カーオーディオ

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

近年、CDやDVDなどの、いわゆる「円盤」と呼ばれるメディアの売り上げが減少し続けていますが、とうとう自動車のオーディオからCDやDVDなどを再生するプレーヤーがなくなってしまうようです。う〜ん、「円盤離れ」が加速してるなあ…(-_-;)

2019年9月に発表されたトヨタの新型「カローラ」と「カローラツーリング」は、標準装備されるナビ・オーディオ機器「ディスプレイオーディオ」にスマートフォンとの連携機能がある一方で、CD/DVDプレーヤーは搭載されず、オプションとしても用意されていません。

その理由について、トヨタは以下のように説明しています。

「お客様にご負担いただくコストを抑えるため、新型『カローラ』では車載通信機(DCM)と『ディスプレイオーディオ』を全グレード標準とし、スマートフォンとの連携強化、コネクテッド(通信)サービスの充実を図りました」 (トヨタ担当者)

もともとトヨタは、2017年発表の「プリウスPHV」でも、据え付け型の大画面ナビ「T-Connect SDナビゲーションシステム」を打ち出し、すでにCD/DVDプレーヤーを廃止してるんですよ。

そして代わりに、スマホやiPodを接続するためのUSB端子やAUX端子、Bluetoothなどの装備を進めています。

トヨタは「CDやDVDプレーヤーがないのはなぜ?」というユーザーからの問い合わせに対し、「スマートフォンやiPodで音楽を楽しむお客様が増えたため、世の中の動向を先取りし、既存のデバイスを車に持ち込んでお楽しみいただく方法として、このような仕様を採用しました」とコメント。

つまり、後付けの機器では難しいコネクテッドサービスを積極的に導入しつつ、「今後CDやDVDの利用者が増えることはないだろう」と判断し、プレーヤーを廃止することでコストを抑えた…というわけです。

また、他の自動車メーカー関係者も、大容量のデータ通信プランや動画が見放題のプランを打ち出す携帯電話会社などが増えていることから、「子ども向けにアニメのDVDを車載オーディオで流すような層が減り、スマートフォンを通じての視聴に代わっていく」と考えているらしい。

というわけで、全世界的に減少し続けているCDやDVDなどの「円盤メディア」ですが、とうとう自動車業界からも排除されつつあるようです。

まあ、過去の流れを見ると初期には「カセット・プレーヤー」があり、その後「MDプレーヤー」や「CDプレーヤー」など様々な形に移り変わって来た結果、これからは「スマホなどを通じて視聴する」というスタイルになるだけなんでしょうけど…。

しかし、こういうニュースを目にすると「いよいよ円盤の消滅は時間の問題」という現実がリアルに感じられ、ブルーレイやDVDを集めている人たちはモヤモヤするんでしょうねえ(^^;)