ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

映画に関する事ならなんでもアリのブログです。かなりマニアックな仕様なので、取り扱いにはご注意下さい♪

宇宙戦艦ヤマト

ハリウッド実写版『宇宙戦艦ヤマト』製作決定!主役は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙戦艦ヤマト (1)

以前から噂されていた「ハリウッドで『宇宙戦艦ヤマト』を実写映画化する」という企画が、とうとう正式に決定したようです。いったい誰が古代進役を演じるのでしょうか?

続きを読む

『宇宙戦艦ヤマト』が今度はハリウッドで実写映画化されることに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙戦艦ヤマト

日本では木村拓哉主演で実写映画化された『宇宙戦艦ヤマト』が、今度はハリウッドで実写化されることになったようです。

続きを読む

庵野秀明、『宇宙戦艦ヤマト』への愛を語る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
庵野秀明

『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督と言えば、自他共に認める熱烈な『宇宙戦艦ヤマト』オタクとして有名ですが、先日都内の某トークイベントに出席し、『ヤマト』に対する溢れんばかりの愛を語りまくっていたそうです。

続きを読む

驚愕!『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルが220万円で落札された!

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙戦艦ヤマト (1)

『宇宙戦艦ヤマト』と言えば、1970年代にテレビ放映されて大ヒットを記録し、木村拓哉主演で実写映画が作られ、近年も新作アニメが製作されるなど、いまだに人気を維持し続けている超有名作品です。ところが先日、『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルがヤフーオークションに出品されたとたん、凄まじい入札合戦が繰り広げられ、なんと最終的に220万円で落札されてしまいました。どうなってんの!?
続きを読む

絶体絶命のピンチを救った数々の奇跡!戦争が起きなければ完結しなかった? 『ふしぎの海のナディア』制作秘話!その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふしぎの海のナディア


前回の内容はコチラ⇒『ふしぎの海のナディア』制作秘話!その2


「もうダメだ…」


放映日が目前に迫り、絶望的な空気が漂うガイナックス社内。期日までにNHKへ完成フィルムを納品できなければ全てが終わってしまう。だが、残された時間はほとんどない。もはやこれまでか…。

しかし、誰もが諦めかけたその時、奇跡が起きた!イラクのクウェート侵攻という世界的大事件が勃発し、臨時ニュース番組がバンバン入ったおかげで、なんと放映日が延びたのだ。「チャ〜ンス!」とばかりに巻き返しを図るスタッフ達。こうして、『ナディア』のフィルムはギリギリのタイミングでオンエアに間に合ったのである。あぶねえええ!


その後、再びスケジュールがきつくなるものの、またしても湾岸戦争が勃発し、どうにかこうにかピンチを乗り切ることに成功。絶体絶命の危機を”戦争”という天下の一大事によって見事に回避したのであった。後に岡田社長は当時を振り返り、こう語っている。「もしもあの時戦争が起きなければ、『ナディア』を完結させることはできなかったでしょう」 まさに”神の采配”と言うしかない!

続きを読む

「アニメの実写映画化」が活発なのは日本だけじゃない!ついにあの名作SFアニメまでがハリウッドでリメイクされることに!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
森雪1

最近、日本では「アニメの実写版映画」が相次いで製作されていますが、遠くハリウッドでも「日本のアニメの実写版」が続々と企画・検討されているようです。

続きを読む

これが『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の元ネタか?山崎監督のSF映画嗜好が一目で分かる作品タイトル!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スター・トレック(2009)

■映画興行成績:『12月1日に公開された木村拓哉主演の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』が、週末の興行成績ランキングで人気シリーズ最新作映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』を抑えて、初登場1位の大ヒットスタートを切ったことがわかった。他の追随を許さなかった『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』を破り、動員41万2,129人、興収5億2,821万5,150円で、見事週末興行成績ランキング1位に輝いている。配給の東宝によると、興収50億円以上を見込める大ヒットスタートだという。すでに台湾・香港・タイ・シンガポール・フランス・ドイツでの公開が決定している本作。アメリカからも公開のオファーが届いており、世界規模でのさらなる公開の拡大が期待されている。』  (シネマトゥデイより)



先日『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の評価・感想に関するエントリーを書きましたが、本日は前回書き切れなかった「山崎監督のSF映画に対するマニアぶり」について書いてみたいと思います。山崎監督はいったいどんな映画に影響を受けているのか?実は、山崎監督の映画を観れば一目で分かるようになっているのですよ。尚、ネタバレ・ツッコミ満載のエントリーとなっていますので悪しからずご了承ください(笑)

続きを読む

日本映画の夢と希望と可能性を乗せて、宇宙戦艦ヤマト発進!『SPACE BATTLESHIP ヤマト』3

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPACE BATTLESHIP ヤマト

■ストーリー『西暦2194年、外宇宙に突如として現れた謎の敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ旅立った!』




「日本人が初めて世界に挑むSFエンターテインメント!」との煽り文句も勇ましい超大作映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(『さよなら ジュピター』の立場は?w)がついに公開された。キムタク主演や沢尻エリカ降板騒動、有名俳優も多数参加と色々な話題を振りまいてきた本作だが、果たしてその出来栄えはどうなのか?期待と不安が入り混じる中、早速観に行って来たぞう!


尚、僕のスタンスとして「アニメ版『宇宙戦艦ヤマト』は一応知っている程度で、ほとんど思い入れは無い」、「木村拓哉は好きでも嫌いでもない」、「山崎貴監督の映画は全て観ていて結構好き」と、まあこういう主観を前提として『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を評価・判断していると思っていただきたい。必然的に、「『ヤマト』の大ファン」、「キムタク嫌い」、「山崎監督なんて知らない」という人が見た場合よりも甘めの採点になっているので悪しからずご了承を。

続きを読む
管理人

タイプ・あ〜る

タグクラウド
月刊アーカイブ
最新コメント
週刊訪問者数

    ブログランキング
    ブログランキング
    ブログパーツ