宇宙戦艦ヤマト (1)

『宇宙戦艦ヤマト』と言えば、1970年代にテレビ放映されて大ヒットを記録し、木村拓哉主演で実写映画が作られ、近年も新作アニメが製作されるなど、いまだに人気を維持し続けている超有名作品です。ところが先日、『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルがヤフーオークションに出品されたとたん、凄まじい入札合戦が繰り広げられ、なんと最終的に220万円で落札されてしまいました。どうなってんの!?
宇宙戦艦ヤマト (13)
宇宙戦艦ヤマト (12)


宇宙戦艦ヤマト (6)
宇宙戦艦ヤマト (7)
宇宙戦艦ヤマト (8)
宇宙戦艦ヤマト (9)
宇宙戦艦ヤマト (10)
宇宙戦艦ヤマト (11)


これは実写映画『SPACE BATTLESHIPヤマト』に登場した宇宙戦艦ヤマトを、1/500スケールでフルスクラッチした特製模型だそうです。市販プラモデルの改造によって再現したものだそうです。全長50cmにもおよぶ巨大メカは確かに迫力満点でしょうけど、220万円ってちょっと高すぎない?などと思っていたのですが、製作過程を見たら納得しました。


パテで成形して大きさを変えたり、他のプラモからパーツを移植してひたすらディテールアップを施したり、細かい作業をチマチマ・・・これはもう職人が作った芸術作品ですよ。220万円が妥当かどうかは個人の判断になりますが。


製作者の「道楽おやぢ」さんはヤマトの他にもアンドロメダや主力戦艦などを多数製作していて、そのクオリティの高さにはヤマトファンでなくても驚嘆させられること間違いなし。ホームページはこちら ⇒ 「道楽おやぢのヤマト製作記」サイト

宇宙戦艦ヤマト (2)
宇宙戦艦ヤマト (3)
宇宙戦艦ヤマト (4)
宇宙戦艦ヤマト (5)


それにしても、ヤマト世代は金持ってんだなあ