今、TVで太一氏が、長瀞の天然氷のかき氷に絶賛していた。
頭が痛くならず非常に美味だったと。

3.11以降、東北関東圏の天然氷は無理でしょう。
私の東京時代の友人が、
事故前から、都内の某地にある行列店にあししげく通っていた。
日光の天然氷を使ったかき氷店
日光と言えば重汚染地帯で知られたところ

彼女はかき氷が大好きで、
営業職だったことで仕事の合間に
毎日のように楽しんでいると自慢げに話していたことを思い出す。

その後彼女とはすっかり疎遠になってしまった。
それは何故か、
放射能問題を拒絶したから。
彼女はひときわ拒絶した。
その理由は、非常にファザコンだった彼女の父はなんと、
〇〇電力の元社員だったからだ。
幼い頃からゲンパツに勤務していた父が誇らしかったとよく聞かされていた。
しかし3.11の事故が起こり、
報道される内容に困惑し、電力会社の味方だと話していた彼女。
そんな彼女に私は勇気をもってかき氷への忠告もしていたが、
結局彼女とは疎遠になってしまったのだ、悲しいかな。
今もなお、あの行列店にかき氷を食べに通っていることは間違いない。
でも彼女、我家がこちらに来る前、帯状疱疹になっていたんだよなぁ。
今頃どうしてるだろう。
そして最後に彼女と食事した際に話していたことは
「同僚が急性骨髄性白血病になってしまったのよ。
やっぱりさ、アレと関係があるのかなぁ」と。

独身で子どももいない彼女のことだから、
今も好きに生きていると思う。
彼女のことは大好きだったけど、
そういう人生もありだから、私はあれ以上強く言わなかった。