差路の文筆

My name is the Bird of Hermes, eating my wings to make me tame.

書きたいものを書こうと、あがいております。

豊久って家久の子だったのか。

待ち望んだ『ゲーム・オブ・スローンズ』第七シーズンを見終えましたw



とにかく、もうこれに比するファンタジーはでませんので、
これからも何回も何回も見直すでしょうから、
是非皆様もご覧ください。

さて最終シーズンまで、どうもたせましょうかね??

川崎まで出ようと思ったのです、今日。
なんか久々に川崎大師へ行きたくって。
そしたらまた京浜、東海道、横須賀線なぞが横並びで遅延、どころか動かなくなった。
京浜東北線で架線が切れたトラブル。
ってか、点検してるんじゃないですか??
そうするともう、横並びで東海道線&横須賀線&湘南新宿ラインなぞは息を止めるんだなこれがwww
じゃあ京急で行こうかと思ってブルーラインに乗ろうとしたら振替輸送の乗客であふれんばかり。
しかもツイッターで京急川崎駅の映像を見たら階段上がれないくらい人がいる。
で、
早速取りやめて近場、弘明寺で腰を落ち着けることに。
喫茶店を探していたら代官山から引っ越してきた猿楽珈琲を偶然発見したので入店。
うーん、哲学だわ、ここの珈琲。豆の焙煎、これでいいんでしょうね、、、うーん、わからない。
某には難しすぎる。
ちょっと読書して戻ってきました。
やっぱ珈琲は鎌倉のヲガタとディモンシュでいいです、私的には。

さてと、
今夜は友人と行きつけのカレー屋でした。
相変わらずのうまさ。
通い詰めたことはあります。新年を迎えるまでにもう一度行きましょうかね。

あ、これ出てましたのね。





珈琲のセカイ

今日はとても大きくまっすぐそびえたつイチョウの木を見ました。
師走後半へ移行中の中、まだまだ黄色の葉ぶりを見せつけてくれるイチョウ。
秋のなごりでしょうか。
風も冷たくなりました。
本当ならヒートテックを着用しないとやばい状況ですがぜんぜんつかってない、まだ。
16時前後がやばいですね、足のあたり這い上がってくる寒さ。
どうしたらいいんだろって思いますが。まあ何とかきょう一日。

神保町へ行くとたまに喫茶店巡りをしてまして、
有名なぶらじるとか古瀬戸とかTAKANOとか行くんですが、まだまだもっともっといろんなカフェがありますね。
今回は全然入ったことのないお店も入りましたが、たいへんモカの味がよく、カウンター席も居心地がよく、のんびりと読書がメモ書きができて堪能しました。

そのお店の名は、トロワバグ

https://troisbagues.com/

ぜひあの店の雰囲気を味わいに行ってみてください。

なかなかいい珈琲がないので、えらんでこれをのっけとこう。
ずいぶん飲んでないなあ。



大麦入れすぎたのでゴアゴアごはん、昼食!

「アイス黒糖ミルクコーヒーのラージサイズを」
呪文演唱のように自然と口に出てくる。



寒くってもこのカップに氷たっぷりの甘い飲み物をもって、
大船の上島珈琲、一番座り心地のいいシートに一時間半、沈み込むことが好きです。
夜半間際だととてもいい。
落ち着くー。
普段は全くのブラックなのだけれど、上島珈琲だけは甘味、一択!

それに伴って読書が進むわけではないのだけれど、
キンドル版の、





とかを数問解く。
基本せっかちなので、読書モードに浸透するまで時間がかかってしまい、数行でやめてしまってしまうことが近頃多いんだけど、詰将棋はすぐに考える体制に入れるんだよね〜。

ということで、読書しますわ。

前後裁断

師走なのでってことでもないですけど、
とにかく呑みが多くって。多くってというか、自分でそうしているのです。
おそらく独り身のさみしさの裏返しなんでしょうね。
友達の呑んで話している時が好きなんですわ、全く。ハイ。
寒いので熱燗で、日本酒呑んでたらとなりが同郷の人で、また会いましょう的な。
酔った勢いで師匠にSNSしたりして、師匠の事務所の忘年会に割り込もうとしたり、
ついぞおしゃべりしてない仲間に電話して迷惑がられたり、
とかく現世は人と人とのつながり。
こうべを低くして臨めば、道は開けるというか。
少なくとも年末を楽しむことはできる、みたいな。
ああ、こんなていたらくなのに、快く引き受けてくれる師匠、先輩諸兄に敬礼! でありますわい…。

そんなつまらないブロブアップしているこのワタクシ、今夜も酔っております。
あしからず。
それにしてもおいしいですね、焼鳥。
上大岡の激戦区はたまらないですわ、マジで。
今後も調査兵団致したいと思います。



ディモンシュへ行ってきました、ザ・鎌倉。
お昼我慢してディモンシュのオムライスを食べることが生きがいなんで。
いつもと違うグアテマラを注文したら、マスター堀内さんが、
堀内さん「いつもと違いますねーブラジルじゃないんですか。あの、新しくブラジルのブレンドが出たんですけど」
差路「あ、じゃあグアテマラやめて、そのブラジルにします」という、節操のなさといったらない。
ごはんとかシュガシュガ(フレンチトースト)なぞを含めてのカフェとしたら、鎌倉ナンバーワンだと思っていますよ、ディモンシュ。ああおいしい。



音楽にも造詣が深い、堀内さんの御本なぞを、貼っておきますね。





はあ、今夜も眠いなあ。

セトウツミの田中君、たまらんな。

冷たい雨が降っております。なんか降ってるのか降ってないのかわからないけど、
ビルから出てきたら路面がぬれてて、歩いて帰ってる途中にひたひたと。
加えて深夜の放射冷却! 明日道凍ったりするんかな?

ネットフリックス、『ザ・クラウン』第二シーズンが始まりました。
ドラマとしても面白いんだけど、加えて英国史も見ることができて歴史好きにはたまらない。
第二シーズンは誰に視点を当てるのか??



『精霊の守り人』、最終章をみてて、
渡辺いっけいってホントいい役者さんだなあって思いました。凄味が増してきたと思う。
緒形拳みたいになってくれないかなあ。無理かなあ。

糸谷さんのアベマTV慣れには驚かされる



また藤井聡太四段、勝利w
終わるのが日付をまたぎそうなくらい遅くまでやってたみたいで。
あんな相雁木の戦いとか、見たことないのでどうなるんだと思ってましたが、
やっぱ後半からの切り替えしがすごいですね。
解説に糸谷さんがいましたが、どう見てもなんか友達に一人いそうな感じがして、
見ていてほほえましいというか、ちょっと中2感というようなものを感じますが元竜王ですからね。
友人に昇段免状を見せてもらいましたが、糸谷竜王の字といったら…。ご想像にお任せしますが。
なんにせよ亡き兄弟子村山聖を筆頭に、
糸谷さんの師匠、森信雄さんの門下の人たちって個性的な人が多いなって思います。
ちなみに私はアマ初段で、その時の名人が「友達を無くす戦い方」で有名な丸山忠久っていう、
かなりレアものだったりします。
しかしどこにしまってあるのか知りませんがね。実家のどこかにありますたぶん。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ようやく一冊読み終えたので余勢をかって二冊目、『土の記』下巻に取り掛かろうと、
夜、ミスドを目指してエスカレーターを降りていたら、
すごい視線を放ってくる青年がいて、どうやら彼女らしい人ともめているような風。
自分はミスドを見ていたのですが、なんかそのコをいぶかしげに見ていたとでも思ったのか、
「何だ? なんだお前は」みたいな視線で冷たいではなく、熱を帯びていまして。
いやいやいやいや、あんたやないから見てんの、あんたの後ろのミスドやからっていう風にさらに青年の向こうを見ていたのですが全然わからない模様。
そんな大事な話なら、ミスドの中でやればいいやん。
あるいはもう少し人気のないところでやりなさいよっていうーーーーーねーーーー。
駅モール的な、人通りマックス的な、そういうところでやることじゃないんじゃないかな、っていう気になって、
あたたかいカフェオレなんぞ飲みつつガラスの前で本を開こうとしたら、どれだけ時間が経っても(少なくとも30分は経った)、相変わらずエスカレーター前で話し込んでる。
もめてるふうじゃなくなってたからいいけど、寒くないんですかね。
熱視線だからね。



口のあたりいい感じの珈琲カップがほしいのです。
持ってるのがいかにもマグカップばかりで、もう少し薄い奴がほしいのですが、
ミスドのカップでいいな。売ってくれないのかな、お店で。

あは、眠たいわw

腕時計をしていっても、袖の長さのせいで見られず結局スマホで確認している人、差路ですこんばんわ。
プレミアムダウンのユニクロ製品で寒さをしのごうとしましたが、
所詮師走、
9時過ぎの横浜の暗がりと冷たい空気は避けられず、いまだヒートテックを用いていないジーンズでは、
12月にしては気温四℃とか五℃とかの冷たい風を防ぎきれません。
とまれ、空いた時間は読書に回すといいながら、スマホでツイートの行く末を見守り、それっぽい投稿をリツイートしては、まるで自分が吐いたかのごとく後付けサクサクなつぶやきを冷え切った空に解き放つ。
解き放った先に歓楽街の明かりの中に浮き上がった薄闇があるが、いらえなどはあるはずもなく、いつもの帰り道を急ぎ足で立ち去る。
あ、ちょっと高村薫の読みすぎで、必要以上に普段の生活を必要以上に詩的なふぜいで長くして、とても読みにくくしてみたりしてますが、
「その指摘は当たらない」(。・ω・)ノ゙



ようやく読了。
長いんだけど読むとき手を抜けないさらさらさらさらとか読めない。
丹念にゆっくりと読まないとついていけなかったりするし、読んでる途中で忘れたりすることも多いので、
よくよくしっかり味わってます。
一か月以上も上巻にかけちまったぜ。
さ、これから年末にかけて、



だぜ。

さて、そろそろ寝るか。

良い睡眠に出会いたい。

4時に目が覚めてしまう。
もう少し寝ていようと思ったが、なんの気なしに読書灯をつけ、本を30分ほど読み、
さてもう一度と毛布をかぶったら、炊飯器の炊き上がりお知らせブザーがなってしまったので、
朝餉を用意してしまい、
五穀米をぱくつき、
納豆を食べ、
レトルトスープを飲んだら完全に目が覚めるはな、そりゃ。
食後、煎茶を淹れまして、もう眠れませんね。
眠れませんので何かしようと思ったらブログアップという非効率なことこの上ない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ずーーっと、『センゴク権兵衛』を読んでいる。



もうすぐ、『へうげもの』も終わってしまうので、



楽しみはこれくらい。
宮下先生がとてもよく調べて書いておられるので、
次号、いつも楽しみで待っている。
それに最新刊になるのはセンゴク最大の試練のあたり。
早く出てほしいのだが来年になってしまう。
ツイッターで、九州三国志当たりの話を毎回ツイートされてて、挿絵がとても楽しみなのだが、
いつぞやの桶狭間別伝みたく、周囲を描いてはいただけないものか。



これに匹敵するのは『キングダム』ぐらいで、
ましてキングダムはコミック出るのが早くて読者には助かる。
とどのつまり、歴史に関わる作品、なるべく戦記ものが大好きなんだなあという話。
念のため、キングダムも貼っとくか。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう少し読書しようかな。
まだ少しうとうとしていてもいいし。もうすぐ6時だ。


終盤、羽生さんの守備陣地、漢字の「口(くち)」みたいな形やった

永世七冠。

いまだ誰一人なしえなかった偉業、達成!
ほんと、羽生さんにはいつまでも驚かされるわ。

昨日になるのか、もう永世竜王ってだけでもすごいのに、全部やからね。
これで、羽生さんのタイトル、全部なくなっても「永世七冠」って言われ続けるからね。

羽生さんの足取りが、将棋の歴史そのもの。

最終局見てましたが、最後の香車とかも見事で、本当にすごかった。

まだまだ君臨し続けるでしょう、羽生さんはやっぱ他の棋士とはまた別格ですわ。
(普段は奥さんからカピバラさんとか言われてるらしいけど。:ツイッター情報)



昔はよく羽生さんの本、読んでたけど、なんか知らない間に若手がすごい人たちばっかりで、



ちょっと遠ざかってたら更にいろんな戦法が生まれていて将棋ウォーズやってると驚かされる。

たまにやると楽しいのでネット検索ついでにやってる。

藤井さん(私の中では藤井さんというと猛のほうなんですけど、四間飛車の)にも驚かされて、



詰将棋やってみたりしてて、なんかこれからも将棋は合間あいまにずっとし続けるんだろうなって。





朝日がまぶしい

なんとなくアマゾン見てたら、皆川博子の新刊が出ていた。
この人、ほんとどんだけ幅広く時代小説書けるんだ?
今度はオスマントルコとかでしょう。はあ、ほんとすごい。
積読本が増えるわ。



加えてもう一冊。
三島、後半の名作。



実は、三島は戯曲『サド侯爵夫人』以外読んだことないんですよね。
なんか嫌厭。
高校3年の頃、担任が国語教師で、卒業前に読むべき100冊ってのを皆さんに紹介しますって、クラスの全員に披歴したことがあるんですけど(今考えればただその教師の思い入れのある本だっただけだろうけど)、その教師が三島由紀夫の文体を嫌ってたんですよね。
その教師に恩義を感じたりしてないんだけど、
それが心のどっかに引っかかってて、他にも読む本があったりして、いつの間にやら遠ざかってたみたい。
それがある番組でこの本が紹介されてて、手に取ってみようかと。
手に入れてもいつ読むのかわかんないですけどね。
今年はあまり読書してないなあ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

必要以上に街にあふれているクリスマステイストの飾り。
街角の端々に多すぎる郵便局の出店、年賀状販売。
コンビニにおでんと肉まんに目の端にちらつく近頃。
もうまぎれもなく年末なので、年賀状、カレンダー、手帳、家置きダイアリーなぞが必要なのですが、
すでに年賀状以外は準備してある。
年賀状を手にし始めたら自分の中で来年平成30年に王手かけてしまいそうで、
まだ買う気にならない。
毎年12月になるとまだ「今年」にしがみついていたくなるのは、
なんなんでしょうね。

ほんとうにさむいので

なんか雨が降ってます? 横浜だけじゃないみたいで、サムイさむい。
お茶類がかかせません。
珈琲も淹れないと。
ほっとくとすぐ冷えてしまう。
すぐ暗くなるし。暗くなっていくだけでさむい。日光がないだけでさむさ倍増。
17時でもう夜だしな。

ぜんぜん読書できてない。読書したい欲が薄れてきてんのかな?
積読ばっかりになってて、下手すると途中で(なぜか旅行先で)増えたりしててどうなってるんだと思う。
そんな風なのに、必要以上にブックカバーを買ったり、カバー利用するために和紙の色紙を手に入れたり。
そりゃ、部屋の中埋まる。

出かけるかなあ。
真っ暗なんですがねー。






まだか、ゲームオブスローンズ!

さすが、12月。
寒い。寒さが染みる、染み入る。朝の寒さで起きている。起きたくない!
常態的に左肩がこわばっているので、今日100円マッサージの機械にコインを入れたら、人生初、バグって動かない。近くに係の人がいたので払い戻してもらって別の機械に座って、さらに100円を入れて合計20分もんでいただきました。効いたのか効いてないのか? めっちゃ背中がちがち。指圧、してもらったほうがいいのかね。
深夜ですが、ヒーターをめっちゃ効かせてます。
土曜午前中、いってみようかな。
名古屋ラジオドラマ、投函。
映画の日だった1日だったけど、友達と焼き肉に行ってめっちゃ食べてしまいめっちゃPay! はあ。
お肉、久々にちゃんと食べたな。
駅から歩いて帰ってきた。
眠いねえ。
寒さからは眠いねえ。寝よ。

さあ11月ラスト

明日、〆切なので封筒とかの用意をしておりまして、
切羽詰まってるわけではないのですが、もう少し手直しできないかと今晩ねばってみようと思っております。
天気だけはよかったのに、明日から天候悪化とか。
洗濯物を夜干ししているのですが、気になりますなあ。
それよりなにより印刷用の紙があったかどうか…。
…ああ、あったあった。
埃かぶってるけど奥まったところに三束も残ってる。

ぼくのりりっくのぼうよみが気になってます

絶対カラオケで歌えないんだけど。
19歳であのセンスの良さはないよなあ。
すばらしい。

さて、まあそんなことで何とか最後まで書きあげましたので、あと一回ほど見直しをして、
名古屋ラジオドラマ、投函としたいと思います。
〆切まであと3日か。
眠いな、さすがに。
肩回りがめちゃめちゃ凝ってる。

ご飯だけ研いで寝るかな。そろそろ。

またお灸するか、あるいはアリナミン

ガス代値上がり、ご飯食べに行くと原材料高騰とかで値上がり、アイス食べに行っても値上がり。
還元されるならいいんですけど最低賃金またちょっと下がってましたよ神奈川県こんばんわ差路です。
大体直しもやったので、これでおしまいにしたいのに、あらすじがまだ書けていないというね。
ま、やりますけどね。
やりますけど、頽落してるのでね、まったく。
高村薫の『土の記』(上)180P。読書も進んでない。でも今晩はもう少し先まで進める。
すでにどんだけ積読なんだよっていう状況で、
この間、一冊またいただきまして、
道を継ぐ
佐藤友美
アタシ社
2017-03-25


つかえてます私の読書道がつかえてます。まだ継げていません。
アーヴィングの「蝿の王」もあるし、ブリキの太鼓もまだあるし、皆川博子コレクション2もあるし。
ああ、学生時代の読書力よ、戻ってきてくれ。

右肩が凝ってるのでお灸

一応第一稿が書きあがった。万歳w
ネットフィリックスで『ベルサイユ』の第二シーズン、合間に見ながら。
結構もたもたした。
これでいいのかわからないので、また見直す。
書き加えなくては。
今回枚数少なめのゲラ51枚。
名古屋ラジオ、師匠の飲み会の席でラジオドラマ関係者の方から聞いた助言を受けて、
時代劇はやめまして、普通のドラマ(普通?)を書いてみました。
どうなんだろう、相変わらず出来に関してはわからない。
自分が気になってることを題材に選んでみたが・・・。
〆切は今月末消印有効です。

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/279304.html

第33回か、長いなあ。
あとはあらすじとかか。
朝ごはん食べながらこれを書いてる。
ずっと書いてたので寝てない。
しかしながらきょうはでかけなくてはいけないので、どうしたもんか。
少しだけ仮眠してから早めに出るかな。わかんない。

寝ておきたらお昼とかいうのはもう・・・。
睡魔は襲ってきてない。何とか眠りたい。
眠る前にゴミ出しにいくか、寒いのに。

うーーーーん、煮詰まってきた。

だんだん冬空めいてきましたかね。
なんか、夜半になると急に寒くなってくるので、10月の感覚で雨戸閉め忘れたりすると、
寝間が肌寒いでは済まないようなくらいで。
ずっと名古屋ラジオ応募用シナリオ、書いております。
現在のところ40枚くらい。あとはクライマックスを書いたら終了。
そのクライマックスがイメージできないので止まってるんですが、
今夜読み直して何とかこのシナリオの最終局面までいければうれしい。
自分〆切は19日と設定していて、20日以降はなおしなおしでやっていこうかと。
11月までにそれを終わらせ、12月はMBSラジオドラマの応募をやろうって思っています。
だいたい遅筆なのに、昔のようにどんどん出せ、みたいじゃないからさらに遅い筆。
何とか最後まで書きあげたい。その時の勢いもあるしね。
12月くらいまでには一回事務所へ顔出してこよう。
創作の「そ」の字くらいはやってるんだって。

大統領が何を食べたかなんて知らんよ。知りたくもない。

名古屋ラジオドラマ応募のためというか、なんか創作的なものを書こうとしているせいか、ずっと小説ばかり読んでいて、現世とは別表の中で生きているような風でオフコンの前に座しているという毎日。それなりに進んではいると思うけどゾーンに入ることがないので遅々として進んでおりません。11時。
こういうことももう散々書いてきたはず。

読んでいる小説も遅々として進まぬ。さすがはわれらが高村薫だ。もはや純文学の様相。
この後も抵抗はしますけれども。眠るの何時だよ。
創作脳ってのがあるとしても、どこぞかへ置いてきてしまったのかもしれないので薄皮をはぐように少しずつ…。掘るというよりはぐ、くらいのペースなので、全然進まない。

そうだ。

昨年くらいに発掘調査のアルバイトをしていたのだけれど地層をはぐとき、五ミリくらいをスコップで(ハンスコというんだっけ?)削り取っていってたけどあの仕事くらいには、成果が出ているのだろうかね。どうやれば納得がいくのかね。あの時みたいにやった感の汗なぞはかいていないのでわからない。寡黙な他バイトとのコミュニケーション不足とかも思い出して草。

突き抜けねばならぬ。

絶対その感覚を書いているうちに感じねば終わりは見えぬ。読書はのってこないと。
それ、どちらも大体枚数的にかなりの枚数になってからでないと。

なるべく早めに自分〆切までにラストを目指す。

凛として時雨ってどうやって歌うの?

11月

だんだん寒くなってきてますから久方ぶりに近くでラーメンを食べ、
夜はインドカレーのお店で食べ、温まっておりました。
一番は湯に浸ることだけれどもどうも出歩いた先に銭湯がなくって結局家でシャワーとかで終わってしまう。

11月に入った途端、年賀状を売り始めましたが、
年賀状とか手帳とか、カレンダーの類はもう少ししてからでいいのではないかと。ただ、手帳だけは早々に準備。
来年はもう少しスマートなものに。
時間は有限。やるべきことはやっておかないと。

スタバでラテグランデ飲みながら、ずっと『ダークナイトライジング』見てました。
あらためて見直すと本当によくできてますねって。

夜になって歩いて帰ってくる途中に雨。
ぽつぽつと。
ほんと、全然天気が良くならない。明日もこんな風になるのかな。
出られそうにないなら片づけをするか。

今月末締め切りの名古屋を書いているんだけど、まだまだちょっとだけ。
大体面白くなるのかわからないまま書いてるし。
今夜も枚数を増やす。

雨模様、多すぎw

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌 DVD コンプリート・ボックス (初回限定生産/6枚組)
ピーター・ディンクレイジ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-16


ついに来たね、ついに。
待ってましたw
アマゾンプライム我慢してDVDを待ってます。
12/15くらいかな。待ちます。

台風のあと、気温の較差で風邪ひきまして。ってか今も体調不良中。
どうもここ二三週間の寒暖の差が。
なんか台風が去ったあと風邪になる確率が高い気がする。
で、また来るでしょ、台風。はあ、あったかくしとかないと。

『あゝ、荒野(前・後)』、『宇宙戦艦ヤマト2022 第三章』、『ミックス。』なぞをここの所鑑賞。
菅田くん、ヤンイクチュンすごかったわああ。
ヤマト、面白かった。次回が楽しみだ。来年一月第四章。
ミックス。人間って弱ると、目の前の手に入りそうなしあわせをつかもうとするっての、よく出てたわ。
『アトミック・ブロンド』は、うーーーんでした。

さて、なんぞ書きますかね。
Recent Comments
訪問者数

記事検索
livedoor プロフィール
Archives