この世界の片隅に

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

こうの史代先生と言えば、大ヒット劇場アニメ『この世界の片隅に』の原作者として有名ですが、最近『この世界の片隅に』がドラマ化されたじゃないですか?

で、先日こうの先生がドラマ版についてコメントを出したんですけど、なぜかいきなり『六神合体ゴッドマーズ』をブチ込んでくるなど、その内容が話題になっているようです(なぜゴッドマーズ?)。


あと(ドラマ版の)『この世界の片隅に』も皆さん、ご覧くださって、スペシャルサンクスです!
このドラマ、わたしはいちおう毎回、脚本を見せてもらってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです。
まあ、脚本の岡田さんがどう展開させたいかはわからないので、あんまり強くは言っていません。文字だけではわからない部分もありますね。
でも大丈夫…『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな!?

こうの史代先生の今回のコメント、一見ドラマ版を肯定しているようにも見えますが、実は色んな部分に”皮肉”が込められているらしいのです。

例えば、「わたしはいちおう毎回、脚本を見せてもらってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らない」の部分。

どうやら、こうの先生はドラマ版の脚本を毎回チェックし、気になった個所をスタッフに伝えているようですが、にも関わらず「オンエアを観たら全然直ってない!」ってことらしい。

あと「スペシャルサンクスです!」の部分は、ドラマ版が「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」とテロップを表示 → アニメ版の制作委員会が「我々は一切関知しておりません」と表明した件をネタにしている、とか(笑)。

でも、ファンが一番ビックリしたのは「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな」の部分でしょう。なぜここでゴッドマーズが!?

『六神合体ゴッドマーズ』とは、横山光輝の漫画『マーズ』をアニメ化した作品ですが、あまりにも原作を改変しすぎた結果、「もはやオリジナルアニメじゃん」と呼ばれてしまうほどの変貌を遂げ、逆にそれが話題になったことでも知られています。

今回こうの先生は、ドラマ版『この世界の片隅に』を「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近い」と評価していますが、『六神合体ゴッドマーズ』を知っている人にとっては「なんという皮肉w」としか言いようがありませんよね(^_^;)

「そもそも今の時代に『六神合体ゴッドマーズ』を知っている人がどれだけいるんだろう?」ってことも気になりますけど、驚いたことに今回の発言がネットニュースに取り上げられ、ツイッターのトレンドに「#ゴッドマーズよりも原作に遠い選手権」というタグが表示されるほどの大騒ぎになってしまったのですよ。

みんなゴッドマーズに反応しすぎだろw




にしても、こうの史代先生が『六神合体ゴッドマーズ』を知っていたとは意外だったなあ(^_^;)

MODEROID 六神合体ゴッドマーズ ノンスケール PS&ABS製 組み立て式プラスチックモデル
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2018-08-31)
売り上げランキング: 690