2006年07月15日

シリアナ3



解説: アカデミー賞に輝く『トラフィック』のスタッフが集まり、アメリカ当局とアラブの王族、イスラム過激派テロリストの石油をめぐる黒い関係を描いた問題作。体重を増やしてベテラン諜報員にふんしたジョージ・クルーニーをはじめ、マット・デイモンら主演級クラスのスター俳優が顔をそろえる。元CIA工作員による全米ベストセラーのノンフィクションの原作からヒントを得た、世界的な陰謀を炙り出す衝撃のストーリー展開に驚かされる。

ストーリー: CIAのベテラン諜報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)は、長年にわたり中東で活動を続けていた。しかし、息子の大学進学を契機に諜報員の職を引退し、残された日々をデスクワークに専念しようと決心する。(FLiX)




耕作のコメント



 何かよく分からん、と言う評価の多い作品らしいですけど…。



 最後まで飽きずに観られて、個人的には面白かったです。

 確かに「トラフィック」ほどの鮮烈さは感じませんでしたが、人々に世界の現状の問題を提起する、という目的で作られた作品としては良くできていると思います。



 予備知識などなくても、常識的な昨今の世界で起きている事を知っていれば、この作品の提起している問題は分かると思います。まあ、野球やサッカーのルールを知らない人に、その手の作品を見せて「見る人を選ぶ作品」と言うぐらいの感じじゃないでしょうか。違うかな?

 近代期における世界の争いの根源としてあるのがエネルギー=石油問題。

 たかだか建国200年のアメリカ合衆国が地球上に君臨できるのも、過去の東西冷戦があったのも、(一部の宗教戦争を除く)現在のテロが起こるのも、結局、石油の問題がその根源にあります。

 何故なら、近代においてエネルギー(石油)を手にしている者が世界の覇権を握れるから。

 世界に多岐に存在するイデオロギー(政治・道徳・宗教・哲学)も、エネルギーの問題の前には形骸化していくしかない、という事実。

 現在の地球上で「人間」として生きていくには、東洋だろうが、西洋だろうが、中東だろうが、アフリカだろうが、国連平和維持軍だろうが、国際テロリストだろうが、石油なしでは不可能でしょう。

 最近鑑賞して焦燥感を感じた「ロード・オブ・ウォー」という物語の根源の根源にある問題も、やっぱりエネルギーを手に入れるために派生している現実ですし。







 そんな世界の現状の問題をこの作品は、四つのエピソードを通して、提起していると思います。

 そのエピソードの描き方も、意図的に感情移入しづらくしているのか俯瞰的で客観的な視線の描き方で、好き嫌いはあるでしょうが、製作意図は充分汲み取ることが出来ました。

 特に「ジョージ・クルーニー」演じるボブ・バーンズの人間味を感じさせてしまう、妻との触れあいを描いたふたつ(本当は三つ?)のエピソードをカットしている事に、その姿勢を強く感じました。(まあ、そのためにナシール王子を助けに行く過程が分かりづらくなってしまっていますがw)

 最後に自爆テロをする事になる「マザール・ムニール」演じるワシームのエピソードも印象に残った。現実では顔の見えないテロリストも実は自分達と変わらない人間なんだ、という捉え方は(特に9・11以降)誰も描こうとはしていなかったのではないでしょうか。楽しそうにサッカーをして戯れていたのに…。

 「ジェフリー・ライト」演じるベネット・ホリデイと言う弁護士のエピソードにも驚いた。いくら法律社会といっても、そこまで力が及ぶものなのか、と怖ささえ感じました。

 「マット・デイモン」演じるブライアン・ウッドマンのエピソードの描き方は、ちょっと世界観の違う感じがしましたね。感情移入しやすい展開で、醒めた視線が感じられませんでした。ただ、物語的には一番ドキドキしましたけど(笑)

 そして、このエピソードの中で「ジョージ・クルーニー」が車で迷いそうになる、広大な砂漠の中に永遠に伸びているかのような広くて舗装された道路だけの映像は、ある意味石油産出国としての現状が見えてきてとても印象に残りました。



 また、主要キャストの父親像がそれぞれ描かれていて興味深かったです。組織にいいように使い捨てにされ、何もかも無くした父親「ボブ・バーンズ」、野心を持つ弁護士の息子に反抗するかのように怠惰な生活を送る父親「ベネット・ホリデイ・Sr」、宗教観からか純真で子供のような心を持つ「ワシームの父親」、そして、最後に家族のもとに帰ってきた父親「ブライアン・ウッドマン」。

 このそれぞれの父親像は何を言いたかったんだろう。

 それとも、何も意味はないのでしょうか(笑)



 まあ、映画としては「テーマ」が大きすぎて描き切れていない、という部分もあるでしょうが、とにかく、いろいろ考えさせてくれる作品である事は間違い無いでしょう…。



 しかし、こんな世界の裏側を何のトラブルもなく映画に出来てしまうという事は、「静かなる闇」は現実の世界ではもっと違う次元に進んでしまっているのでしょうか…。



【通販はこちら】

B000FFL4FUシリアナ
スティーブン・ギャガン ジョージ・クルーニー マット・デイモン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-14
売り上げランキング : 148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000C5PNVEシリアナ 特別版
スティーブン・ギャガン ジョージ・クルーニー マット・デイモン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-14
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000E0VQC2ワーナー・ブラザース映画「シリアナ」オリジナル・サウンドトラック
アレクサンドル・デプラ サントラ

BMG JAPAN 2006-02-22
売り上げランキング : 215627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 17:18│Comments(23)TrackBack(78)【洋画 サ行】 | ★★★観て損なし♪Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

78. <シリアナ>   [ 楽蜻庵別館 ]   2007年04月24日 07:47
2005年 アメリカ 128分 原題 Syriana 監督 スティーヴン・ギャガン 脚本 スティーヴン・ギャガン 撮影 ロバート・エルスウィット 音楽 アレクサンドル・デズプラ 出演 ボブ・バーンズ:ジョージ・クルーニー    ブライアン・ウッドマン:マット・デイモン...
77. シリアナ…難解?伝わってこなかった作品  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年04月15日 10:07
今日は、書き貯めていた映画記事を放出。 といっても公開するのを忘れていた訳ですけどね{/face_ase2/}。温めていた訳ではございません。 映画ネタも尽きたんで、記事アップしたらTSUTAYAに行こうかなぁと思っておる次第です。 (古い映画ネタばかりで恐縮ですが、今日の夜...
76. シリアナ  Syriana  [ 映画!That' s Entertainment ]   2007年03月28日 21:11
●「シリアナ Syriana」 2005 アメリカ ワーナーブラザーズ提供 パーティシパント映画製作128分 監督:スティーヴン・ギャガン 原作「CIAは何をしていた?」ロバート・ベア著 出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー他 ...
75. SYRIANA  [ Mein Sommernachtstraum ]   2006年12月29日 19:27
シリアナ地球は陰謀でできている。中東の石油をキーワードに、アラブの王族、アメリカの企業やCIA、出稼ぎ労働者らが繰り広げる壮絶な群像ドラマ。各エピソードが徐々につながる展開がスリリングだ。役のために体重を増やしたクルーニーは、拷問を受けるシーンなどで迫真...
74. シリアナ  [ グレート・タカの徒然なるままに… ]   2006年12月18日 12:47
ジョージ・クルーニー主演の社会派サスペンス。 中東での石油利権争いをめぐる企業と国家の話なんだけど、まあとにかくストーリーがややこしくて分かりづらい。 登場人物も顔と名前が最後まで一致せず。 一回観ただけでは理解できない。 ところがもう一度観たくなる....
73. シリアナ  [ しーの映画たわごと ]   2006年12月05日 09:06
すいません、これ。ギブアップです。訳分からないのもさることながら、題材がね。中東の石油利権とテロとアメリカと…とか。そういうのはもういいよって感じ。でもそういう映画なんですから仕方ない。借りた俺が悪かった。シリアナだけに 尻穴 だったらまだわかりやすかっ....
72. シリアナ  [ しーの映画たわごと ]   2006年12月05日 09:06
すいません、これ。ギブアップです。訳分からないのもさることながら、題材がね。中東の石油利権とテロとアメリカと…とか。そういうのはもういいよって感じ。でもそういう映画なんですから仕方ない。借りた俺が悪かった。シリアナだけに 尻穴 だったらまだわかりやすかっ....
71. 『シリアナ』’05・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2006年11月03日 00:08
あらすじCIA諜報員ボブ(ジョージ・クルーニー)は息子の進学を機にキャリアに終止符を打とうと決心する。一方、一流法律事務所の弁護士ベネット(ジェフリー・ライト)はアメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライア...
70. シリアナ  [ 映画、言いたい放題! ]   2006年10月24日 10:27
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ウィリアム・ハート等々、豪華キャスト。 たまには社会派映画でも観ないとね♪(^^) とか思い、DVDで鑑賞也。 引退を考えている、中東で数々の工作活動に従事してきたCIA職員ボブ・バーンズ、 ワシントンの大手事務所の弁...
69. 『シリアナ』 周知の事実?  [ *モナミ* ]   2006年08月17日 19:22
正直な感想。 なんかよう、分からんかった。 アラブ系がみな同じ顔に見えて…という、 おばあちゃんみたいな理由ですみません(笑)。 でもなんていうか、さもありなん? あれぐらいやってんじゃないの? あの国は。 と、思っちゃった。 「ベイルート」だと...
68. 映画鑑賞感想文『シリアナ』  [ さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー ]   2006年08月03日 04:15
さるおです。 『SYRIANA/シリアナ』を観たよ。 監督・脚本は『I STILL KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER/ラストサマー2』『TRAFFIC/トラフィック』『RULES OF ENGAGEMENT/英雄の条件』『THE ALAMO/アラモ』の脚本家スティーブン・ギャガン(Stephen Gaghan)。原作は衝撃作『SEE ...
67. Syriana  [ Kazu's CINEMA PARADISE ]   2006年08月01日 15:40
映画を観終わっての率直な感想は、アメリカ人への啓蒙をうながした映画であると思った。 911同時多発テロ以降、どうしてアメリカは世界の人々から嫌われるのだろう? アメ
66. シリアナ  [ 東京ミュービー日記 ]   2006年07月23日 15:50
シリアナ 監督:スティーブン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ジェフリー・ライト/クリス・クーパー/ウィリアム・ハートほか 今日は休み。 3
65. シリアナ  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年07月22日 14:46
4        石油戦争勃発。  CIAの諜報工作員ボブ(ジョージ・クルーニー)は、息子の大学進学を機に、引退を決意した男で、極秘指令ナシール王子(アレクサンダー・シディク)の暗殺の任務を背負う。  経済アナリストのブライアン・ウッドマン(マット・デイ....
64. シリアナ(DVD)  [ 映画とはずがたり ]   2006年07月21日 19:33
4 劇場公開時の感想はコチラ! STORY:CIA諜報員ボブ(ジョージ・クルーニー)は、 息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する。 その一方で、一流法律事務所の弁護士ベネット(ジェフリー・ライト)は、 アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。 ....
63. シリアナ  [ 七月のうさぎ ]   2006年07月19日 09:02
SYRIANA 2005年、アメリカ 監督・脚本: スティーヴン・ギャガン 出演: ジョージ・クルーニー      マット・デイモン      アマンダ・ピート      クリス・クーパー      ジェフリー・ライト      クリストファー・プラマー     ...
62. シリアナ  [ 東京ミュービー日記 ]   2006年07月18日 20:18
シリアナ 監督:スティーブン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ジェフリー・ライト/クリス・クーパー/ウィリアム・ハートほか 今日は休み。 3
ぐおぉぉぉ~~~・・・簾 【作品紹介】 『シリアナ』 監督 : スティーブン・ギャガン 出演 : ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジェフリー・ライト、クリス・クーパー、ウィリアム・ハート、アマンダ・ピート、クリストファー・プラマー ストーリー :...
60. シリアナ  [ とんとん亭 ]   2006年07月18日 07:52
「シリアナ」 2006年米 ★★★★☆ 石油利権をめぐる地球規模の欲望と陰謀を暴いた社会派サスペンス。 石油利権獲得のために動く大きな力と、反発するものへの容赦ない制裁。 大企業の裏で調査を進める弁護士、そして暗躍するCIA、夢見るアナリスト、 全て...
59. 『シリアナ』SYRIANAー2006・3・5に観ました  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   2006年07月17日 22:49
『シリアナ』 SYRIANA    公式HPはこちら  ←クリック    ●あらすじ アメリカの巨大石油企業も絡み、石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員(ジョージ・クルーニー)。野心溢れる弁護士ベネット。産油国の王子の相談役を狙う石油アナリスト
58. シリアナ  [ メルブロ ]   2006年07月17日 20:22
シリアナ 上映時間 2時間8分 監督 スティーヴン・ギャガン 出演 ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト アレクサンダー・シディグ 評価 4点(10点満点)  日本人にとってなんともアレなタイトルだが、シリアナとはワシントンのシンクタン...
57. シリアナ  [ がちゃのダンジョン 映画&本 ]   2006年07月17日 20:20
『シリアナ』 (2005)SYRIANA製作国アメリカジャンルドラマ/サスペンス《公開時コピー》地球は陰謀でできている。 石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員の暗躍をドキュメンタリー・タッチで描いた政治サスペンス。元CAI工作員ロバート・ベアが著わし...
56. 【劇場鑑賞22】シリアナ(SYRIANA)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年07月17日 19:26
1 世界で最も恐ろしいタブー、解禁。 地球は陰謀でできている。
55. シリアナ  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2006年07月17日 18:21
原題:『SYRIANA』 監督:スティーヴン・ギャガン 脚本:スティーヴン・ギャガン 原作:ロバート・ベア『CIAは何をしていた?』(新潮社刊) 撮影:ロバート・エルスウィット 音楽:アレクサンドル・デプラ 出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ジェフリー・ラ...
54. SYRIANAを観て・・・。  [ My Favorite Things ]   2006年07月17日 18:21
ぜんぶつながっている…。 観ていて、辛くもあり、怒りもあり、そしてため息…が自然と出てしまうシリアスな脚本。 結果、廻り回って元に戻るというより、切れ目がないのだなぁというか、やはり世の中は、利権とお金にまみれていて、やはりそれだけしかないのか?という失...
53. シリアナ  [ とんとん亭 ]   2006年07月17日 15:27
「シリアナ」 2006年米 ★★★★☆ 石油利権をめぐる地球規模の欲望と陰謀を暴いた社会派サスペンス。 石油利権獲得のために動く大きな力と、反発するものへの容赦ない制裁。 大企業の裏で調査を進める弁護士、そして暗躍するCIA、夢見るアナリスト、 全て...
52. 『シリアナ』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年07月17日 13:48
覆面レスラー・タイガーマスクになるために孤児だった伊達直人が特訓を受けた場所は「シリアナ」ではなく「虎の穴」です。 覆面男バットマンになるために孤児のブルース・ウェインが特訓を受けた場所が「シリアナ」なのかむ
51. シリアナ  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本について ]   2006年07月17日 10:03
★本日の金言豆★ シリアナ:ワシントンのシンクタンクで、イラン、イラク、シリアの3国が、1つの民族国家になることを想定した中東再建プロジェクトをさす専門用語。 2006年3月4日公開  イラン、イラク、シリア??8
50. 映画@シリアナ  [ sattyの癒しのトビラ ]   2006年07月17日 09:02
13キロも体重を増やし、今回この役に挑んだという ジョージ・クルーニー 先日、見事アカデミー賞 最優秀助演男優賞を受賞!! ひげもたくわえ、もっさりしていて、最初誰だか分からなかった ジョージ・クルーニーはやっぱり凄い!! この『シリアナ』は、CIA、アラブの王族、ア...
49. シリアナ  [ 色即是空日記+α ]   2006年07月17日 03:37
これは予備知識がないと厳しい。 予習していったけれど、やっぱり むむむ?? ってなっちゃいましたよ(汗
48. 理解出来ない私が悪いのだろう◆『シリアナ』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   2006年07月17日 00:31
1 3月15日(水)TOHOシネマズ木曽川にて キーワードは、中東、アメリカ、CIA、石油、テロ。それらが複雑に絡み合うお話。 私が中東の情勢に疎いからかもしれない。最初から最後まで眠くならず、ちゃんとスクリーンを見ていたつもりだったが、全く理解出来ない作品だった....
47. シリアナ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年07月16日 22:54
『SYRIANA』公開:2006/03/04監督:スティーヴン・ギャガン製作総指揮: ジョージ・クルーニー原作:ロバート・ベア    『CIAは何をしていた?』(新潮社刊)出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライ...
46. シリアナ  [ 映画を観たよ ]   2006年07月16日 22:14
難しい〜!! 石油のことってよく分かんないし。 下調べは必須かも。 見ている途中に「あれれ?」 見終わった後も「あれは何?」と考え込んでしまいました。 基本的には4人のストーリーを元に進んでいって最後に全部が繋がるんですが。 あっちこっちに話が飛ぶので最初から...
45. シリアナ SYRIANA  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年07月16日 20:59
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン主演 中東の不安定地帯をCIAがSyriana=シリアーナと称していました ボブはテヘランで武器商人を暗殺すべく工作を行います 手はず通り事は運んだのですが  取引相手の一人がミサイルを一基運びだしてしまいます それは過激シーア...
44. 【映画】シリアナ  [ セルロイドの英雄 ]   2006年07月16日 20:04
"Syriana" 2005年アメリカ監督)スティーブン・ギャガン出演)ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト マザール・ムニール クリストファー・プラマー アレクサンダー・シディグ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)ワーナー・マイカル・シネ...
43. シリアナ(試写会)  [ Movies!! ]   2006年07月16日 17:23
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、ミシェル・モハナン出演。スティーブン・ギャガン監督作品。 公式サイト CIAのベテラン諜報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)は、長年にわたり中東で活動を続けていた。しかし、息子の大学進学を契機に...
42. 「シリアナ」  Syriana  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年07月16日 16:50
「我々は複雑で難しい時代に生きている。 そして私は『シリアナ』というストーリーを通じて、この複雑な仕組みを内側から描くような方法で反映したかったんだ。」 −− スティーブン・ギャガン「CIA工作員」、「エネルギー・アナリスト」、「企業弁護士」、「パキスタン...
41. 『シリアナ』★★・・・50点  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2006年07月16日 16:21
元CIA工作員が暴露した赤裸々な真実−驚愕のストーリーは実在する『シリアナ』公式サイト3/4(土)〜公開 制作年度/国;'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;WB      上映時間;2時間8分   監督;スティーブン・ギャガン 出演;ジョージ・クルーニー/マ...
40. 映画『シリアナ』(2005年アメリカ)  [ -bluescreenlife- ]   2006年07月16日 16:03
ジョージ・クルーニーがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされて話題の作品。監督は『トラフィック』で脚本賞を受賞したスティーヴン・ギャガン。(今作でも脚本賞にノミネート)アメリカ当局とアラブの王族、イスラムの過激派テロリストの石油利権をめぐる黒い関係を描...
39. シリアナ  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年07月16日 14:18
この映画は、今も連日ニュースで取り上げられている中東が舞台です。そしてアメリカ映画なんですよね監督はスティーヴン・ギャガン、プロデュースはスティーヴン・ソーダバーグという「トラフィック」のスタッフが再びタックを組んだ作品だそうです。石油をめぐる黒い世界を...
38. 中東・アメリカ・石油・・・陰謀  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年07月16日 11:33
51「シリアナ」(アメリカ)  CIA工作員が「アラブ某国の王位継承者を暗殺せよ」という極秘指令を受ける。その王子は自国の復興のため石油を中国へ売ろうとしていた。反米派王子の側近となったエネルギー・アナリストは王子と共に中東の改革を画策する。イランではア...
37. 面白い題材だけど…分かり難い。『シリアナ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年07月16日 09:45
石油をめぐり、中東とアメリカの関係を描いた作品です。
36. 「シリアナ」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年07月16日 08:32
「シリアナ」イイノホールで鑑賞 中東問題は複雑で全く理解していません。かなり複雑な内容だというのでストーリーだけは予習しました。読んでもあまり理解は出来ませんでしたけど何も無いよりはいいだろうと思いました。G・クルーニーはCIAの職員(裏切られる)、M・デイ...
35. 『シリアナ』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2006年07月16日 06:52
クルーニーとソダーバーグコンビはもう板についてしまいましたね。これにマット・デーモンという常連も加われば内容もそんな色です。
34. ★「シリアナ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年07月16日 03:35
ジョージ・クルーニー主演。 2005年のゴールデン・グローブ主演男優賞獲得作品。 予告を見ると・・・アラブの石油利権の話みたいだぞ。
33. シリアナ/SYRIANA  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年07月16日 01:04
石油, 中東, CIA, テロ問題....。 社会情勢に関心がないわけではないけど、 この日本で毎日平和にのんきに、ショッピング♪だのコスメ{/heart_pink/}だのって言ってるようなワタシが語るのは困難、知識もないのにあれこれ語れるわけもなくー。 これまで多少複雑な映画でも...
こんばんは。 良く晴れた土曜日です。 今日は本について。 『 CIAは何をしていた? (SEE NO EVIL) 』 ロバート・ベア (ROBERT BAER) 佐々田雅子 訳 ( 文庫本 ‘06年 (株)新潮社 ) 目 次 はしがき はじめに 第一部 工作員の誕生 第ニ部 ...
こんばんは。 晴れながらも寒い土曜日です。 今日は、昨日 一足先にヤクルトホールにて行なわれた試写会で観させて頂いたスティーヴン・ギャガン氏の新作映画について。 『 シリアナ (SYRIANA) 』 (‘05年 アメリカ) 《 STAFF 》 監督・脚本 : スティー...
30. シリアナ  [ まったりでいこう〜 ]   2006年07月16日 00:23
宣伝を観た限りではかなり重くてドロドロとした陰謀渦巻く暗い話だと思っていました。自爆テロとかバンバンしてるとか。さすがに自爆テロ等はなかったんですが、陰謀渦巻く嫌な話ではありました。 中東情勢や石油に絡んだ利権問題が主になっているため、そういったことに詳し...
29. シリアナ  [ なにも起こらなかった一日の終わりに ]   2006年07月16日 00:09
 今日はバイトが休みだったので、昨晩バイト上がりで観てきましたよ!「シリアナ」を〜う!  本作は石油の利権を巡る社会派サスペンスです。  CIAの諜報員・ボブ(ジョージ・クルーニー)は引退間際の仕事として中東の要人の暗殺をすることになり、ベイルートへと潜...
28. シリアナ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年07月15日 23:36
元CIA工作員ロバート・ベアによる暴露本「CIAは何をしていた?」を元に作られた映画です。 ロバート ベア, Robert Baer, 佐々田 雅子 CIAは何をしていた? CIAのベテラン工作員、ボブに「アラブ某国の王の長男であるナシール王子を暗殺せよ」との指令が下りま...
27. シリアナ【SYRIANA】  [ maimai's cinema land ]   2006年07月15日 23:16
石油。地球上でもっとも力があるもの。人類が恩恵を被りながらも、破滅へと向かわせるもの。この映画を見て、普段何気なく使用している石油のパワーを改めて感じました。 話が難しく、舞台は世界中あちこちへ飛び、場面はコロコロ変わりついていくのが大変。これ誰だ...
26. 「シリアナ」  [ the borderland  ]   2006年07月15日 23:04
鑑賞後、自分の頭の性能に疑問を持ってたけど、他のブログを見てちょっと安心してる(^^; 昨年から「ロード・オブ・ウォー」、「ミュンヘン」、「ホテル・ルワンダ」と実話を元に事実を知らしめる作品が上映されてますが、初めて観てもわかり易くてエンターティメント...
25. 『シリアナ』 (SYRIANA)  [ 眠れぬ夜の狸寝入り ]   2006年07月15日 22:04
観てきました。 骨太っちゃぁ骨太。 石油利権とテロリズムを組み合わせて、頑張って見応えのある作品に仕上げたね。 予備知識なしで観たんで、「なんか 『トラフィック』 を意識でもしてるんかなぁ」 とか思ったら、それどころの話ではなかった。。。 この作品、良いよね。...
24. 【 シリアナ 】  [ もじゃ映画メモメモ ]   2006年07月15日 21:38
石油をめぐるアメリカとアラブの王族、イスラム過激派テロリストの関係を描いた社会派サスペンス。 『トラフィック』の脚本を担当したスティーブン・ギャガンが脚本・監督となれば、本作の複数の物語が同時進行していく形式はうなずける。石油の権利に群がるアメリカを...
23. シリアナ・・・・・評価額1200円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年07月15日 21:37
タイトルの「シリアナ」とは、日本語にするとちょっと淫靡な響きがあるが(笑)、これは元々アメリカの政府筋が使い始めた言葉で、イラン・イラク・シリアの三国が一つの統一国家になった場合の仮称。 元々民族的に近いイラむ
22. 映画「シリアナ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年07月15日 21:24
映画館にて「シリアナ」★★★☆ 「シリアナ」・・・この聞いたことのない名前の意味は、イラン、イラク、シリアが一つの国家になることを想定した、米の研究機関の専門用語だとか。 『トラフィック』のスタッフが集結して『シリアナ』では石油ビジネスの裏舞台を描いた。...
21. シリアナ 2005年【米】スティーブン・ギャガン監督  [ トーキング・マイノリティ ]   2006年07月15日 21:10
 コピーが「知れば怖い、知らねばもっと怖い」「地球は陰謀でできている」。CIA、石油会社、司法省、産油国、イスラム過激派などが入れ替わり登場するが、石油利権をめぐる陰謀なのだ。タイトルの「シリアナ」とは、イラン、イラク、シリアが一つの国家になることを想定した...
20. 「 シリアナ 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年07月15日 21:04
監督 : スティーヴン・ギャガン 主演 : ジョージ・クルーニー / マット・デイモン /       公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/ 「 Syriana 」とは、あるシンクタンクが石油の利権をめぐって作った中東再建のための架空の国名です。 原作...
19. 「シリアナ」  [ 試写会帰りに ]   2006年07月15日 21:02
「シリアナ」試写。「トラフィック」でアカデミー賞最優秀脚色賞を受賞したスティーブン・ギャガンの監督・脚本で、スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーというトラフィックの制作チームが再集結。更にマット・デイモンが出演という事からも、面白い映画の香り....
18. シリアナ  [ 悠雅的生活 ]   2006年07月15日 20:55
最後に笑うのは誰
17. シリアナ  [ 30's wonderful world ]   2006年07月15日 20:48
今日はシリアナを見てきました。 元CIA工作員ロバート・ベアによる暴露本 「CIAは何をしていた?」をもとに製作されたもの。 コピーは、 「世界で最も恐ろしいタブー、解禁。」 ゴメンナサイ。 正直に言います。。 難しかった。。。{/ase/} いろんなストーリーが交じ...
16. シリアナ   [ 花ごよみ ]   2006年07月15日 20:44
                                    (試写会にて)     地球は陰謀でできている。  ジョージ・クルーニー(ボブ・バーンズ)…CIA諜報員。  マット・デイモン(ブライアン・ウッドマン)…ジュネーブ在住の石油アナ...
15. 「シリアナ」  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2006年07月15日 20:39
3月6日(月)新宿東急にて前評判は、難解の一言でした。どういうふうに難解なのか見てみよう、と映画館へ出かけた私は、たしかにへそ曲がりでしょう。若い頃、難しいと言われたフォークナーの長編小説や、ドストフェスキーの「悪霊」などに挑戦した覚えがあります。それ...
14. シリアナ(2005年)  [ 勝手に映画評 ]   2006年07月15日 20:04
タイトル シリアナ ---感想--- 2006年アカデミー最優秀助演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)、ゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)受賞作品。元CIA諜報工作員ロバート・ベアの著書「CIAは何をしていた?」を下に作られた。ベアは、CIA...
13. *シリアナ*  [ Cartouche ]   2006年07月15日 19:59
{{{ ***STORY***              2005年  アメリカ CIAのエーススパイとして、中東で命がけの任務に就いていたロバート・ベアの著書『CIAは何をしていた?』が原作で米国と中東産油国をめぐる、報道の表に出ない泥沼の関係、国際社会にひし...
12. シリアナ:制作者の「陰謀」?  [ 「朱雀門」という方法・第2章 ]   2006年07月15日 19:33
★監督:スティーブン・ギャガン(2005年 アメリカ作品) MOVIX京都にて鑑賞。 この映画を見る...
11. 映画鑑賞記「シリアナ(Syriana)」  [ けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ ]   2006年07月15日 19:30
鑑賞日:06.03.17 鑑賞場所:シネマイクスピアリ(レイトショー) 複数のストーリーが同時進行で描かれ、複雑な利害関係と人間関係が観る者を混乱に陥れる。 この映画は予習と復習が絶対必要だ。 2000年度アカデミー賞では4つのオスカーに輝いた「トラフィ...
10. 「シリアナ」僕には難しすぎた。。。  [ よしなしごと ]   2006年07月15日 19:16
 見ようか見まいかずっと迷っていましたシリアナ。アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージクルーニー)などの賞を受賞・ノミネートされたこともあり、さらにポイントがたまって無料で見られることもあり、見ることにしました。
9. クリス・クーパー Chris Cooper 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年07月15日 19:15
Date of birth (location),9 July 1951,Kansas City, Missouri, USAThe Road Back (2006) Conquistadora (2006) Breach (2006) ジャーヘッド Jarhead (2005) シリアナ Syriana (2005) カポーティ Capote (2005) ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy (2004) ...
8. アマンダ・ピート Amanda Peet 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年07月15日 19:14
Date of birth (location),11 January 1972,New York, New York, USASnow Angels (2006) Fast Track (2006) Griffin and Phoenix (2006) The Martian Child (2005) シリアナ Syriana (2005) A Lot Like Love (2005) メリンダとメリンダ Melinda and Melinda (200...
7. マット・デイモン Matt Damon  俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年07月15日 19:14
Date of birth (location),8 October 1970,Cambridge, Massachusetts, USAThe Bourne Ultimatum (2007) Ocean's Thirteen (2007) Untitled Lance Armstrong Project (2007) The Good Shepherd (2006) ディパーテッド The Departed (2006) Margaret (2006) シリアナ ...
6. ジョージ・クルーニー George Clooney 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年07月15日 19:13
Date of birth (location),6 May 1961,Lexington, Kentucky, USA 本名 George Timothy ClooneOcean's Thirteen (2007) Michael Clayton (2006) The Good German (2006) グッドナイト&グッドラック Goodnight, and Good Luck (2006) シリアナ Syriana (2004) オー...
5. シリアナ  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年07月15日 18:42
さてさて。何をどう書いて良いものやら・・・・。 今週、唯一の試写会鑑賞であるこの映画を観終わって、只今とっても複雑な心境。。。(*_ _)。o○とにかく会場はいつもの様子とは違った雰囲気でムンムンでした。 今回札幌での試写会は、TV局主催により「共済ホール」という...
4. シネマ日記 シリアナ  [ skywave blog ]   2006年07月15日 18:40
なぜ神は、荒涼とした中東の砂漠の下に油田や天然ガスを眠らせたのでしょうか。そして、その神とは、アラーなのか、キリストなのか? 常に仮想敵国を求め続け、世界の5%の人間
3. 『シリアナ』  [ ラムの大通り ]   2006年07月15日 18:12
----この映画、なんだか『ロード・オブ・ウォー』とかぶるんだけど……。 「キャッチコピーが『地球は陰謀でできている』だものね。 でもあれより、もっとタッチがクール。 ほとんどドキュメンタリーでも観ているかのようだ。 というのも監督・脚本が 『トラフィック』の脚本...
2. シリアナ  [ がちゃのダンジョン 映画&本 ]   2006年07月15日 18:05
『シリアナ』 (2005)SYRIANA製作国アメリカジャンルドラマ/サスペンス《公開時コピー》地球は陰謀でできている。 石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員の暗躍をドキュメンタリー・タッチで描いた政治サスペンス。元CAI工作員ロバート・ベアが著わし...
1. シリアナ  [ ネタバレ映画館 ]   2006年07月15日 17:45
 うわっ、久しぶりに見た拷問シーン!痛いよぉ・・・

この記事へのコメント

1. Posted by mugi   2006年07月15日 21:43
TBありがとうございました

最近『自爆テロリストの正体』(新潮新書、国末憲人 著)という本を読みましたが、その紹介文にはこうありました。
「現場を歩いてみると、自爆テロが「貧困」とも「イスラム教」とも関係がなく、「中途半端な若者たちの自分探し」の結果だった姿が見えてくる。「テロリスト」に対する甘い幻想を全て打ち砕く画期的ノンフィクション」

著者が9.11その他のテロ事件の自爆犯の生い立ちや人生を調査していくと、「貧しく純粋なイスラム教徒」とはおよそかけ離れた実態が浮かひ上がり、貧しいどころか周囲よりもずっと恵まれた生活を送り、敬虔な信者どころかかなり世俗的な暮しをしていたとか。
2. Posted by fujita   2006年07月15日 22:06
TB毎度どうもです。お返ししときます。

そうっすね。恐らく現実の闇の世界は、
映画の一本や二本に目くじらを立てるほど暇じゃあない。
もっと深く、もっと暗く・・・
3. Posted by たろ   2006年07月16日 00:49
こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼いたします。

この作品は、もう少し丁寧な説明があると寄り良かったのではないかと感じる作りでありましたが、終盤への流れやエンディングなど見所が多かったと思います。
それから、原作であるロバート・ベア氏の『 CIAは何をしていた? 』の方は、後半のエピソード以外、映画との直接的な関連性は見受けられませんが、CIAという組織の実情を知る事が出来る興味深い本であると思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
4. Posted by Ken   2006年07月16日 21:37
こんばんは、TBありがとうございました!
原因は結果であり、その結果はまた新たな原因になる・・・という複雑な連鎖をエイヤッと映画にしたらこんな作品になりました、というようなわかりにくさはありましたが、僕はこの作品嫌いになれません。
なんというか、世界を切り取ろう、という意欲が感じられました。
5. Posted by PINOKIO   2006年07月17日 03:43
アメリカはこの映画作って賞を取ってしまう、
それもまたアメリカなんですよね。
世界の陰謀はもっと深い。。。。

ジョージがこの役の為に太った意味はこれ如何に?
6. Posted by 耕作   2006年07月17日 05:14
◆mugiさん
今の時代、ネットなどが発達したおかげで
洋の東西を問わず、情報がすぐに手に入る。
孤立することが難しい世の中では、カッコから
入って、意味も分からず行動を起こす…。
自分の命を含め、人間の命の重さも分からないままに。
哀しいことです。
7. Posted by 耕作   2006年07月17日 05:16
◆fujitaさん
しかし、その闇は何処まで続くのでしょうか…。
8. Posted by 耕作   2006年07月17日 05:19
◆たろさん
そうですね。
いつもは、上映時間を短くしろ、と言ってますが、
この作品に関しては、あと30分長くしても
飽きないと思う、稀有な作品だと思います。
9. Posted by 耕作   2006年07月17日 05:22
◆Kenさん
単純な自分は、難しいという事が難しくて分かりませんでした(笑)

世界の裏の現実を、その世界に住む人々に知らせる、
その行為だけでも、とりあえず価値はあると思いますね。
10. Posted by 耕作   2006年07月17日 05:28
◆ PINOKIOさん

>ジョージがこの役の為に太った意味はこれ如何に?

いつもの明るいシャープが消えて、男の無骨さが感じられましたね。
まあ、髭面のせいもありますけど(笑)
11. Posted by ゆかりん   2006年07月17日 09:45
こんにちは♪
私にはちょっと難しかったです。
全然わからないわけじゃないんですけどね・・・
耕作さんのレビューで勉強させていただきました^^;

TB送信の後にコメント入れたのですがやはり反映されてませんね。
12. Posted by にら   2006年07月17日 13:46
この映画では、登場する意味がよく判らない父親たちばかりでしたが、母親の多くは登場すらしてませんでしたね(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
13. Posted by 耕作   2006年07月17日 15:09
◆ゆかりんさん
オジさんも本当に分かっているのかは疑問?

しかし、今日もlivedoorは調子が悪いですね。
接続さえも拒否された(笑)

◆にらさん
そーなんですね。
やぱっり悪事は男の甲斐性なんでしょうか(笑)

こちらこそコメントありがとうございます。
14. Posted by moriyuh   2006年07月17日 18:24
はじめまして。ご訪問&TBありがとうございました。

昼寝起きだったせいで、寝ぼけて、ダ・ヴィンチ・コードを間違えてTBしてしましました。
お手数ですが、削除をお願いいたします。

すっかり時間がたち、まだ本を読んでいないことに気づきました。ありがとうございます。
夏休みの宿題に、原作本をよもうとおもいます。
15. Posted by 耕作   2006年07月17日 20:44
◆moriyuhさん
お役に立ててうれしゅうございます。
また、お立ち寄りください。
16. Posted by とんちゃん   2006年07月18日 07:57
4 おはようございます♪
TBさせていただきました^^
私はDVDで 観たので 巻き戻したり 何やらで やっとわかりました(笑)

確かに男だけの世界で、それぞれの父親像も描いてましたね
>野心を持つ弁護士の息子に反抗するかのように怠惰な生活を送る父親

私、この弁護士の将来の姿かなぁなんて 思いました。いつか シドニーと同じように企業に捨てられ裏切られる。
そしたら こんな風に昼からアルコールを呑んで(娑婆に居たらの話ですが^^)ため息をつく老後だろうな・・・なんて^^;
また来ます♪



17. Posted by 小夏   2006年07月19日 09:04
こんにちは。
TBありがとうございます。

私は企業合併エピソードにかかわる重役等人物がイマイチ区別がつきにくかったのが難点でした。
この辺はおそらくDVDでじっくり見ればわかる部分かもしれません。再トライですね。(^^;
18. Posted by 耕作   2006年07月20日 13:27
◆とんちゃんさん
見る人によって、いろいろ解釈出来る作品ですね。
父親は出てくるけど、母親像が描かれないのは
何か意味があるのでしょうか?
19. Posted by 耕作   2006年07月20日 13:29
◆小夏さん
基本的に不親切な作品かと(笑)
自分はアラブ系がダメでした…。
親父と息子が同じぐらいの年齢に見えちゃって(笑)
20. Posted by 伽羅   2006年07月23日 22:53
こんばんは!
TB返し&コメント、ありがとうございました!
非常に硬派な映画で、見終わってドッと疲れました。
国のタブーに触れるような映画が作れるのって、
やっぱりハリウッドなんですよね。
そういうところはスゴイなぁ!と思いました。
21. Posted by 耕作   2006年07月24日 06:21
◆伽羅さん
おはようございます♪

>国のタブーに触れるような映画が作れる

う〜ん、その辺が米国の信用できない所のひとつなんですよね。
この作品の「タブー」が描かれる頃には
新たな「タブー」が誕生しているのかも…。
22. Posted by グレート・タカ   2006年12月18日 12:58
こんにちは!
予備知識もなく観たのでさっぱりでした。
なんとなくは分かりますけど、もう一度観たいとも思いませんでしたよ。
描き方に難ありだと思います。
23. Posted by 耕作   2006年12月18日 18:04
◆グレート・タカさん

>描き方に難ありだと思います。

【トラフィック】もそうですけど、こういう監督なんですよ(笑)
これに「ジョージ・クルーニー」が、絡んでいるから
余計分かりづらいのかも…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析