2006年08月27日

ホテル・ルワンダ4

 

解説: アフリカのルワンダで内紛による大量虐殺の危機から人々を救った、実在のホテルマンの勇気と良心を描いた感動ドラマ。主演はスティーヴン・ソダーバーグ監督作品の常連、ドン・チードル。『父の祈りを』など脚本家として活躍するテリー・ジョージが脚本、監督、製作を手がけ、1200人もの命を守り抜く男の勇姿をヒロイックに描き出す。日本公開は危ぶまれていたが、若者によるインターネットでの署名運動が功を奏し、公開が実現した話題作。

ストーリー: 1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルからの帰宅途中に街で火の手が上がっているのを発見する。(シネマトゥデイ)



 珍しく、レンタルよりセルのほうが早かった作品 O(≧∇≦)O イエイ!!


耕作のコメント

 この映画もスピルバーグの「ミュンヘン」と同じく、現実に起こった出来事を基に作られた映画で、島国民族の日本人としては見ておくべき映画だと思います。

 いま現在の世界で何が起こっているのか、知っておく為に…。



 この作品は、最初商業的価値から日本公開が見送られ、どこかで作品を知った人達がネット等で署名活動などを行い、ようやく日本公開が決定したという作品。

 商業的価値、って何なんだ…?

 日本の配給会社の人間が、この作品の公開を見送ったという事実には、正直腹が立つ、というか、情けない気持ちで一杯になりました…。多分、彼らはこの作品を見もせずに、この「ルワンダ」なんて国は、日本人には馴染みがないからなぁ、ぐらいの気持ちで見送ったんじゃないのか?

 そう思うしかないほどの衝撃的な内容(予備知識としてこちら)の作品です。




 今からわずか12年前の1994年、アフリカ中央部のルワンダにおいて、対立するフツ族とツチ族の内戦が勃発。わずか100日あまりで、女性・子供を含む50万人が虐殺されました。

 この作品は、その「大量虐殺(ジェノサイド)」が行われる中、「ツチ族」の妻子を守る為に賄賂や虚言など、あらゆる手段を使って奔走した結果、妻子と共に1000人あまりの人命を救う事になった「フツ族」のホテルマンの行動を描いた映画です。

 

 正直に言って、映像や脚本は特別に優れている訳ではないと思いますが、熱いものを感じる作品になっていると思います。また、この現代において、このような残虐な事が現実に起きている、という事を提示するだけでも存在意義が有ると思います。

 印象に残るシーンは書き切れないほどあります。

 まず、冒頭10数分で訳も分からないうちに、「えっ、何で、何で?どうして?」という感じで、唐突に内戦に突入していくリアルな展開。現実はそういうものなのかと、思わず考えてしまうでしょう。

 雨の降る中、西側の大国達が「ルワンダ」にはリスクを犯してまで守る(利用する)価値がない、と国連の平和維持軍を撤退させてしまいます。守ってくれるはずの平和維持軍が撤退していく姿を、成す術なく見送る難民達の姿。憤りを感じ、涙が溢れてきます。

 そして、行き場を失った避難民達が主人公の「ミル・コリン・ホテル」に押し寄せてくるシーンや、見える限りの道路に延々と続く虐殺された死体など、かなり衝撃的です。



 印象に残る台詞も多い。「ニック・ノルティ」演じるオリバー大佐が悔しそうに言う台詞「我々はpeace keeper(監視者)であって、peace maker(調停者)ではないんだ」と…。

 さらに、「ホアキン・フェニックス」演じるTVクルーが搾り出すようにこぼす台詞「この虐殺が映った映像を全世界に流したとしても、世界の人々は“怖いね”と言ってディナーを続けるだろう」と…。この作品の訴えたい事は、「ミュンヘン」でも書きましたが、無関心である事、知らないという事が、一番の罪なのではないかと思います。



 そして、主人公のホテル支配人ポール・ルセサバギナを演じた「ドン・チードル」の演技には眼を見張るものがあります。「オーシャンズ11・12」のコミカルな演技もこなし、本作のようなシリアスな役も見事にこなす、彼の演技が観れたことも収穫のひとつではあります。

 本作では、決してカッコのいいヒーローではなく、自分の家族を守る為だけに行動する、ホテルの支配人であることにのみプライドを持つ、ある意味自己中心的な男を演じています。そして、次第に人間的な行動をとる事により人間としての生き方を選んでいく過程をリアルに演じきっていると思います。

 そういう意味でも、支配人ポールが勇敢にも人々を助け、その後ルワンダには平和が訪れました、と単純に捉えるのではなく、歴史の過去を正しく学び、正しく理解する事の大切さと、今この時も世界中で起こっている民族の対立と憎悪を知るきっかけになれば良いと思います。

 やっぱり、知ることから始まり、関心を持つことだけが、いま自分達に出来る事であり、大切な事だと思います。逃げているという事ではなく…。


 この作品の「大量虐殺(ジェノサイド)」というテーマからは、眼を背けたくなるような残虐映像を連想しますが、この作品では意識的にそういう映像を排除しているらしく、その手の映像が苦手の女性でも心配要らないと思います。

 だから、この作品も多くの人に見てもらいたい、と思います。

 正面からの直接的な描き方なので、(比較するのも変ですが)「ミュンヘン」よりも感情移入しやすいと思います。

 ちなみにスピルバーグの「シンドラーのリスト」とはちょっと違う感じですね。

【通販はこちら】

B000FOTK6Qホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
テリー・ジョージ ケア・ピアソン ドン・チードル

ジェネオン エンタテインメント 2006-08-25
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4872901584ジェノサイドの丘〈上〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
フィリップ ゴーレイヴィッチ Philip Gourevitch 柳下 毅一郎

WAVE出版 2003-06
売り上げランキング : 31839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4895000893漂泊のルワンダ
吉岡 逸夫

牧野出版 2006-03
売り上げランキング : 11202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000CEK4XCホテル・ルワンダ
サントラ アフロ・ケルト・サウンド・システム ドロシー・ムニアネザ

ビデオアーツ・ミュージック 2006-01-18
売り上げランキング : 12463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 04:47│Comments(24)TrackBack(64)【洋画 ハ行】 | ★★★★絶対観て♪Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

64. ◆DVD・ホテル・ルワンダ  [ 映画大好き☆ ]   2007年11月01日 11:47
4 ホテル・ルワンダ監督:テリー・ジョージ出演者:ドン・チードル、 ソフィー・オコネドー、 ホアキン・フェニックス、 ニック・ノルティ収録時間:122分レンタル開始日:2006-09-02Story94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。悲劇的な状況下のル...
63. 映画「ホテル・ルワンダ」  [ お??い えっちゃん! ]   2007年09月03日 22:16
えっちゃん  この映画 上映されたときたぶん1??2年くらい前やったと思うけど、渋谷の小さなシアターでやってたんや。 見よう見ようと思ってたけど、結局上映してるときに見られへんかった。 ええ映画やって聞いてたんや。 ようやくDVDやけど観た。 この映画のタイ...
62. 『ホテル・ルワンダ』この映画を見て!  [ オン・ザ・ブリッジ ]   2007年05月20日 13:38
第159回『ホテル・ルワンダ』  今回紹介する作品は1994年にアフリカのルワンダで起こった大量虐殺事件を題材にした『ホテル・ルワンダ』です。 アフリカ中央部に位置するルワンダ共和国。遊牧民族であった少数派のツチ族と農耕民族であった多数派のフツ族という二つの民族...
61. ホテル・ルワンダ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年03月29日 09:56
WOWOWで鑑賞【story】1994年、アフリカ中部にあるルワンダで、ツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突『ルワンダ紛争』が勃発した。フツ族過激派が、ツチ族やフツ族の穏健派を100万人以上虐殺するという状況の中、1268人を自分が働いていたホテルで匿ったポール・ルセサバキ...
60. ホテル・ルワンダ  [ 悠雅的生活 ]   2007年03月27日 19:43
1994年、ルワンダ。殺戮が止まらない町で。
59. ホテル・ルワンダ / HOTEL RWANDA  [ Sapphire ]   2007年03月18日 11:43
2004 / カナダ / イギリス / イタリア / 南アフリカ 監督:テリー・ジョージ CAST:ドン・チードル / ソフィー・オコネドー / ホアキン・フェニックス / デズモンド・デュベ / デイヴィット・オハラ / カーラ・シーモア / ファナ・モコエナ / ニック・ノルティ フツ...
58. ホテル・ルワンダ  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年02月27日 23:06
  評価:★7点(満点10点) 2004年 122min   監督:テリー・ジョージ 主演:ドン・チードル ソフィー・オコネドー ホアキン・フェニックス 「愛する家族を守りたい。」ただ1つの思いが、1200人の命を救った、、、。    ...
57. それでも消費の一部  [ 映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン● ]   2007年02月01日 13:14
「ホテル ルワンダ」  『ホテル ルワンダ』 知ってるかい?人間の愚かさを。 っつー幾度となく問われた事のあるテーマの ドキュメンタリー風ヒューマンドラマ。 ルワンダっつー、特に突出した何かで耳にする事もない 貧民国、南アフリカ...
56. ホテル・ルワンダ  [ グレート・タカの徒然なるままに… ]   2007年01月30日 23:44
ルワンダで起こった大量虐殺をテーマにした作品。 <あらすじ> 1994年、アフリカのルワンダで長年続いていたフツ族とツチ族の民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」と....
55. ホテル・ルワンダ  [ めでぃあみっくす ]   2007年01月08日 16:25
この映画を見た方の評判の良さを受けて遅ればせながら見てみましたが、これは映画館で見ておくべき映画だったなぁ〜と後悔するくらい非常に素晴らしい作品でした。確かに重いテーマの映画ではありますが、これは「人として見るべき映画」だと思いました。 1994年、ルワン....
54. HOTEL RWANDA  [ Mein Sommernachtstraum ]   2006年12月29日 19:23
ホテル・ルワンダ先週、「ミュンヘン」のレビューを書いたが、どうやら今月は世界平和を考える強化月間、らしい。あらすじは公式サイトと、「ホテル・ルワンダ日本公開を求める会」(現在は応援する会に名称変更している)を。応援する会で感想トラックバックを募集してい...
53. 『ホテル・ルワンダ』’04・英・伊・南ア  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2006年12月10日 22:59
あらすじ1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族が長年争ってきたルワンダでは3年間続いた内戦がようやく終息し、和平協定が結ばれようとしていた。ベルギー系の高級ホテル、ミル・コリンで働くフツ族のポール(ドン・チードル)は有能な支配...
52. ホテル・ルワンダ  [ 悩み事解決コラム ]   2006年10月15日 16:24
 {amazon}  1994年4月から約3ヶ月間で80万人〜100万人が殺された ルワンダ大虐殺を描いた映画「ホテル・ルワンダ」ホテルの支配人 ポール・ルセサバギナはフツ族・ツチ族の対立が激化する中でフツ族・ ツチ族の難民1268人をホテルに匿い
51. ホテル・ルワンダ ≪彼は決して英雄では在らず≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2006年09月23日 18:39
4 どうも、ミツです。 評価:80点 ホテル・ルワンダ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル , ソフィー・オコネドー , ホアキン・フェニックス , ニック・ノルティStory94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描い....
50. ホテル・ルワンダ  [ そこで馬が走るかぎり ]   2006年09月21日 22:16
100日間で100万人が殺されたとも言われる いわゆるルワンダ紛争 を描いた作品        ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション フツ族とツチ族 私からすると 失礼な言い方ですが区別がつきません 物語の中で アメリカ人記者が 「あなた...
49. ホテル・ルワンダ  [ レンタルだけど映画好き  ]   2006年09月14日 01:14
愛する家族を守りたい。 ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った…。 2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ 監督 テリー・ジョージ 出演 ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ホアキン・フェニックス/ニック・ノルティ/デズモンド・デュベ/デヴィッド・オハ...
48. ホテル・ルワンダ  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本について ]   2006年09月10日 20:48
★本日の金言豆★ 「フツ族」「ツチ族」などの「〜族」という呼称は、差別を連想させるものとして、現在公式の場では使用されない。本作では話をわかりやすくするためにあえて使用。 2006年1月14日公開 2006年8月25日発売
47. 映画「ホテル・ルワンダ」  [ ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ ]   2006年09月10日 13:58
2004年 トロント国際映画祭 観客賞受賞、 2004年 アカデミー賞 主演男優賞・助演女優賞・脚本賞 ノミネート 2004年 AFIロサンゼルス国際映画祭 観客賞受賞、 2005年 ゴールデン・グローブ賞 作哀
46. ホテル・ルワンダ  [ 【極私的】Movie Review ]   2006年09月08日 16:17
原題…HOTEL RWANDA 監督…テリー・ジョージ 出演…ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ 極私的満足度…○ ルワンダの杉原千畝 2004年のトロント映画祭でグランプリにあたる「ピープルズ・チョイス賞」を受賞し、2005年のオスカー脚本賞を受賞(主演....
45. ホテル・ルワンダ  [ ぷち てんてん ]   2006年09月08日 01:00
私は映画館で見たんですけど、もうDVDが出ているんですね。ぜひご覧ください。☆ホテル・ルワンダ☆(2004)テリー・ジョージ監督ドン・チードル・・・・・・・・・ポールソフィー・オコネドー・・・・・・タチアナホアキン・フェニックス・・・・・ジャックニック・ノル...
44. ホテル・ルワンダ  [ エリ好み★ ]   2006年09月05日 06:45
劇場に通うこと4回。やっと観ることができました??(^^)!世界が見放した100万人の虐殺。「なんとかしなきゃ」って思いにかられます。人々の議論をうむってことに関してはスピルバーグの「ミュンヘン」よりも、ずっと優れているなぁ。(^^;)署名運動をしてでも、公開した...
43. ホテル ルワンダ  [ M's daily life ]   2006年09月03日 21:54
「ホテル ルワンダ」 原題 : HOTEL RWANDA (2004年 米・英・伊・南ア 122分) 監督 : テリー・ジョージ 出演 : ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティー アフリカ大陸のほぼ??
42. ホテル・ルワンダ  [ Akira's VOICE ]   2006年08月31日 12:10
深く痛い悲しみの中でも,愛する気持ちは決して消えない。
41. 『ホテル・ルワンダ』 9P   [ OL映画でいやし生活 ]   2006年08月31日 00:46
私的オススメ度:9P 公開当初から見にいきたくて、今日見に行くことは前々から決めていたのに、なんと前日の虎ノ門で井筒監督の自腹コーナーで『ホテル・ルワンダ』が取り上げてられてしまったじゃありませんか!! しかも★3つの最高点&大絶賛。うげー、これ...
40. FUN … 『ホテル・ルワンダ』  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   2006年08月30日 22:26
【enjoy weekend vol.2】
39. ホテル・ルワンダ  [ カリスマ映画論 ]   2006年08月30日 21:49
【映画的カリスマ指数】★★★★★  とにかく観てください。
38. ホテル・ルワンダ:神様私たちの叫びが聞こえましたか シアターN渋谷  [ 気ままに映画日記☆ ]   2006年08月30日 00:42
本当に人間というやつはどうしようもない。 1994年アフリカのルワンダで民族間の争いが発生し、100万人の罪のない人が殺された。 理由はルワンダがベルギーの植民地になったときに協力したのが少数派のツチ族だったということ。植民地時代ツチ族は支配階級を独占し、多数...
37. ホテル・ルワンダ  [ 日々徒然ゆ~だけ ]   2006年08月30日 00:36
 知らないコトを知るコトは,昔の過ちだろうと目を背けたくなることだろうと,必要である。そういった意味でも,この作品は珠玉の一品である。
36. ホテル・ルワンダ  [ がちゃのダンジョン 映画&本 ]   2006年08月29日 08:59
『ホテル・ルワンダ』 (2004)HOTELRWANDA上映時間122分製作国イギリス/イタリア/南アフリカジャンルドラマ/サスペンス/戦争「愛する家族を守りたい」ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、欧米...
35. ホテル・ルワンダ☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年08月29日 07:20
同じ国に生まれているはずなのに、種族間の、理由があってないような そんな抗争が続く国は、世界の中に点在している。 『ノーマンズランド』観たときのような、むなしさ感じます。 しかもルワンダの、この抗争・・・ 100日間の大虐殺・・・川縁の道を走る車・・・見...
34. ホテル・ルワンダ  [ (ほとんど)シネマ日記 ]   2006年08月29日 06:24
1994年、アフリカのルワンダで起こった100万人の大虐殺を題材にした映画。 ルワンダの首都ギガリで西洋資本の高級ホテルの支配人を任されているポール(ドン・チードル)は、ホテルの格を守ることに必死だった。いつも高級な酒を切らさなし、キューバ産の葉巻だって手に入る...
33. ホテル・ルワンダ  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2006年08月29日 04:57
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う〜ん、凄かった。 こーゆー事実があったなんて、ワタクシ全然知りませんでした。 100万人ですよ、100万人! 狂気の沙汰ってこーゆー事を言うんでしょうね。 でこの作品、その愚かな行為の真っ只中のホテル、...
32. 映画「ホテル・ルワンダ」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年08月29日 01:53
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大統領が暗殺...
31. ルワンダの話を聞いてくれ  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年08月29日 00:50
25「ホテル・ルワンダ」(南アフリカ・イギリス・イタリア)  ほんの10年ちょっと前の1994年、アフリカのルワンダではフツ族とツチ族の民族間の争いが激化していた。国連の働きで和平協定が結ばれたはずだったが、フツ族の大統領がツチ族に暗殺されたことから、再...
30. 『ホテル・ルワンダ』  [ Rabiovsky計画 ]   2006年08月29日 00:47
『ホテル・ルワンダ』公式サイト 監督:テリー・ジョージ 脚本:テリー・ジョージ 、ケア・ピアソン 出演:ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、ホアキン・フェニックス 、    ニック・ノルティ 、デズモンド・デュベ 2004年/イギリス・イタリア・...
29. 映画「ホテル・ルワンダ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年08月29日 00:03
映画館にて「ホテル・ルワンダ」★★★★★ 1994年、アフリカのルワンダで内紛が大虐殺に発展し100日で100万もの人々が惨殺された。たった十数年前のことだけれどどれだけの人がこの事件を覚えているだろうか。 この映画を見ることによって「アフリカのシンドラー」と呼ばれ...
28. ★「ホテル・ルワンダ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年08月28日 23:46
当初、日本では公開予定がなかったのに・・・ 署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。 主演もドン・チードルだし・・・ 実話らしいし・・・ チネチッタのポイント貯まってるし・・・ 観てみる事に。
27. 『ホテル・ルワンダ』 (初鑑賞16本目・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2006年08月28日 23:45
☆☆☆???? (5段階評価で 3) 1994年 アフリカのルワンダで起こった大虐殺。 その渦中でひとりの男性が 1200人余の命を救い「アフリカのシンドラー」と呼ばれた人物の映画です。
26. 「ホテル・ルワンダ」見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年08月28日 23:17
 最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ??。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。
25. ホテル・ルワンダ  [ とんとん亭 ]   2006年08月28日 23:16
「ホテル・ルワンダ」 2006年 南ア/伊/英合作 ★★★★★ 感慨無量です! 観終わった後もやり切れなさは残るものの 史実に 向き合えて、魂が揺さぶられる思いをして 涙し、胸を打たれた この映画に 感謝します。私の住む街も市民のリクエストで よう...
24. ホテル・ルワンダ DVD  [ 噂の情報屋 ]   2006年08月28日 22:36
1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、 欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、 1200人もの命を救った実在する1人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化した感動作。 「父の祈りを」など脚本家として活躍するテリー・ジョージが脚本、監督、製....
23. ホテル・ルワンダ  [ きょうのあしあと ]   2006年08月28日 22:24
「ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った」 監督、脚本:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティー、ホアキン、フェニックス 劇場:CINECITTA\' 公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/index.html ■作品について 1994年に...
22. ホテル・ルワンダ  [ BUNPITUノHIBI ]   2006年08月28日 21:48
テリー・ジョージ監督 ルワンダは首都キガリ。フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が、終息を迎えつつあった1994年、大虐殺は起きた。ツチ族を最後のひとりまで抹殺しようと、フツ族の民兵が襲撃を開始。フランス資本の高級ホテルでマネージャーを務める主人公は、ツ....
21. ホテル・ルワンダ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年08月28日 21:21
映画ファンの署名活動が実って、日本での劇場公開が実現したという話題の映画作品です。 かなり政治色の強い内容になっている作品だけれども、各地の映画祭などで賞を取ったため、権利が高騰し、配給会社が買い付けに難色を示していたのだとか。それでも、この作品を海外...
20. ホテル・ルワンダ@シアターN渋谷  [ ソウウツおかげでFLASHBACK現象 ]   2006年08月28日 21:06
実話を基にしているといってもそれはピンからキリまであり、脚色が甚だしいものでも、そう謳われることがある。本作は事実に対して忠実に作られたと感じた。物語のリアリティは、主人公ポール・ルセサバギナの人間性にもある。 1994年、アフリカのルワンダにてフツ族とツ...
19. 【映画】ホテル・ルワンダ  [ セルロイドの英雄 ]   2006年08月28日 21:04
"Hotel Rwanda" 2004年南アフリカ/イギリス/イタリア監督)テリー・ジョージ出演)ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ満足度)★★★★ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1994年ルワンダ。長年争ってきたフツ族とツチ族の2つの...
18. ホテル・ルワンダ  [ ウゴウゴエーガ!&ケイケイライブ! ]   2006年08月28日 20:15
5 テリー・ジョージ監督 ドン・チードル、ソフィー・オコネド−、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ他出演 内戦のルワンダを舞台にしたヒューマン・ドラマ。 ルワンダでは、植民地時代にベルギーから支配階層に指定されたツチ族と、被支配階層のフ....
17. ホテル・ルワンダ(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年08月28日 19:36
「愛する家族を守りたい。」 ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った・・・。 CAST:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス 他 ■カナダ/イギリス/イタリア/南アフリカ産 122分 これ実話!1200人の命を救った1人のホテ...
16. 「ホテル・ルワンダ」 (イギリス/イタリア/南アフリカ 2004年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2006年08月28日 19:22
わずか100日で100万人が惨殺された時に 1200人の命を救った男がいた・・・。
タイトルは、この間みた「ホテル・ルワンダ」 の米国版DV収録で、この映画の主人公の実在の 人物ポール・ルセサバギナ氏の言葉。 ほんとうに、この映画を見終わった後には もし、自分がポールだったら同じ事をできるか と考えさせられる。 1994年
14. ホテル・ルワンダ  [ kaz-netブログ ]   2006年08月28日 16:08
MOVIXさいたまで、2週間の期間限定で上映されている「ホテル・ルワンダ」を観てきました。
13. 映画 「ホテル・ルワンダ 」  [ ようこそMr.G ]   2006年08月28日 14:52
映画 「ホテル・ルワンダ 」 の試写を有楽町朝日ホールにて。
12. 映画:ホテル・ルワンダ  [ 駒吉の日記 ]   2006年08月28日 14:38
ホテル・ルワンダ@シアターN渋谷 「この(虐殺の)映像を流しても『怖いね』とディナーを続けるだけだ」 1994年当時、ルワンダ虐殺のニュースを聞いたとき、同じように思った記憶があります。 ツチ族とフツ族の紛争がエスカレートしたのかと思っていました。 映...
11. 「 ホテル・ルワンダ 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年08月28日 14:35
監督・脚本 : テリー・ジョージー 主演 : ドン・チードル /ソフィー・オコネド /ホワキン・フェニックス      公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/ 原題:HOTELRWANDA 監督は、「 父の祈りを  」でアカデミー賞にノミネートされた気鋭の脚本家テリー・...
10. 映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年08月28日 14:10
3 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ-アフリカは、遠い。 大都市での公開から遅れること数ヶ月。 ようやく観れた「ホテル・ルワンダ」。 jamsession123goの住む地方都市にも、評判が浸透しているのか...
9. ホテル・ルワンダ  [ amapola ]   2006年08月28日 13:30
(2004英伊南アフリカ/テリー・ジョージ監督/劇場/★4) 1994年。アフリカのルワンダ内戦。フツ族による少数民族ツチ族の大量虐殺で、自分はフツ族でありながらも妻をはじめツチ族の人々をホテル「ミル・コリン」に匿い、多くの命を救った実在のホテルマン、ポール・ルセサ....
8. ホテル・ルワンダ  [ It's a Wonderful Life ]   2006年08月28日 12:54
映画が感覚的に「事実を伝える」重要なものの一つだと いう事を再認識させられました。 昨年アカデミー賞の録画を観た時に、候補作紹介の映像で 最も力強く引き込まれた作品がこの映画でした。 日本公開の署名運動を知ったのは公開が決まってからで、参加出来ま...
7. 『ホテル・ルワンダ』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年08月28日 12:50
署名運動の末、一般公開にいたったことを嬉しく思う。 1人ひとりがポール・ルセサバギナのような行動をとることは難しいだろうけど、ポールの行動を正しいと思う人が大多数である世ならば捨てたものじゃないかもしれない。 1994年、アフリカのルワンダで多数派フツ族によ...
6. ホテル・ルワンダ(映画)     2006/3/10 鑑賞  [ さつき・ストリート ]   2006年08月28日 12:47
2004年  カナダ=イギリス=イタリア=南アフリカ
5. ホテル・ルワンダ(映画)     2006/3/10 鑑賞  [ さつき・ストリート ]   2006年08月28日 12:34
2004年  カナダ=イギリス=イタリア=南アフリカ
4. ホテル・ルワンダ~勇気・愛、涙・祈り  [ Muse on Music. ]   2006年08月28日 12:20
巷で話題になっていた映画「ホテル・ルワンダ」をようやく見に行ったので感想を。すごかった。この映画は、ルワンダで実際におこった「フツ人によるツチ人大量虐殺」を元にした作品だ(一説には80万人、人口の10分の一が殺されたという・・・)。短くまとめると、外資系....
3. ホテル・ルワンダ  [ 映画日記 ]   2006年08月28日 11:49
【鑑賞】劇場 【日本公開】2006年1月14日 【製作年/製作国】2004/イギリス=イタリア=南アフリカ 【監督】テリー・ジョージ 【出演】ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ホアキン・フェニックス/ニック・ノルディ 【原題】“HOTEL RWANDA” 1994年、ルワン...
2. 劇場『ホテル・ルワンダ』  [ 映画ダイエット ]   2006年08月28日 11:29
2004年製作 南アフリカ・イギリス・イタリア 監督:テリー・ジョージ 特別顧問:ポール・ルセサバギナ 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、デズモンド・デュベ、デイヴィッド・オハラ、カーラ・シーモア他 “アメリカの劇場数館で公開され...
1. ホテル・ルワンダ HOTEL RWANDA  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年08月28日 11:10
ドン・チードル主演 1994年に起こった ルワンダの大虐殺を描く実話を基にした映画 約80万人が虐殺されたと言うルワンダ その中で 外国人向け一流ホテルの支配人ポールが多くの難民を ホテル内に隠し命を救った 虐殺が起こったのは国内の人種問題でした ルワンダは 大...

この記事へのコメント

1. Posted by satuki   2006年08月28日 12:45
TB有難うございました
大したレビューは書けませんが
映画を見るのは大好きですので宜しく。
ブログは8/22から引越ししています。
「手芸&映画の日々」上記URLです。
2. Posted by jamsession123go   2006年08月28日 14:11
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
こちらからもTBお返しです。
3. Posted by rikocchin   2006年08月28日 14:37
5 TBありがとうございました☆

この映画を観たとき、凄い衝撃を受けました・・
一人でも多くの人に観て欲しい映画の一つですね〜
4. Posted by あずーる   2006年08月28日 18:33
TBありがとうございました。
私もニック・ノルティとホアキン・フォニックスの台詞、心に残っています。

「シンドラーズ・リスト」もすごいものがありましたが、「ホテル・ルワンダ」では、あまりにも残酷な国内紛争に、なんとかやめさせようとする外国人の姿がここでは、少し希望がもてることでしょうか。

本当にひとりでも多くの人にみてほしい映画です。
5. Posted by 耕作   2006年08月28日 20:37
◆satuki さん
こちらこそよろしくお願いします。
&わざわざお引越しの案内ありがとうございます。
6. Posted by 耕作   2006年08月28日 20:42
◆jamsession123goさん
こちららこそ、ありがとうございます♪

◆rikocchinさん
いや、本当にそう思います。
一人でも多くの方に、そして、忘れかけた時にもう一度…。

◆あずーるさん
この作品に“ピン”と来なかった配給会社には驚きです。
見ることが出来てよかったですね。
7. Posted by とんちゃん   2006年08月28日 23:21
5 TB有難うございました♪
ホント、観ておかなきゃいけない映画ですね・・・・。何もできないけど、こんな酷い事が 10年前に起きていたなんて 何も知らずにいて恥ずかしい気持ちで一杯になりました^^
8. Posted by ミチ   2006年08月29日 00:06
こんばんは♪
ホアキンのセリフにはグサっと来ました。
まさにその通りですから・・・。
>知ることから始まり、関心を持つことだけが、いま自分達に出来る事であり、大切な事だと思います
その通りだと思います。
映画はそのきっかけを作ってくれますよね。
9. Posted by Ken   2006年08月29日 00:10
こちらにも失礼します。
この作品、知識としてルワンダで起こったことを知る、ということは別としても映画として力強い出来だったと思いました。
これ、何で当初配給が見送られたのかな??
10. Posted by Aki.   2006年08月29日 05:03
TB有難う御座いました♪
凄い映画でしたね!
事実の重みがずっしりと伝わりました^^
個人的には明け方に車で川沿いの道を走るシーンが強烈に印象に残ってます。
映像としての描写はなくても、もの凄い数の人が殺されてるのが伝わり涙が溢れました(^^ゞ
ほんと、観るべき映画だと思います。

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
11. Posted by 耕作   2006年08月30日 05:45
◆とんちゃんさん
一応の報道はあったのでしょうが、
日本政府も他の大国と同じような対応だったのでしょうね。
その辺も哀しいです。

◆ミチさん
台詞に込められたメッセージには
本当に苛立ちや重さを感じました。
私達にも何か出来る事があったかも知れません。
12. Posted by 耕作   2006年08月30日 05:50
◆Kenさん
配給会社の人間が、映画という表現方法を
商売道具としてしか見ていないということでしょう。
寂しい事ですが…。

◆Aki. さん
人によって色々印象に残るシーンはあるでしょうが、
そこに込められたメッセージには考えさせられますね。
13. Posted by ちか   2006年08月31日 21:34
遅くなりましたが、TBとコメントありがとうございました。

わたしも一番気持ちに刺さったのは、ホアキンのセリフです。「おまえのことだよ!」とナイフを突きつけられたように感じました。

ドン・チードルもいい役者さんですよね。結構好きです。「クラッシュ」や「16歳の合衆国」でも、人間の二面性をうまく出していたと思います。
14. Posted by 耕作   2006年09月01日 09:35
◆ちかさん
ヒネリのない真正面からの台詞には、たじろぎもしますが、
心にも深く刺さりますね。
でも、悲しい事ですが、私たちは時が過ぎれば忘れてしまう動物。
そうならない為にも、もう一度この作品を見たり、
また違う作品でも思い出させて欲しいです。
映画にはそういう力もあると思うから。
15. Posted by M   2006年09月03日 22:08
こんばんは。
とても重くて、見ていて恐い映画でした。
一人でも多くの人に見てもらいたいと思った映画です。 
ジャック、大佐、赤十字のスタッフそれぞれの台詞は耳に痛いものがありましたが、特にジャックの台詞には参りました。
16. Posted by 耕作   2006年09月03日 22:16
◆Mさん
本当に真正面からの台詞には参りました。
この作品が無事に日本公開されて本当に良かったです。
17. Posted by ミツ   2006年09月23日 18:49
こんばんは!

>無関心である事、知らないという事が、一番の罪なのではないかと思います。

まさにその通りですね。自分はこのルワンダ紛争について、まったく無知も同然だったので、余計にそれを思い知らされました。
興味をもったので、この映画だけで終える事無く、もっとこの出来事について知りたいですね。『ホテル・ルワンダ』は、それほどの気持ちにさせてくれました。
18. Posted by 耕作   2006年09月23日 22:18
◆ミツさん
こんばんわです♪

「ロード・オブ・ウォー」「ミュンヘン」など
と最近続いて鑑賞したので、世界について
色々考えるようになりましたね。
というか、昔も考えていたわけですが、昔と違って
今は知る事が出来れば、ネットを使ったり、
何らかの方法が有るような気がします。
ちょっとでも、「勇気」を持ちたいですね。
19. Posted by グレート・タカ   2007年01月30日 23:50
こんばんは!
この映画を見て無知と無関心が罪だということがよく分かりました。
本当により多くの人に見てもらいたいと思いますね。
20. Posted by 耕作   2007年01月31日 14:43
◆グレート・タカさん

>無知と無関心が罪だということがよく分かりました。

だから、自分の出来る所からやっていく…。
そう思わせる作品でした。
21. Posted by ぴぃち   2007年03月18日 11:42
こんにちは、TBありがとうございました♪

いろいろと考えさせられる作品でしたね。
記者の言葉にドキっとさせられた自分がいました。

>知ることから始まり、関心を持つことだけが、いま自分達に出来る事であり、大切な事

本当にその通りだと思います。
今すぐ何かできるってわけじゃないかもしれませんが、無関心からは抜け出すことができるはずですよね。
22. Posted by 耕作   2007年03月19日 08:01
◆ぴぃちさん
本当にいろいろ考えさせられる作品です。
日本のマスコミにもチャラチャラしていないで
伝えなきゃいけない事をきちんと伝えて欲しいものです。
23. Posted by 由香   2007年03月29日 10:04
耕作さん、こんにちは!
遅れ馳せながら鑑賞しました。
私は、劇中にホアキンが描写していた人間の一人だったようで、ルアンダについてほとんど記憶がありませんでした。耕作さんの仰るように、『知ることから始まり、関心を持つことだけが、いま自分達に出来る事であり、大切な事』なんだ。。。とつくづく感じました。
24. Posted by 耕作   2007年03月30日 19:44
◆由香さん
こうやってこの作品にTBやコメントを戴く度に
気持ちが落ち着かなくなります。
イラクやイラン、北朝鮮と考えられない事件ばかり…。
正直、どうしたらいいのか、まったく分りません

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析