ファルコン

ファルコンといえば、マーベル・コミックスに登場するヒーローの一人で、機械の翼を背負って空を飛びながら戦う姿が特徴です。

映画(MCUシリーズ)では、俳優のアンソニー・マッキーが演じており、2014年公開の映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に登場して以降、アベンジャーズの一員として活躍してきました。

そんなファルコンに対し、お笑いコンビの「アルコ&ピース」がパーソナリティーを努めるラジオ番組で、「アベンジャーズからファルコンを脱退させようSP & アベンジャーズ新メンバーオーディション」を行うと発表。

企画の意図は「ファルコンと他のアベンジャーズメンバーとの実力差がありすぎて、もう見ていられない」「だから彼を脱退させてあげたい」というもの。

しかし、この企画が発表された途端、「あり得ない!」「なんて不愉快な企画だ!」などと批判殺到。MCUファンから怒りの声が大量に寄せられているようです。

アルコ&ピース
ap1
ap2
元々このラジオ番組内ではファルコンの話が何度か取り上げられ、特殊能力を持つ他のヒーローたちとは違い、目立った能力を持たないファルコンが「弱すぎる!」と話題になっていたそうです。

元軍人で戦闘能力は高いものの、アイアンマンやキャプテン・アメリカらが活躍する中では存在感が薄く、その”弱さ”をネタとしてイジる…という流れがお約束だったらしい。

そんな中、6月11日から17日まで行われるスペシャルウィーク(聴取率を集計する期間)で同企画を実施することが決定。企画の趣旨は、「ファルコンをアベンジャーズから脱退させるために説得しよう」というもの。

そして6日の放送では、「アルコ&ピース」の酒井健太さんが「なんとか彼を脱退させてあげたい。大好きなキャラだから見ていてつらい」と、あくまでも”ファルコンへの愛”からくるものであることを説明していたそうです。

しかし、この発表にネット上では「本当にありえないほど最低の企画だと思う」「この企画からファルコンを知って、そういう目線で”イジってもいい”って認識されたらたまったもんじゃない」「ファンにとっては何一つ面白くない!」などと批判が殺到。

一方で、「これは酒井健太が”なぜか無類のファルコン好き”、という前振りあってのネタだよ」とフォローする声も上がっていますが、「アルコ&ピースがどんだけファルコン好きかとか、ただのネタとか関係ない」「ネタでもこれはダメだと思う」「本人達に愛があっても、言い方ってものがあるだろ」など面白半分で取り上げられた企画に怒りの声を寄せる人が続出し、Yahoo!リアルタイム検索に関連ワードが浮上するなど、大反響となってしまいました。

以下、ツイッターのコメントより↓




というわけで、「ファルコンをアベンジャーズから脱退させよう企画」が思わぬ反響を呼んでしまったようですが、個人的には「ホークアイとかブラックウィドウとか、『アベンジャーズ』には他にも弱そうな人がいるのに何故ファルコンだけがこんな目に…」「そっとしておいてやれよ」って感じですけどねえ(^_^;)