先物相場トレ−ダ−日記 livedoor ver

このブログは商品先物業界歴10年、元アナリストが運営しています。数年前からトレ−ドを開始、初期投資額の4倍まで運用額を増やす。ここ1年間で独自のトレ−ドスタイルを確立し、年率80%で運用に成功。運用方針は移動平均・MACD・キ−リバ−サルなど単純なテクニカルを採用。手数料の安いオンラインを利用し、リスクに見合った収益チャンスを目指す。ハイリスクの商品先物での情報配信・実践的なトレ−ド・儲け方について詳しく解説。

為替

先立つ金融ポータル、Investing.com 日本 によって機能された 経済指標カレンダー

5月第一週 

5月第一週 マイナス0.11(ドル円ベース)
80円割れ前日からの戻りは必ず売られると判断。
しかし米雇用統計を控え中々、80円割れを見ず、しびれを切らして早めの利食い。
結果、米雇用統計を好感してドルが暴騰したため運が良かった。
2011/05/06 20:55:55 米ドル/円 買 決済 80.31 +0.12
2011/05/06 16:30:52 米ドル/円 売 新規 80.43


商品相場の上昇トレンドは変わらないと思惑、資源国通貨の豪ドルを買う。
ラディン殺害の報にて円安→円高に転換、ロスカットに引っかかる。
2011/05/03 04:36:37  豪ドル/円 売 決済 88.83  -0.23
2011/05/02 13:05:04 豪ドル/円 買 新規 89.06

来週以降の戦略
クロス円全般突っ込み具合が深いので短期戻りを狙った買いと引き付けての戻り売りの二正面作戦。ただし商品相場が崩れたため、資源・欧州通貨は戻り切れず、ファンドの追撃売り・個人投資家の投げ売りなど警戒。

右の図は原油の先物価格、完全に上昇トレンドは崩壊。

ファンドも迷う相場展開

昨日の東京市場の安値からの急反発はファンド主導の買いだと思われたが、なんのことはない個人の買いの集まりだった。石油を吊り上げて、貴金属の新規買いを誘ったため外電は安いと思われたが、吊り上げた石油が安く売りに逃げた貴金属が高いという皮肉な結果となった。NY株式が落ち着き、ドルもやや落ち着きを見せているため買い安い地合ありそうだが、WTIの下落幅とユ−ロドルが未だ高値を更新してない事を考えるとまだ調整はあると見ている。穀物は相対的に強そう。大豆に関してはトウモロコシに対する割安感から買われている模様でトウモロコシ売りの大豆買いが一般的。

クロス円・株暴落でも海外商品全般底堅い動き

サブプライム問題でクロス円・株暴落が広がる中、9日の海外商品全般は意外と底堅い動きとなった。ファンダメンタルやドル安を頼みとしてファンドは買いポジションを維持しているのが伺える。月曜は貴金属を中心に売りが殺到するが、リスク許容度の無い投資家は採算以上売り込まないようにしたい。円急騰の採算上であって今のところ商品は押し目買い基調を維持しているためである。ただ8月の暴落時には商品にも波及したと考えると早晩、いつ暴落があっても不思議ではなく、WTIは100ドルをつけて暴落する見方が一般的。つまり短期的に売られ過ぎたクロス円・株の反発から一時的に商品が買われ、その後数日かけて暴落が見込まれるということだ。

ゴムの対処法

昨日述べたが短期的に調整局面を迎えている。プラチナなどはストップであるが、ゴムはファンド主導のため売るにも買うにも判らないというのが正直なマ−ケット心理だろう。昨年末から今年年初の動きを参考にすると今週末まで安く、月曜から暴騰というシナリオ。他商品も調整感が漂う中、連鎖的に売られた突っ込み場面は買い。
270円割れを買い下がる。

ファンドの利食い売り散見

商品価格の上昇が止まらない。本日の日経夕刊では「投資資金、商品シフト加速」と情報では盛り上がっている。しかし日本の先物市場は海外よりも上昇幅が大きいのは八月のサブプライムロ−ン問題で買いで損失を被った個人投資家が売りに回り、売りが浸っているのが原因と見られる。それを見た外資系ファンドが価格つり上げを狙い、多方面から買いが入ってきている。手口をみると三菱F、FIMAT、CSなどのポジションは8月の半ばからロングポジション。売方は商社、地場系取引員がほとんどであり、モルガン・GSといった米系外資もやや売りに傾いていた。

本日は踏みに合わせたファンドの利食いが多いと思われ、ここから先はNYダウとクロス円の下落を見る限り、日米市場ではファンドの買いは手控えられると思われる。

よって短期的な買いで参入は可としながらもサブプライム問題が再燃し、NYダウ暴落によるファンドの手仕舞いが警戒されるため利食い先行でいきたい。

なお前回の大豆は10月10日損切り、買いへ。昨日売り逃げた後、本日高いのを見ている次第。

大豆の下値の目処

小麦の急騰、トウモロコシへの転作、ブラジルでの天候で強気が頼みとしていた材料が剥げ始めている。既に先週から売りに大豆は売りに転じた。

下値目標55000〜56000円

前場のコ−ンの急騰はシカゴ下げ止まり感と海外のファンド系のポジション解消買いを期待してるかもしれない。→大豆・小麦ロングは解消売り。

しかしシカゴトウモロコシ市場での7月底から中段下値切り上げのトレンドは崩れており、6月の連続安とダブル。

推測雨に関する大豆低下は、ブラジルで収穫を押し上げます

ジェフウィルソンによって

10月8日(ブルームバーグ)に−Soybeansは、雨がアメリカの後でブラジル、2番目に大手の生産者と輸出国で加速した植え付けのために土壌水分を改善する推測に関して、低く1 3-週に落ちました。

まわりに収穫の半分が大きくなる、中心的で北ブラジルのいくらかのフィールドは週末に雨の1インチ(2.5センチメートル)も得た。そして、状況を南西部ゴイアスとマトグロッソの部品に植えることを改善する、と、マイクTannura、シャンペーンのT-Storm Weatherのための気象学者、イリノイが言いました。より多くの雨は10月12日までに可能であると、Tannuraが言いました。

「広範囲にわたるより孤立する間、北ブラジルの雨量はより多くの降水に季節シフトを示すかもしれません」と、アンフリック(ニューヨークのプルデンシャルFinancial社のための上級脂肪種子アナリスト)が言いました。通常の毎週の雨合計は1.5インチである。そして、それはほとんど降水で2ヵ月後に乾燥を軽減しないと、フリックが言いました。

シカゴ商品取引所(9月12日から最も活発な契約のために最も安い終値)まで1ブッシェルにつき9.255ドル、11月の配達のための大豆将来は、15セントまたは1.6パーセントを下ろしました。今日前に、米国の農民が12年で最も小さな土地を植えたあと、将来は、9月27日に10.1775ドルの3年ぶりの高値に達して、過去12ヵ月で66パーセントを上がりました。

ブラジルの大豆栽培者は5940万メートルトン〜過去の収穫において記録的な5840万トンから上昇し、1月から始まっている脂肪種子の6130万メートルトンを収穫すると、Agriculture省が季節の間その最初の予想において10月4日に言いました。

さらなる植え付け

上る価格は過去の収穫のために2070万ヘクタールから上昇し、2190万ヘクタールまで2120万ヘクタール(5240万エーカー)まで来たるべき収穫のために脂肪種子の植えることを増やすブラジルの農民を案内したと、省が先週言いました。

大豆も米農務省より大きな収穫が先月推定した推測米国の農民意志収穫を始めたと、フリックが言いました。収穫は9月12日の米農務省による26億2000万の予想から上昇し、26億5000万ブッシェルであると、Informa Economics社が10月5日に言いました。

雨がイリノイ、インディアナ、ミシシッピ、ネブラスカ、ミズーリ、ノースダコタとウィスコンシンで産出高を押し上げた8月の後、フリックは収穫を16億6000万ブッシェルと推定します。政府は、10月12日に予測されるその収穫を更新する予定です。

今日の低下は「利食いここ週の継続」である。そのとき、大豆は5.1パーセント転落したと、フリックが言いました。

大豆油

光熱費が落ち込んだので、大豆油(料理油と代替燃料を作るのに用いられる)は落ちたと、フリックが言いました。米国のガソリンとディーゼル燃料生産を中断させているハリケーンの恐れがゆるんだので、原油将来はニューヨーク(2ヵ月で最も大きい低下)に今日2.7パーセントを下ろしました。

ドルがユーロに対して増加を広げたので、穀物、エネルギーと金属将来も落ちた。そして、他の投資として必需品の訴えを減らす、と、フリックが言いました。必需品は、時々米国の通貨の反対方向に動きます。

「原油価格を落すことは、大豆油に圧力を与えました」と、フリックが言いました。「ドルの強さは、否定的な要因でもあります。」

資源国通貨カナダドルの強さ

カナダのドルは、求人市場強さの上に31年ぶりの高値まで上がります

ハリスアンワルによって

10月6日(ブルームバーグ)に−カナダのドルは、カナダ銀行が経済力の徴候の中で金利を下げて控える推測に関して、31年ぶりの高値まで上がりました。

Statisticsカナダが失業率が5.9パーセントに減少した、そして、経済がmore-than-が9月に51,100の仕事を予測すると付け加えたと言ったあと、通貨は上がりました。金のようなカナダの必需品輸出の価格も上がりました。そして、通貨の魅力を高めました。

「私は、カナダドルの値がより高い更なる動きを見ます」と、ベンジャミンタル(トロントのCIBC World Markets社の上級経済学者)が言いました。「人々は、カナダ銀行によって切られる率と価格が上側に驚かせた必需品にもはや期待していません。これらは、ドルが上がるという良い徴候です。」

1.1パーセント〜トロントの1.0189ドル、ドルは5連続した週めを進めました。それは昨日1.0217ドルに達しました。そして、1976年11月から最も高かったです。通貨は、必需品の需要の好況の中に、1976以来初めて9月20日に1ドルまで上がりました。

投資家は仕事報告の後、通貨を買いました。そして、それはまた、賃金が少なくとも10年で最も上がることを示しました。そして、インフレーションが速まるかもしれないことを示唆しました。

ブルームバーグNews調査の中央予想によれば、経済学者は17,500の仕事と失業率の変化でないのを予測しました。経済は、8月に23,300の仕事を加えました。中央銀行総裁は、彼らの次を10月16日についての決定に値させます。

言い回しシフト

9月5日のカナダ銀行は4.5パーセントでその主な金利を残して、増加の必要への言及を破棄しました。そして、信用市場混乱が経済成長を脅かすと言いました。政策立案者は、彼らがインフレーションを失速させるために再び経費を借りることを上げる7月に率を押し上げた後にほのめかしました。世界的な金融引き締めが借入をより難しくてより高価にする前に、7月の会議は来ました。

個人消費支出とアルバータの西の仕事の範囲へのエネルギー投資が国中雇用を刺激したので、カナダは昨年におよそ410,100の仕事を加えました。そして、機関が言われました。

「カナダドルは、劇的に上回ることです」と、カミラサットン(トロントのスコティアCapital社の通貨戦略家)が言いました。「カナダの反対に賭けることは、まだあまりに早いです。」

カナダの消費者物価は以前に1年からの8月に1.7パーセント上がった。そして、7ヵ月で初めて中央銀行の目標の下に動く、と、Statisticsカナダが先月言いました。12連続したヵ月めの銀行の目標より上に、中心的な率(それがガソリンのような揮発性の部材を除外するので、将来の傾向のガイドとして銀行によって使われる)は、2.2パーセントでした。

『良い面』相談役

カナダ銀行調査の後、昨日速められる通貨の増加はカナダの経営陣を示しました、世界的な信用危機が国まで広がったあと、「ポジティブにし続けてください」。

「カナダ銀行によって下げられる率のチャンスは、現在非常に低いです」と、イェンスNordvig(ニューヨークのゴールドマンサックスグループ社の戦略家)が言いました。「私はカナダドルが不足しているようになるのを期待していました、しかし、私はそれがもう意味をなすと思いません。」、A安売り総額は、通貨が断る賭けです。

2009年12月に与えられるべきものであるカナダの4.25パーセントの絆の利回りは今週21毛上がりました、あるいは、0.21パーセントポイント、投資家が賭けを切ったので、4.29パーセントまで、カナダ銀行は率を下げます。価格(それは反対に産出高へ移ります)は、44セントをC$99.91まで落しました。

収穫進展のコ−ン

10月5日(ブルームバーグ)に−期待される記録的な米国の収穫からの必需品が記憶装置を圧倒して、現金価格を下げて、Corn(日の間不変の)は7月中旬からその最大の毎週の低下を掲示しました。

8月下旬までに復活することが雨が降る前に、遺伝子が組み替えられた種のさらなる使用は植物を乾燥した天気に耐えさせたと、チャドヘンダーソン、BrookfieldのPrime-Ag顧問社のためのマーケットアナリスト、ウィスコンシンが言いました。米農務省によって先月予測される記録133億700万より上に、彼は135億7900万ブッシェルの収穫を予測します。

「農民は、非常に大きい収穫を収穫しています」と、ヘンダーソンが言いました。暑い、乾燥した天気が7月に収穫を脅かしたあと予想されたより、産出高は高いと、彼が言いました。

シカゴ商品取引所で1ブッシェルにつき3.4225ドルで不変で終えられる12月の配達のためのコーン。将来は、週(週からそのような低下が7月20日に終えた最も大きいもの)の間、8.2パーセントを失いました。農民が1944年以降最も多くのエーカーを植えたあと、価格は2月26日に4.5025ドルの10-年高さに達してから24パーセントを下ろしました。

Informa Economics社は今日、コーン収穫が合計133億2300万のその9月の推定値から上昇し、135億600万ブッシェルになると依頼人に話しました。そして、10月1日現在、状況に基づきました。そのサイズの収穫は、昨年の生産より28パーセント大きいです。

さらなる生産

ノースダコタからケンタッキーへの13の中西部国のうちの9つはより大きい収穫を持っていると、メンフィスに拠点を置くInformaがそのレポートで言いました。

平均以上に、温度と乾いた状況は、農民が先週収穫の速度を上げるのを助けました。米農務省によると、収穫のおよそ31パーセントは、1週早く22パーセントと一年前の18パーセントから上昇し、9月30日現在、集められました。コーンのおよそ63パーセントは良いか優れた状態にありました。そして、以前に1週から不変で、一年前の61パーセントから上がっていました。

良い収穫天気は、シャンペーンでT-Storm Weatherのために東部で南ミッドウェスト、言われたマイクTannura、気象学者で次の5日の間続きます、イリノイ。雨(2.5センチメートル)の1インチは次の4日にわたって北西部ミッドウェストで予想される。そして、おそらくフィールドワークを遅くする、と、彼が言いました。

シカゴでプルデンシャルFinancial社のために農民、言われたショーンマッケンブリッジ、上級穀物アナリストによって売って増やされて予測するエレベーターで「気象状況は、ヘッジしているさらなる収穫と若干のプレ週末によいです」。

マッケンブリッジは、それが10月12日にその次の予想をリリースするとき、彼が米農務省が1.2パーセント〜134億7000万ブッシェル収穫のためにその予想を促進すると思っていると言いました。

大豆が第2の場所にあって、コーンは197億ドルで最も価値ある米国の収穫(2006年の記録的な338億ドルの価値がある)であると、政府統計が示します。

大豆天候要因で上昇

シカゴ大豆が夜間取引で週末に引き継いで上昇(週末比約17¢高)、米中西部において寒冷による収穫減が懸念されているようだ。アイオワ北部、ミネソタ南部ではマイナス2度となっている。先日の米農務省発表で収穫減、イ−ルド減から生産高も大幅に減少しそうだ。一方、小麦・とうもろこしはどうかというとそれぞれ28¢、4.5¢高となっている。小麦に関してはここ3、4ヶ月の値動きは尋常ではなく、危機的な供給不安と米穀物ブロ−カ−は述べている。

さて先週末に大豆は利食い売りでポジションは無くなっており、押し目を待って買うつもりでいたが明日、高入電には違いない。利乗せのタイミングだったと思われる。勝手に天井と決めつけない方がよさそうだ。

ブル−ムバ−グより翻訳

ゴムに注目

ここ最近、下げ道中のゴムに貴金属、エネルギ−上昇の影響が全く無い。既にMACD・MAとも急落を予感させるサインが出ており、売り推奨。本日は円安により下げきらないでいるが、数日中にエネルギ−が調整すれば投げが加速するはず。後場、日経225利食い売り>円高となればチャンス。247円がストップロス。

海外大豆天井破り

大豆の需給報告の内容は以下の通り

06―07年度        07―08年度
        8月報告   9月報告    8月報告   9月報告
(世界全体)
 生産高  236.07 236.04  221.62 221.27
 期末在庫  64.52  63.07   51.63  50.35
(米国)
 生産高   86.77  86.77   71.45  71.27
 輸出高   29.94  30.35   27.76  26.54

やや強めの内容だが、長期的な需給逼迫のトウモロコシともにシカゴは急騰している。ただ小麦同様高値からの下げで早晩売り圧力が強まる可能性が高い。

東京アラビカ、23000円を突破

東京アラビカが23000円を突破してきた。しかし先限繋ぎ足であり、先週述べた時点での先限は2008年5月限で高値23000円の現在22950円。あとは下げ止まりを確認しつつ、買い場を探るのが得策。一部某相場師は「コ−ヒ−はまた売りのサイクルに入った。」と見ているようだが、確かに国内市場は常に内部要因に影響を受けてきた。しかし国際価格は100¢割れを試しに行くような感じがしない。むしろ東京は25000円の三角持合いを上方にブレイクしたがっている。もちろんこの時期は材料不足なため急騰は期待しにくいが、ずるずると下げ渋っては秋口に売り方の買戻しを誘って上昇に転じるものと見る。突っ込み売りは踏まされる危険。

東京アラビカ、ズバリ買いエントリ−価格

NYコ−ヒ−が週末急落している。時事通信によると「ロイター通信の今週の調査によると、ロブスタ種の相場は、今年末までに1785ドル、来年末には1656ドルにまで下げると予想されている。市場はまた、投資ファンドがロンドン市場で保有する大量のロブスタ種のロングポジションへの懸念も強めている。」が弱材料。現在もロンドン市場は下落しており、明日急落は避けられない。しかしながら夏場に安値をつけるアラビカ、秋口に強材料の出易い事を考えると100〜105¢を割り込むには需給環境の改善が不可欠。二番底形成と踏んで買い場を考える。その価格は23300円を超えたら勝負したい。

年後半に期待できる商品

大豆、原油が非常に強いのは需給だけでなく、季節的要因も加わっているからと考えられる。トウモロコシよりも大豆の方が夏場の天候リスクが高く、原油はガソリン需要を囃してのもの。もし商品価格(資源)がまだまだ値上がりするとすれば今後、季節的・需給からみるとコ−ヒ−が有望商品。商品は金利高には弱いが、既に世界同時金利高という弱材料を織り込み始めており、貴金属・ゴムなど下げ道中の商品が下げ止まるのを見極めるのが重要。


以下はブル−ムバ−グより

油は、ナイジェリア(北海供給危険)の高さ10ヵ月まで上がります

マークシェンクによって


オイルタンカーは7月6日(ブルームバーグ)に石油貯蔵にタンクを渡します−Crude油はナイジェリアに懸念不安に関する高さ10ヵ月まで上がりました、そして、予想外の精練所閉鎖が燃料出力を切ったので、北海油田のメンテナンスは供給を抑制します。

ナイジェリアの石油産出ニジェール川デルタ地域の主な武装組織は、3才の英国の女の子の誘拐を非難しました。ブレント油(北海で生じられる)は、地域のフィールドに、予定のメンテナンスのため、も上がっています。カリフォルニア、テキサスとカンザスの精練所で、今週、活動を閉じたか、遅れました。

「これは、ブレント主導の集会です」と、ジェームズRitterbusch、ガリーナのRitterbuschとAssociatesの大統領、イリノイが言いました。「ブレントはナイジェリアで問題にずっと敏感です、ノルウェーの生産が減らされるという、そして、ヨーロッパでの必需品がアメリカでより非常にきついという知らせがあります。」

8月の配達のための原油は1ドル上がりました、あるいは、1.4パーセント、ニューヨーク商品取引所の上で午後2時50分に1バレルにつき72.81ドルで落ちつくために、最も高いものは8月15日から閉まります。価格は今週3パーセント上がって、1年前から3.1パーセント下がっています。

配達に最も近いニューヨーク原油将来は以前に今日後の配達のために契約の価格にそびえました。そして、状態が引渡し猶予日歩として知られていました。市場は品受猶予金へと後で変わりました、そこで、将来の配達のための油はnear-月価格より高いです。

8月の和解のためのブレント原油は87セント上がりました、あるいは、1.2パーセント、75.62ドルまで、ロンドンベースのICE Futuresの上の1バレルは交換します。そして、8月11日から近く最も高かったです。契約は、今週、5.9パーセント急増しました。

大部分の中東、アフリカでヨーロッパの等級は、ブレントに関して値をつけられます。

北海フィールド

Statoil ASA(ノルウェーの最も大手の石油会社)は、それが北海のそのStatfjord A油田で来月メンテナンスを予定すると言いました。メンテナンスは8月3日に始まって、23日の間続くと、会社広報担当が言いました。

855,000バレル(日産165,484バレルに等しい分)のおよそ6つの貨物は8月にロードに予想されると、トレーダーのうちの1人が言いました。Statoilのウェブサイトによれば、いわゆるStatfjord域(それは6フィールドのそばに供給されます)は、一般的に日産およそ295,000バレルを生じます。それは、31日の月に10以上の貨物に翻訳します。
「ブレントが古い高さをすぐにテストするかもしれなさそうです」と、ベンツが言いました。

BP社がアラスカのプルドベイ油田を閉めたとき、ブレントは8月7日に78.64ドル、記録にさわりました。ニューヨークの中の油は、イスラエルとイスラム民兵ヒズボラの間のレバノンでの戦いが中東に広がるという懸念に関して、7月14日に1バレルにつき78.40ドル、記録に達しました。

精練所シャットダウン

BP社のカーソン、カリフォルニア、精練所は圧縮器の修理を考慮に入れるために、およそ10日の間低い率で走ります。精練所単位は、今週、テキサスとカンザスに予想外に閉じ込められました。レジナ(サスカチュワン)の100,000バレル精練所の労働者は、明日ストライキをすることを票決しました。

精製者は、通常彼らの出力へのキーである生の処理装置からより多くのガソリンを作ることによって、ボトルネックをうまく逃れています。エタノールを混ぜ入れて、真空gasoilのようなより安い精製した製品を処理することによって、低く純化している利用率のほとんどtwo-10年の中で、精製者はガソリン出力を高くしておくことができました。

価格は、イラン、ナイジェリアとイラクから積荷が崩壊するかもしれないという懸念のため、より高いです。ナイジェリアとイラクでの攻撃は、輸出を減らしました。200人以上の国外在住者は、ニジェール川デルタで昨年の始まりから誘拐されました。

厳しい状況

「ナイジェリアの状況は厳しいと、OPECが規律に明らかにしています、そして、イランは多分すぐにより多くの制裁で襲われるでしょう」と、マイケルフィッツパトリック(ニューヨークのMan Financial社のエネルギー危機管理のための副大統領)が言いました。「強い仕事番号は、強い経済とさらなる油要求を示しています。」

米国の雇い主は6月に132,000人の労働者を加えた、賃金は成長した、そして、失業率は低く1 6-年の近くにとどまったと、労働省報告が今日示しました。グループが生産を強めるという要求を無視していたことを示して、ブルームバーグNews調査によれば、石油輸出国機構による油出力は、先月、ほとんど変わりませんでした。

「私は、我々が主に強気の勢い(少しの見出し特にもない)のため、動いていると思います」と、トムベンツ(ニューヨークのBNP Paribasのトレーダー)が言いました。「ブレントは先導しています。グローバル経済はまだ固いです、そして、OPECは市場から油を防いでいます。そして、それは第3と第4四半期に我々により堅い糧食を供給しています。」

米国の目録

米国の原油供給は先週315万バレル〜3億5400万バレル上がったと、エネルギー省報告が昨日示しました。6月29日に終わる週間の備蓄は1998年5月15日から最も高かったと、レポートが示しました。

米国のガソリン需要は、9月の初めに5月の後半のメモリアルデーの休日と労働者の日の間でピークに達します。

「市場のあらゆる休みは、買い機会としてとられています」と、ビルオグレーディ(セントルイスのA.G.エドワーズ社の基礎将来研究の責任者)が言いました。「明らかに、彼らは米国の基礎を見ていません。我々は、近くに夏の駆動季節を通しての方法と十分な供給による過去2つの主な休みの3分の1です

シカゴ穀物は単なる調整では無い

ブル−ムバ−グ

コーン、中西部雨が米国の収穫見通しを押し上げて、大豆は落ちます

ジェフウィルソンによって

6月22日(ブルームバーグ)−ほぼ10年で最も大きい毎週の損失をおおって、Cornはシカゴで低く1 2-週に落ちました、そして、中西部雨が乾燥した天気によって強調される米国の収穫を若返らせて、大豆は落ちました。

T-Storm Weatherによれば、雨の2インチ(5センチメートル)も、昨日から中西部の地域に落ちました。ミネソタからオハイオへのフィールドは次の5日の間に3倍の通常の雨量を受けるかもしれないと、予報官が言いました。ミシシッピ川の東の若干の地域は、過去2ヵ月で通常の雨の半分より少なくなりました。

「コーンと大豆収穫は、最も乾いた地域のいくつかで、とてもタイムリーな雨を得ました」と、グレッググロー(シカゴのアーチャーFinancial Servicesのためのアグリビジネスディレクター)が言いました。「乾いた天気の脅威は減らされるが、完全に除かれません。」

シカゴ商品取引所まで1ブッシェルにつき3.815ドル、12月の配達のためのコーンは、17.5セントまたは4.4パーセントを落しました。以前に、6月8日から最も低く、将来は20セント〜3.79ドルの交換制限を下ろしました。価格は、8.9パーセントの今週(1997年7月から最も大きい毎週の損失)急落しました。コーンが、まだ昨年に66パーセント伸びて、2月26日に4.5025ドルの10年ぶりの高値に達しました。

1ブッシェルにつき8.3075ドルまで、11月の配達のための大豆将来は、21セントまたは2.5パーセントを下ろしました。価格は、6月18日に8.9625ドルの3年ぶりの高値に達しました。最も活発な将来は、2006年1月から5.7パーセントの今週、8週ぶりの毎週の低下と、最も大きいそのような低下をもらしました。しかし、大豆は1年前から36パーセントを得ました。

収穫評価

米国のコーン収穫のおよそ70パーセントは6月17日現在、良いか優れた状態にあった。そして、前の週77パーセントから下である、と、米農務省が今週始め言いました。大豆収穫のおよそ65パーセントは最高の視聴率を受けた。そして、前の週間の70パーセントと一年前の57パーセントと比較される、と、部門が言いました。

中西部の地域のかんばつは8連続した週めの間拡大したと、リンカンのネブラスカ大学の国立Drought Mitigation Centerがレポートで昨日言いました。

「雨は、成長するためにコーンのために政府の支出を増やして、土壌水分を利用するためにより深いルーツを置く絶好の時間に来ました」と、エマソンNafziger(アーバナのイリノイ大学の農学者)が言いました。イリノイで「大豆収穫は暖かい温度で成長し続けました、そして、我々は収穫ストレスの少しの証拠もわかることができません」、と彼は言った。

大豆損失は将来が20日の移動平均以下に落ちて、月の間最低に触れた11月の後、速まったと、ジェリーGidel(シカゴのノースアメリカンRisk Management Services社のためのマーケットアナリスト)が言いました。将来が50日100日の移動平均以下に落ちたあと、売ることは12月のコーンで増加したと、彼が言いました。

任意選択は終了します

売ることのいくつかは7月のコーンと大豆オプションの今日の満期に結ばれたと、Gidelが言いました。7月のオプションはおよそ24パーセントの合計が置かれることを表して、今日取引する始まりでコーンのために未決済取引残高を呼ぶ、そして、大豆オプションの30パーセントは関心を開くと、交換からのデータが示します。

「価格がより高くなるという多くの人々見込みが、ありました」と、Gidelが言いました。

コーンは最大の米国の収穫である。そして、2006年に338億ドルと評価される。そして、大豆が続く、と、政府データが示します。

NY金の急落は米国金利展望

ブルームバーグ
Goldは、より高い世界的な金利が他の投資として貴金属の需要を減らす推測に関して、ニューヨークで低く1 12-週に落ちました。銀は、3ヵ月で最も転落しました。

トレーダーは、アメリカ連邦準備制度理事会が連邦政府資金将来にオプションによって、1ヵ月前0チャンスと比較して、昨日現在の12月までに25毛、率を上げるという44パーセントの可能性を割り当てます。連邦準備制度理事会ニュージーランドとヨーロッパ中央銀行銀行が率を上げたあと、金は今週3.9パーセント落ちました。金属が一定の収益を持たないので金利が上がるとき、現状維持の金はより魅力的になりません。

「より高い率への偏りで、コンセンサスは現在、アメリカの率が下がりそうにないということです」と、エイドリアンDay、アナポリスのエイドリアンDayのAsset Managementの大統領、メリーランドが言いました。「これはドルにいくらかの支持を与えていて、金に圧力をかけています。」

ニューヨーク商品取引所のComex分割まで1オンスにつき650.30ドル、8月の配達のための金の将来は、14.90ドルまたは2.2パーセントを落しました。3月16日から最も低く、価格は以前に647.80ドルに触れました。

7月の配達のための銀は44セントを落しました、あるいは、Comexまで1オンスにつき13.04ドル、3.3パーセント、最も大きいものは3月2日からmost-活発な契約のために落ちます。価格は今週5.1パーセント下がりました。そして、先週の5.7パーセントの増加を切りました。

連邦準備制度理事会は、その最後の7つの会議で5.25パーセントで銀行の間でその夜通しの貸出金利を保ちました。政策立案者は、次に6月28日の金利に決める予定です。

ドルは上がります

金(ドルで売られる)、また、通貨が急騰したアメリカとして下ろされて、2ヵ月以上の日内の高さ対中で上り坂がほぼ1年ぶりの高値まで10年のTreasuriesの上に与える推測に関するユーロは、投資家を引きつけます。

来週「ドルの強くなっている若干の要約があります。そして、それは一般的に金の反対方向に動きます」、言われたパトリックリン、モントリオールに拠点を置くTembec社の上級アナリスト、林業-製品会社。「市場が連邦準備制度理事会によってを望んだので、全ての徴候は最終的な金利増加と減少以外を示しています。」

今週の低下の前に、ドルがユーロを含む6つの主な国際通貨の一かごに対して1.6パーセント下げたので、金は今年6.1パーセント上がりました。

来週、「米ドル強さが価格を引き止めて、金は落ちそうに見えます」と、ジョンマイヤー(ロンドンのNumis証券社のアナリスト)が言いました。

キ−ワ−ドは金利

外国為替証拠金取引が好調だ。日本の低金利と世界の金利先高感を背景に日本の投資家が高金利通貨を買いまくっているという。年金問題にからむ将来的な受給不安も駆り立てているのであろう。

一方、商品先物は金利上昇は良くない。大口投機家もしばらくは買いは手控えると見られ、投機的魅力は短期的に少なくなった。しかし資源価格がここが天井ではない。将来的な需給逼迫、世界的好景気からいずれ資金は回帰してくると思う。

金、銀先物はユ−ロ高で急反発

5月11日(ブルームバーグ)に−ドルに対してユーロものの価値の増加が他の投資として貴金属の魅力を高めたので、ニューヨークのGoldは低く1 one-ヵ月から上がりました。銀も登りました。

金は、昨年に当時のユーロ71パーセントとともに、相前後して動きました。ドルがユーロに対して第2の連続的な毎週の増加に向かって進んだので、金属はまだ3月から最も大きい毎週の低下を持ちました。今週の前に、ユーロがドルに対して記録まで上がったので、4月20日の高さ11ヵ月に達して、金は今年8.1パーセントの上にありました。

「金は、サポートレベルに非常に近いです」と、ウォルターOtstott(テキサスのダラスCommodity社の上級ブローカー)が言いました。「ドルは、その下への行く手に再び訪れそうです。」

配達が5.30ドル上がった6月の間の金の将来または0.8パーセント(ニューヨーク商品取引所のComex分割への1オンスにつき672.30ドル)。価格は、昨日、2.3パーセント、4月3日から最も低いものに落ちました。金属は、今週、2.5パーセント落ちました。

政府報告がアメリカの経済(投資家への連邦準備制度理事会がすぐにいつでも金利を増やさないかもしれないという信号)で減速を示したあと、ドルはユーロに対して減少しました。

「率を上げることで可能性はアウトはドアである」と、Otstottが言いました。「連邦準備制度理事会はゆるまなければならなくしそうです、そして、それは金属のために支えとなる傾向があります。」

連邦準備制度理事会が6月から率を5.25パーセントで不変にしておく間、ヨーロッパと英国は経費を借りることを押し上げました。そして、アメリカ通貨の見通しを減らす、と、アナリストと投資家が言いました。

イングランド銀行は、昨日、5.5パーセント(8月から3回目の増加)まで、率を上げました。ヨーロッパの本部は、3.75パーセントまで8月から3回、率も上げました。

『ドルは、キーのままです』

「ドルは、キーのままです」、エイドリアンDay、と、アナポリス(メリーランドに拠点を置くエイドリアンDayのAsset Management)長が電子メールで言いました。「率を上げる傾向はアメリカでよりヨーロッパと英国とどこか他の所で強いですので、外貨はドルに対する強化している偏見を持っています。」

やり過ぎで昨日のものとみなされる一部の投資家が断るように、金も利益を得ました。将来の間の7日の相対的な強さ指数は、昨日、28に減少しました。30以下の低下は、価格が上がる準備ができている歴史のチャートを見るトレーダーへの信号です。

「金は回復しています」と、ビリーFlahive(ニューヨークのイーグルFutures社のトレーダー)が言いました。「売却は行き過ぎでした。」

リバウンドがそうしなければならない金の意志は665ドルより上の価格滞在です、Flahiveは言いました。価格は、4月20日に698ドルに達しました。

1オンスにつき13.305ドルまで、7月の配達のための銀は、16.5セントまたは1.3パーセントを得ました。価格は今週1.6パーセント下がっていて、続けて4週(2005年8月から最も長いスライド)の間下がりました。金属は、今年、2.9パーセントを得ました。

「銀は、dead-on買物です」と、ダラスCommodityのOtstottが言いました。7日の相対的な強さインデックスは、昨日、30以下に落ちました。金属は、なんとか12.868ドル、強気の技術的な信号、言われるトレーダーのその200日の移動平均より上にとどまることができました。

ブル−ムバ−グより

金、銀先物は米金利の見方で上昇

5月4日(ブルームバーグ)に−ドルを弱めて、他の投資として貴金属の魅力を高めて、アメリカの推測金利のニューヨークの第2の連続した日の間のGoldと銀のバラは、安定したままです。

金はドルの反対方向に一般に動きます。そして、それはユーロ今日に対して落ちました。労働省はアメリカ雇い主が4月に予想されるより少しの仕事を加えると報告しました。そして、連邦準備制度理事会がすぐにいつでも金利を上げるという予想をくじきました。

「金は、ドル弱さのため、より高くなっています」と、マーティマクニール(R.F.のトレーダー)が言いました。ニューヨークのラファティー社。「予想されるより、仕事番号は少し低いですので、連邦準備制度理事会はちょうど安定していそうです。」

6月の配達のための金の将来は5.30ドル上がりました、あるいは、ニューヨーク商品取引所のComex分割まで1オンスにつき689.70ドル、0.8パーセント、最も高いものは4月23日から閉まります。価格は、5月2日に670ドルの1ヵ月の最低に落ちた後に、今週、1.2パーセント上がりました。それは、9の8回目の毎週の増加でした。

アメリカの仕事増大は2年以上でその最も低いものに落ちました。そして、その記録のペニーの範囲内でにユーロものを押しました。金とユーロは、今年、一緒に当時の71パーセントを動かしました。

1.3611ドル(1.3681ドル記録に達した後の1週)で、ユーロはドルに対してより高く、0.5パーセントを交換しました。ドルは、英国のポンド、カナダドルと日本円に対してより低くもありました。今日前に、金が7.3パーセントの上にある間、ユーロはドルに対して今年2.7パーセント上がりました。

『心配でない』

「ドルは主要通貨に対して弱くし続けます、そして、それは貴金属に対する買い関心を供給しています」と、スティーブンプラット(シカゴのアーチャーFinancial Services社の必需品アナリスト)が言いました。「連邦準備制度理事会は、金利の上で何とかして形勢を一変させることを願っていそうではありません。」

連邦準備制度理事会は、6月から5.25パーセントで銀行の間で夜通しの貸出金利を保ちました。ヨーロッパ中央銀行は、3月に3.75パーセントまでそのベンチマーク率を上げました。金属が一定の収益を持たないので、より高い金利は現状維持の金をより魅力的にしない傾向があります。

サウジへのテロ計画、8ヵ月ぶりの高値原油

原油はニューヨークでほぼ8ヵ月で最高のものに急増しました、そして、サウジアラビアの当局が彼らが国の油田を攻撃することをたくらむと疑われる170人以上の人々を逮捕したと言ったあと、ガソリンはとびました。

容疑者は国の油田と軍隊に対する攻撃において航空機を使う予定だったサウジアラビア人と非サウジアラビア人を含めましたと、内務省スポークスマン将軍マンスールアルチュルク語ではドバイに基づくアルArabiyaテレビで放送されるインタビューにおいてなっていました。砂漠王国は、石油輸出国機構の最大の製作者と世界の最高の油輸出者です。

「サウジアラビアの見出しに対する反応は最初は非常に弱められました、しかし、一旦それが我々がかわした弾丸がどれくらい大きいか明らかになるならば、市場は離陸しました」と、ピーターBeutel、キャメロンハノーバー社の社長、ニューケーナン、コネティカット、エネルギーコンサルタントが言いました。「この計画がうまくいったならば、高値が行っただろう話しが、ありません。何が他に計画されるかわかっていることが、不可能です。」

6月の配達のための原油は1.40ドルまたは2.2パーセント急増しました。そして、ニューヨーク商品取引所の上で午後2時52分に1バレルにつき66.46ドルで落ちつきました。9月7日から最も高い終わりでした。6月の契約は、今週、3.7パーセント上がりました。油は、1年前から6.4パーセント下がっています。12月を通しての7月の間の先物取引は、表の月契約より高いです。

先物取引は、特定の日付までに配達のために定値で必需品を売り買いする義務です。

ニューヨークでの5月の配達のためのガソリンは7.1セントを飛びました、あるいは、3.1パーセント、1ガロンにつき2.3613ドルまで、最も高いものは8月3日から閉まります。

「これは、サウジアラビア人には持続的な問題があることを示します」と、ビルオグレーディ(セントルイスのA.G.エドワーズ社の基礎将来研究の責任者)が言いました。「彼らが攻撃を妨害したように見えます、しかし、悪い知らせは彼らが長い間用心深いままでなければならないということです。」

Abqaiq攻撃

2003年5月から、少なくとも100人の一般人が、サウジアラビアでテロ攻撃において死にました。昨年2月24日に、サウジアラビアの軍隊は、Abqaiq油で特攻襲撃を箔でおおいました-国から供給の3分の2を取り扱う処理センター。

「警察によって発見される活動に関係する172が、ありました」と、一般アルチュルク語ではリヤドから電話インタビューにおいてなっていました。「彼らは、テロリスト容疑者です。これらの細胞のいくつかは、精油所と油施設を目標とする予定になっていました。」、抑留者は7つの別々の細胞ネットワークに属していましたと、彼が言いました。

細胞の人とそのメンバーの何人かはテロ攻撃のために飛行機を飛ばすことを学んでいましたと、alチュルク語ではなっていました。サウジアラビア人は、2001年9月11日(アメリカでの攻撃)に大型旅客機を飛ばした自殺ハイジャック犯の内の一人でした。

価格は、イスラエルとヒズボラの対立が中東に広げる推測(世界の油のほぼ3分の1の源)に関して、7月14日にニューヨークで1バレルにつき78.40ドル、記録に急騰しました。

混乱懸念

原油価格は、イラン、ナイジェリアとイラクから積荷が崩壊するかもしれないという懸念のため、より高くもあります。ナイジェリアとイラクでの攻撃は、輸出を減らしました。イランの核開発計画に関する議論は、国(4番目に大手の油輸出者)から、積荷の低下の見込みを上げました。

ナイジェリアのEnergy Minister Edmund Daukoruは、今日、彼が国の西のニジェール川デルタ(1年以上の間停止する)のいつの石油生産が再開するかについて、必ずしもわからないと言いました。ナイジェリアは、ニジェール川デルタで好戦的な攻撃のため、昨年シャットダウンされた出力で日産およそ477,000バレルの生産を元に戻そうとしています。

6月の和解のためのブレント原油は76セントを増やしました、あるいは、1.1パーセント、ロンドンに拠点を置くICEの上で1バレルにつき68.41ドルで引けるために、Futuresは交換します。

西のテキサス割引

クッシング(オクラホマ)の上る目録のため、ウェストテキサスインターメディエート原油またはWTIはブレント(北海で生じられる)に対して、今月、記録的な割引で取引しました。ブレントとWTIの間のスプレッドは、3月29日から今日最も狭かったです。

クッシング(Nymex将来の間の配達点)の備蓄は4月20日に終わる週で4.2パーセント〜2680万バレルをすべり込ませましたと、エネルギー省が4月25日に報告しました。目録は先の週2800万まで上がりました。そして、部門がそこの供給を報道し始めたとき、2004年4月に少なくとも以後最も高い。

2月の火事の後のSunray(テキサス)の近くのバレーロEnergy社のマッキー精練所の閉鎖は、クッシングで過剰な原油を残しました。植物は1日につき85,000バレルの油を加工していて、6月末までには150,000に達しますと、同社が言いました。精練所は、今年末までには1日につき170,000バレルの油のその通常の収容力に戻ります。

ブルームバーグNews調査によれば、原油は来週上がるかもしれません。33人のアナリストのうちの14人は測量しました、あるいは、42パーセント、言われた石油価格は上がります。11または33パーセント、言われた価格は下落します、そして、8は油がほとんど変わらないと予測しました。

短期、中期、長期トレンド診断

貴金属、高金利通貨が堅調。
エネルギ−押しも浅い。
シカゴ穀物、NYコ−ヒ−も110¢でリバウンド気配。

東京貴金属・・・短中長期↑
東京エネルギ−・・・短中長期↑(NY改質ガソリン週足12連騰、エネルギ−大相場)
東京穀物・・・短中↓、長期↑(リバウンド後、コ−ン27500・大豆44000円突破で強       気転換)
東京アラビカ・・・短長期↑、中期↓
高金利通貨・・・短中長期↑

45日MAクリアで貴金属、高金利通貨に妙味

懸念していた45日MAを貴金属、ドル、ポンドなど明確に上抜いてきた。週足ベ−スでも45週MAで下げ止まり、9週MAでも突破している。2月末の高値を意識したダブルトップで頭打ちになる懸念も燻るが、妙味は買い参入するなら今週だろう。一方、農産物関連は依然弱く、上げ渋る展開か。ただこのまま下げ継続するとはファンダメンタル、外部要因からは考えにくく底値形成期待もありロスカットを決め突っ込み買いも一考。

45日移動平均線の壁

国内農産物市場は45日移動平均線が壁となり、来週は一段安が警戒されそうだ。ご存知の通り、シカゴトウモロコシは事前予想を大幅に上回る作付け意向面積が報告された。今回のコ−ン(農産物全般)買いの逃げ場は火曜の入電後の日本市場であり、その後の日本市場は買いが先行し過ぎていた(シカゴはテクニカルは戻り売りの相場を示現)。アラビカも材料面ではブルであるが、いかんせん急降下している45日移動平均では買方は大苦戦している。

上昇に期待が持てるの順位はエネルギ−、貴金属。特にNY金は660ドル超えで上値が重く、それ以下で買い支えられている。660ドルは45日移動平均線のであり今後、買いの撤退、売り撤退の重要な価格帯となると思われる(現状は買い維持)。


45日移動平均線は高金利通貨(ポンド、ドル)、日経平均でもひっかかる場面にきており様子見が無難か。4月半ばにはトレンドははっきりするだろう。

海外市場、週明け急反発の予感

先週は再度投機資金が金融市場に流入し、商品市場も堅調な展開となった。ただし週末の入電はテクニカル的に利益確定売りが出易い価格帯であったため値を下げている(貴金属・穀物はMAを参照)。今後の見方としては高金利通貨などの堅調さを見るとリスクマネ−は材料さえあれば買いで入ってくると考えている。従って海外市場で見るとテクニカルでも好転している貴金属、エネルギ−、週足ベ−スで見たコ−ヒ−(ロンドンは既に日足で上値を伺う)の底入れ、天候相場の穀物(テクニカル上、日足では戻り売りにみえるが...)は月曜下げたところは売り場ではないと思われる。週明け(入電火曜)の海外(特にシカゴ)が上昇すれば買い乗せの場面。

なおLME銅相場は在庫減少で上昇、中国の建設ラッシュでパイプ・ワイヤ−の需要が急増している。米国の住宅売り上げは前月比3.9%増と予想外の上昇となっていた。

上記bloombergより

買い場到来、貴金属・穀物

今週末から来週にかけ戻り売りをこなし、押し目買いが入るかがポイント。既に現在、貴金属・穀物は上昇しており、このまま高値引けとなるとテクニカル的に買い場でまずは穀物が先行しそうな気配。なお先週、銅相場の回復により商品全体には明るい材料と述べたが、ゴムにも強気の見方が浮上。

ゴム強気情報
|羚顱▲ぅ鵐匹亮要が多くて生産の足並みが揃わなく2012年まで供給逼迫
▲泪譟璽轡△慮沙
タイとベトナムの増産も商業生産になるまで5年以上かかる

上記ブル−ムバ−グ

金融市場は未だ調整局面

週末、ドルが117円を維持できないなど株、為替は未だ調整局面にあるといえるだろ。しかし下値リスクは抱えながらも週足ベ−スで分析すると強気の芽が残っており、4月以降の相場次第では押し目すら感じられる。長引く下落局面から脱した銅相場など貴金属に再度高騰の兆しもある。ただ穀物、コ−ヒ−もやや押し目の域を超えての調整であり、天候を材料を期待する銘柄としては期待外れの展開も有り得よう。

CRB指数で見るトレンド分析

先週前半に安値を付けた金融市場も後半持ち直し、買いの好機と見る向きも多く市場不安も和らいできた。ただ罫線的には戻りの印象が強く、強気にはなれない。CRB指数週足、月足を見て分析する。週足だと45日MAが過去、指示抵抗ラインと機能している。従って325突破で買いである。ただ今後現状325で抵抗に合い、300を基準としたトリプルボトム形成か底割れかが想定される。

crb3

米、中国株式下落から商品も暴落

「金融市場での資金の逃げ足は早い」というのが印象的な一週間だった。株式、外国通貨、不動産投資信託、商品先物など、日本の団塊世代の退職金による購入を見込み、金融機関による販売も大幅に伸び切っていたところに米中株式下落、円キャリ−トレ−ドの解消など材料が加わった。日本の個人投資家は高値を掴んだ気配はする。商品もファンド資金が流出し、戻るにしても慎重な上げ方になってしばらくは下げの2波に対処しなければならない。既に先週末、大豆・銀を手仕舞い、買い場を模索してたところの商品暴落であり、買いは見送りたい。

2005年来の純資産と取引実績

zisseki



  • ライブドアブログ