パソコン故障

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。
本日から消費税が10%になったわけですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
僕の方はと言えば、先日、自宅のデスクトップPCが壊れてしまいました、トホホ。
いや〜、まさかこんないきなり壊れるとは…(-_-;)

それは、全く突然の出来事でした。普通にネットを見ていると、急にハードディスクが「ガリガリガリ!」と聞いたこともないような異音を出し始めたんですよ。

音は30秒ぐらいで鳴り止んだんですが、イヤ〜な予感に駆られながらファイルを開こうとすると……開けない!というより、Dドライブが消えてる!管理画面からもアクセスできない!うわあああ!

そう、いわゆる「クラッシュした」というやつです。「終わった…終わりだよ…わたしはもう…」

パソコン (1)

などと、一瞬『ジョジョの奇妙な冒険』の乙雅三(きのとまさぞう)みたいな心境になりかけたんですが…

だがしかし!

もしも普通に1個のHDDをパーティションで分けて使っていたら、HDDが完全にクラッシュした時点でOSも立ち上がらなくなっていたでしょう。その場合は本当にアウツです。

パソコン (2)

でも僕のPCはCドライブとDドライブを物理的に分けてたんですよね(つまりストレージが2個入ってる)。ちなみに、CドライブにはOSや様々なプログラムをインストールし、Dドライブは主にデータ保存のために使っていました。

で、今回は幸いなことにCドライブが無事だったので、とりあえずPCは普通に使える状態。あと、外付けのHDDに重要なデータをバックアップしていたので、最悪の事態だけは何とか免れました(バックアップ出来てないデータもいくつかあったようですが…)。

とはいえ、Cドライブ1個だけでは心許ないし、外付けHDDに何かあったら…と思うと全く安心できません(なおソフトでチェックしたところCドライブは正常状態)。

そこで、壊れたHDDを交換することにしました。運がいいことに(?)世間はまさに「増税直前駆け込み需要」の真っ最中で、近所のPCショップも特価セールをやってたんですよ。

行ってみると、おお!色んな内蔵HDDを売ってる!しかも安い!1TBのHDDが5000円か〜。などと思いながら見ていると、なんと2TBのHDDが5500円!容量が倍になってるのに、値段が500円しか違わないってどういうこと!?

というわけで、2TBを買いました。

パソコン (3)

HDDの交換自体は非常に簡単で、ケースを空けて古いHDDを取り外し、SATAケーブルと電源ケーブルを新品のHDDに繋いで元に戻すだけ。あとは管理画面からフォーマットすれば完了です。

いや〜、新しいHDDは動作も速いし音も静かで快適ですねえ。クラッシュした時はちょっと絶望的な気持ちになったものの、どうにか酷い状態は回避できて一安心。皆さんもPCの挙動にはご注意くださいませ(^.^)