ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション

映画に関する事ならなんでもアリのブログです。かなりマニアックな仕様なので、取り扱いにはご注意下さい♪

007

新しい『007』役に黒人女優のラシャーナ・リンチが決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラシャーナ・リンチ

映画『007』といえば、“007”のコードネームを持つイギリスの諜報員:ジェームズ・ボンドの活躍を描いた人気スパイ・アクションシリーズですが、なんと最新作では黒人の女優さんが007役を演じることになったそうです。とうとう『007』にまでポリコレの影響が…(^^;)

続きを読む

ダニエル・クレイグ、100億円のギャラを提示されるものの、ジェームズ・ボンド役を拒否?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダニエル・クレイグ (1)

過去4作品で人気スパイシリーズ『007』の主人公ジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが、6,800万ポンド(約108億8,000万円)で「もう2本、ボンド役をやってくれないか」とオファーされたのですが、「2本だと?冗談じゃない!」と拒否したそうです。えええええ…

 続きを読む

『007 スペクター』ブルーレイ&DVD発売決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
007 スペクター

大人気スパイアクションシリーズの最新作『007 スペクター』がブルーレイ化されることになりました。前作『スカイフォール』に引き続き、サム・メンデス監督がメガホンを取っています。

続きを読む

007シリーズ最新作『スペクター』の予告編が公開された!

このエントリーをはてなブックマークに追加
007 spectre

イギリスが誇る最強のスパイ:ジェームズ・ボンド。彼が活躍する大人気シリーズは今回で24作品目となり、世界中のファンが待ち望んでいるわけですが、ついにその予告編が公開されました(^.^)

続きを読む

『007 スカイフォール』(ネタバレあり) リアル志向のジェームズ・ボンドは無理がある?3

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイフォール (3)

■ストーリー『NATOが世界中に送り込んでいるスパイのリストが何者かに盗まれる緊急事態が発生。英国の諜報機関MI6のエージェント“007”ことジェームズ・ボンドは、リストの収録されたハードディスクを取り戻すべくMの指示に従い、敵のエージェントを追い詰めていく。しかし、その作戦が失敗に終り、組織内でのMの立場も危うくなった上、今度はMI6本部が爆破される事態に。そんな窮地に立たされた彼女の前に手負いのボンドが姿を現わし、首謀者を突き止めるため僅かな手掛かりをもとに奔走する。やがてついにその黒幕が判明、一連の犯行は、Mへの復讐に駆られた元MI6の凄腕エージェント、シルヴァによるものだった。執拗にMをつけ狙うシルヴァとの決死の戦いに挑むボンドだが…。ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作となる、通算23作目のスパイ・アクション超大作!』




先週、全国の劇場で公開された007シリーズ最新作『スカイフォール』は、初登場第1位という絶好のスタートを切っていますが、日本より一足先に公開された海外ではそれ以上の好セールスを記録しているらしく、世界中で早くも8億7,000万ドル(約696億円)の大ヒットを叩き出しているそうです。


しかも本場イギリスでは、それまで歴代トップだった『アバター』の興行収益9,400万ポンド(約122億2,000万円)を抜き去り、同国内における史上最高の興行成績を樹立。更に映画批評サイトや評論家の反応も上々で、「シリーズ最高傑作!」と大絶賛されているらしい。ついには、シリーズ誕生から50年間全く縁が無かったアカデミー賞にノミネートされる可能性まで浮上するなど、まさに新生ボンドの”復活劇”としては大成功と言えるでしょう。

続きを読む

『007 慰めの報酬』 ジェームズ・ボンドがいろいろヒドい3

このエントリーをはてなブックマークに追加
007 慰めの報酬

本日、水曜プレミアシネマで『007 慰めの報酬』が放映されます。本作は、『007』の映画では珍しい(というかシリーズ初の?)続編映画になっています。つまり、前作『カジノ・ロワイヤル』から物語が継続する「パート2」的なドラマ構成になっているのですよ。このため、水曜プレミアシネマはわざわざ先週『カジノ・ロワイヤル』を放映したわけですな。親切な番組だ(^_^)

『007 慰めの報酬』映画レビュー

『007 カジノ・ロワイヤル』は変な映画だった3

このエントリーをはてなブックマークに追加
007 カジノロワイヤル

本日、水曜プレミアシネマで『007 カジノ・ロワイヤル』が放映されます。ダニエル・クレイグが新ボンドを演じた第1作目ということで、公開当時は映画館で観たんですけど、予想の斜め上を行く驚愕の展開に色んな意味で衝撃を受けました(^_^;)

『007 カジノ・ロワイヤル』映画レビュー

ジェームズ・ボンド VS ジェームズ・ボンド!最強の007は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

007 スカイフォール

11月9日に全米公開された007シリーズの最新作『スカイフォール』が世界中で大ヒットを記録しているらしい。なんと、本場イギリスでは『ダークナイト ライジング』を抜いてボンド映画史上最高の週末興行成績を樹立したそうです。


批評家からの評価も高く、「シリーズ最高傑作!」とも言われている本作は、全世界ベースで既に3億4700万ドルを突破しており、アメリカで公開された週末には5億ドルに達する見込みだとか。


更に、シリーズ誕生から50年の間、アカデミー賞からは冷遇され続けてきた『007』ですが、ロサンゼルスで行われたアカデミー会員向けの特別試写が満席になったため、念願の作品賞ノミネート獲得の可能性も浮上してきたそうです。ついにジェームズ・ボンドがオスカーを受賞する日が来るのか・・・!?(日本公開は12月1日)


さて、ジェームズ・ボンドと言えば世界的に有名なスパイとして知られており、これまでショーン・コネリー、ジョージ・レイゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグなど、様々な俳優が演じてきました。そんな歴代のボンドたちが「お互いに激しいバトルを繰り広げる動画」が話題になっていたのでご紹介しますよ。

続きを読む

スイッチひとつで透明になるボンドカーみたいな自動車が本当に開発された!あなたには見える?

このエントリーをはてなブックマークに追加
透明自動車


シリーズ第20作、そして40周年記念作の『007 ダイ・アナザー・デイ』には、ジェームズ・ボンドが乗る車としてアストンマーチン・V12ヴァンキッシュが登場します。このボンドカーにはフロントグリルから発射するホーミングミサイルや、マシンガン、ショットガン、レーザー、グレネードなどの武器が大量に組み込まれ、もはや戦車以上の重装備となっていました。


その中でも極めつけは、肉眼で見えなくなるステルス(光学迷彩)機能でしょう。ジェームズ・ボンドがおもむろにスイッチを入れると、一瞬で車が透明に!初めてこのシーンを見た時、「007もどんどんSF映画になっていくなあ」と若干呆れたものですが、なんと世界的に有名な自動車メーカーが実際に”透明カー”を作ってしまったそうです!上の写真にその車が映ってるんですけど、どこにあるか分かりますか?

続きを読む

007 カジノ・ロワイヤル3

このエントリーをはてなブックマークに追加
カジノロワイヤル


■ストーリー『殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは、見事ダブル・オーの称号を得る。その最初の任務は、世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフルの資金を絶つこと。まずはマダガスカルで爆弾所有の男を追い、バハマ、マイアミでは武器売人と航空機爆破の阻止に奔走し、やがてル・シッフルに辿り着くボンド。すると、ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかとなり、ボンドは更なる陰謀を阻止せんと現地へ向かうのだった。しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンドが送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく』



僕が初めて映画館で観た『007』シリーズはティモシー・ダルトン主演の『リビング・デイライツ』だった(それまでのシリーズはテレビかビデオで観賞)。以降、前作の『ダイ・アナザー・デイ』まで全て劇場で鑑賞している。そんな『007』好きな僕だが、今回『カジノ・ロワイヤル』を観に行くかどうかはちょっと迷った。

続きを読む
管理人

タイプ・あ〜る

タグクラウド
月刊アーカイブ
最新コメント
週刊訪問者数

    ブログランキング
    ブログランキング
    ブログパーツ