ジョン・ウィック

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

さて、『ジョン・ウィック』といえばキアヌ・リーヴスが主演を務め、銃と近接格闘術を組み合わせた流麗なアクションや独特の世界観で大ヒットした人気映画です。

そんな『ジョン・ウィック』シリーズの最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲として、海外でも活躍しているアーテイスト・きゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲「にんじゃりばんばん」が起用されることが明らかになりました。…って、えええ!?Σ(゚д゚;)



きゃりーの「にんじゃりばんばん」が使用されているのは、普段は寿司職人として働いているが実は最強の刺客「ニンジャ軍団」の初登場シーン。

NYの片隅に佇む寿司屋“平家”に、エイジア・ケイト・ディロン扮する冷酷な裁定人が訪れ、無表情で主席連合の証であるコインを差し出しました。すると「こんなに早く来るとは…」と職人たちが表情を一変!

彼らの裏の顔は、板長でもある最強の暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いるニンジャ軍団で、ゼロは暗殺依頼に「興味がある」と快諾。ジョン・ウィックとの対決に静かに闘志をみなぎらせる…というシーンです。

そんな緊迫感満載のシーンで、なぜか平家の”店内BGM”として流れているのが、世界で活躍するアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」なのですよ(”忍者つながり”でw)。

きゃりーは、本作での楽曲起用について「『にんじゃりばんばん』が有名なハリウッド映画で流れると知って本当にびっくりしました!私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです!」と喜びのコメントを寄せたそうです。

というわけで、「『ジョン・ウィック3』の音楽に「にんじゃりばんばん」が起用された」というニュースを聞いた時は、「『スピード2』のテーマ曲を小室哲哉が作る」というニュースを聞いた時と同じぐらい微妙な気持ちになったんですが(笑)、どうやら”背景音”として流れるだけのようですね(^^;)

なお、『ジョン・ウィック:パラベラム』のジャパンプレミアに出席するため来日したキアヌ・リーブスは、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒に忍者のポーズをとって映画をPRしたそうです。

キアヌ・リーブス (1)
キアヌ・リーブス (2)
キアヌ・リーブス (3)

この映画は”忍者推し”なのかw