団員飛び入りレポ

2014年04月12日

新人さんいらっしゃぁい(≧∇≦)

こんにちは!


演劇ド素人、


あいです♪


もうすっかり春ですねー


頭の中もすっかりお花畑( ´ ▽ ` )


すっかりお花畑で浮かれているのにはちゃんとワケがございます


前回のブログにも書きましたが、


当劇団に入ってくれた、新人さんを皆様に紹介できるからです


マメちゃーん


はい!まめです。

久しく演劇に携わっていなかったので、もうどっきどきです。

おそるおそるです。

が、楽しく頑張ります☻

大好物は綺麗なお姉様です。

よろしくお願いします(/ )・ω・( \)モキュ


IMG_0250



マメは、中学校、高校と演劇部に所属していたそうですよ


ステキ!先輩イロイロ教えてー


そんな実力派の新人さんを迎えて、


スリーサイズさらにパワーアーップ(≧∇≦)



ちなみに当劇団には男性団員がものすごく不足中Σ(|||▽||| )


お待ちしてますよー貴男を!!!!



稽古が始まるの楽しみだなー


まずは、17日のワークショップ頑張ろっと♪
ご参加もお待ちしてますよ
OWS6

あいでした(^з^)-☆

mixiチェック
threesize2 at 13:06|Permalink

2014年03月25日

I-Play Fes いわき演劇まつり 参戦レポ☆

『もういちど星になる』からはや1ヶ月。
ブログも放置してしまいすみません(-_-;)
劇団はオフ期間に入っていますが、
オフだからこそできること、もぼちぼちとやっていきたいと思います☆

そのひとつ。
観劇!
やっぱり芝居は観ないと!
どんどん観て刺激受けないと!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

というわけで、
3月22日〜23日に、さくら・あいと共に
いわき演劇まつり「I-Play Fes」に出かけてきました。

43


「演劇」を通しての震災からの復興の考え方や、
中高生がその運営に主体的に関わった形態など、
地方で芝居をする身からすればいろいろ興味深い部分があり、
多くの刺激が得られそうだということで。
2日間、20分程度〜1時間半の中長編を計9作品。
いわきアリオスの小劇場に正味7時間ほどカンヅメになり(((( ;゚д゚)))
たっぷりと堪能してきました☆

合間にはいわきのヤンヤン娘こと田村可奈子のところに寄り
よもやま話をしてきたり、
磐梯熱海の温泉を堪能したりと、超濃密な2日間でしたが、
なにより芝居人としてたくさんの刺激を受けてきました。

普段あまり劇評みたいなものは書かないのですが、
もっとゆるく、感じたこと≒感想を、備忘録をかねて書こうと思います。
※注:長いです。

47


(以下、観劇順に)

22日(金)13:00〜
【青年団『銀河鉄道の夜』】
いわゆる元ネタはふわっと知っていて(ちゃんと読んだ記憶はない)
劇団創造市場が取り扱った公演は観ていたのだけれど、
その印象と比べると、かなり演劇としてシンプルで、しっかり委ねられた作品だなと。
ジョバンニとカンパネルラの距離感は非常にふわっとした位置で、
それが作品の匂いを非常に際立たせている、という印象でした。
配置してある装置の色あいや、背景となる映像も含め、
生身の人間が演じながら、半分色鉛筆で描いてあるような。

観終わったあとにはそこまで思わなかったのですが、
このなんともいえないふわっとした読後感みたいなものが
演出の狙いなのかなあと思っている今現在です。

22日(金)16:00〜
【劇王っぽいの2】
20分以内・3人以内・照明音響・舞台転換は最小限という条件下で
審査委員+観客投票で優勝を決めるというもの。
優勝はyhsさんでした。
審査委員は委員長に青年団平田さん、
他にマームとジプシー藤田さん、東京デスロック多田さん、
I-Play Fes実行委員長のいしいさんの4人。
この4人が各40票を5団体に自由配分、
一般観客が1票×160人。

ぜひ茨城でもやってみたい企画です(・∀・)

ゝ紂悒▲襯丱ぅ函
こういう系統の作品はよくあって、普通に楽しませていただきましたが、
逆に言えばコントの体をなしているはずなのに、
シチュエーションにしばられすぎたかな、という感じで
もうひとつ突き抜けた印象がありませんでした。
劇評で平田さんが、演出的なスパイスの話をしていましたが、
(ちらかしていたゴミを一直線にすることで、前後の物語が生まれる)
なるほど〜と。
演出の立場としては、じゃこれをどうするとパンチが生まれるのか
そういう意味で非常に興味深い題材、として観てしまいました。

劇団ユニット・ラビッツ『サーチ・サーチ』
普段作・演出をされている方ではない方が手がけた
「チャレンジ作品」だったようで、
なんとも会話の空気がいまひとつギクシャクしていて
物語も「一生懸命ひねってみました」というような印象がして
もうひとつ好きになれませんでした。
県外でも精力的に活動をされている劇団ということなので
本公演をいちど観てみたいですね。

)劇団夢桜『廻る人生一人舞台』
大衆演劇好きの高校生がつくった作品、とのことですが、
まあ若さで許されるかっていうと、そうではないでしょう。
みんな温かい言葉で語っていましたが、
舞台表現として表に出すなら、もうちょっと「なにかあるかな?」と思わせないと。
ちょっと見どころがなさ過ぎでした。
それより、メインの役をやった男の子がものすごく身体のバランスが気持ち悪く
(ほめ言葉です)、やりようによってすごくインパクトのある役者になりそうだな、と。

に塁鳥王一座『最後に笑う者が最もよく笑う』
初代「っぽいの王」。
「福島の雄」なのでしょう。
演出の構成も役者の魅せ方も、先の3団体とは一味違っていて、
個人的には最も好きな感じでした。
佐藤さんは先日「祝/言」の特集をテレビで見て、そのお顔は拝見していましたが、
実直そうな質感が好みでした。是非ウチにもこんな人ほしい(笑)
前々から名前は拝見していた劇団ですが、次の公演の際には是非観たい!
ループ系の特徴的な作品でしたが、平田オリザさんの劇評のとおり、
前日にマームとジプシーを観た方は、こちらよりyhsさんの公演にインパクトを感じたかもしれません。

ィhs『駆け込み訴え』
教文短編演劇祭でトップを取った札幌の劇団ですが、
太宰治の作品をひとり芝居で上演。
登場人物を人形で表現する風刺系のつくり方で、
その道具の使い方は決して斬新ではありませんでしたが、
役者の演技力の高さと、演出上の構成力もしっかりしていて
見飽きることがありませんでした。
ただ、「太宰治」による上積み票は多かったのかな〜と。
審査委員の得票も、平田オリザさんだけは持ち票40のうち25を入れてましたが
藤田さん・多田さん・いしいさんは
鳥王にほぼ10〜15を入れて、5作品中ではトップでした。
一般票が想像以上に多かったので、前述のような人が多かったのかも。
個人的には、教文短編演劇祭のひとつの指標になったので、非常に有意義でした。

23日(土)10:30〜
【いわき総合高校演劇部『あひる月13』】
これが観たくて、いわきに行ったという作品。
私は壮大な演劇論とか演劇的思考とか持ち合わせていないので、
演劇にとって最も重要なことは、「いかにどきどきするか」だけ。
『もしイタ』はそこにシンプルにストレートに響いてきた。
この作品が評価される点も共通している、とは思うけれど、
そこには明らかな手触りの違いがあった。

演劇的な技法も見どころが多く、
(最近流行りなんでしょうか?)ループ系が使われ印象深くなっていましたが、
どちらかというと床に貼られた幾何学模様が、硬質な雰囲気をつくっていて、
「だっけ」というリアルで可愛らしい方言が使われていながら、
高校生たちの姿が、どこか大人には手が触れられない箱のなかにあるような。
そんな不思議な空気を感じながら観ていました。

震災により生活が変わり、それから月日が立ち、
闇に消えていく記憶や、忘れていく現実といった
まさに今のリアルな思いや言葉が見て取れて、
我々などが軽々しく震災を語ることの「意味のない重さ」を
恥ずかしくなるような瞬間がありました。
彼らはリアルに、軽やかに、辛辣に、今を生きている。
ひりひりとしながらも、独特のきらきら感があふれる公演でした。
引き続き応援していきたいです。
台本もゲットしましたので、ゆっくり読んでみたいと思います。


23日(土)13:00〜
【青年団 アンドロイド演劇『ありがとう』】
約30分の作品で、アンドロイドとその持ち主が静かに語りあうのがほとんど。
主の心の安寧のために詩などを読むアンドロイドが、
主を失った後に送られる地が、多くの人が眠る原発沿いの海岸、という物語。

『銀河鉄道の夜』と同様、すごくふわっとした印象で
薄いモノクロームがかかったような。
その雰囲気は結構好きでしたが、やっぱり会話の空気となると
生身の人間とは違っていて、という感じでした。
『アヒル月13』の後に観たからなのか、前半のモノクロームと比べると、
後半、宅配員(?)がアンドロイドを運ぶに至る場面、つまり
震災を絡めて、という表現は、なんとなくあざとさを感じて、いまひとつピンときませんでした。


23日(土)18:00〜
【マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』】
何というのでしょう?
「ベースボール」から日本に「野球」が生まれて、
野球は野球として発展し、ベースボールではなくなっている。
そしてベースボールに挑み、ベースボールになろうとしたりなりたくなかったりしている。
一方ではオーストラリアでもイタリアでも「ベースボールだったもの」はあって
それらはいま「ベースボール」になろうとしてるんだろうか、と思ったりする。

演出の藤田さんは『劇王っぽいの2』の講評の中で
「目新しいものはなかった」とおっしゃっていましたが、
なるほど、と思わせる、ループ感から来るトリップ感でした。
その中で、震災(津波に呑まれた人の姿)を描いた「無重力」の言葉は
しっかりと手の届く位置にあり、これもなるほどなあと。

なんだか、「野球とベースボールの違いはこうこうこうで、
オレは野球から生まれたけどここがこう違うのをね…」
と一生懸命説明している自分を、
藤田さんがニヤニヤとした顔で眺めているその顔ばかりが浮かんで
なんだかものすごく悔しいです(苦笑)。

そんな衝撃的なシバイでした。個人的にはあんまり好きではないけれど。
あんまり好きではないけれど、そのニヤニヤが悔しいので、
マームとジプシー、また観にいきたいと思います。



-----------

以上。

はー。

というわけで、超刺激を受けたので(* ̄∇ ̄*)
自分の劇作も頑張っペと!


マエシマ

mixiチェック
threesize2 at 18:15|Permalink

2013年11月18日

『自己批判ショーのオールスター大感謝祭』終了しました☆

すでに1週間あまり経ってしまいましたが、
前島が客演させていただいた自己批判ショーさんのイベント
『自己批判ショーのオールスター大感謝祭』
無事終了しました!ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

「オールスター」の名にふさわしい豪華メンツでした(´〜`)
私は、最後の最後のピースとしてオファーをいただいたようで、
プロ野球のオールスターでいうところの「プラスワン投票」扱いでしょうか。
ともかく、思わぬ形で参加させていただいて、大変楽しませていただきました。

64243_421741831260532_345630781_n


1381175_416926251742090_1835540658_n


1379446_413546772080038_1892194057_n


1382024_417008791733836_1938185093_n


あんまり稽古の画像もなくて恐縮です(~_~;)

とにかく、稽古が楽しかった!
特に3Sは女性率が高い劇団なので、
男性がほとんどの稽古現場は、楽しいことがたくさんです。
(別に女性が楽しくないという意味ではなく、新鮮だなと(^_^;))
そして、コントというものは初体験!
(もちろんギャグの芝居はやってはいるけど、コントと銘打つともう逃げようがない)
皆の芝居が本当に面白く、勉強になり、刺激になる時間でした。
特に「おまわりさん刑事」は、あまりにムチャクチャでハマりまくりでした(笑)

一方で、自分の芝居の拙さというか、面白くなさに
何度も辟易しながらの稽古でした。
稽古数も、数えるほどしか取れず、ぎりぎり本番を迎えた印象です。
自分の出るコントがラスト(全員参加)を除くと、一番最後ということも
大きなプレッシャーでした(*_*)

1394436_420402341394481_188391147_n


1392044_419753858125996_557388954_n


舞台であるはなももプラザは、通常の演劇ではなかなか使うのが難しい、
屋台の設定されているホールです。
この屋台上に、出演者が控えているという状況。
(ミュージックステーションの出演者風、という感じかな)
ここから、ずっとラスト近くまで皆のコントを見ている、
しかもものすごくウケているのは、本当にプレッシャーでした。(笑)

しかし、みなさんの助けもあって、無事多少のウケも取れ、
何より公演全体は非常に評判がよかったようです☆

969174_414676661991537_92755827_n
『クライ!ハイ!』でお世話になったホワイトエンゼルさんも来てくださいました。

1463752_175306419337274_1022153655_n
もちろん3Sの仲間たちも。快く送り出してくれて感謝です。

そして、自己批判ショーの皆さんはもちろん、参加者のみなさんが
皆でいいものを作ろうという意識が高く、
非常に前向きになれる現場でした。
スタッフの方々も、心置きなく舞台に望めるよう
あらゆるケアをしてくださり、実に心地よく舞台に上がれました。

表方、裏方ともに、
非常に刺激になる舞台でした。
是非3Sの舞台にも活かしていきたいです☆


この舞台、実は、もう一度観られるチャンスが生まれそうです。
今回見逃した方も、その際には是非ご覧ください!
(もし実現したら、またご案内します)


しかし、コント、面白いね。
刺激を受けて、ちょっとコント作りたくなっちゃいました(*^_^*)


自己批判ショーの皆さんには、感謝でいっぱいですが、
今度は『アフロ板井』で自己批判ショーの皆さんにご協力をいただくことになります。
少しでも思い出深い舞台になるよう、
頑張って良い芝居にしたいと思っています。
負けじと、何倍もくだらない芝居を目指して(笑)


マエシマ






mixiチェック
threesize2 at 01:03|Permalink

2013年08月18日

観劇!花火!稽古!感激!(^o^)丿

3Sとしては非常に珍しく、
本番に追われていない夏を迎えました。
そのため!夏を満喫しております(*^_^*)

大谷亮介さんのWS→『もしイタ』観劇から2週間の間に〜

,い个蕕ネットテレビ12周年記念BBQwithたべコミュ
1150828_390521171049265_1958370525_n
1001091_307632649380338_523998965_n

みの〜れデベロップスクールのイベント「たべコミュ」が
おせわになっているいばらきネットテレビの12周年記念BBQに勝手に乗っかってコラボ。
震災からの復興を目指す鵜の島温泉旅館にて海の幸もたっぷり使ったBBQを堪能!
地元の方々も含め広く交流が行われました☆

劇団クリエ公演『埴輪ろまん』観劇
IMG_0851

『ココココロ』でお世話になった武井泉くん出演。
クリエさんも20周年だそうです。すごいね!
速水けんたろうさんをゲストに招いた作品は
地元ひたちなかの歴史をふんだんに盛り込んだ大作でした!

自己批判ショーin勤労青少年ホームサマーイベント!
 からの〜『アフロ板井』稽古!
『アフロ板井』ではめちゃくちゃお世話になっている自己批判ショーさんの
新作を含む1時間余りのコントを楽しんできました!
相変わらず「ウォ…」は無敵です(#^.^#)

そして、地元古河でそのまま稽古へ!
IMG_0865
IMG_0861
IMG_0864
IMG_0870
IMG_0862
IMG_0873
IMG_0874
IMG_0872
IMG_0876


初稽古参加の方もいましたので、全編を順に追っていく形に。
まだまだ手探りですが、これからもうばっしばっし面白くなるでしょう!

ぅ▲侫躄峅inツインリンクもてぎ!
IMG_0888
IMAG0075

夏といえば花火でしょー!
はじめてツインリンクもてぎの花火に来てみました!
すごかった!いやーすごかった!
やっぱりお金払ってみる花火はハンパないわ!(笑)



てな感じで…多忙な夏を過ごしています(^^ゞ


そして、
昨夜ミクニヤナイハラプロジェクト「前向き!タイモン」を観劇しました。
999125_392960450805337_1967229407_n

小名浜のUDOK.は音楽がメインのハコだったようですが、
旧商店を改装していて、小劇場として実にいいサイズ。
不揃いの客席の椅子もなんとなく嬉しかったり(笑)

この作品は岸田國士戯曲賞を取っているということで
台本そのものにも大変興味があったのですが、
きっかけは笠木泉さんの舞台を以前に観たこと。
どちらかというとクールな役回りだった笠木さんが
どんなふうに動きしゃべるのかに興味が湧いたことが
観に来る大きなモチべーションでした。

面白かったな〜!
ドライブ感を維持し続ける演出。
舞台装置・美術の効果的な使い方。
説明台詞を廃しながらもしっかりストーリーは形づくられ、
かつお客さんのギリギリ手が届くかどうかという
距離感が保たれたストーリー展開。
確かに、演劇のあらたな可能性かもしれません。
非常に刺激的な舞台です。
矢内原さんの作品は、是非今後も観ていきたいと思いました。


芝居を志すものとして、
自分にそこまでのタレントがあるわけではないですが、
チャレンジの精神は忘れてはいけないなと
改めて感じさせてくれました。
もっと挑戦していかなきゃ!(>_<)


さて、今日はオープンワークショップ5。
そして『アフロ板井』の稽古です。
お時間ある方は、これからでも間に合いますので
是非お越しください(^_-)-☆
15:00〜オープンワークショップ5
18:00〜『アフロ板井』稽古
水戸市常磐市民センター(水戸市西原1-3-12)

『アフロ板井』の稽古日程がなかなか確保できないので
もしかするとオープンワークショップは今回で一休みかも。
ので、是非!(^o^)丿

マエシマ

mixiチェック
threesize2 at 12:16|Permalink

2013年08月07日

『もしイタ』東京公演観劇!→茨城公演開催決定!

前日の大谷さんのWSの興奮も冷めやらぬうちに
湿気むんむんの東京へ。

『もしイタ』東京公演に、団員&アフロ関係者などなどで行ってきました!

DSC03927


『もしイタ』2013ツアーの概略及びあらすじ等はコチラ。

私自身は6月の青森公演に続き、3度目の観劇でした。
非常に近い距離で観られたこともあり、
すでに2度観ていることもあり、
演出の視点など細部でじろじろと目を凝らしてしまいました☆

東日本大震災を経て、被災した方々に「何かできることはないか」という
青森中央高校演劇部の出した答えがこの作品です。
照明・音響・衣装・道具・舞台装置等を一切用いず
テニスコート程度の広さがあれば上演可能。
つまり、被災地に出向き上演することを前提にした作品です。
無料で被災地の慰問公演を行い、招聘されれば出向く。
そうしてすでに36ステージを数えています。
高校演劇部が、です。
教育委員会・保護者・その他さまざまな制約があろう中で
この活動はそれだけでとてつもない偉業といえます。

しかし、それ以上に、作品としての見どころが!
演劇を志すものにとって、最も重要な「生」の息づかいが!
如実に感じられる、秀逸な作品です。

昨年の9月だったか。
NHKで「もしイタ」のフルバージョンが放映されて
それを観て感激したのが発端でした。

秋の青森公演に行こうと思いながら、日程が確保できず。

その後、都内の別の公演で青森中央高校演劇部の顧問・畑澤さんにお会いし、
茨城公演の実現に向けて直談判を行いました。

被災地でもある茨城県。
しかしそれ以上に、演劇という文化が一般に認知されているとはいえない土壌。
この「もしイタ」は、茨城で演劇に関わる人にとって、
演劇における最も大切なものが凝縮されている、刺激的な芝居だと思います。
また、演劇を志す高校生にとっても、全国トップを取った「もしイタ」は、
自分たちの立ち位置と、目指すべきものを見ることができる貴重な場だと思います。
そして、演劇を知らない方々にとっては、
衣装も道具も照明も音響も一切使わないこの芝居に、
「演劇」という固定観念が破壊され、その可能性と素晴らしさを感じることができると思います。

16:00の回終了後。演劇部の方々とパチリ☆
971420_446002148830877_1296905326_n


19:30の回の後は看板の前で皆とパチリ。
12618_389189137849135_2038450576_n


あらゆる意味で、この公演が茨城で観られることは
大きな財産になると思います。


東京公演を観て、その思いをさらに強くしました。
ともに観にいった仲間たちも、同じように思ったことでしょう。

というわけで、茨城公演は12月23日!
小美玉市四季文化館(みの〜れ)森のホールで上演します!


当劇団の関係者も、この公演の実現のために
実行委員会に加わり、招聘および広報等の活動に参加しています。
こちらもこれからどんどん情報を提供していきます!

まずは、この東京公演の日に
畑澤さんに、茨城公演に向けてのインタビューをさせていただきました。
こちらがUPされ次第、お知らせしたいと思います!
お楽しみに!

マエシマ

mixiチェック
threesize2 at 23:49|Permalink

2013年08月05日

「大谷亮介さんとつくる劇的な2日間」(自己表現ワークショップ)inみの〜れ

大谷亮介さんによる自己表現ワークショップ、
全日程が終了しました☆
(「舞台表現」じゃなくて「自己表現」だったのね。
 昨日始まってから気づいた(・。・;)

2日間、実に濃密な時間でした。
大谷さんの「感性」から生み出されるさまざまな空気が
WSのエッセンスを彩っていて、
どきどきする瞬間の連続でした。
もちろん、勉強になることも多かった。

自分は芝居に特化した活動が常ですが、
また違った視点のエッセンスもたくさんあり、
是非自分たちの活動にも活かしていきたいと思います。

1375628359022

1375628403788

(画像は、公開WS直前のくつろぎ風景を☆)

昨年のガラコンサート内の
「田んぼの神様」朗読劇で歌わせてもらった
「もうすぐ季節がかわる」も歌えたし!
やっぱりいい曲です(>_<)

うちの梅原親子もがっちり参加。
さくらは子供チーム全体の統括も任されて
大変な2日間だったと思います(^_^;)
お疲れ様でした。

WS後は大谷さんの前に
記念撮影とサイン催促の列が。
さすが「相棒」の三浦刑事で知られる方。

私は再会を約束して、固い握手で別れました(^^ゞ

というのも、急遽参加した初日夜の親睦会で、
大谷さんと、アシの山本育子さんと
ワークショップの話、芝居の話など、
いろいろとじっくりさせていただきました。
お二人の舞台も観に行かせていただくと約束したので。
そして、機会があればウチの芝居にもお越しください、と。

ひとつ心残りは、
やっぱり人見知りで、Myuの方々をはじめ、
参加者の方々とたくさん話ができなかったこと。
この人見知りは、いくら芝居をやっても治りません。(T_T)

ともかく、またひとつ大切な記憶ができました!

さて、明日は「もしイタ」東京公演!
ウチの関係者もこぞって観に行きます。
こちらも楽しみです!

さて、明日ちゃんと疲れ抜けるんかな…((+_+))



マエシマ

mixiチェック
threesize2 at 00:33|Permalink

2013年08月03日

過去作品鑑賞会!

昨晩は過去作品上映会を行いました。
狭い部屋に入れ替わりはあったものの10人がひしめき(笑)
食べ飲みながら作品鑑賞を行いました。

1006311_388219991279383_1799293375_n

鑑賞作品は…
『召喚オビデと恋した娘』
『妄想先生と17.99歳の恋』
『レインツリイ』
『落ち葉プール』
『アトラス』
と、だらだらと流しながら(^^ゞ

『レインツリイ』の苦労話や、『アトラス』のサントピア最終公演など
話にも花が咲きました(#^.^#)

524331_388219977946051_287233406_n

ま。
でもよもやま話の方が多く
ぶっちゃけ、あまりちゃんと見てませんが(^_^;)
ウチの芝居を観たことがない方にとっても
もちろん参加したことのあるものに撮っても
刺激になる機会だったかなと思います。


あとでDVD貸すから、ちゃんと見てね(・。・;


一方、ウチの芝居を観たことがきっかけで
芝居を始めた、という方の話を聞くと
芝居人として大変嬉しいものです。


ますます頑張っていかねば〜(*^。^*)


というわけで、飲み過ぎた朝は
昨日いただいた差し入れにかぶりつきながらゆっくりと。
写真 (1)


夜は大谷亮介さんのWS!
昨年お世話になった大谷さんと久々の再会☆
こちらも楽しみです!


マエシマ

mixiチェック
threesize2 at 14:03|Permalink

2013年05月04日

いばらきネットテレビさんに、お世話になっております(>_<)

ご無沙汰しております。前島です(*^^)


劇団はオフ期間につき、ブログの更新もすっかり放置気味ですが(汗)
ちょこちょこと地味に活動しております★

最近は、『クライ!ハイ!』でも記録面で大変お世話になりました
「いばらきネットテレビ」さんに
3S藤田・梅原が丁稚奉公に出ております(笑)

つたないベシャリでレポーターをやらさせていただいております!

529072_352198228214893_678397207_n




いばらき各地の魅力をなるべく早くお知らせするという
「なるべく速報」に、出させていただいておりまーす☆


「千波湖ストリートライブ&好文マルシェ」(2013.4.14)


「八重桜まつり情報〜静峰ふるさと公園(那珂)」(2013.4.22)



「俺たちの焼きそば・うちの焼きそば選手権 in 那珂湊」(2013.4.28)


「第32回 笠間の陶炎祭」(2013.4.30)



これからもちょいちょいとレポーターとして参加させていただく予定になっております★
いばらきの「今」を満載した「いばらきネットテレビ」。
是非ご覧ください(*^_^*)
http://www.ibaraki-nettv.jp/


そろそろ5月のオープンワークショップのお知らせもいたします!
皆様よいGWをお過ごしくださいヽ(^。^)ノ

mixiチェック
threesize2 at 09:34|Permalink

2011年08月31日

☆8月の稽古日程☆

【8月】

3(水)18〜21時 寿市民センター
10(水)18〜21時 吉沢市民センター
17(水)18〜21時 寿市民センター
21(日)13〜17時 赤塚市民センター
24(水)18〜21時 吉沢市民センター
31(水)18〜21時 千波市民センター

毎週水曜日と日曜日、水戸市内の市民センターで稽古を行っております。

舞台に立ちたい
裏方をやってみたいetc
芝居に興味がある方は、
事務局までご連絡くださいo(^o^)o

【事務局】
info@3-size.net
090-7197-5675(オオウチ)



mixiチェック
threesize2 at 22:00|Permalink

2011年07月20日

☆7月の稽古日程☆

【7月】

3(日)17〜20時 吉沢市民センター
10(日)13〜17時 赤塚市民センター
17(日)13〜17時 寿市民センター
24(日)18〜21時 石岡稽古場
31(日)17〜21時 桜川市民センター


毎週日曜日、水戸市内の市民センターで稽古を行っております。
(たまに石岡にある劇団稽古場にて行うことも)


舞台に立ちたい
裏方をやってみたいetc
芝居に興味がある方は、
事務局までご連絡くださいo(^o^)o

【事務局】
info@3-size.net
090-7197-5675(オオウチ)




mixiチェック
threesize2 at 00:46|Permalink