E.T.

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

『E.T.』といえば、1982年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の大ヒットSF映画ですが、なんとあの物語の続きが作られていたことが判明!大人になったエリオット少年が37年ぶりにE.T.と再会する姿が公開され、話題になっているようです。



このショートムービーは、ストリーミングサービスや携帯などを扱うコムキャストの子会社「Xfinity」がプロモーション用に制作したものだそうです(コムキャストはユニバーサル・ピクチャーズも傘下に持つため、『E.T.』関連の映像制作が可能だった)。

ストーリーは、クリスマス時期の雪の積もる町にETが再来し、雪だるまの後ろに隠れたE.T.をエリオットの子どもたちが発見。彼らと心を通わせるETは、インターネットやVRゲームを教えてもらい、雪で遊んだりホリデー映画を観たり、エリオット一家と楽しい時間を過ごす…という内容。

しかし、別れは再びやって来ます。自分の故郷へ帰る前に、エリオットとやったように子どもたちと自転車に乗って月夜の空を飛ぶE.T。バックに流れる音楽は、当然ジョン・ウイリアムズのあのメインテーマ曲!いや〜、泣けるわ〜(TmT)ウゥゥ・・

この映像を撮ったのは、『ロスト・イン・トランスレーション』や『マリー・アントワネット』などの撮影監督を務めたランス・アコードですが、スピルバーグ監督もこのアイデアに好意的で、直接制作に関わることはなかったものの、全プロセスにわたって監修を務めたそうです。

本作は4分少々という短さながら、37年ぶりとなるE.T.とエリオットの感動的な再会や、E.T.がエリオットの息子&娘とも絆を深める姿、そして映画の印象的なシーンの再現など、ファンなら思わず目頭が熱くなる感動的な仕上がりとなっていますよ。

エリオットを演じているのは、もちろん映画版と同じ俳優のヘンリー・トーマス!現在48歳のヘンリーは、「オリジナル版の美しさや人々の心に残っている特別なものを、壊すことなく見事に再現している。ファンは続編に望む全てのものを得ることができるでしょう」と本作の出来に満足しているらしい。

というわけで、以前からスピルバーグ監督は「『E.T.』の続編映画は作らない」と言っていましたが、思わぬ形で実現してしまいましたね(笑)。

まあ、映画ではなくプロモーション用の短編映像だからこそ可能だったんでしょうけど、ヘンリー・トーマスが再びエリオットを演じ、E.T.が自転車で月を横切る名場面がまた見られたのは嬉しい限りです(^.^)



E.T. [Blu-ray]