ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

映画に関する事ならなんでもアリのブログです。かなりマニアックな仕様なので、取り扱いにはご注意下さい♪

宮崎吾朗

宮崎吾朗監督、ついにジブリを離れる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
山賊の娘ローニャ

宮崎吾朗監督といえば、『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』など、数々の作品をスタジオジブリで作ってきましたが、このたび別の会社で新作アニメを作ることが明らかになりました。親子関係が悪化しすぎて、とうとうお父さんの元を離れる決心をしたのでしょうか?

続きを読む

その時なにが起きていたのか?宮崎親子初の合作映画『コクリコ坂から』をもっと楽しむための制作裏話

このエントリーをはてなブックマークに追加

コクリコ坂から (1)

■ストーリー『1963年の横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”で暮らす16歳の少女、松崎海は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。あわただしい朝でも、船乗りの父に教わった信号旗(安全な航行を祈る)をあげることは欠かさない。そんな海が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会う。やがて2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、「ゲド戦記」に次ぐデビュー2作目となる宮崎吾朗監督が映画化した長編アニメーション!』




本日、金曜ロードSHOWにて『コクリコ坂から』が放映されます。宮崎吾朗監督の長編第2作目になるこの映画は、主人公の声をV6の岡田准一が、ヒロインを長澤まさみが演じたことでも話題となり、興行収益は2011年度邦画第1位の44.6億円を記録しました。しかし、例によって制作中にはジブリ社内で様々なトラブルが勃発していたようです。まあ、主に宮崎駿とか宮崎駿などに関する問題なんですけどね(パヤオばっかりじゃねーかw)。というわけで、本日は『コクリコ坂から』の知られざる制作秘話についてまったりと書いてみますよ。

続きを読む

NHK特番「コクリコ坂・父と子の300日戦争 宮崎駿×宮崎吾朗」を見たらパヤオさんが暴走しすぎでワロタwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮崎駿 宮崎吾朗 (1)


■番組内容:『2人の人物を主人公に、その絆を描く新しいドキュメンタリー「ふたり」。今回のふたりは、アニメーション映画の巨匠・宮崎駿さんと、その息子で同じくアニメーション監督の宮崎吾朗さん。この夏、公開されるスタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は、吾朗さんが監督を務め、父・駿さんが脚本を担当。ふたりの合作ともいえる作品だ。しかし、父と子の間には、長い間、人知れぬ深い葛藤があった。6年前、吾朗さんは父の反対を押し切ってアニメーション映画の監督になるが、そんな息子を駿さんは認めていなかった。そんななかで始まった今回の映画作り。番組は10か月にわたって、アニメーション制作の現場に密着した。幾度も衝突する父と子。カメラは、2人の葛藤を丹念に追っていく。主人公「海ちゃん」のキャラクター設定をめぐって始まった壮絶なバトル。途中、公開延期の危機さえ訪れた。そして、制作の山場に起こった「東日本大震災」。映画はがけっぷちの状況に追い込まれる。70歳にしてなお、映画への情熱をたぎらせる父。偉大な父と比較される宿命を負いながらも、挑戦を続ける息子。ぶつかりあい、反発しながらも、「映画を創る」という同じ目標に向かって情熱を燃やす、父と子の物語!』




昨日、NHKにて『コクリコ坂から』の特別番組をやっていたので見てみましたよ。相変わらず宮崎駿監督の傍若無人な発言が炸裂していて面白すぎます(笑)。

続きを読む

映画『コクリコ坂から』公開記念!『ゲド戦記』制作の裏側ではこんなとんでもない事件が起きていた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲド戦記


本日、金曜ロードショーで宮崎吾朗監督作品『ゲド戦記』が放映されています。公開当時は、「ストーリー展開が単調でひたすら退屈」、「声優がヘタ」、「作画の粗さが目に余る」「キャラクターに魅力が無い」「背景美術が手抜きだ」など、ひたすら罵倒された本作ですが、劇場で観た印象としては「それほど酷い映画じゃないけどなあ」という感じでそれなりに楽しめました。しかし、『ゲド戦記』に対する本当の興味は「宮崎駿の息子が初めて作った映画」という部分であり、内容は二の次だったりするわけですよ。そして、実は映画本編よりも「スタジオジブリ」のお家事情の方がずっと面白い、という話題で当時アニメファンは大いに盛り上がったのでした。


というわけで、本日は映画『ゲド戦記』の制作秘話についてあれこれ書いてみますよ。

続きを読む

押井守と宮崎吾朗

このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌『サイゾー』の8月号に、「ゲド戦記公開記念!」と題して押井守と宮崎吾朗の対談が掲載されている。押井監督の鋭いツッコミが意味深で、非常に面白い。親父に対する長年の恨み辛みを、その息子で晴らそうとしているかのようだ(笑)。

続きを読む

ゲド戦記(負けるなゴロー!)2

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ストーリー『多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会った。影におびえるアレンを伴い、旅を続けるゲドは、ホート・タウンの街はずれにある幼なじみテナーの家に身を寄せる。そこには親に捨てられた少女テルーも住んでいた。彼女は、自暴自棄になっているアレンを激しく嫌悪する…。ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション』




というワケで、“絶賛酷評中”の『ゲド戦記』を観て来た(笑)。圧倒的な評判の悪さを反映してか、夏休みだというのに客の入りもかなり少な目で空席も目立つ。大丈夫かジブリ?どーなるジブリ!?


尚、例によって原作は未読。あくまでも、映画本編のみの評価として書きたいと思います。



続きを読む

ゲド戦記(まだ観てませんが)

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、全国劇場で絶賛上映中の『ゲド戦記』だが、想像以上に酷評が多くてちょっとビックリ。ジブリ作品とは思えぬほどの前評判の悪さに、観に行くかどうか思案中なのだ。続きを読む
管理人

タイプ・あ〜る

タグクラウド
月刊アーカイブ
最新コメント
週刊訪問者数

    ブログランキング
    ブログランキング
    ブログパーツ