20150520102218



第18回TOUR OF JAPAN 2015いなべステージを観て。

はじめて一般公道のロードレースを観ていろいろ発見があったので数回に分けてカーキャリアの仕事をしている中知らなかった点や、
レースで実際に使用されている状態をブログで書いておきます。

※忘れやすい自分のために(^^;

レースが終わってから別のシマノカラーのスバルレヴォーグ

コチラはシマノレーシングチームのチームカー。



このクルマに積載してあるロードバイクは全部で4台。



ベースキャリアにはまず、THULEウィングバー
のベースキャリアをセット。



その上にTHULEプロライド591を前後交互にして積載幅を狭くすることで4台キレイに積載されています。


※ウィングバーにTHULE 591を取付する時には、バー上面にある
Tスロット/Tトラックレール
を利用して取付するので、今回のチームカーのように沢山の台数を積載したい時にとても便利です。


なぜなら、フット部分がある場所も含めてバーの長さ全部を利用してサイクルキャリアを設置することが出来るため。


これが、THULEスクエアバーや他社製品などの、バーの下側を利用してサイクルキャリアを取付する取付け方法では、フットのある部分にサイクルキャリアを取付金具が運悪く来た場合には”ずらさなければ装着出来ない”


ずらす分だけサイクルキャリアや/サイクルの積載台数を減らさないといけない状況が出てくる場合があるのです。



さらにシマノチームカーのすぐ横では、那須ブラーゼンのチームカーから自転車を極めてカンタンに下ろしていました。

20150520102223



 あらためて横から観ていて、やっぱりth591は自転車の積み降ろしカンタンだな!と感心してしまいました。

 これ以上カンタンにはなかなかデキナイよね!しかも、自転車が固定されている状態/自転車がまったくない状態も非常に美しい。 



自転車が積載されていない状態の時のTHULEプロライド591はベースキャリアの高さからほんの少しだけ車高が高くなるだけなので高さ制限を気にする事がない。


20150520103237



写真はTHULEスライドバーの上に
THULEプロライド591が4台積載されている写真。


僕自身、カーキャリアアドバイザー:たにがわ♪♪として、



自分が利用して便利だから、お客さんに対してth591一押しで、
オススメしまくっているth591がこのような国内最高レベルの大会でも利用されていることで間違いないものをオススメ出来ているな!と再確認できたようでうれしくなりました