試合は、序盤から激しい点の取り合いとなって、7回を終わって10-7と高松リード。8回、高松は植田響のホームランなどで3点を追加、9回にも4点を奪って、勝負を決めました。海星も9回に2死から粘って、1点を返しましたが及ばず。両チーム合わせて34安打、25得点の乱打戦を制した高松が、51年ぶりにベスト4に駒を進めました。

<あさっての予定>
▽準決勝
(11:00)智弁学園-龍谷大平安
(13:30)秀岳館-高松商
 32校が出場して始まったセンバツも、残るは4校。第1試合は近畿勢同士の対戦。智弁は春夏通じて初の決勝進出が、平安は2年ぶりの決勝と史上2校目の通算100勝目がかかります。第2試合は、息詰まる熱戦を制した秀岳館が初の決勝か、22安打と猛打が爆発した高松が55年ぶりの決勝か。
 明日は休養日のため、試合はありません。この1日の休みが、どう出るでしょうか。

第88回選抜高校野球・第8日の結果

▽2回戦
秀岳館(熊本) 16-0 南陽工(山口)
高松商(香川) 5-1 創志学園(岡山)
海星(長崎) 2-1 敦賀気比(福井)

 第88回センバツは今日も第2試合で観衆4万人を超えるなど、多くの人々が見守る中、2回戦残りの3試合が行われました。
 まず第1試合、秀岳館が1回に相手のエラーで先制。さらに得点を重ねて、松尾の3ランでいきなり8点を先制。秀岳館打線はその後も追加点を挙げて、5回に天本、8回に廣部がホームランを放つなど18安打16得点と南陽を圧倒。秀岳館は3投手の継投で3安打完封し、初のベスト8進出を決めました。
 第2試合は、高松が3回に2死満塁から、美濃の走者一掃のタイムリー、さらに植田理の2ランで5点を先制。高松先発・浦は、創志打線を6回の1失点のみに抑えて、5安打完投。創志の好投手・眦弔4回以降、最速149km/hの直球も交えて無得点に抑えましたが、3回の大量点に泣きました。高松は26年ぶりのベスト8。
 そして第3試合は、海星が小畑のタイムリーで先制。5回にも小畑が2塁へ出塁し、永石のライト前ヒットで一気にホームインして追加点。海星先発・春田は5回1安打無失点で降板。気比は6回、この回登板した土谷から林中が一発を放って1点を返しますが、以降は得点を奪えずセンバツ連覇ならず。海星が、ベスト8最後の1校に滑り込みました。

<明日の予定>
▽準々決勝
(8:30)智弁学園-滋賀学園
(11:00)龍谷大平安-明石商
(13:30)木更津総合-秀岳館
(16:00)高松商-海星
 ベスト8は関東1校、近畿4校、四国1校、九州2校と「西高東低」となりました。明日は準々決勝、第1試合と第2試合は近畿勢同士が激突。第3試合は東日本勢で唯一残った木更津が、今日18安打の秀岳館と対戦。第4試合は、高松が51年ぶりのベスト4に挑みます。

第88回選抜高校野球・第7日の結果

▽2回戦
龍谷大平安(京都) 2-0 八戸学院光星(青森)
明石商(兵庫) 3-0 東邦(愛知)
木更津総合(千葉) 4-1 大阪桐蔭(大阪)

 土曜日で晴天、好カードが並ぶという好条件が揃った、今日の第88回センバツ。第2試合では観衆44,000人を記録するなど、多くのお客さんが詰めかけた中、2回戦3試合が行われました。
 まず第1試合、平安が1回に西川のタイムリーで先制。さらに、6回に犠牲フライで追加点を挙げます。光星は8回まで毎回ランナーを出すものの、平安先発・市岡の前にあと一本が出ず、5安打完封。投手戦を制した平安が、2年ぶりのベスト8進出を決めました。
 続く第2試合は、明石が1回に小西のタイムリーで先制。2回以降は東邦先発・藤嶋から得点を奪えませんでしたが、7回に大西のタイムリーで2点目を挙げ、8回にも追加点。投げては先発・吉高が5安打完封。好投手を攻略した明石が、初のベスト8進出。左のブロックはすべて近畿勢が残り、この時点で決勝進出が確定しました。
 そして第3試合、桐蔭が1回に吉澤のホームランで先制しますが、木更津が3回に1死満塁から中軸の3連続タイムリーが出て、一挙4点を奪って逆転。木更津先発・早川は2回以降は得点を許さず、1失点の完投。4年前の夏、昨秋の神宮大会のリベンジを果たし、木更津が45年ぶりにベスト8に駒を進めました。

<明日の予定>
▽2回戦
(9:00)南陽工-秀岳館
(11:30)創志学園-高松商
(14:00)海星-敦賀気比
 明日は2回戦残りの3試合が行われ、ベスト8がすべて出揃います。第2試合では眦塚覆垢訌六屬、初戦劇的なサヨナラで勝ち上がった神宮覇者の高松と対戦。明日も、見逃せない試合が続きます。

第88回選抜高校野球・第6日の結果

▽1回戦
敦賀気比(福井) 1-0 青森山田(青森)
▽2回戦
智弁学園(奈良) 4-1 鹿児島実(鹿児島)
滋賀学園(滋賀) 9-1 釜石(岩手=21世紀枠)

 今日で32校がすべて登場して、大会も折り返しとなった第88回センバツ。今日も3試合が行われました。
 まず第1試合は、気比・山、青森・堀岡の両先発による投手戦。3回、気比が2死1・2塁から放った林中のタイムリーが、この試合唯一の得点となりました。山は中盤、得点圏にランナーを背負う場面もありましたが、青森打線を4安打9奪三振の完封。接戦を制して、気比が春連覇へまずは初戦を突破しました。
 第2試合からは2回戦。鹿実が初回に先制しますが、以降は智弁・村上、鹿実・谷村の投げ合いで1-0のまま進みます。7回、智弁が2死2塁で岡沢の2塁打で追いつき、さらに相手のエラーで勝ち越し。さらに福元の2ランが飛び出して、この回一挙4点。村上は2回以降は得点を許さず、6安打完投。智弁が春39年ぶりのベスト8進出を決めました。
 第3試合は、滋賀打線が初回から火を噴き、4回までに6-0と圧倒。釜石は5回に初ヒットを足掛かりに、大尻のタイムリーで1点を返しますが、滋賀は8回に馬越の3ランでダメ押し。滋賀はこの試合19安打を放ち、投げては先発・神村が8回2/3を1失点。最後は棚原が締めて、滋賀が初のベスト8に駒を進めました。

<明日の予定>
▽2回戦
(9:00)龍谷大平安-八戸学院光星
(11:30)明石商-東邦
(14:00)木更津総合-大阪桐蔭
 第1試合は2年前の再戦。このときは平安が勝っています。第2試合は明石が初のベスト8をかけて、初戦1安打ピッチングの東邦・藤嶋に挑みます。第3試合も昨秋の神宮大会、4年前の夏に対戦経験があり、いずれも桐蔭が勝っています。好調の近畿勢、智弁と滋賀に続くことができるでしょうか。

第88回選抜高校野球・第5日の結果

▽1回戦
創志学園(岡山) 5-1 東海大甲府(山梨)
高松商(香川) 7x-6 いなべ総合(三重)<延長10回>
海星(長崎) 3-2 長田(兵庫=21世紀枠)

 変わりやすい天気の春ですが、今日も甲子園は晴天。第88回センバツは第5日の1回戦3試合が行われました。
 まず第1試合、甲府が2回に先制しますが、創志が5回に1死1・2塁からダブルスチールを決め、本田の内野ゴロが相手の野選を誘って同点。ここから得点を重ねて、この回一挙4点を取って逆転。創志先発・眦弔郎蚤146km/hの直球を交えて、3回以降は甲府打線を抑えて完投。創志が甲子園初勝利を決めました。
 第2試合は、7回に逆転に成功したいなべが、8回に3点差と突き放しますが、高松はその裏に1点差とし、9回は1死1塁から安西が盗塁を成功。竹内のタイムリーで追いついて、今大会初の延長戦に。10回、高松が美濃の3塁打で出塁すると、続く打者のときにいなべの渡辺啓が暴投。美濃が還ってサヨナラ。神宮大会王者の高松が苦しみながらも勝って、センバツ26年ぶりの勝利を手にしました。
 そして第3試合、先制された長田が3回に吉田のタイムリーで逆転するも、三重がその裏に追いつき、4回に1死3塁で田川の1塁への当たりで生還(記録は内野安打)して勝ち越し。以降は長田先発・園田が好投し、9回に1死1・3塁と粘りますが、相手の好守備もあって及ばず。海星はセンバツ初勝利。21世紀枠の長田は、惜しくも甲子園1勝はなりませんでした。

<明日の予定>
▽1回戦
(9:00)敦賀気比-青森山田
▽2回戦
(11:30)智弁学園-鹿児島実
(14:00)滋賀学園-釜石
 第1試合、1回戦最後のゲームで昨年の覇者・気比が登場。青森とは昨秋の神宮大会準決勝で対戦して、8-5で勝っています。第2試合からは2回戦。初戦の21世紀枠対決を制した釜石は、ベスト8進出なるでしょうか。

第88回選抜高校野球・第4日の結果

▽1回戦
大阪桐蔭(大阪) 9-0 土佐(高知)
南陽工(山口) 6-0 市和歌山(和歌山)
秀岳館(熊本) 6-5 花咲徳栄(埼玉)

 第88回センバツは第4日。今日も1回戦の3試合が行われました。
 まず第1試合、桐蔭が3回に吉沢のタイムリーなどで3点を先制。6回以降は2点ずつを加えて、土佐を圧倒しました。桐蔭先発・高山は8回を2安打無失点。9回は徳山が締めて、完封リレーで桐蔭が初戦を突破。土佐は2回に1死満塁のチャンスを逃し、40年ぶりのセンバツ勝利はなりませんでした。
 続く第2試合は、和歌山・赤羽、南陽・重冨がともにランナーを出しながらも、8回まで無失点の投手戦。9回、南陽は連続死球で無死1・2塁として、重冨のバント処理で赤羽が3塁に悪送球して先制。その後、南陽は笹部の3ランなどでこの回一挙6点。重冨は4安打完封で、2回戦に進出しました。
 そして第3試合、3回に花咲が先制したその裏、秀岳館は4番・九鬼のタイムリーなどで5点を挙げて逆転。花咲は8回に1点差に詰め寄りますが、秀岳館は先発・堀江から田浦、有村と繋いで逃げ切りました。秀岳館は13年前に初戦で敗れた花咲にリベンジして、センバツ初勝利を挙げました。

<明日の予定>
▽1回戦
(9:00)東海大甲府-創志学園
(11:30)高松商-いなべ総合
(14:00)海星-長田
 明日は第1試合で、今大会注目の投手の一人、創志の眦弔登場。最速150km/hを甲子園で見せることができるかどうか。第2試合では神宮大会優勝の高松商が初戦。第3試合には21世紀枠出場の地元兵庫・長田が、海星に挑みます。

第88回選抜高校野球・第3日の結果

久々の甲子園で1安打ピッチングを見せた東邦・藤嶋(2016.3.22)
2016.3.22 久々の甲子園で1安打ピッチングを見せた東邦・藤嶋

▽1回戦
明石商(兵庫) 3x-2 日南学園(宮崎)
東邦(愛知) 6-0 関東一(東京)
木更津総合(千葉) 5-2 札幌第一(北海道)

 今日も春の陽気に恵まれた第88回センバツ。1回戦3試合が行われました。
 まず第1試合、日南が2回に靄椶離曄璽爛薀鵑農萓。明石は7回に同点に追いつき、8回に大西がスクイズで勝ち越し。しかし、日南は9回にまたも靄椶離織ぅ爛蝓爾覇嬰世法その裏、明石は1死満塁として、藤井がスクイズを決めて(記録は内野安打)サヨナラ勝ち。終盤の接戦を制した明石が、甲子園初勝利を決めました。
 第2試合は、東邦の先発・藤嶋が圧巻のピッチング。関東一打線に対して、ヒットを5回の1本に抑えて、8回2/3を11奪三振無失点。藤嶋は自ら先制タイムリーを放って打線を勢いづけ、中盤以降も得点を重ねて、先発全員の14安打。最後の打者は松本が締めて、完封リレー。11年ぶりのセンバツとなる東邦が、初戦を突破しました。
 そして第3試合、4回までともに無得点でしたが、5回に木更津が犠牲フライで先制。6回と7回にタイムリーなどで追加点を挙げて、試合の主導権を握ります。木更津先発・早川は9回に2点を取られて完封は逃しましたが、3回に無死満塁で三者連続三振に抑えるなど、札幌打線から10奪三振で完投しました。

<明日の予定>
▽1回戦
(9:00)土佐-大阪桐蔭
(11:30)市和歌山-南陽工
(14:00)秀岳館-花咲徳栄
 明日は、優勝候補の筆頭に挙げられる大阪桐蔭が登場。「全力疾走」の土佐と対戦します。第3試合の秀岳館×花咲徳栄戦も好カードです。
スポンサードリンク
月別記事
最新コメント
THP 熱闘!高校野球
THP熱闘!高校野球へ
THP本サイトも情報満載!
記事検索
THP blogおすすめ

栄冠は君に輝く
栄冠は君に輝く
 夏の甲子園大会歌。あの歓声と共にこの曲を聴けば、感動すること間違いなし

熱闘甲子園のうた〜夏の高校野球応援ソング〜
熱闘甲子園のうた〜夏の高校野球応援ソング〜
 「熱闘甲子園」30年記念盤!歴代の夏の高校野球統一テーマ曲など全12曲収録

一番熱かった夏〜熱闘甲子園の歌〜
一番熱かった夏〜熱闘甲子園の歌〜
 過去の「熱闘甲子園」テーマソングから10曲をセレクトした珠玉の名曲集

君が明日になる 君が夢になる 高校野球が僕に教えてくれたこと−28年の軌跡−(西浦達雄)
君が明日になる 君が夢になる 高校野球が僕に教えてくれたこと−28年の軌跡−
 2014年、ABC高校野球中継EDを“卒業”、28年間の集大成がここに!

はじまりの瞬間…(西浦達雄)
はじまりの瞬間…
 ABC高校野球中継ED『はじまりの瞬間…』収録!実況つきテレビバージョンも

やさしさにかわるまで…(西浦達雄)
やさしさにかわるまで…
 2012年ABC高校野球中継ED『大空のしずく』収録。試合の余韻と共に感動を

Voice of Mind〜Extra Version〜(西浦達雄)
Voice of Mind〜Extra Version〜
 夏といえば西浦達雄!高校野球エンディング20年の歴史がつまった1枚

今ありて(谷村新司)
今ありて
 阿久悠作詞・谷村新司作曲のセンバツ大会歌。春の幕開けを実感できます
twitter
天気予報

提供:天気予報コム
  • ライブドアブログ