THESE ARE THE DAYS

Fitter, happier, more productive, comfortable, not drinking too much,
getting on better with your associate employee contemporaries

【 悲 報 】 痛 風 の 疑 い

今週月曜日からの出張初日の午前中のミーティング終わりに右くるぶしに違和感。だんだん酷くなって翌朝はベッドからしっかり立てず。足を引きずったまま日中の予定から深夜に至る会食まで乗り切り(相当ネタにされたけど)、最終日はいろんな人からの可哀想なモノに対してだけ向けられる視線を浴びながら帰国。本日の夕方になってようやく、日本人医師に診てもらいに行って参りました。

火曜日に部下から「痛風じゃないですか?」と半笑いで言われていて半ば信じたのは事実。なぜかというと、ぶつけたり捻ったりした覚えが全くないから。それを正直に伝えると、その医師はろくに患部も触りもせず

「あー、そうですかー、じゃあ痛風ってことでいいですかね?」

とのコメント。いいですかね?って何だよ。…いや、それを診てもらいに来てるんですが、とやっとの思いで伝えると、炎症止めの点滴をして、そのあいだに血液検査しときましょう、とのこと。

最終的には尿酸値は基準値を上回っていたので、疑いは強いね、ということで落ち着いた。ただし腫れている今やれることは痛みと炎症を止めることだけ、と飲み薬も処方される。

僕的には予防法も聞きたい。シンガポールに来て尿酸値が上がった要素なんてひとつしか考えられない。ホッピー+焼酎からタイガービールへの急激なシフトだ(補記しておくが僕はエビ・カニはほとんど食べない)。ところが、医師からは僕の聞きかじった「定説」を次々と覆していく。

・尿酸値は参考値でしかない。確かに高いとリスクは上がるかもしれないが、高いから発症するわけではない。発症との直接の因果関係は分からない。
・むしろ仕事のストレスが関係することも多い。シンガポールの日本人によくあるのは頻繁に海外出張して会食が続くパターン。
・したがって、今日の時点で尿酸値を下げる薬は投与しない。どうしても欲しければ腫れが引いてからまた来て欲しい。腫れているときにその薬を飲むと逆効果だというのが最大の理由だけど。
・今後の予防といっても、尿酸値を下げることが発作を止める直接的な原因とは言えないので、特にない。
・プリン体は体内でも自然に作られるし、エビ・カニだけでなく肉や魚にも入っているから、どうせ摂取する。ビールは確かに数値が高いかもしれないが、ビールを断てばリスクが大きく下がるとも言えない。
・再発のサイクルも不明なので、最善の策は、ちょっとでもヤバいなという痛みを感じたらすぐ痛み止め、炎症止めの薬を飲むこと。早めの措置が大切。

どうしていいのか分からない。僕は、僕のままでいい、ってことなのかな、ドクター? っていうか僕は本当に痛風なの?

とりあえず薬と湿布をもらって今日のところは退散。でも点滴と最初の薬の効果は抜群だったようで、オフィスを出る頃にはほとんど普通に歩けた。医学って凄い。

痛風って「内側を針で刺されているような」とか「足の指の付け根を万力で締め付けられているような」とか「骨折より痛い」ってよく聞いてた。それらのいずれの経験もしたことのない僕だけど、火曜日の夕方から水曜日の朝にかけての痛みは、それらではなく、「サッカーで試合続行不可能になるくらい強く捻挫をしたとき」に近く、想像よりは痛くない感じ。実際、人に痛風を疑われるまでずっと捻挫を疑ってたくらいだし。とはいえもう二度とゴメンなので、とりあえず今日から酒は極力控えて水をもっと飲むようにします。

ウォール・ストリート・ジャーナル

先日から弊社でもウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のアジア版を購読するようになった。

これまでは国内紙(もちろん政府系)をとっていて、それはそれでそれなりに満足していたのだけど、やっぱりちょっと物足りなかったのかもしれない。

出張に行くときは飛行機に乗り込む前にWSJをとりあえず手にとっていたこともあり、結局はこういうのが読みたかったのだなと思う。

ウチの社長がよく決断したな、と思って、「俺、いつも飛行機ではWSJ読んでた。だから購読するようになって嬉しい。ありがとう」って伝えたら、

でしょ?もっと早く購読すればよかったね。どうせ俺とお前しか読む奴いないけどね。

との返答。その通り。ビジネススクール時代は1年生の時は無料で提供してもらってたんだけど、やたら分厚いし、あんまり読む気にならなかった。でもアジア版は薄いし、なんといってもビジネス的に「近い」よね。毎日できるだけ時間を作って読みます。

最近の日本のニュースで言えば、トンネル崩落事故はどのテレビ・新聞でも大きく取り上げられている。あんな先進国でまさか、という感じなのかな。政治面では完全に安倍さんの動向のみ。次期首相の下馬評は揺るがず。そういえば就任時に田中真紀子は大きく記事になってたけど、大学認可の問題以降、ぱったりなくなりました。

ちなみに、WSJアジア版(紙)の単価は国によって違って、シンガポール約300円、マレーシア約200円、フィリピン約150円。日本は500円だって。需要が高そうな国の方が価格が高いって面白いね。

海外で頑張ること

週末を利用してマレーシアの「老舗リゾート」の島に行ってきた。

海外赴任して、いろんな日本人駐在員の人と知り合って、いろんな話を聞いたあとにこういう島に行ったりすると、街を走っている車、幹線道路の横にあるたくさんの半導体メーカーの工場、巨大ショッピングモール、保険やその他の広告、そういったモノを見る目が変わったことに気づく。

みんな苦労してんだなー。すごいなー。よくもまあ、ここまで浸透したもんだなー。

本当に感心する。帰りに空港まで行ってくれたタクシーの運転手さんも、某日本企業で25年以上働いてリタイアしたのだと自分から教えてくれた。

「日本から来たの?英語うまいねー。こっちの工場の人たちはあんまり喋れなかったよ。でもみんなマレーシアのことが好きになって、ヨシダさんもタナカさんも、いっかい日本に戻って、リタイアしたあとに戻ってきてこっちに住んでるよ。毎週土日はゴルフだねー。日本人のビジネスマンはほんとゴルフ好きだねー。ヨシダさんなんかハンデ1未満だよ」

うーむ。何だかよくわからないが、とにかくなごむ。

そういえばホテルで朝食を食べながら現地の朝刊を読んでいたら、こちらで仲良くさせてもらっている某社の記事がデカデカと出ていて、そこの現地法人の社長さんのインタビューがふんだんに盛り込まれていた。

興奮して「すごいですねー!」と携帯でテキストを送ったら、

「マジですか?知らなかった!!」

との返答。うーむ。何だかよくわからないが、とにかくこれがグローバル企業の凄みだな。

もっと頑張ろうっと。

読書生活改革イメージの件

朝5時前に起きてマニラから飛んで真っ直ぐオフィスに戻って、部下からの質問・要求・謝罪等に対応してたらいつの間にかみんな帰ってて自分がビリ2で帰るとか、そういう扱いでいいんでしょうか。
----------

さて、遅ればせながら自分の中でピンときた感じです。
  
キンドルの日本版が出るというのでそれを楽しみにしてたのだけど、実はなぜか100%ウキウキしてたわけではなかった。イメージがまだ曖昧だったのだと思う。それがどうだ。iPad Miniの突然の発売。

「iPad?でけーし、おもてーよ」としか思ってなかった僕にはジャストフィットのサイズと重さ。つーかiPhoneの欠点をサイズの拡張だけでほぼカバーしたと言えるのでないか。すげえぜ。

そして久々にキンドルストアを覗いてみたら、びっくりするぐらい品揃えが充実してる。和書も洋書も。Stephen Kingの11/22/63が700円ちょっと。こっちの本屋でクソ分厚くて重いペーパーバックを1,000円超で買って、出張にも持ち歩けずに進捗が滞っている自分がとんでもない間抜けに見える。

そして最後に、こないだ紀伊國屋書店でブラブラしてて見つけた文藝春秋編「東西ミステリーベスト100」。誘惑に勝てず日本価格の1.5倍で買ってしまい、ランキングを見て一喜一憂。

これですべてがつながった。

東西(つまり邦・洋ってことだけど)の各100、計200をキンドルで買って、iPhoneとiPad Miniで読めばいいのだ。おいおいこれって革命じゃないのか?iPod以来の。

いてもたってもいられなくなって、量販店へ。しかしこないだは余ってたはずのMiniが在庫切れ。くっそー。見つけ次第買ってやる!

サイレント更新

放置にもほどがあったのでアクセスは当分戻らないだろうから、それまで好きにサイレント更新してみようと思う。

しかしながら長文ネタは思いつかないので、最近の小ネタをいくつか書いておく。

・英語力をもっと高めないかん、と思ってパイレーツ・オブ・カリビアン4巻セットのブルーレイを買って2まで観たのだが、サッパリわからん。英語字幕つけてみても追いつけない。一体どこのアクセントなんだあれは。いっかいシャレでローカルスタッフに「Savvy?」って言ってみたらポカンとされたので、「OK?」と言い直した。しかしまあ、3ありきの2、って言うのは好かない。全然オチてない。

・10月中旬以降、接待ごはんと接待飲みが極端に減った。出張者のアテンドも。デスクワークははかどるものの、昨日書いたような組織としての推進力の欠点が気になるようになってしまって不機嫌な時間+残業時間が増加傾向。もっと外に出ないと。

・小刻みなフィリピン出張が増加。2泊を月3回とか。シンガポールは出入国でスタンプを押さないため(すごく効率的)、パスポートにフィリピンのスタンプばかりが増えてしまい、まるで女を追いかけてやたら往復するオジサンのようで少し抵抗アリ。

・FacebookでGodspeed You! Black Emperorイチオシな感じでポストしたけど、実は裏でヘビーローテーションしてるのがPassion Pitの新作。美メロ満載でゾクっとくる幸せなアルバムだ。懐かしく少し可笑しい感じはBlack Parade当時のMy Chemical Romanceを思い起こさせる。あのアルバムをロジャー・マニングがプロデュースしたらこんな風になるんじゃないの?と思ったり。デビュー作は未聴なので聴かねば。

以上、おやすみなさい。

コミットメントとPDCA

ご無沙汰しています。
  
ウチの会社が僕が入社して以降すごい勢いで身につけた能力が一つだけある。PDCAの能力だ。
  
これは一般的なシンガポール人やフィリピン人等にはたいへん厳しいものに映るらしい。本社の経営計画に照らして、最初は安請け合いして気前のいい計画を作るので、「ホントだな?これは君と君のチームのコミットメントになるけど大丈夫?」と念を押す。すると自信ありげに大丈夫だ、というので東京とも調整して正式な計画として半年が始まる。
  
しかし放っておくと、期末が近づくにつれ凄い勢いで「なぜ出来ないか」を羅列し始める。半期のうち4〜5ヶ月は超楽観的報告をして、最後の最後でいきなり自らちゃぶ台をひっくり返す(過去最高の言い訳は「私はこの計画を書いたこと自体を後悔する。こんなに厳しいものとわかっていたら最初から書かなかった」だ)。
  
自分の立てたプランとこれまでやったことを検証して、プラン自体を練り直すという作業をしない。ゴールを見据え、半期ごとの区切りの日から今日までを時間軸で遡ってやるべきことを整理できない。だからあるマイルスー ンの未達成の原因を「だって4連休があったから」とか言ってしまう。
  
僕はこの状況の打開のために、自分が直轄するチームに関してはPDCAを強烈な勢いでやるようにした。毎週毎週、相手が20代中盤の女子社員でも50近い管理職でも容赦しない。先週お前は俺に何を約束して、今週何をやって、会社とお前が共同で決めたゴールを達成できたのか?未達なら計画をどう練り直し、今週お前は俺に何を約束するのか?その約束は妥当なものか?ところで今週の金曜日は東京の、来週の金曜日はお前のところの祝日だがそれは計画に織り込んであるのか?
  
1年間これを続けた結果、直轄チームのPCDA力はかなり上がった。約束していいこととしてはいけないことが峻別できるようになってきた。つまり、自らの力量と限界、周囲(取引先)の状況を総合的に、1週間単位で時間軸を遡って把握できるようになってきたのだ。これができると仕事が楽になる。成果も出やすくなるし、なにより、「なぜ上手くいったのか」が見えるようになる。
  
一方、この訓練を怠った非直轄チームと、これについていけない一部の社員の状況は芳しくない。上手くいってもその成功を複製できないし、未達であってもその修正案を思いつけない。だから一旦状況が悪くなるとどうしようもなくなる。挙げ句の果てに何が起こるか。
 
コミットメント自体を曖昧にしたがるようになる。明確なプランを立てるのを嫌うようになる。mhさん、達成すべき目標があるのは分かるけど、いろいろ事情があるから、100%は保証できないよ。。。 いや、誰が成果を100%保証しろと言ったよ?100%真剣に取り組むかどうか聞いてるんだけどな。
 
しかしこれ、どこかの国の政治家に似ていないか?
  
僕が前回の衆院選で民主党に投票したのは、分かりやすいゴールとプランがあったからだ。これまでトップに立った経験のない人たちがやるわけだから、誰も一発でできるなんて思ってない。だから4年かけて試行錯誤すればよかったのだ。PDCAのキモはCheckとActionだ。だけどこれらは、ゴールに向けたはっきりしたPlanがない限り機能しない。でもPlanは一つに固執する必要はない。ゴールにたどり着くにはそれこそ無数の道がある。それは選ばれた者の裁量でやればよい。
 
PDCAの美徳は失敗の許容だ。任期のあいだ、死に物狂いでPDCAすればいい。選ばれたんだから。
   
ところが「政権奪回」自体が戦争目的であった輩が多すぎて、国民への具体的コミットメントを軽んじ、結局ゴール自体がすり替えられてしまった。ひとたび失敗してもチェック機能は働かず、易きに流れる新プランに取って代わられてしまった。そして国民からは「未達」を最大の要因として激しい非難を浴びている。
 
いや、僕らは計画の未達だけを以て責めたりしてはいけない。それだけ難しい時代なのはよくわかっているはずだ。100%保証されるべきは成果単体ではなくそれに向けた取り組みである。
  
確かに民主党は失敗した。その罰は当然に受けるべきだろう。しかし彼ら自身も、それに取って変わろうという者も、次の選挙で数を確保せんがために最初から目指すものさえはっきりさせず、そしてその達成のためのコミットメントも見せないなどは、憂慮すべき真摯さの欠如である。既に僕は、以前のように、判断軸を完全に失ってしまった。
    
企業だとこういうことは起こりづらいのにね(そもそも社長を選挙で選ばないんだけど)。執行と経営はもっと明確に分けることが処方箋になるのではないかと思うのだけど、正直言ってもう、全く期待してません。
 
あさってのPDA会議、頑張ります。

まとめのまとめ

最近、お昼ご飯を食べた後にタバコを吸いながら、iPhoneのMT2というアプリで2chのまとめサイトのまとめを見るのが最大のストレス解消になっている。
 
屋外の灰皿兼ゴミ箱の前でニヤニヤして不審者っぽくなった、お勧めのネタを貼っておく。

全員ビッグダディ

後鳥羽JK「六波羅短大ってなによ!」

空を見上げて「バカな・・・早すぎる・・・」ってつぶやいたら

マリオ「また誘拐されたのかあのビッチ・・・」

最後に、古いネタだけど、最近見つけて超笑ったやつ。
昼青龍「朝青龍がやられたようだな・・・」

さて、明日も頑張ろっと。

人生の10曲(3)

今日はオルタナ編の第2弾を。

やっぱり当時高校生〜大学生の端境期だった自分的には、ニルヴァーナとパール・ジャムの登場は無視できないわけです。

まずはパール・ジャム。僕にとってのベストアルバムは間違いなく100%"Vitalogy"。但しこれは、"Ten"、"VS"、カートの死去、MTVなどとの闘争を経てのこのアルバムなわけで、曲の良さというよりもロック的文脈を多分に含んだ選択だと言える。では曲としてどうなのと聞かれれば、印象に残るのはTen収録曲。しかしながら僕もTenは史上稀に見る残念録音アルバムだと思っていて、素晴らしい曲の数々がキレを抑えて録られたという気がしてならない。したがって、後に続々出てくるテレビでのライブ映像、公式含む数々のライブ盤、再録版などを聴いていると、本当に残念だなあと思うのだ。"Even Flow”の再録PVとかカッコイイ音はいっぱいあるものの、ここではMTVアンプラグドの"Porch”を。アンプラグドがこんなにスタジオ録音を凌駕したことがあっただろうか!?知らんけど。僕はこれをいつどう観たのかさっぱり覚えてないけど、久々に観てもPro Choiceはしっかり覚えてたよ。



でも実際、人生の10曲っつったらSpin the Black Circleを最後は選ぶと思うけど。ははは。

さて、次はニルヴァーナ。これも同様に、"Nevermind"は後々振り返るとたいへんに抑制された音だと感じる。結局のところ僕として「うわあ・・・」と思わず絶句したのは"In Utero”。ほんとに凄いアルバムだな、と。確かBurrn!では70点くらいだったよね。でもほんとに凄かった。で、誰がなんと言おうと、僕にとってのこのバンドのベストの曲は"Radio Friendly Unit Shifter"。面白いのが、Sonic Youthとは全く違って、この音は純粋にアルバムのための音だったこと。ライブだと全然凄さが出ないので、敢えて録音版を貼る。



ちょうどその頃、イギリスではブラーかオアシスか?みたいな論争が繰り広げられていた。それはそれでまあよしとするのだけど、数年後、Radioheadが"OK Computer"を出した瞬間に、この数年来の議論は全て無効になってしまったと思う。ブラーでもオアシスでもなかったのだ。"Paranoid Android"だったのだ。歌詞の素晴らしさも含めて、まさに運命の1曲。

人生の10曲(2)

今回は青春編。僕にとっての青春とはこれすなわちオルターナティブ。もしくはグランジ。貼られるラベルは何でもいいけど僕にとってはリスナーとしてのロック再定義の時期だった。この時期に僕の人生の10曲が集中されていると思われます。

まず最初はFaith No Moreで。普通に考えるとEpicかもしれないが、僕はここは敢えて、Everything is Ruinedを推したい。Epicで大ブレイクした第二期Faith No Moreの立役者はどう考えてもマイク・パットンなわけだが、彼がこのバンドを金儲けのツールとして捉えて加入したのは有名な話(本当にやりたいことはMr. Bungle含め他のバンドやソロ、プロジェクトでやっていた)。そうなると時代の要請にしたがってEpic的な音楽を制作するのはある意味必然で、どうしても「売れたい若手」のすりよりが(特にマイクのボーカルに)出てたように思う。が、そこで得た自信をもとにまさにギリギリのところを突いた次作、Angel Dustはとんでもなかった。正直、理解するまでに多少時間がかかった傑作。変態カリスマボーカルとそれを取り巻く個性派。そんな無比の個性が最高のバランスでブレンドされた彼ら最高のポップソングがこのEverything is Ruinedだと思うのだ。特にビデオが馬鹿みたいにカッコイイ。よくもまあ、人気絶頂期にここまでナメたビデオを作ったものだ。しかしマイク・パットンすげえなあ。


次はベタで申し訳ないがレッチリのGive It Away。僕にとってこれが一番最初に聴いた彼らの曲で、しかもそれが池袋のハンバーガー屋のレーザージュークボックスからたまたま映像として飛び込んできたもんだから度肝を抜かれた。あああ何これ買わなきゃ、と即座に思った。解説不要よね。誰がなんと言おうと、ジョンのギターはこの頃が一番いいと思います。


こうなると次はPrimus。いま振り返ってみるといろいろ悩んでたんだね、と感じる時代が長いですが、それはもう、このフォーマットでのクリエイティビティの極みが、Sailing the Seas of Cheeseの数曲に凝縮されてしまっていたことに尽きるのではないかと。音源としてはRhinoplasty収録のライブバージョンが悶絶するのだけど、ここは素直に原曲で。もちろんTommy the Catです。これだけベースが弾けて、こういう曲を出してくるところにオルターーーナティブを感じるわけです。セイベベーー!


今日はじゃあジョンスペで締めますか。今日のバンドはそれぞれロックに違う意味を与えてくれた気がするけど、このバンドのこの1曲は、「その手があったか」と思わせつつ、実にストレートにロックのセクシーさを見せてくれたと思います。ベルボトムズっていう架空の(?)バンド名自体がセンス抜群。このビデオだと前半がごっそりカットされてるのが矢鱈残念なのですが。

目標

祖父が亡くなって急遽日本に帰国してたりしたせいで、すっかりまた更新が滞ってしまいました。

なんだかんだであっという間に新年度。過去の経験から、人事異動こそが最も明示的な会社のメッセージだと信じているが、今回の大異動もいろいろ考えさせられた。過去2年連続で異動する側だったので、今回はより客観的に見られただけかもしれないけど。

無事いまのところに留まることができたので(少なくとも4月1日付の異動は無かった、と言うべきか)、ここ2年で初めて、自分の今後のキャリアについて考える時間を持とうかなという気になった。

実際問題、人事→部門統括→海外子会社って振れ幅が大きすぎ。翻弄されきったので自分の将来が「社畜」くらいしか無いんじゃないかと思ったことは事実。

今後も具体的にこれがやりたい、という個人的希望を会社が素直に聞いてくれるなんて全く思ってない。しかしこの振れ幅から得られる自分の「売り」は確立しておきたい。

高齢化社会。グローバル人材不足。このような中で僕が果たせる役割?少なくとも僕たちのような小さい会社の中ぐらいでは、大きく影響力を持てる何かの獲得を目指して、努力したい。

今年に入って読書が絶好調なので、これは継続するとして、あとは最低限のシスオペの知識と、東京本社への貢献と、実地で学ぶグローバル人事+経営管理。もちろん、海外子会社(本社から見れば孫会社)ならではの、学芸会的な、強力に小さくタイトなマーケティングは必須。

頑張りましょう。
twitter
Now Listening
mhrock's Profile Page
国旗
free counters
本棚
Recent Comments
Archives
Categories
記事検索
  • ライブドアブログ