久しぶりの更新。大変ご無沙汰しております。

直営2店舗目のiphone修理屋を新宿に出店することになり、

その準備やら、何やらでバタバタしつつも、既存店の調子が上がってきていることと、

将来に向けた新しい動きが同時に進行し、ブログ更新が、気になりつつも、後回しになっておりました。

そんなおサボリ気味の当ブログですが、ありがたいことに、沢山の方に読んでいただいております。

本当にありがたいことです。


さて、何度か記事にもしていますが、当ブログの検索ワードで最も多いのが、「儲かる?」関連です。

私も独立し、なんとか、年末まで続けられたことですので、

今回は、私自身の振り返りの意味も含めて、儲かるかどうか、現状の考えを書いてみたいと思います。


儲かるの定義は人それぞれですが、私個人が現状で儲かっているかどうか?と問われれば、

まだまだ、ぜんぜん  です。

と言うよりも、開業当初に「こうなったらいいなあ」という目標値みたいなものは、クリアできています。

正直、目標値以上の収益になりましたし、人並みの生活はできています。

じゃあiphone修理って儲かるんだね!と言われると、ハイとは言えません。

その理由は、軌道に乗せるまでに、主に集客に対するお金がかかっていること。

そして、その後も継続的に投資をし続けないと、売上の向上どころか、維持すらも危ういということです。

投資すべきところにしっかり投資し、出店場所やら運営方法やらがハマれば、

一時的にサラリーマンの月収を超えることができるかもしれません。

それを「儲かる」の定義だとするのであれば、儲かると言っていいのでしょう。

でも、「儲かる」状況を継続的に得ないと意味がありません。

得た売上を、もっと売上が上がる様に使っていかなくてはスグに落ち目になってしまうのではないかという恐怖と、

投資が上手く行って、もっと売上があがるのではないか、という希望とで、

入ってきたお金は、あれよあれよという間に無くなって行きます・・・。

と言うわけで、今は入ってきたお金をそのまま自分のものにすることもできませんし、

プールしておくこともできません。

投資を重ねて、少しずつ効果が出始めたら、多少は自身が潤ってもいいかな~とは思いますけど。


なんだか商売論みたいになってきました。

「そんなのあたりまえだろ」と仰る方も沢山いらっしゃるのではないか、と思いますが、

私、まだまだ駆け出しですので、ご容赦ください。


ウチの開業サポートサービスには、そんな体当たりで得たノウハウを詰めながら、提供しております。

iphone修理開業サポートサービスのご案内はこちらです。

ご興味がございましたらお気軽に資料請求ください!

毎度様です。

なんとなくコツコツと続けてきたこのブログですが、

「iphone修理 開業」 でグーグル検索すると・・・。

検索順位1位 ではないですか!

と、まあ、何でも1番は嬉しいですが、どちらかというと、自身のサービスサイトの順位が上がって欲しい今日この頃です。

一応、まだ独学で色々と頑張ってみています。

ちょっとずつですが、とあるキーワードでの順位が上がって来ました。

一気に上がることはないのでしょうが、プロの皆さんってどうやっているんでしょうね。

一時は被リンクを沢山つけて終わり、みたいな手法もあったそうですが。

ユーザーのためになる情報を心掛けて詰め込んでいけば 評価される、とどのWEBサイトにも書いてありますが、本当にそれだけなのだろうか?

テクニック的なものもやっぱりあるわけでしょ~????そこが知りたい・・。

他のサイトと比較すると、内容テンコ盛りにしていると思うのですが、なかなか評価されませんね。

やっぱり、ブログと同様、コツコツと、継続こそ力なり!

なのでしょうかねぇ。 


沢山の開業したい!というお問い合わせをいただいております。

iPhone修理に限らず、起業・開業にあたって、私のつたない経験談を備忘録的に書いてみます。

起業・開業をお考えの方、

開業しようとしている業種、業界の情報をくまなく調べましょう。

言うまでもないことではありますが、私は半ば勢いだけで開業したので、初期投資には大きく失敗したと思っています。

勢いも大切ですが、加えて緻密な計算も必要です(でした)。

市場規模、リアルな収支、粗利、経費・・・。

そして主な集客方法をしっかり見極めることも大切です。

例えば、iPhone修理で言うと、前回のブログでもあった通り、WEBでの告知、集客がメインになります。
(少なくとも都市部はそうです)

にもかかわらず、新聞折り込みチラシやタウン誌広告など紙媒体に投資をすると、費用対効果が全く合わなくなります。
また、好立地戦略も裏目に出る気がします。

一般的には立地の良い場所に店舗を構えると、繁盛すると思われがちですが、ことiPhone修理業ですと、好立地は必要ない気がします。(少なくとも都市部では)。
もちろん、好立地であるに越したことはないですし、駅から徒歩5分圏内ではないと厳しいとか、最低限の条件はありますが、都市ど真ん中の路面店で綺麗なビルに店舗を構えて・・という派手な立地条件は不必要だという意味です。

というか、そんな立地ですと、固定費であっと言う間に潰れます。

最初、私は好立地であれば自然と集客ができると思っていました。

勢いだけでしたからね。

おかげさまで、大きくは外さなかったですが、儲かりもしませんでした。

開業時、最もお金がかかったのが店舗取得費用と装飾費用など、店舗の構えに関することでした。

お金に余裕があればいいのですが、けしてそうではありません。

限られた原資の中ですので、優先すべき投資を決めて集中投資する必要があります。

結果的には、店舗の構えへの投資は不必要でした。あのお金を、今、思うところに集中投資していれば・・。

と、後悔しても仕方がないので、勉強料だと割り切っております。

つたない文章が並んでおりますが、ご自身のプランが本当に実態と噛み合っているかを調べまくってください。

もちろん、勢いも大切です。考えすぎる必要はあるのですが、考えばかりが先行して、結局アクションに結びつかないと意味がないですし。

熱い心と、冷めた判断。つけ麺のように。


と、さっき、つけ麺を食べながら思いましたので更新してみました!




iPhone修理開業サポートサービスのご案内はこちら

↓↓ランキングに参加してみました。よろしければ押していただけますと励みになります。


 
起業・独立 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ