ホバーボード

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でマイケル・J・フォックスが使っていた空中に浮かぶ”ホバーボード”は、映画ファンの憧れのアイテムとしていまだに人気を誇っていますが、とうとう本物のホバーボードが発売されることになったようです。うわああ!本当に浮いてる!

 車輪を持たず空中に浮かぶスケートボード「HENDOホバーボード」の販売がスタートした。米HENDO HOVER社製の次世代ホバーボードで、国内ではドゥモア・ショップで予約を開始。価格は130万円(税別)で、2015年10月の出荷が予定されている。以下、全文はこちら→(「fashionsnap.com」より)




米HENDO HOVER社が開発した次世代ホバーボード「HENDOホバーボード」は、本体に組み込まれた特殊なホバリングシステムエンジンが周囲に磁場を発生させ、浮力を生成して空中を走行する仕組みだそうです。これは電気の発生と磁場の変化によって起こる現象、すなわち”電磁誘導”に関する法則に基づいた技術を応用したものだとか。

大量に電気を消費するため、フル充電してもバッテリー駆動時間は約7分と短く、アルミニウムや銅など誘電性のある物質の上でしか浮くことはできませんが、それでも「実際に空を飛べる」というだけで十分な仕上がりと言えるでしょう。来年は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の舞台となった2015年がいよいよ到来するわけですが、まさか本当に映画の中のホバーボードが実現することになるとはねえ(^.^)


株式会社デロリアン・モーター・カンパニー 販売情報
「HENDOホバーボード」税込み価格:170万円 2015年10月出荷開始予定
「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」税込み価格:17万8,000円 2015年7月出荷開始予定


株式会社ドゥモア 販売情報
「HENDOホバーボード」税抜き価格:130万円 2015年10月出荷開始予定
「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」税抜き価格:15万円 2015年7月出荷開始予定