2007年08月23日

魁!投資塾!「リスク管理の巻」

573a4739.jpgワシが投資塾塾長「さんおくえん」であーる!

「貴様ら、いつもなんとなく売買しておらんか?」

--------------------------------------------------------------------------------

みなさんは、株を買うときに、どのような買い方をしていますか?
週刊誌に載っている「必ず上がる必勝銘柄100選」から選んでいる?
それとも、いつもの掲示板で推奨していた銘柄をなんとなく買っている??

ちょっと待ってください!
その銘柄で、どれだけ損をする可能性がありますか。
どれだけ儲けられる可能性がありますか。
また、どれだけ下がったら損きりしないといけないのでしょうか。

優れた投資家は、仕掛けた時点で、すでに手仕舞いの
シナリオも描き終わっていると言います。
リスク管理、損失の管理は、手仕舞いの方法が重要です。

「そんなこと言ったって、明日いくら下がるかなんてわからないじゃん!」
おっしゃる通りです。

しかし、過去の統計を取ることはできます。たとえば・・・
・過去10日間の、1日の値動きの平均
・過去100日間の、1日あたり最大値幅
を調べてみましょう。

資金を100万円持っている人が、100万円のA社の株を買ったとします。
A社は
・過去10日間で、1日あたり平均10万円の値動きをしていた
・過去100日間で、50万円〜150万円までの値幅で動いていた
A社を今後100日持ちつづけた場合、一日で10万円以上損する場合もあるでしょう。また、資金が50万円になる場合もあるかもしれないことを覚悟しておかないといけません。

複数の銘柄を購入している場合、もっとややこしくなります。
それぞれの銘柄について、どれだけのリスクがあるのか、把握しておくことが必要です。

次回は、ちょっとしたシミュレーションを行ってみましょう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/three_okuen/14366065