昨日はホームセンターへ行った。
そこのホームセンターは大々的なペットコーナーがあり、
行ったらペット会いたさにコーナーには必ず立ち寄ることにしている。
行くたびに可愛いペットたちに癒されるのは言うまでものないのだが、
かわいそうに、行くたびに毎回会えてしまう子が結構いる。
つまりいつまでたっても飼い主が決まらないのだ。
あれはどうにかならないものなのだろうか。
それももう結構な成猫ぶりで、
大型種の子は我家の勘吉レベルの大きさを誇っている。
にもかかわらず、元の価格が高いので値下げされるもそれなり。
あんなに大きな身体になって小さなケースに入れられ店頭に並ぶ。
この商法、どうなのだろう。
海外では子猫・子犬だとしても店頭販売は行われていない国が多いと聞く。
何だかなぁ、血統が故、この世に生まれて不幸な生活を強いられる動物がいるのだ。

一方、屋外で野良猫として生まれても、
早々に保護されあっという間に飼い主が決まり、
可愛がってもらっている勘吉みたいな猫もいる。

CIMG3065

また、華子も同様。
氷の世界で野良猫生活を送っていても、
結局は子猫のうちに我家へやってきた。
CIMG3056

家の3にゃんを考えてもやはり一番不幸な生い立ちは銀三だものなあ。
何度も言うように、ショップの商品として、
web上でお呼びがかかるとあちこちドサ回りさせられていた銀三。
出会ったときは発育不良で酷かった。
今はこんなにカワイイけどね。
CIMG3274


人間も同じ。
どんなに家柄や頭がよかろうと、不幸な人はいる。
しかしビンボー暇なしでも平凡な幸せを手に入れ、
楽しく暮らしていたり。
これって、正負の法則。
当たり前以上のものを授かっていると、
当たり前のものが手に入らない。
中には神様不公平じゃ?と思うほど
すべてが満たされているかのように見える人もいる。
しかし実情はそうでもなかったりする。
なぜだか、今までそういう人をたくさん見てきてしまった。
ペットもそう。
血統、容姿端麗、お金持ちの飼い主。
しかし過剰な愛情で着ぐるみ着せられるような生活送ってないかな。

昨日はホームセンターのペットコーナーで、
こんなつまらないことを考えながら、
大きくなったケースの中の猫を見てた。
早く飼い主がみつかりますように。



お手数ですが3ニャンにクリックをお願いします(^^)/
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ