ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

映画に関する事ならなんでもアリのブログです。かなりマニアックな仕様なので、取り扱いにはご注意下さい♪

トンデモ映画監督列伝

ジェームズ・キャメロン曰く、「本当はもっと小規模な人間ドラマを撮りたかったのに…」 いったい何があったのか? 『トゥルーライズ』3

このエントリーをはてなブックマークに追加
トゥルーライズ (1)


■ストーリー『政府の最高機密機関オメガ・セクターの諜報員ハリー・タスカーは、家族にはコンピュータのセールスマンと偽り、日々危険な任務をこなしていた。しかし、妻のヘレンは15年目の結婚生活に退屈さを覚え、14歳の娘デイルは不良少女になりかけている。そんなある日、武器商人よりアラブ系のテロリスト集団”紅のジハド”へ1億ドル以上もの使途不明金が流れていることが判明。ハリーと相棒のギブは追跡を開始するが、ショッピングモールで敵に襲撃されて大ピンチに!しかも愛する奥さんと娘までもが事件に巻き込まれてしまった!果たしてハリーは無事に家族を取り戻し、国家の危機を救うことができるのか?傑作「ターミネーター」のキャメロン&シュワルツェネッガーの名コンビが再び放つ、スーパー・エンターテイメント・スパイアクション超大作!』




本日、テレビをつけたら『トゥルーライズ』をやっていたので、なんとなく観ながらブログを書いています。この作品、公開時に劇場で観たんですが、当時は「『ターミネーター』シリーズのジェームズ・キャメロンがコメディ映画なんて撮れるのかよ?」と半信半疑でしたねえ。まあ、実際観てみたらいつものキャメロン流アクションが満載で非常に面白かったんだけど、そもそもなんでこういう映画を撮ることになったんでしょうか?というわけで、本日は『トゥルーライズ』が作られた背景などを中心に、裏話を簡単にまとめてみましたよ。

続きを読む

何度コケても立ち上がる不屈の映画監督レニー・ハーリン!なぜ彼は映画を撮り続けることができるのか?『クリフハンガー』3

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリフハンガー

■ストーリー『ある日、ロッキー山脈からSOSが入る。山岳救助隊員(シルベスター・スタローン)がひとりで救出に向うが、それは雪山に散った3個の現金入りのトランクを回収するために武装強盗団が張った罠だった!雪のロッキー山中を舞台に、紛失した1億ドルの現金を手中にせんとする武装強盗団と山岳救助隊員の壮絶な戦いを描いたサスペンス・アクション超大作!』



本日、日曜洋画劇場にて『クリフハンガー』が放映されていたので久しぶりに観る。『クリフハンガー』といえば、シルベスター・スタローンが真冬の大雪原をTシャツ1枚で走り回り、素手で断崖絶壁をよじ登り、山のてっぺんで悪い奴をやっつけて「ウオオオー!」を雄叫びを上げる、要するにそんな映画だ(違うけど、まあ大体あってるw)。1993年の公開時には劇場で観たはずなのに全く覚えていないのは、「記憶するに値しない内容だったからなのだな」と今回再確認させられた次第である、トホホ。


けど、たしかにアクションは凄い。飛行機から飛行機へワイヤーを渡し、大金の詰まったトランクを移送させるなど、物理的に無理があり過ぎる脚本をそのまんま映像化し、何だか良くわからないけどスケール感だけは無駄にデカいという超大作に仕上がっている。更に、ヘリは落ちるわ、人は落ちるわ、スタローンは山頂からジャンプするわで、エクストリームにも程があるムチャな展開は空前絶後のド迫力!

続きを読む

初監督作品が大ヒットしたアクション映画『スピード』!ヤン・デ・ボンのその後の運命は?5

このエントリーをはてなブックマークに追加

スピード

■ストーリー『ロサンゼルスのオフィスビルにあるエレベーターに爆弾が仕掛けられ、乗客達が閉じ込められる事件が発生。ロサンゼルス市警察SWAT隊員のジャック(キアヌ・リーブス)はマクマホン分隊長や同僚のハリー達と共に爆弾を排除、乗客達を救出した。さらに身代金を要求してきた犯人のハワードを追い詰めるがもう一息のところで逃げられてしまう。彼は元警察の爆発物処理班員だったが、処理中の事故により左手親指を失う障害を負って退職せざるを得なくなったために逆恨み、警察に挑戦を始めたのだ。数日後、ペインは路線バスに爆弾を仕掛け、ジャックに対応させるよう仕向ける。爆弾はバスの速度が時速50マイルを下回ると爆発、それを阻止するため走行中のバスに飛び乗ったジャックだったが、乗客の一人が誤って発砲し、運転手が負傷。やむを得ずスピード違反で免停中のためバス通勤していた若い女性、アニー(サンドラ・ブロック)がハンドルを任された。果たしてジャックと乗客たちの運命は……!?』



本日はテレビで『スピード』が放映されていたので久しぶりに観る(と言っても、DVDを持っているのでチラ見程度)。本作は、公開当時に映画館で観たんだけど、あまりの面白さに続けて3回も観てしまったぐらい好きな映画だ(当時は入れ替え制ではなかったので何度でも観ることができた)。久しぶりに観てもやはり抜群に面白いねえ。


「乗り物に爆弾が仕掛けられ、減速すると爆発する」という設定そのものは、高倉健主演の『新幹線大爆破』と同じで目新しさはない。しかし、基本的にノンストップで突っ走れる新幹線と違い、こちらは単なる路線バスだ。渋滞、対向車、急カーブなど、スピードが落ちて爆発する可能性は極めて高い。おまけに途中で高速道路が途切れているのだ。まさに「いったいどうなるんだ!?」と手に汗握る展開の連続で、スリリング度では『新幹線大爆破』を遥かに上回ると言えるだろう。


しかも、この映画はバスだけの攻防ではなく、序盤にエレベーター、クライマックスには地下鉄と、合計3つの乗り物で爆弾魔と渡り合うのだ。乗り物パニック映画の集大成みたいな三重構造になっているのが実に素晴らしい。キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックのやり取りも面白いし、今は亡きデニス・ホッパーの怪演も見事。マーク・マンシーナの音楽もかっこいいよね(後年、『メタルギアソリッド』をプレイした時はびっくりしたけどw)

続きを読む

恐るべしデヴィッド・リンチ!『マルホランド・ドライブ』4

このエントリーをはてなブックマークに追加
『マルホランド・ドライブ』は不可解極まりない映画である。映画を観終わった後は「?」マークが続出し、数々の謎を解こうと奮闘するが、“答え”は決して出てこない。この映画には「正解」など存在しないのだ。ただ一つだけ言える事は、「ナオミ・ワッツのおっぱいは素晴らしい」(笑)。続きを読む

負けるな、テリー・ギリアム! 『ブラザーズ・グリム』3

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ストーリー『ウィル(マット・デイモン)とジェイコブ(ヒース・レンジャー)のグリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事件の調査に向かわせた。猟師の娘アンジェリカをガイドに、森の奥深くに立つ塔にたどり着いたグリム兄弟は、その塔に伝わる女王の逸話を知る。その頃、森に不気味な異変が起こり始めていた・・・!グリム童話の誕生に隠された、誰も見た事が無い驚愕のファンタジー・ワールドが今甦る!』



本日は『ブラザーズ・グリム』を鑑賞。鬼才:テリー・ギリアム監督の、なんと7年ぶりの新作だ。テリー・ギリアムといえば、映画ファンにとっては映画界きってのトラブル・メーカーというイメージが定着しまくっていると思う。“7年間の沈黙を破って”と言えば聞こえはいいが、要するに製作会社が嫌がって企画が通らなかっただけの話ですよ(笑)。

続きを読む

オランダが生んだ変態監督!その名はポール・バーホーベン! 『ロボコップ』4

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ストーリー『時は近未来。デトロイトでは旧市街が犯罪の巣窟と化し、警察経営を民間企業のOCP(オムニ・コンシューマー・プロダクツ)が請け負っていた。保安担当のジョーンズ(ロニー・コックス)は巨大な警察ロボットEDー209を披露するが、暴走したロボットが従業員を撃ち殺し、公開実験は失敗に終わる。そこで若いモートン(ミゲル・フェラー)は、サイボーグ警官“ロボコップ”のアイディアを売り込み社長の承認を得た。同じ頃、主人公のマーフィ(ピーター・ウェラー)は、美人警官ルイス(ナンシー・アレン)とコンビを組み、強盗団を追跡して廃工場ヘ潜入。しかし一味のリーダーであるクラレンス(カートウッド・スミス)は悪辣な男で、逆にマーフィを捕らえてなぶり殺しにする。モートンはマーフィの身体を土台にロボコップを作りあげ、南署に配属した。しかし、彼は過去の記憶を全て失っていたのである。』



走行中の普通乗用車がいきなり狙撃されるという、ハリウッド映画さながらの凶悪事件が勃発している昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?本日は、オランダが生んだ変態監督ポール・バーホーベンのお話です。

続きを読む
管理人

タイプ・あ〜る

累計人気ページランキング
管理人のつぶやき
タグクラウド
月刊アーカイブ
最新コメント
週刊訪問者数

    ブログランキング
    ブログランキング
    ブログパーツ