■ストーリー『南米で情熱的な恋に落ちたジョンとジェーンは、やがて結婚し、晴れて「Mr. & Mrs. スミス」となる。5〜6年後、夫婦に倦怠感が生まれていたある日、ふたりはお互いの「裏の顔」を知ってしまう。ジョンは建築業を隠れ蓑にした凄腕の殺し屋。プログラマーのジェーンは暗殺組織のエースだったのだ!この稼業では、自分の正体を知った相手を48時間以内に始末することが暗黙のルール。こうして、二人の想像を絶する夫婦ゲンカが勃発した!』
 


ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーという2大ハリウッド俳優主演の、非常に豪華なアクション・ラブコメディですな。お約束のハデな銃撃戦やカーチェイスや大爆発も満載で、アクション好きはそこそこ楽しめると思います。

が、とにもかくにも内容が薄い!お互いの組織の構成が良く分からないとか、多少のアラには目をつぶるとしても、あまりにも展開が緩すぎて途中で眠くなってしまいましたよ。ラブコメなのでリアリティが無いのはまあ仕方がないとはいえ、最後まで観ても「で、結局何なの?」という感想しか出てこないのはいかがなものかと。明日になったら、ストーリーの大半を忘れてしまいそうなほどのスカスカ具合です、トホホ。


本作を「アクション」と「ラブ」と「コメディ」に分解して見てみると、まず「アクション」に関しては迫力満点でほぼ文句無し。中でも、高速道路で展開されるカーチェイスの凄まじさたるや、「さすが『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンだ!」と納得のド迫力です。『マトリックス・リローデッド』や『バッドボーイズ2バッド』や『アイランド』など、既にとてつもないカーアクションが飽和状態になりつつある昨今ではやや見劣りする感があるものの、必要十分のインパクトを放っていると言えるでしょう。


しかし、肝心の「ラブ(夫婦愛)」の描写がやや不足しているような気がしました。お互いを殺そうとしていたほどの二人が、いつの間にか協力し合っていますが、最終的に二人の“愛”を再確認させるきっかけとなったものは何だったのでしょう?組織を裏切ってまで守らなければならない“絆”とはいったい何?普通こういう映画には、パターンとして重要なアイテムやキーワードが存在するものですが、そういったものが何も無い為に、クライマックスに至るまでの過程がぼやけているように感じます。


また、二人の“愛”を遮る“謎の組織”も存在感が薄く、ちっともハラハラドキドキできません。特に、敵のキャラの顔が全く映らず、単なる記号と化している点も盛り上がりに欠ける一因ではないかと。出てきたと思ったらバタバタ死にまくるだけなので、途中から「撃っても撃たれてもどうでもいい」って感じになってきましたよ、トホホ。


そして「コメディ」の部分に関しては、やはり「中途半端だなあ」という印象は拭えません。二人のキャラクターは面白いし、所々に挿入されているギャグもまあ笑えなくはないんですが、それでもせいぜい「クスッ」という微妙な半笑い程度。元々の設定が可笑しいのだから、もっとハチャメチャな展開で思い切り笑わせた方がよかったんじゃないかなあ。似たような設定の『トゥルー・ライズ』と比較してみても、明らかに“笑いのレベル”が低すぎます。


これはキャラクターの少なさにも原因があると思いました。基本的にブラピとアンジーだけで話が進んでいく為に、他の登場人物がほとんど出てきません。したがって、必然的に二人だけでギャグを担当しなければならず、バリエーションが限定されてしまうのです。もっとキャラクターが多ければコメディとしてのシチュエーションも増えるし、“お笑い”の幅も広がったのではないでしょうか(二人の仲間を“お笑い担当”として、もっと活躍させた方が良かったと思う)。


結局、あの終わり方で二人は幸せになれるのだろうか?今後ずっと組織に追われる身になるんじゃないの?何も解決してないような気がするんですけど・・・などというヤボな突っ込みは、このテの映画にするべきじゃないんでしょうねえ。


ついでに、上映時間もちょっと長い。この程度の内容だったら、100分もあれば十分じゃない?というわけで、単に「美男美女のかっこいいアクション」を見るだけなら別に問題はありませんが、登場人物全員が(敵も含めて)もれなく頭が悪いという情けない展開に、「もったいないなあ」と思わずにはいられない1本でした。


“失敗作”とまでは言わないけれど、主演の二人がブラピとアンジーじゃなかったら、間違いなく映画としての価値は半減していたでしょう。完全に“二人を見るためだけ”の作品です。ある意味、莫大な費用をかけた“史上最強のプロモーションビデオ”と言えるかもしれません(笑)。