映画秘宝

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

さて、今年1月21日に発売された3月号をもって惜しまれながら休刊した映画雑誌『映画秘宝』が、なんと4月21日発売の『映画秘宝』6月号より、株式会社双葉社から復刊することが明らかになりました!うひょおおお〜!


1995年に創刊された『映画秘宝』は、25周年の節目となった今年、版元の洋泉社が宝島社に吸収合併されたことを受けて休刊。多くの映画ファンが悲観に暮れました(まさに悲報w)。

だがしかし!

岩田和明元編集長らが新会社「オフィス秘宝」を設立して『映画秘宝』の商標権を取得、休刊からわずか3か月という異例のスピードで復刊が実現したのです(編集長は岩田氏が引き続き務める)。以下、岩田氏のコメントより↓

新たなる希望を託して『映画秘宝』が復活します。暗い報道ばかりの世の中に、ささやかな明るいニュースを提供したい。その一心で僕たちは立ち上がりました。『映画秘宝』は、娯楽とフィクションの力こそが人々の魂を救うと信じます!

この発表に伴い、公式Twitter(@eigahiho)と公式YouTubeアカウントも、「HIHO NEWS」から「映画秘宝」へと変更され、さらに女優・のんが出演した、復刊を告げる動画「HIHO RETURNS」がYouTubeで公開されました。



YouTubeで公開された動画「HIHO RETURNS」は、岩田編集長が企画・製作・原案を手がけ、『AI崩壊』などの入江悠監督、女優・のん、俳優としても活躍する映画監督・塚本晋也ら「秘宝」と縁の深いクリエイターが、企画の趣旨に賛同したことで製作が実現したそうです。

復活動画「HIHO RETURNS」の岩田氏&キャスト&監督コメントは以下の通り

●岩田編集長
休刊時が派手に散ったため、復刊時も派手に華々しく復活したかった。だから「サプライズ動画で復活告知をしたい」と、入江悠監督、のんさん、塚本晋也さんにお声がけしました。みなさんが快く引き受けてくださったことで、楽しい撮影とチャーミングであたたかい作品が生まれました。大感謝です!

●のん
『映画秘宝』が好き過ぎる一途な女の子を演じました。撮影めちゃめちゃ楽しかったです! 塚本晋也監督といきなり共演できたり、入江悠監督の演出を体感できたり「いいもんもらったな!」と感動しました。そして、『映画秘宝』復活おめでとうございます!立ち上がりが早い!私もこのスピード感を見習わなきゃ!と勇気をもらいました!

●塚本晋也
『映画秘宝』復刊おめでとうございます!休刊からわずか3カ月で復刊は早くて驚きました。もうちょっと先かなと思っていたのですが(笑)。今日も、とても大掛かりな映画撮影でびっくりしました。てっきり、岩田編集長ご自身がスマホの動画機能で撮るのだろうと思っていたので(笑)。とても楽しい撮影でした。

●監督・脚本・編集:入江悠監督
のんさん、塚本晋也監督と初めてご一緒して『映画秘宝』の復刊を祝う動画をこうして監督できたことが、何よりの喜びです。僕は本屋さんで本を買うことが大好きなのですが、近所の本屋さんが最近なくなってしまったので、「HIHO RETURNS」のもうひとつのテーマである「街の小さな本屋さんを応援したい」というコンセプトにもすごく共感しました。復活おめでとうございます!

というわけで「『映画秘宝』復活!」の嬉しいニュースに映画ファンも盛り上がっているようです(意外と早かったなあw)。今はネットで映画の情報を簡単に得られる時代ですが、やっぱり「面白いコラム」とか「マニアックなネタ」っていうのは『映画秘宝』みたいなジャンルの雑誌の方が強いんですよね。4月発売の復刊6月号が楽しみです(^.^)