差路の文筆

My name is the Bird of Hermes, eating my wings to make me tame.

書きたいものを書こうと、あがいております。

7月か

二時間くらいしか寝てない。
けどもまた寝るの、あきらめた。あきらめて読書して、朝から高菜チャーハンを作って食べて、ブログに向き合ってる次第。
先日の台風の影響でずっと雨戸閉ざしたままで今夜はいや今朝は外の景色が見えないまま。
アベマTVで将棋を見聞きしながら、ブラインドタッチの練習のつもりで書き進めている。
だんだん蒸し暑さが続く日が続いて、寝汗かいて起床ってのが不断になりつつあり、
そろそろ暑中お見舞いなぞ書かねばと思ったり。
その暑中見舞いも値上がりしててどうなんだってのもあり。
まだ頭がはっきりしてない。
はっきりしてないまま、傍らで電子書籍のセンゴク権兵衛(7)を眺めつつ、


今日はどうするのか考える。
うーん、まずはシャワーを浴びるか。

そしてまた積読が厚みを増す夜

湿気があって温度が高い状態になってきててうっとおしいうえ寝苦しい。

完全に夏モード。

そろそろ水無月を食べるころ合いになりましたね。
甘いものが食べたい。深夜なのに。いやもう朝が近い。

また眠れないのであきらめてブログアップすることにしましたこんばんわおはよう。

アパート近くにそびえたつ鉄塔が暗がりの中立っているのがみえます。
洗濯ものを干すロープと、電線の交差。そして鉄塔。
胡坐かいてブログ書いて、見る景色はそんなもんです。
もう寝ないな、多分もう寝ない。
おなかが鳴っているがいまだ押し麦を加えた発芽米は炊けてない。
寝ないけど目がしばしばする。
寝ないといった傍からあくびしている。やっぱ寝るんじゃないかなと思います。
流れに任せるか。

どこへ行ってもカレーが食べたくなるのは、別に夏日だからではなく、
ランチとかに入って品書きを眺めると必ずといっていいほど、
グリーンカレーの文字が。
普通のカレーで十分なのに入る店入る店グリーンカレー。
そういう時期なんでしょう、おそらく。そうだと思って注文を繰り返してますから。
それにカレーのはずれってないじゃないですか。
昨日も食べてしまいましたよ、下手すると今日もかもしれません。
グリーンカレーに限ってはちょっとこじゃれた感のあるものがいいですね、タイ米であるにかかわらず。
ちょっと小さなお椀に詰めたご飯をひっくり返して、
そこへ注ぎ込まれるカレールーのようなのがとても食欲をそそる。
それでちょっと辛いのが後から来る感じなのがね。

こうやって書いてるうちに眠たくなってきたようです。
少しだけ寝るかな。
今日も一冊手に入れるつもり。
全然減らない本の冊数。
全集とかに手を出すからこれだ。
寝る、やっぱ寝ます。

藤井四段、29連勝!!

御成通りにパクチー屋ってところがあります。
雨中どこへも出ない手もありましたけど、お昼食べるのが遅くなったのでそこでご飯食べるためだけに鎌倉へ。
相変わらず人群れの鎌倉駅。ホームから出るだけで一苦労する。日曜だしね。
みんな傘さしてる(あ、外国の観光客の方はレインコートを羽織ってらした)中、某は何も持たずに出てきてしまい、少々濡れネズミ。ながら足早に向かう。
ランディーノが混雑しておるのが見えた。
昼過ぎていたので店内は余裕をもって座れる状態。
グリーンカレーのセットを注文。
窓から外を眺めると観光客がうろうろ、雨はしとしと。
店内に流れるビル・エヴァンス。
日曜の午後だってゆったりできる鎌倉駅前の店ってあるんですよ。
日曜の話。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4時。
どうも眠れない。
まぶたは重いのに寝付けず布団寝返りを打ってばかり。微妙に暑いからなあ部屋の空気。
なのでもう眠るのあきらめた、今夜は。
火曜の朝がもうやってくる。どうやら今日も雨みたい。
外明るくなり始めている。
青白い。曇ってるなあ。
菅田将暉のANNをラジコで聞き流しつつ。


第3次バーガーブームとか知らねえし

257.2kcal。

これがマクドナルドビックマック一個の重み、だそうな。
個々のところずいぶん口にしていない。
数日前まで確かセールとか出やすく食べられたはずだ。
食べ始め食べ終わるまでの時間なぞを考慮すると、断然蕎麦屋でそば食べたほうがいい。
腹もちだっていいし。
だのにうちの駅前のマック、お客が途切れることがないくらい並んでる。
これ、これにポテトとかついたらさらに役満くらいですよね。
それになんたってバーガーふぜいだし。
食べないし…今後も食べないし……。

近頃のド○ールとかミ○ドとか回転率を考慮してでしょうけど、お勉強読書をお断り、みたいな張り紙のある店舗増えた。じゃあなんのために喫茶店で休憩するんですかね、商談ですかね、学生のたわいないおしゃべりですかね、親類縁者の年金問題についてですかね、銀座ライオンとかに通う高年齢者のつまらない世代間ギャップ問題話ですかね???? お勉強学生がミ○ドでしなかったらどこでするんですかね!!? って思いますし切実です。ほぼ毎日喫茶店を訪れる者として。たぶん明日も。
そこ行くとサンマルクカフェはいつ行ってもいいですね、どこか席空いてるし座ってられるし。基本広い。
長っ尻しても大丈夫。
パンもおいしいしフレンチトーストも食べられたり。明日、行ってみるかな?

夏至を過ぎて完全に夏モードになってきてる。
涼しい場所を確保すること。
大事だわ〜。







また浅い眠りで起きてしまった

昔住んでいた公団住宅のあたりを歩くことがあったが、もうずいぶんと足を向けていなかった。
けれど数日前、遠回りして帰る途中何の気なしにその場所にたどり着いたら建物すべてがなくなっていた。
たぶん一二年前まではあったはず。
いつの間に取り壊されたのだろう。なにもない管理地に変わっていた。
階段を上がってきて見上げるとあったので、違うところからその場所に立ったら最初全然気が付かなかった。この辺りはとても高低差があるので、どこをどう歩いたらたどり着くかいまだにわからない。
普段歩いている通りはそんなにかわってないのに、たまに奥まで歩くと思ってた景色と違ってたりする。
僅かな差が、知らない間に進行している。
家の周囲はもう全部歩いたものと思ってたのに。

直木賞ノミネート作品のラインナップをみてだんだん小ぶりなものが増えてきてるなあって思ってて。
でも歴史好きだから会津執権の〜とか読んでみたいと、思う。
会津執権の栄誉
佐藤 巖太郎
文藝春秋
2017-04-21


ただツイッター界隈ではどうして、佐藤亜紀先生の、


が上がってないのはどういうことだよって話、激しく同意。
ってかなんで佐藤亜紀が直木賞取ってないのよっていうね。
そのせいで今後はもう紙で佐藤亜紀の本が読めなくなってしまうという。愚挙、だと思うけどなあ。
キンドルで出版されるそうなので、ますますキンドルへ移行していきそうな気がする。自分。
まだ本の形にこだわってるところもあるので、あれなんだけど。
いまだにいろんなことにつんのめると、


を最初から繰りだしたりして。読むたびにいろいろ考えさせらえるんだよなあ。
僕の中では保坂和志と佐藤亜紀は対極にある書きごとの極星なのよなー。
そうはいいながら昨日有隣堂で『スウィングしなけりゃ意味がない 』は取り寄せしといた。
昭和世代はまだ紙に未練がある。
ただキンドル。
人に勧められて買ったけどホント場所取らないからいいですよ、特にアパート暮らしの人間にとってはね。今後は場所的な意味合いにおいてキンドル電子書籍購入が増えそう。コミック関連はだいぶんキンドル買いしてますしね。

野鳥のなく声が外から聞こえるが、大雨の降った後だからか雲で覆われていて暗い。
読書灯だけつけてブラインドタッチの練習のつもりでキーボード叩きながら朝を迎えます。迎えました。
何の鳥だろうか?

時間の経過

随分と紅茶ばかり家で淹れてたんだけど、久しぶりに駅チカのカフェでブラジルを買ってみた。
香りに関して言えば、珈琲のアロマは紅茶のそれよりも力強くほっこり感をよくあじわえる。
純喫茶そだちなものでマンデリンばかり飲んでいた
(ようするによくもわからず深煎りならうまいだろ、くらいの認識)けど、
鎌倉のディモンシュへ通うようになってからずっとブラジルがまあ間違いないおいしさだと知って、
どこへいってもまずはブラジルを頼むようになった。
できることなら店主に淹れてもらえればそれが一番。
ここ半年くらいは紅茶ばかりで過ごしてきた。
久しぶりに自分で珈琲を淹れてみたが、やっぱうまいわ。
次のバイト先が決まらなくて、
ちょっと悶々とした日が続いてて、
いつもネットでバイト探ししてる合間に一休み中。
うーん、なんかいいところないものか…。

イヌ派が無理して猫カフェ行くとろくなこたない

ダ・ヴィンチ読んでたら穂村弘が京都の猫カフェを紹介している記事があったので目を通してたら、たしか自分も試しに入ってみようと思って入った店だと知りこんなに猫居たのかよなどと思い出しつつも、あの時の疎外感といったらなかったなということをまざまざと脳裏に浮かんできちゃったので書いたばかりなのにまた書いてしまうと。ブログ。
とかく猫好きというジャンルの方々は猫を目の前にすると姿勢前のめりというか、とりこというか、になってしまわれるので、普通に寄ってこなきゃ別に、と思っているイヌ派の我々にはちょっと猫好きさんたちとは違う身構え方をしてしまうというか。。。ようするに猫カフェで浮いちゃうわけですわ。でも猫カフェにもイヌっぽい猫がいたりして、わざわざこっちへ突進してきてくれるやつとかいて、そういうのには対処できるけど、前傾姿勢で対猫戦を戦ったりはできないわけですね、それは。
いの一番ンに店出ましたし。
何よりも、店側の人が、「あ、こいつ猫何とも思ってねえや」って風な空気出してくるので、それってどうなのとか思ったりしてしまいますね。どんだけ有名な猫カフェか知りませんが。もう行きませんし。
でも近頃はツイッターで猫動画とか見てるんですけどね。そういう具合だと、猫ずきとまでは言わないんでしょうね。
それにしても京都なあ〜。
関西圏、戻りたいかも。

雑感です

土曜だからって鎌倉に行かない手はない。そりゃあ、人はごったがえしている。小町通りの暴虐ぶりといったら、とか思うかもしれないが、実はいつ行っても暴虐なのだあそこは。京都の清水寺二年坂三年坂あたりと何なんら変わらないのだ。いや、鎌倉駅前のあれはそれ以上だろう。通りが広いせいかその暴虐の密度が濃くまあ思う通りに歩けないからイライラしてしまう。目的を持って歩いている人はいい。そこまで我慢すればいいんだから。でも基本、初めてあの場にやってきた旅行者が多く、暴虐は流動的ではなく、停滞的なので動かず、海の中にうかんだ岩壁のように船の進行をはばむ。
停泊するのはいつものサテン。オムライス、おいしかった。

腰越へいった。
とてもよく江ノ電の走行を眺められる通りだ。龍口寺まで歩いて行く間にいったりきたり。
魚屋さんがいくつもあってたまにひものを買って帰ったりする江ノ電沿線上。この辺りまで出てくるとあまり人はいない。ゆっくりと鎌倉湘南を楽しむことができる。お店もいろいろある。寺社仏閣も多い。出てくる前に食べてきたので、今日は入らず。お寺はのぞいた。龍口寺では鐘を突くことができるので突いてみた。ここへ訪れるのは二度目。法華宗のお寺がいいところはお寺の本堂の大きなどっしりとしたカタチ。瓦ぶきの屋根が大きくてとてもいい。椅子が置いてあったりするので座っていたくなる。それにしても鎌倉の日蓮宗の寺の多さといったら。
京都奈良は一向宗と奈良仏教がいっぱいで、建物はまた全然違う。
柱が太く高い。これはただの個人的な実感。京都奈良は本堂の中に座っていたくなる。涼しいし。

腰越には風が吹き渡っていた。
木陰の居心地の良さ。
暑い中よく歩いた。
藤沢へ移動するためバス待ち。
車、バス、そして江ノ電が行きかっていた。

扇風機ではことたりぬ

公式戦20連勝ってもはや違う次元の将棋を指しているのか、藤井四段。
20戦目は千日手からの粘り勝ちらしいからそういうもんでもない、間違えないってのが凄い。
取材の人数70人って。
勢いで久しぶりに『将棋世界』買っちゃった。
たくさん詰将棋載ってるので終盤の練習のためにちょこちょこやる。

今朝は日差しが真夏のよう。
洗濯物がよく乾く。
布団も干した。
出歩けば汗、しかれども今日はどこかへ出かける。

当分は小説ばかり読みます

『シベリア少女鉄道』っていくたびに、演劇ってまだまだすそ野が広いなあって。
どういう風に物事を見ているんだろうっていう。
今回のは、ストレートプレイの横枠をどんどん左右にひっぱっていって、次元の枠を揺らし続けたらこうなった、見たいな出来。すごい、すさまじい。よくわからんとは思う。そんな風に感じた。
いや、なんで見に行ったのかといえば篠崎茜が出ていたから。ただそれだけ。
今般あまり演劇は見ていないが、
流石に止められなかった。
もし機会があればご覧。

何だか活動時間が遅くなっている。
そういう時期。
夜半は静かだし心が乱されないのでとてもいい。

前いた事務所の舞台に顔を出して、
えらいさんとか役者さんとかと呑み、参加。
時間、経った。
書くもんと、役者さんの見ている景色というかこだわりというのが自分的にはやっぱ異なってて、
よくわからない今もって。うん、そこが面白いのか。
そういう状況を生かしきれてないし今もって。
なんか思いつかないかな、ねた。

あ、明日朝トマトとベーコンで味噌汁作りますわ。
以上、寝ます。

すき焼きにトマトという蓋然性

今夜は二本書いてみるわ。二本目に値しないけど。
基本毎日手作り料理(といっても土井先生直伝の一汁一菜を守っているだけなんですけれども)、
数日前初めてこれを買いました。


まだ置いてあるけど、おいしいのかな?
それではそろそろお休みします。

食べ物の話を何度となく

わざわざ遠出してまで赴いたひと気のないオープンカフェで、
停泊する船船を眺めながら外気がひやっとしたお外のテーブルにゆったりと腰かけ、楽しみにしていたパニーニほおばっていたら、わざわざ風上でタバコ吸い始めた、しかも連ちゃんで二本吸い始めた後頭部が親戚のおっさんに似ていた男にイラッとしてしまう、差路です。イラっとしてしまった、差路です。こんばんわ、はいこんばんわ。

どうもここ数回、同じような入りで、イラっとしていらっしゃる読者の方々がいるのではないか、などと思うくらい、心がこわばっている気がしなくもないのですが、こういうしょーもないことを書くのも結構面倒というか、書かかんでもええんちゃうんかっていうことを繰り返し繰り返し思うのは、全然何も浮かんでこない「創作」をリアリティの前に立てて生きている我が身の佐賀。佐賀県は福岡県の衛星都市です。飛び地です、カレーです。わかりますか、カレーってフランスにあるあれですよ。ブラックプリンスがお世話になったあの土地、あ、もうやめましょうね。

そしてカレーの話題に流れるわけですが、
帰りしなに一体夕飯は何にしたらいいんだ!!? ガーンって悩んだ時に必ずと言っていいほど、札で言うところのジョーカーである、それがカレーなんですよね。ともかくも横浜だの東京だの歩き回ってても、目が行くのがカレー屋なのですね。実家でも旧友と行く確率がかなり高いのがカレー。インドカレー。
でも僕が好きなのはスタンダード(日本的に)なカレーなんですよ。
これは、ラーメラー連中が、家系なんちゃらーを発見して、飛び込むように、
僕らカレーラーにとって、ココイチの前を通り過ぎられないような具合に、カレーをつかみ取りたくなる欲望!
そういう感覚……何? 何ですか? そんな冷たいまなざしで見ないでください。
やめてください、人を呼びますよ。
ま、週に3回は食べてるかな? 俺。
カレーってはずれないじゃないですか、ラーメンのように。
そこが素晴らしい。
ゴーゴーカレーもいいし、なんだっていいんです。
どうでもいい話しか書けないな、進歩しないな。
ま、いいやブログ一回埋まれば。

今週後半は暑くなるらしいんだけど、今晩は冷える。

よし、ダウントンのつづきみよー

『三月のライオン(後編)』、『帝一の國』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス』を見ました。
もし、この中からもう一度何見る? と訪ねられたら、『帝一の國』と答えたい、差路ですこんばんわ。
その間も『ブラック・セイルズ』を見、
『ダウントンアビー』の第五シーズンを見、
アメドラ界隈もいいところをチェックしております。
きょうは午前中から午後にかけてずっと雨が降っていて出かけられず。
後半雨やんでから出かけたので戻ってきたのが23時前という次第。
ここんところ、焼き鳥屋に顔出してないなあ。
さ、ダウントン見て、
寝間に
武田氏滅亡 (角川選書)
平山 優
KADOKAWA
2017-02-24


でも読もうかな。

戻ってきた

GWだったので、帰省しておりました。

行きたかったカフェへ赴いたり(珈琲美美)、
三郡縦走して22キロ以上の距離を、山々の尾根尾根を制覇し、
博多渡辺通中州天神間を歩きに歩き回ってよさそうな店散策をして、ここでもMANUカフェとかいったりして、
ふきやでお好み焼き食べたり、
牧のうどんへ行って食べたり、
因幡うどんへ行って食べたり、
博多ラーメンを食べたり、
行きつけの銭湯にも浸かったし、
例の、例の、赤坂にある例の料亭へ行って魚たらふく食べたし、
ちょっと将棋指したりして過ごしました。
ああ、相も変わらず書店へは足が向きましたがこれは別にどこにいても一緒。
そうだ、もうちょっとで一冊読了しそうだし。
こんだけ食べてるのに、めちゃくちゃ歩き回ったおかげで体重もわずかに減ったし。
よかったよかった。

さあて日記でも書いて寝る準備して読書に戻るかね。

ほぼほぼ

天気が悪いのに洗濯をして干した。
乾いているのかわからないが、もう夜モードに入る。取り込まなくてはいけないな。
風があったから何とかなっていると思って。
数日来、風の強い日が続いていないか。

桜散ってつつじがわんさか花開いている。
夜、帰りに通りで見かけるだけなので自然光の下ではよく見ていない。
ため息をつく。

『三月のライオン』前後編ともに見終えた。
昨年、僕が東北旅行中に立ち寄った山形の立石寺で、たまたま出くわした撮影風景がちゃんと使われていた。
神木君はちゃんと零になってた。
帰ってからコミックを見返してみたけどほとんどうっぱらってしまっているので、最新刊しか読めてない。
続きはいつ出るのだろうか。

『ブラック・セイルズ』の第一シーズンを見終えた。
昨今のアメドラの流行は、倫理観のはざまの限界点をいかに広げるか、にあると思う。
『ウォーキングデッド』しかり。
目的のためなら手段も倫理観も問わずといったところかな。
それを視聴者に納得させるところまで寄せていくのがうまいと。
HBO観てきたものには当然のことかもしれない。

『ゆとりですがなにか』を一気に見直したけど、本当によくできている。
全方向的に「ゆとり」を表現した良いドラマだった流石クドカン。


更新してみた

もう春だと思ってそのつもりでいたら鼻かぜ。ストナのお世話になったという昨日。
昼間と夜との寒暖の差がどうもよろしくない。ほどほどに暖かくして寝ないと。
よく見ると窓サッシが微妙に開いてるのに気が付いた。
はい閉めました。

今季楽しいアニメがありません。
どうするんですか?
全然重量感のない『ベルセルク』をみるしかないんですか?

スパゲティを随分と作ってないんです。
明日は作ってみようかと。
土曜か。

積読本極まれり。
皆川博子の新刊まで届いたよ。やばいわ。読書読書。

夜散歩が日常化している。残念ながら桜は散ってしまったが、今度は勢いよくつつじが咲き始めた。
街灯の中でピンクや白の花のつぼみがここぞとばかりに増え始めている。
つつじは雨に強い。つつじは雨の中にあってこそ愛で甲斐がある。
これから当分は楽しめる。
新しい展開が「季節」として目に見える形で広がりを見せている。
そのつつじの柵が広がる通りの前に長大な敷地を構えていた会社が建て替えか、移転か知らないが、
全部壊されてなくなってしまった。化学系の会社だったのでパイプやたら倉庫やたらものものしい雰囲気を放っていた場所が、完全に空き地化していて、風景が一変。敷地向こうには川が流れていて、覆いで川までは見えないにせよ、闇夜の空白が突如現れたかたち。
これから新たに立て直すにしても相当時間を要するだろう。
つつじの柵がある側は、昔第三セクターだったみすぼらしい場所だったが、マンションが一斉に立ち並び、きれいに舗装された。舗装された歩道のそばにつつじや細い桜が植わったのだ。
これで、ひと気がないのがちょっと、と思う通りが、
壊されたほうの建物群跡が何物かに変貌を遂げるなら行き来しやすい通りになるのだろうか。
建造物にも風情なるものがあるのか、季節なるものがあるのか。

藤井聡太炎の七番勝負をずっと見ている。
ホント終盤がすげーですこの人。後カウンター攻撃が見事。前もちらっと書いたけど。
現在13連勝ということで、どうなっていくんでしょう。若干14歳。そら恐ろしい頼もしい。
ゆるい手をさすと突然怒涛の攻め。あやかりたいもの。
で、あやかったつもりで早速将棋ウォーズをやって、一勝。
よかった。



日本全体が雨雲のふとんかぶったようになってて(北海道は頭で、大丈夫みたいだけど今んところ)

降ってきよったわ。
これから明日まで土砂ぶるんですよね、おそらく。どうぞ好きなだけ土砂ぶってください。洗濯物かろうじて濡れるの間に合ったし、どうぞどうぞ土砂ぶってください。
ああしまった。はがき投函し忘れた。いっつもこれだよ。
ので、これからちょっと土砂ぶってる中をポスト目指して出しに行こうっと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

対雨天用最終決戦兵器を履いて出かけたけど、ジーンズの裾はさすがに濡れました。
横浜は現在土砂ぶってます。強まりそうね、いきおい。
(ついでにカゴメのスムージーMIX買ってきたったわ)
雨の中ひとり歩いていると、いろいろ思い出すことが多い。
何べんもここを行ったり来たりしたんだ。それに、
それだけ長くここにいるんだって証拠でもあって。
街灯に照らされて交差点が川みたいになってた。

ついに禁忌のHuluに入ってしまいまして、さっさと『ウエストワールド』見ちゃいましたが、おい、HBOともあろうところがこれかと。アンソニー・ホプキンスとエド・ハリス出てるのにこの出来かい〜とか思っちゃったのは私だけ?
JJエイブラムスが入ってくるとどうしてもSF要素強めになってドラマがなあとかなんとか・・・。
で、今『マジシャンズ』を見ておりますが、どこが大人向けハリーポッターなの? もうちょっと怖くしていいのではないかしらんなどと思います。

テレビドラマとかニュースとかテレビのドキュメンタリーとかもうあんまり楽しめなくなってしまってて、
アメドラが何より間違いない、一番なのだという判断を下すに至りました。
なので今後はご厄介になっていこうと思います。Hule!

どかどかどかと降り続く雨。
明日朝どうなっているのやら???

マジで奪いに来よる

『センゴク』シリーズを何度も何度も何度も読み返しているので、今一番好きな武将は「背に目をもつ男」徳川四天王酒井忠次、ですこんばんわはいこんばんわ。

急に暖かくなりましたね。
昼間Tシャツで出歩いている人がいましたし、
上着を手にかけて歩いている人がいました鎌倉で。
日曜に鎌倉へ出かけるメリットって、たくさんの人の流れを見ることにあるのでしょうか?
小町通りはどうやったって素早く歩き回れるような事態ではありませんでしたよ。
ちょっと書き物がしたくって、いつもいく喫茶店へ行ったのですが、
人待ちができててなかなか入れず。
ようやく入ってオムライス食べたらいい時間になってました。
それでも、お皿を片づけてもらった後で、
手直ししながら書くべきことを書いて、
それを鎌倉の郵便局から投函してそのまま材木座海岸を目指しました。

夕暮れ時。
いつも開いていると立ち寄るドーナツ屋さんがあって、
そこでシナモンのドーナツを買って店を出て、さあ頂きますとパクつこうとしたら、
突然後ろから右肩を何かにタックルされました。
一瞬、スクーターのスリかと思いましたが、
気が付くと手元を見るとドーナツがなくなっていて、
空になってしまったドーナツの紙袋が前に転がっていきました。
僕の前を大きなモノが空へ向かって上昇。

ようやく気付きました。

僕の大好きなシナモンドーナツは、
今まさに目前で上昇していったこの大きなトンビにドーナツを奪われたことに。

もう夕暮れ近い時間だから、鳥類の目には見えないだろうと高をくくってたところがあったのか、
自分はそんなものに遭うわけがないと思っていたのか。
とにかくビックリしました、いや、これは面白いアクシデントだという、創作やってる人間の何かが噴出してたのが正直なところ。
「うわ、ホントにこんなことしよるんや」って思いつつ、
店に戻って「やられました、もう一つ下さい」とドーナツを注文しました。

店主さんには前にトンビがドーナツ取りに来るから気を付けてねと言われていたのに。
店主さんは気遣ってくれ、お金を取らずにシナモンドーナツを一つくれました。
店主さんに聞くと、数日前に女の子がやられて、ドーナツは取られなかったけど頬を爪でひっかかれる事件があったのだそうな。
皆さん、鎌倉上空にはとてつもなくでかいトンビがいますので注意ください。
京都鴨川上空にもいますけど、どうやら鎌倉のトンビのほうがデカいです、マジでちょっとした鷹ですよあれ。
たぶんとてつもなく高いところから狙ってたんでしょうね。
ほぼ夕日が沈んだ材木座海岸に着いて後方上空など注意しながらドーナツパクつきました。
まだいましたトンビ。

わかりましたか、僕が「背に目をもつ男」酒井忠次に憧れる理由が。

パフォーマンスが

腰の痛みはまだ残ってる。
ダヴィンチ、久々読んだわ。四月号。
五月号はこれから。
仮面ライダーアマゾンズの第二シーズン、第二話もこれから。あるいは明日にでも(もう明日だ)。

まだ寒いよ。

今更ながらジェットストリームのボールペンを使い倒している。
書き心地もさりながら、書きあがった後の字の色味とかがなんかいい感じがするから。
日記もここ数日このボールペンで。
暇なときにやる、パットに書きこむマインドマップは相変わらずペーパーメイト青のボールペンなんだが、
やっぱ文具は日本製がよかったり。

UP遅れてもう朝だよ、まったく。
Recent Comments
訪問者数

記事検索
livedoor プロフィール
Archives