2010年10月28日

走る津田

超ほったらかししていたブログ。
昨年の北海道画像のせいで妙に画面表示が重たくなっていたので
スリム化しました。

最近のできごと。
今年の春先、会社の上司の方から「六甲全山縦走大会」のお誘いを受けた。
11月に須磨浦公園から宝塚まで56kmを約13時間ほどで歩くイベントだ。
正直、登山なんて今までやった事なかったけど
神戸にいるうちは神戸ならではの事をやってみたく、参加を決意。

勿論、何もトレーニングせずぶっつけ本番は危険なので
足腰の鍛錬を意識付けています。

休日に実家(豊中)帰ったときははだいたい20kmくらいジョギング。
これまで挑んだコース
北コース:豊中〜箕面の滝〜豊中(約18km)
東コース:豊中〜万博外周〜豊中(約20km)
西コース:豊中〜伊丹空港〜豊中(約16km)
南コース:豊中〜梅田〜難波〜天王寺〜堺【仁徳天皇陵前】(約30km)※さすがにこれは帰りは電車

マイペースでジョギング(ウォーキングもからめて)してると、途中色々な発見があり、面白い。
今度狙っているコースは、
六甲道〜三宮〜舞子公園(明石海峡のふもと)折返し〜三宮(約42.3km)というフルマラソン距離を挑んでみます!

限界に挑戦!

thunder_osugi at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月20日

夏の北海道3泊4日フリープラン 後編(3・4日目)

3日目は富良野をおもいっきりドライブ。
まずはペンションのおやっさん&奥さんお手製の朝食で腹ごしらえ。
新鮮な野菜・ソーセージ・牛乳・最後にはメロンも出てきていきなり大満足。
宿泊客の1人旅マドモワゼルともハイソな話で和やかに話が膨らむ。
心配していた天気も、雨降らず丁度良いくらいのコンディションだった。

ペンションを出発し、まずは北の国から探訪。富良野駅へ。
駅では北の国からBGMがヘビーローテーションで流れていた。
でも曲調が曲調なだけに心がゆったりとする。

続いて富良野駅から南へ一駅の布部駅へ。
北の国からは最初この駅からドラマがスタートした。
その事もあってか「北の国 此処から始まる」と書いたモニュメントがあった。

車を東へ走らせ、麓郷へ。クーラーはつけず、窓を開く。めちゃめちゃ涼しい!
「五郎の石の家」へと到着。
ドラマに出てきたセット等そのままの状態又は復元して展示されていた。
「最初の家」では劇中、当初は電気も水道もないという設定。
「(電気が)ついたよ〜」の顔演技で写真をパチリ。いい思い出となった。
牛乳ソフトクリームが僕を呼んでいたので、迷わず購入。旨い!

続いてはペンションのおやっさんから貰った観光ガイドに載っていた
湧き水スポットへ行った。

べべルイという不思議な名前の地区を目指し、直線道路をのんびり走る。
ドライブ中、五郎の口調マネをしながら会話をするというルールを設定したが
あまり会話が弾まないことに気づき中止。程なく湧き水スポットに到着。
水はくんくんと湧き出ており、すごく美味しかった。

昼飯は富良野の野菜をふんだんに使ったポトフランチ。
ヘルシーだが野菜そのものの味がしっかりしていて大満足だった。

続いて相手の人のたっての希望により、新富良野プリンスホテル内の「森の時計」という純喫茶へ。
「優しい時間」というドラマの舞台らしい。
カウンター席に座るとコーヒーミルを挽かせてくれる。初めてコーヒーミルを回した。
挽かれた豆はとても香り良い。
違いの分からない男でも、違いの分かるくらい良いコーヒーだった。
ついでにケーキも頂いた。

富良野市内を後にし、旭川へ戻る道中ラベンダー畑へ。
ラベンダーの最盛期は6月末から8月頭らしいので、行った7月11日はほぼドンピシャだ。
ついた瞬間、景色よし・香りよし、と最高の光景だった。
たぶん一番ここで写真を撮った。
ここでもラベンダー風味ソフトクリームが僕を呼んでいたので、迷う理由も無く購入。
旨い!!

レンタカーを旭川で返し、再びヴヴィィーーン系の特急列車で札幌へ。
車内でチョコレート(今度はブラック)がかかったポテトチップスをパクつく。旨い!完食。

札幌のホテルに荷物を置き、北海道最後の夕食へ。
結構お腹が一杯だったが、地元紙で思案した結果スープカレーを食べに行く。
これがめちゃめちゃおいしかった!スイスイ入る。ビールも飲んで大満足!
ホテルまでの帰り道、すすきのに脇目もくれず(おそらく)、
中島公園を通り抜けホテル到着。お腹も心も満たされ就寝。


4日目(最終日)は小樽へ。
この日はかなり太陽がさしていて、そこそこ暑かった。
でも24〜25℃だったが、小樽駅近くのビーチでは海水浴客が結構いた。
北海道の人は肌が強いのか…

小樽は運河やレンガ倉庫を中心とした風景。綺麗だった。
通りかかった工房でガラス作成体験をやっていたので、挑戦!
上方漫才大賞 新人奨励賞をとっていそうな息の合ったお兄さん2人に身を任せ、
オリジナルのビールグラスを製作。
良い出来栄えだ。
製作後、うに・いくら・かにののっけ盛り三色丼を、帆立焼き・ビールと共に。


小樽を後にし、みたび札幌をぶらりとして新千歳空港へ。
おみやげをチョイス。例の生キャラメルは人数制限するほどの盛況振りだった。
新千歳空港17:00→神戸空港18:55着。
翌日からもういきなり仕事だったが、悔いない4日間だった。
翌々日は健康診断だったが、悔いない4日間だった。


2日目に行った十勝岳温泉は9月末〜10月上旬、一面が紅葉らしい。
昨日新しいスーツケースを買ったので、また行ってみようかと企んでる今日この頃です。

thunder_osugi at 13:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月19日

夏の北海道3泊4日フリープラン 前編(1・2日目)

去る7月9日〜12日、早めの夏休みを頂きつつ北海道に行って来ました。
この旅に合わせて買ったデジカメの写真と共に振り返っていこうと思います。

1日目はほとんど移動のみ。
15:00神戸空港発→16:55新千歳空港着。
着いて電車に乗り換え宿泊場所へ。
最寄のすすきの駅に降り立った瞬間、「涼し〜」の一言。
ほとんど湿気はなく、カラッとしていた。

ホテルチェックイン後、記念の第1食目の店をガイドブックで思案。
北海道だから回転寿司も旨いだろう、という思いで
札幌駅ナカの回転寿司屋に行く、が、すでに長蛇の列。。

1時間程待って入店。
ネタは想像以上新鮮、回転寿司という事もあって特別高くない。
圧巻は鯛のあら汁。器に結構沢山入っていてなんと180円(安い!)。
ビールも飲んだ。結構お腹一杯になった。でも2人で合計3700円也(安い!!)。

札幌からすすきのまでの誘惑小道に脇目もくれず(たぶん)、
ホテル内の温泉にゆったり浸かり、その日は終わった。


2日目は旭川の旭山動物園へ。
札幌から旭川まで時代を感じさせる特急列車(ヴヴィィィーンと動くやつ)で移動。
車内でチョコレート(ホワイト)がかかったポテトチップスをパクつく。完食。
旭川駅から動物園まではバスで移動。30分後、動物園到着。

園内の温度計を見ると、12.6度!!はだざぶがっだ。
けど、添付写真のように素晴らしい光景が一杯見れた。
個人的にはペンギンとオオカミに感動。
昼飯はツアー客の大阪のおばちゃんと思われる集団にちょい囲まれ、
旭山動物園オリジナル弁当を食す。
おばちゃんはどうやら集合場所に間違えて早く来すぎたらしい。
(「いや、1時間もはよ来てしもたがなー」←ここで関西と悟った)

動物園から旭川駅に戻り、旭川ラーメンを食す。
醤油ベースでこれまた旨い!
その後旭川駅前の百貨店地下で、例の生キャラメルを購入。
意外とすんなり買えた。
次の目的地の富良野までレンタカーの為、車の中で食した。旨い!

旭川から富良野への道中、少々時間があったので、思いつきで十勝岳温泉に行くことにした。
思ってたよりかーなーり高い場所にあり、途中の道から霧が煙っていた。
でもある程度の高さを抜ければ霧も無くなり、程なく到着。
見晴台から景色を見ると、登ってきた道が霧模様。
雲海だ。初めて見てとても幻想的で感動した。
温泉もかなり良く、これまでの温泉の中で3本の指に入るのではなかろうか。
思いつきの割には大満足の寄り道だった。

富良野ではペンションに宿泊。
おやっさんが温かく迎えてくれた。
3日目は富良野を車で周遊するので、雨が降らないのを祈りつつ就寝。

後編(3・4日目)へ続く

thunder_osugi at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月26日

興奮!

兵庫県、山の原GCでつるやオープンを見に行きました。
今回で2回目。
石川遼は残念ながら予選落ちだったけど、大興奮でした!

興奮した点
・ジャンボ尾崎は本当にジャンボ
・田中秀道のアイアンはめちゃ飛ぶ
・ジャンボ尾崎は子供に優しい
・丸山茂樹は意外とスリム
・ジャンボ尾崎が一瞬アントニオ猪木に見えた(赤コスチュームの為)
・片山晋呉がテンガロンハットじゃなかった
・ジャンボ尾崎のゴルフバッグがなかなか派手
・小田孔明のロングパットバーディー
・ジャンボ尾崎はゆういちと「似て非なるもの」だという事が再確認できた

来年もまた来たいが、一度女子プロも見に行きたい。
6月のサントリーレディス(六甲国際GC)、誰か一緒に行きませんか?

thunder_osugi at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月12日

買っちゃった2

電化製品を買いました。

ちなみ今のウチには冷蔵庫ありません。
パソコンありますがネットつながっていません。
こないだ会社の人にきょうびデジカメ持ってない事に笑われました。

そんなガス屋が前々から欲しくてついに買った物。

「空気清浄機」です。
ちなみに一応弁解しとくと、ウチはそんなホコリまみれではない。
けど欲しかった。イオン分解系のが欲しかった。

千里中央の某家電量販店にゴー。
P社とS社で迷う…
総合的に考えてP社に決め、あとはゴロニャン感覚で値切る。
ポイント還元、大幅アップ。素晴らしい。
即、六甲の家に持ち込む。

設置し、早速電源をオンし自動運転モードにする。
すると、間無しに空気清浄機のバックライトが赤に変わった。
約10分くらい頑張ってくれた後、ライトは青っぽくになった。(しかしまだ青紫)
説明書を熟読していないが、設置前の空気環境は「赤信号」だったのか…
重ねて弁解しておくと、ウチの空気はそんな警告環境ではない(はずなのだが…)

でも20分くらいすると、確かに空気は新鮮になったような気がする。
会社から帰ってきた時、いい空気だといい夢が見れそうだ。
なかなかおすすめです。

thunder_osugi at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月29日

南工万歳!

約3ヶ月のごぶさたでした、ガス屋です。
先週末は健ちゃん・かなちゃんの結婚式に癒され、
そして久々の人との再会に盛り上がり大充実。

今日は朝に少し会社出て、その後甲子園に行って来ました。
目的は第3試合の南陽工−PL学園。
ガス屋は山口時代、縁あってか南陽工高を訪れた事がある。
(ちなみに南陽工は津田投手の母校)
当時ふれ合った1年生が、今大会で新3年生。
周囲はPLの応援が圧倒的多数だったけど、
ビール・タコ唐揚げを手に南陽工を応援する。

090328_1551~01

南陽工は9回までノーヒットに抑えられる。
PLもほぼ毎回スコアリングポジションにランナーを進めるのだが、
南陽工が根性で無失点に抑える。
久々に生で見る緊迫した投手戦。
そのまま延長戦に突入。




すると、忍耐力が実を結んだおかげか
10回に固め打ちで2点を取る。
PLもウラに1点を返すが、2−1で南陽工の勝利!
劇的だった。

耐え忍んで頑張れば、結果を出すことが出来ると教えてもらった気がした。
やっぱ高校野球はおもろい!

thunder_osugi at 00:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月02日

買っちゃった

頭にオのつく腕時計、買っちまった。
付け慣れない。手首が重くダルい…

仕事に飲みに、午前様な日々が続く。
時計を見て活力にし、また明日からも頑張るちゃ。

thunder_osugi at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月13日

コンクール

ヌギ川さんのお誘いもあって、コンクールを見てきました。
最近は練習も本番もしばらく見に行ってないので、
どんな風になっているのか興味がある所だった。

演奏を聞いての感想はレセプションで伝えてきました。
どの位伝わっただろうか。
僕を育ててくれたクラブだから、なにか力になりたい。
そういう気がした。

thunder_osugi at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月02日

一つの時代が終わる

清原が引退した。
野球の大スターの引退試合は何度も見てきたが、
タイトルの様に何だか一つの時代が終わった気がした。

清原は僕が子供の頃から当たり前のようにいる選手。
華やかな時代、苦難の時代、ずっと見てきた。
引退スピーチを見て、とても寂しく思った。

清原から学んだ事は、どんなに辛くても耐えて努力して続けば何か返ってくるという事だ。
正直、巨人での不振・ケガ時代に引退するんやろなと思っていた。
でも清原はトレーニング等の努力をして頑張った。
今日の今日まで本当に完全燃焼しつくしたと思う。
ファンからは鳴り止まない声援。
涙まじりだったが、顔は晴れ晴れしていた。

向かい風に折れないよう、自分も頑張っていこう。そう思った。

thunder_osugi at 01:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月29日

懐かしい

テレビでボキャブラ天国の復活版をやっていた。
津田は昔、毎週水曜日必ず見ていた。当時は小中学生。
芸人コーナーをやり始める前から見ていて、テレビの前で「バカパク!」と言っていた頃を思い出す。

昔は爆笑問題・ブーマー・金谷ヒデユキ・松本ハウスが面白く大好きだった。
今日も爆笑問題とブーマーが出てネタをやっていたが、やはり面白い。

正直昔はネプチューンの良さが分からなかったが、今の年になって見ると面白く感じた。

当時はビデオに撮って、部活の奴らと遊びの時に楽しんで見ていた。
あれから約10年。
あのビデオはまだ実家に残っているだろう。

年食ったなぁ。

thunder_osugi at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数

Profile