2005年11月21日

低位株売買の試験開始

以前、低位株の売買シミュレーションを行いましたが、再度、より綿密に行ってみました。

結果だけお伝えすると、
過去1年間のシミュレーションで →年利+111%
2004年ごろの下げ相場で    →年利+20%

というとんでもない数字が出ました。

いままで数々のシミュレーションを行ってきましたが、大抵なんらかの見落としがあったりして、実際に売買を行ってみるとたいして儲からなかったということがほとんどでした。
それでも、うまくいく売買方法が見つかるまで諦めませんよ!

今回は、株価通知メールのしくみを先日作ったので、低位株の条件にあう銘柄がでた時点で、携帯電話にメールを飛ばすようにしました。

しばらくは試験的に売買するので、少しだけ買っていくことにします。

成果は安定はしないかもしれませんが、大きな利益を生み出す可能性もあると思います。結果は随時みなさまにお知らせします。

続きも読みたいな、と思った人は→株式ブログランキングへ一票!  

Posted by three_okuen at 00:21Comments(3)TrackBack(0)

2005年06月02日

特定日の株価変動について[2]

先日、特定日の株価変動について過去の統計を調べてみたのですが、早速、結果に従って売買を行ってみました。特定の日に価格が上昇する傾向が見られた7銘柄をピックアップしました。

6月1日に寄り付きで7銘柄購入

6月2日に寄り付きですべて売却

当初予測は1.5%(日経平均調整後)の株価変動でしたが、ほぼ予想通りの結果となりました。「なーんだ、たった1%しか儲からないのか」と思いますか?私はそうは思いません。

毎月、たった2日間の売買です。他の売買にはほとんど影響しません。年に換算すると+12%、成績を向上させられる可能性があると考えています。

株式ブログランキング!応援よろしくです  続きを読む
Posted by three_okuen at 23:49Comments(0)TrackBack(1)

2005年05月30日

特定日の株価変動について

株価の季節変動や、曜日変動についてはよく議論されます。たとえば、
・飲料系の株は夏に高く、冬に安い
・週初め、週末は株価が下がる
などと言われることがあります。

では、月初に高く、月末に安いといった傾向はあるのでしょうか?すでに議論されている内容とは思いますが、銘柄ごとに、より深く調べていきたいと思ったので、自分で調べることにしました。

・過去6年間
・東証、ヘラクレス、マザーズ
数百万もの毎日の株価を分析していきます。
毎月のある日に買って、次の日に売りを行ったとして、日によって損益の偏りはあるでしょうか?さて?

まだ分析途中ですが、目を疑うような結果が出てきました!特定の日(たとえば、毎月の1日買い→2日売り)については、株価が上昇している確率が90%を超えています。
プログラムのミスかと思ったのですが、そうでもないようです。ヘラクレス、マザーズ、東証すべてにおいて同じ傾向がでている日も何日かあります。いったいこれはなんでしょうか?

-つづく- (かも)

株式ブログランキング!ご協力お願いします  
Posted by three_okuen at 00:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月10日

低位株の売買

しばらくぶりです。
休んでいる間に、いろいろと面白いネタを考え付いたので、久々にシミュレーションしてみました。

「低位株」、普通は100円以下の株の事を指すと思いますが、どういったイメージがあるでしょう。「ぼろ株」「倒産寸前」??こういった株を専門に取引されるスタンスの方もいらっしゃるようですね。

私は主にファンダメンタル分析で売買していますので、100円以下の株を購入したことはほとんどありませんが、以下のメリットはあると思います。
・リスクが限定的(もともと100円なので・・)
・値動きが激しい
・数倍になる可能性がある

普通の価格の株と比べて、本当にメリットがあるのか、調べてみる事にします。過去6ヶ月間、約3000の銘柄を対象に、以下のシミュレーションを行ってみました。
・株価が100円を切った時点で機械的に購入
・購入してから約3ヶ月後に機械的に売却

結果は驚くべきパフォーマンスになりました・・

株式ブログランキング!ご協力お願いします  続きを読む
Posted by three_okuen at 11:24Comments(3)TrackBack(0)

2004年09月26日

立会外分売のロマン[2]

結果は・・・
4戦4敗。散々な成績に終わりました。

「購入時点ですでに儲かっているはずなのに、なぜ損をするのだろう?」

前日の終値の数%引きで購入した時点では確かに儲かっていました。
しかし、市場が開いてから、わずかな時間の間に
分売価格(管理人が割引で購入した価格)を下回る値をつけてしまうことがほとんどでした。

普通の方はここで、「ああ、立会外で買っても儲からないんだ」
とあきらめるところですが、あきらめの悪い管理人は、
シミュレーションを行うことにしました。


■■■売買シミュレーション■■■
◇対象 1/1〜9/1までに上場した164銘柄
「分売実施日前日の終値で空売りし、分売日の終値で買い戻す」
分売前日と比べ、分売日は価格が下がっている傾向が
見られましたので、テストを行ってみました。
↓結果↓
勝率71% 1売買あたりの期待値1%
やはり、偏った結果が出ました。分売実施日には7割方価格は下がっています。
1売買あたりの期待値1%というのは、
1売買につき100万円の売買を行えば、平均して毎回1万円の儲けが
出るということです。

◇対象 4/1〜9/1までに上場した84銘柄
最近特に、価格が下がっている傾向が見られましたので、
期間を変えてみました。
↓結果↓
勝率72% 1売買あたりの期待値1.5%
やはり、最近は分売日に価格が下がる傾向が強くなっているようです。


なかなか面白い結果が出たようです。
一日で1.5%の儲けというのは、オイシイと言えるでしょう。

あくまでもシミュレーションですので、実際の売買を行うにあたっては、
シミュレーションに勘案されていない条件を加味しなければいけないのですが、傾向はつかめると思います。

さて、実際に売買してみると・・・どうなるでしょうか・・・つづく(かも)

<参考>
今回のシミュレーションにはE*TRADEの取り扱い実績データを使用しました。  
Posted by three_okuen at 20:20Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月20日

立会外分売のロマン[1]

立会外分売・・それはロマンです。

簡単に言えば、市場が空いていない時間に、
直前の終値から「数%」ディスカウントされた、おトクな値段で
株式を購入できる・・・それが立会外分売です。
※しかも、手数料が「無料」です


はずかしながら、つい最近知りました。

「なにいっ、数パーセント安く買えるということはっ」
「買った瞬間に儲かっているということじゃないかっ!」

興奮した私は、ひたすら立会外分売を申し込みまくりました。
E*TRADEでは・・結構普通に買えました。
それほど人気殺到、というわけでもないようです。

安く株を手に入れて大金持ち〜〜〜〜を夢見る管理人ですが、
さて、結果は・・・  
Posted by three_okuen at 22:56Comments(0)TrackBack(0)