2006年11月17日

嫌われ松子の一生4



解説: 『下妻物語』の中島哲也監督が、山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化した異色のシンデレラストーリー。壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、川尻松子の波乱万丈な生き様をつづる。教師からソープ嬢、殺人まで犯してしまう松子に『電車男』の中谷美紀がふんし、転落人生を送る女性の悲哀をコミカルに演じる。ベテラン俳優からお笑い芸人まで30人を超える豪華有名人の出演シーンも見逃せない。

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。 (シネマトゥデイ)



耕作のコメント

 いやぁ、オープニングの「木村カエラ」から 中島ワールド が全開でした♪

 要領の悪さと運のなさから、転がり落ちていくような松子の人生を POPな映像緻密な構成 で、可笑しく、そして、哀しく切なく描写していくのですが…。
 前半は松子の救いようのない人生を 歯切れの良い テンポで描写して行き、「伊勢谷友介」演じる龍洋一が登場してからの後半は、ちょっと冗長気味に感じながらも、本当に画面に 魅入って しまいました。

 もう、可笑しくて、切なくて、馬鹿馬鹿しくて、哀しくて……。

  最高に素敵…。



  でも、好き嫌いが分かれるだろうなぁ(笑)



 正直、 ストーリーなんて 有るようでまったく無い…。

 映像や色彩に凝りに凝り、音楽に時代を載せた エンターテイメント作品。

 堕ちに堕ちて行く人生を描く事で、逆説的に描いた 「人間賛歌」 の作品。


 う〜ん、良かった(笑)
 ひとつひとつのシークエンス、ひとつひとつのシーン、ひとつひとつのカットがとても魅力的でしたね。
 凝りに凝ってて、面白くて飽きる事がない…。

 特に、時代、時代に流行った歌謡曲!! やミュージカル風に展開したりする、絶える事のない、 考えに考えられた 音楽が本当に良かった。
 お見事です(笑)



 そして、松子を演じた 「中谷美紀」 はいろんな意味で頑張ってましたね(笑)
 コメンタリーを聞くと、彼女はかなりストレスが溜まってテンパってたらしく、よく撮了したもんだ−と監督が仰ってましたが…。
 印象的だったのは… スクワット(爆)

 脇を固めている出演者も豪華で、驚くほどの大量投入でありながら、上手く捌いていたのはさすが。
 中でも、沢村めぐみ役の 「黒沢あすか」 は、とてもエッジが効いていて印象的で上手い。
 キャラ設定(特典映像にしっかり収録されていました)もしっかりしていたので、かなり役に入り込んでましたね。
 松子とのケーキをバクバク喰う 友情シーン は好き(笑)

 松子の甥の川尻笙を演じた 「瑛太」君 も、「黒沢あすか」との芝居や、ふとした仕草が意外に印象的で良かった。
 その他にも「柄本明」「宮藤官九郎」「荒川良々」「劇団ひとり」等など、みんな印象的な芝居をしていたと思います。
 「AI」や「BONNIE PINK」の映像もミュージッククリップ風で楽しかったし。
 個人的には、チラッとですが「土屋アンナ」が観られたのが嬉しかった、けど、彼女にも 歌ってほしかった 気が(笑)
  「伊勢谷友介」君は【キャシャーン】以来、カッコいいんだけど拒否反応が…(爆)


 ともかく、とても見応えがあって、映画らしい映画でした。

  好き嫌いは激しいと思うけど…(爆)


<愛蔵版/初回限定生産>
 豪華フォトアルバム仕様BOX
 ピクチャーディスク

 【映像特典】
  ■嫌われ哲也の285日〜メイキング・オブ・嫌われ松子の一生〜
  ■川尻松子の親友たち(スタッフ/キャスト・インタビュー集)
  ■非公開シーン
   ・沢村めぐみ AVデビュー ・松子「恋人よ」親分の琴線に触れる
  ■「嫌われ松子」の愛し方(小ネタ集)
   ・水沢葵(沢村めぐみ)フィルモグラフィー ・島津家の人々 ・父は色男
   ・大倉修二「俺という人間をこの身体に刻みつけてるのさ」 ・みんなのうた
   ・片平なぎさによる片平なぎさ ・松子のファッションとヘアスタイル
  ■ビデオコンテ、画コンテ
  ■ノンクレジット・エンディング
  ■BONNIE PINK「LOVE IS BUBBLE」ミュージッククリップ
  ■音楽チャプター/人物チャプター
  ■予告編集

 【音声特典】
  ■“スナック松子”の常連さんたちによるコメンタリー
   (中島哲也監督、美術・桑島十和子、ビジャルエフェクト・柳川瀬雅英、音楽プロデューサー・金橋豊彦、
    プロデューサー・石田雄治、ちいママ・夏子)

 いやぁ、愛蔵版を購入したのですが、宅配便で届いた時には、その大きさに驚きました。
 アルバム型というのは写真を見て知ってはいましたが、まさかリアルなアルバムの大きさとは思わなかった(笑)
 大き過ぎて、しまって置く場所がないよ…。

 映像特典の内容も本編同様にファンキーで大爆笑で、ちょっと切なくて…。
 久々に特典で、お腹が一杯になりました


【通販はこちら】

B000HRMEYG嫌われ松子の一生 通常版
山田宗樹 中島哲也 中谷美紀

アミューズソフトエンタテインメント 2006-11-17
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000FDK9SU嫌われ松子の一生 愛蔵版
山田宗樹 中島哲也 中谷美紀

アミューズソフトエンタテインメント 2006-11-17
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4344405617嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹

幻冬舎 2004-08
売り上げランキング : 1563

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4344405625嫌われ松子の一生 (下)
山田 宗樹

幻冬舎 2004-08
売り上げランキング : 751

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

483561626X嫌われ松子の一年
中谷 美紀

ぴあ 2006-05-10
売り上げランキング : 8749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000EZ887ILOVE IS BUBBLE
BONNIE PINK Youichi Murata

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10
売り上げランキング : 44186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 17:20│Comments(12)TrackBack(70)【邦画 か行】 | ★★★★絶対観て♪Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

70. 嫌われ松子の一生&Dグレ  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年06月26日 19:05
嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無いけども 不幸な人生を送り過ぎと言うか実際に松子の様な人は...
69. 『嫌われ松子の一生』に、泣き笑い。  [ TATSUYAのレンタル映画レビュー ]   2007年03月21日 16:06
この映画は、「曲げて、伸ばして」観て欲しい。  嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀 前略 天国の川尻松子様。春は目の前とは言え、まだまだ寒い日が続きます。 先日やっと借りたDVDで、あなたを拝見し、あな??
68. 『嫌われ松子の一生』に、泣き笑い。  [ TATSUYAのレンタル映画レビュー ]   2007年03月21日 16:06
この映画は、「曲げて、伸ばして」観て欲しい。  嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀 前略 天国の川尻松子様。春は目の前とは言え、まだまだ寒い日が続きます。 先日やっと借りたDVDで、あなたを拝見し、あな】
67. 嫌われ松子の一生  [ 夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記 ]   2007年02月25日 08:31
5 嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀 , 瑛太 , 伊勢谷友介 , 香川照之 収録時間:130分 レンタル開始日:2006-11-10 Story『下妻物語』の中島哲也監督が山田宗樹の同名小説を中谷美紀ほか豪華出演陣で映画化した異色のコメ...
66. 『嫌われ松子の一生』 不器用すぎる女の人生  [ *モナミ* ]   2007年02月23日 21:17
「嫌われ松子」というけれど、愛すべき松子の、 ゴミの山を残し、荒川の河川敷で野たれ死んだ、 壮絶な一生。 不幸体質、というのか。 何をやってもどこに行っても、不幸を呼び込んでしまう。 不幸を手繰り寄せてしまう。 好き好んでいるのかいないのか、 不幸...
65. 映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2007年02月15日 21:42
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラス...
64. 嫌われ松子の一生  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年02月03日 07:18
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
63. 嫌われ松子の一生  [ 欧風 ]   2006年12月19日 19:51
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画</spa
62. 映画@嫌われ松子の一生  [ sattyの癒しのトビラ ]   2006年12月15日 21:49
川尻松子は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた しかし、20代で教師をクビになり、家を飛び出して風俗嬢に その上ヒモを殺害して刑務所へ送られるわの、壮絶な不幸の連続 ありえないぐらいの不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、 傷ついても、その人だけを信じ...
61. とっくに!!嫌われだもんっ(泣  [ ・・・・★の誓い?(←か・・・仮ですっっっ!?) ]   2006年12月12日 01:33
そんなこと・・・ 言われなくたって??っっっ とっくに・・・痛いくらい・・・わかりすぎてるくらい わかってるも??ん 本当に本当に本当に 原作読んでいなかった HPもチラっと観たけれども・・・ そんなの・・・毎日・・・チャングムのHPの掲示 見るのが・...
60. 嫌われ松子の一生  [ 悩み事解決コラム ]   2006年12月07日 17:28
{amazon}  映画版「嫌われ松子の一生」近年稀に見る秀作。ミュージカル仕立て とスピーディーな展開。不幸と一般的に認知される事は本当に不幸か? 幸せと一般的に認知される事は本当に幸せか?  世の摂理は人智を超える。人間中心主義的な視点から
59. 嫌われ松子の一生  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年12月03日 19:36
5    昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦がれいい感じになりそうだったが、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。  ....
58. 嫌われ松子の一生  [ まるっと映画話 ]   2006年11月28日 14:08
『下妻物語』が大好きなので、早速見てきました。 すごい!中島ワールド炸裂です。 オープニングからコテコテしていて、 ついていけるかちょっと不安になるくらい激しかったです。 でも、見ていたらすぐに、こっちもノリノリになってきちゃった。 『下妻』は、大いに笑った...
57. 嫌われ松子の一生  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2006年11月27日 16:09
人生を100%生きた女。 実に充実した映画で僕の本年度、No.1映画になりましたコレ! ちなみにドラマ版は見てません! 嫌われ松子の一生 通常版posted with amazlet on 06.11.11アミューズソフトエンタテインメント (
56. 嫌われ松子の一生  [ きょうのできごと…。 ]   2006年11月27日 06:21
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!(笑) 「嫌われ松子の一生」2006年公開・邦画・PG-12指定...
55. 映画「嫌われ松子の一生」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年11月25日 02:10
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説&quot;嫌われ松子の一生&quot;の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進む。...
54. 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月25日 00:49
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
53. 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月25日 00:45
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
52. 『嫌われ松子の一生』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年11月24日 15:54
感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監...
51. 嫌われ松子の一生  [ シネクリシェ ]   2006年11月24日 06:02
 前評判は高かったものの、大ホームラン『下妻物語』の後だけに、そうたやすく傑作をたてつづけに発表できるものかと疑問視していました。  しかし
50. 嫌われ松子の一生  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年11月23日 13:32
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、こんなにも...
49. 『嫌われ松子の一生』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年11月22日 15:36
今はトルコ嬢ですが、一年前はエルメスでした。
48. 嫌われ松子の一生  [ カリスマ映画論 ]   2006年11月22日 01:55
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
47. 嫌われ松子の一生見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年11月21日 23:40
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
46. 嫌われ松子の一生  [ 新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり> ]   2006年11月21日 22:32
ずっと楽しみにしてた「下妻物語」の監督の新作だ。面白くないわけなかろう。公開初日、レイトで観てきた。
45. 『嫌われ松子の一生』  [ Rabiovsky計画 ]   2006年11月21日 15:44
goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト 監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 2006年/日本/130分 おはなし Yahoo!ムービー 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、....
44. 嫌われ松子の一生 06年134本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年11月21日 06:20
嫌われ松子の一生 中谷美紀&nbsp;≒ 濱田マリ&nbsp;≒ 柴咲コウ&nbsp;≒ あたし&nbsp;> 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??
43. 嫌われ松子の一生  [ It's a Wonderful Life ]   2006年11月20日 20:05
これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。 主演の中谷美紀も、語り...
42. 嫌われ松子の一生DVD  [ 噂の情報屋 ]   2006年11月20日 19:04
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をクビになり殺人まで犯してしまう川尻松子に中谷美紀が扮し、 転落....
41. 映画「嫌われ松子の一生」を観て  [ とみのひとりごと ]   2006年11月20日 14:49
 大泣き。
40. 嫌われ松子の一生  [ Akira's VOICE ]   2006年11月20日 10:50
色彩豊かに歌い上げる人間讃歌♪
39. なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年11月20日 09:51
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄へと転がり落ちていく。 彼女の人生を、彼女のしたことを肯定はで...
38. 嫌われ松子の一生☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年11月20日 07:33
ま??げて♪伸ばして?? お星様をつかもう♪冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に『ムーラン・ルージュ』を連想しちゃったのは猫でした(笑)今日の映画は『嫌わ...
37. 嫌われ松子の一生  [ 5125年映画の旅 ]   2006年11月20日 06:41
2 『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした。 主人公松子...
36. 「嫌われ松子の一生」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2006年11月20日 06:19
「嫌われ松子の一生」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友族、香川照之、市川実日子、孫沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章族、宮藤官九朗、劇団ひとり、谷中敦、BONNIE PIN...
35. 本当の価値  [ 楽々主義 ]   2006年11月20日 00:24
昨日久しぶりに映画を見に行った。     「嫌われ松子の一生」    理由はた
34. 「嫌われ松子の一生」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年11月20日 00:04
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 2時間サスペンスの女王 片平なぎさ 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイキングを放...
33. 「嫌われ松子の一生」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年11月20日 00:02
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 2時間サスペンスの女王 片平なぎさ 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイキングを放...
32. 嫌われ松子の一生:歌を唄っておうちに帰ろう シネクイント  [ 気ままに映画日記☆ ]   2006年11月19日 23:55
この映画は見なきゃ後悔する。中谷美紀渾身の一本。 好きだったバンドもやめて、彼女にもふられたショウ(瑛太)。 何もする気がなくて家で寝ていたら、枕元におやじが立っていた。 びっくりして飛び起きた。何しに来たって聞いたら、おばさんが死んで葬式出すために来....
31. 【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月19日 23:36
3 『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを殺害 自殺未遂 刑務所行き ヤクザの女に 松子。人生を100%生きた女。
30. 嫌われ松子の一生  [ Childish Garden ]   2006年11月19日 23:32
気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと違って混んでいるんだね。 原作を読んでいないし、予告...
29. 感想/嫌われ松子の一生(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年11月19日 23:27
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生徒をかばえ...
28. ★「嫌われ松子の一生」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年11月19日 23:21
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
27. 「嫌われ松子の一生」と色彩  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2006年11月19日 23:09
前述(2006-05-22)の通り、もう一度見てきました!!「嫌われ松子の一生」。で、美術の桑島十和子さんのスケッチはパンフレット(出演者、監督インタビュー、スタッフコメント、歌詞など見ても読んでも楽
26. 「嫌われ松子の一生」  [ 塩ひとつまみ ]   2006年11月19日 23:09
松子の壮絶な人生を私も見てきました。 予告でこれを見た時に友達と「面白そうだねー」なんて言ってたんだけど あれ?あれ?泣けちゃいましたよ。ものすごく…
25. [ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年11月19日 22:58
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成されている。 山田宗樹の同名ベストセラー小説の映画化。 壮絶で不...
24. 「嫌われ松子の一生」  [ the borderland  ]   2006年11月19日 22:50
映画化が決まった頃に本を買おうか悩んだけど、長いのと暗??い話そうだったので敬遠してました。そしたら、あの予告編、「本当にあの本なの?!」という疑問が渦巻き、観たくて、うずうずしてましたよ。さらに同じく中島哲也監督の「下妻物語」は全く興味なかったけど、先日T...
23. 『嫌われ松子の一生』  [ *sweet* Days ]   2006年11月19日 22:45
監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方なく松子...
22. 映画『嫌われ松子の一生』の感想。  [ まぜこぜてみよ〜う。by青いパン ]   2006年11月19日 22:27
5 ♪TBさせていただきます♪映画『嫌われ松子の一生』の感想です!
21. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年11月19日 22:26
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
20. (今日の映画)嫌われ松子の一生  [ Kozmic Blues by TM ]   2006年11月19日 22:25
嫌われ松子の一生 (2006/日) Memories of Matsuko
19. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年11月19日 22:24
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
18. 映画「嫌われ松子の一生」鑑賞。映画と小説と...  [ 空飛ぶさかな文芸部 ]   2006年11月19日 22:16
ずっと観たかった「嫌われ松子の一生」の映画を観てまいりました。 映画化が決まる前に原作を読んでいた私としましては、原作自体は面白いもののあまり好きではないんだが...と思ってたところに、まずは監督が「下妻物語」の中島哲也監督であるということと、その予告....
17. 嫌われ松子の一生  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2006年11月19日 22:11
公式サイト 「下妻物語」でフカキョンのロリ少女とヤンキー少女との友情のヘンテコで痛快な映画を作った中島哲也監督の作品で、この新作を見ても、大げさで綺麗に見せる絵の演出法や、語りの多用や展開のさせ方など、やはり作風は共通している。 舞台挨拶も賑やかだった...
16. 中谷美紀の体当たり演技「嫌われ松子の一生」  [ コレ、いいかも☆ ]   2006年11月19日 22:02
やっと観ました“松子”。周りに色々な俳優さんが出ていて豪華キャストも楽しめます。“嫌われ”だけでなく“愛され”松子も見え隠れ。ミュージカルっぽく歌が沢山入っていてテンポ良く一生分を詰め込み、盛りだくさんであっという間でした。監督に怒られながらやってたな...
15. 映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年11月19日 21:52
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱な女。 こんなきょうだい関係なら、長女は父親から顧みられることが少ないだろうということ....
14. 映画 「嫌われ松子の一生」  [ ようこそMr.G ]   2006年11月19日 21:50
映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
13. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年11月19日 21:48
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
12. 嫌われ松子の一生/中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介  [ カノンな日々 ]   2006年11月19日 21:25
3 レディスデイということを差し引いても平日の昼間の回にしてはけっこうなお客さんの入りで、しかもこの作品にはあまり似つかわしくないような年配の女性も多くてちょっとビックリ。逆に男性はほんの数人しかいなくて、もしかしてコレは女性映画なのかもと思ってしまうくらい....
11. 嫌われ松子の一生・・・・・1200円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年11月19日 21:22
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映像に彩られた快作だったと思う。 15秒という??'????
10. *嫌われ松子の一生*  [ Cartouche ]   2006年11月19日 21:21
{{{   ***STORY***             2006年   日本 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性...
9. 『嫌われ松子の一生』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年11月19日 20:58
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一...
8. 『嫌われ松子の一生』  [ 映画大陸 ]   2006年11月18日 22:55
 中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美紀に向って「下手くそ!女優辞めろ!」なんて罵倒が毎日毎日飛....
7. 嫌われ松子の一生・・・・・映画館  [ ぷち てんてん ]   2006年11月18日 22:29
最近邦画ばかり見ているなあ〜。これは先週見たんですけどね。今日は『花よりもなお』見て来たし、これから見たいと思うものも『デスノート』や『TORCK2』等、邦画が多いんですよね〜〜。この『嫌われ松子の一生』の原作は、文庫本(上・下)で読みました。私としては、『...
6. 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月18日 19:21
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
5. 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年11月17日 23:59
3 「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
4. 『嫌われ松子の一生』  [ 試写会帰りに ]   2006年11月17日 22:47
『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰でも行きつく先なのです。 嫌われ松子の一生 通常版 嫌われ松...
3. 嫌われ松子の一生(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年11月17日 20:00
【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に生まれた川尻松子は、お姫様のような人生を??!
2. 嫌われ松子の一生  [ Kinetic Vision ]   2006年11月17日 19:24
松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいらしい色とりどりの花々が咲き誇っている。ろ
1. 『嫌われ松子の一生』鑑賞ヽ(δ▽δ)ノ♪  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年11月17日 19:04
『嫌われ松子の一生』鑑賞レビュー! テーマソング▼ (♪音量注意!) ★ポチッとナ! 松子。人生を100%生きた女。 『下妻物語』の中島哲也監督が贈る もうひとつのシンデレラストーリー 不幸って何? ありえない?キャスティング ...

この記事へのコメント

1. Posted by メビウス   2006年11月17日 20:07
耕作さんこんばんわ♪TB有難ございました♪

耕作さんはオープニングのカエラから引き込まれましたか♪自分は片平なぎさに引き込まれましたね♪(笑
この映画は久々に中谷美紀をスクリーンで観た作品でもあるので、砕けた演技を魅せた彼女に女優魂を見ましたね。最近見た『7月24日通りのクリスマス』はイマイチでしたけどね(汗

そいえば伊勢谷はキャシャーンにも出ていたんでしたっけ。
あのギロ目と野太い声は、任侠モノでこそ最大限に活かされそう・・(笑
2. Posted by 耕作   2006年11月17日 22:09
◆ メビウスさん
中谷美紀にはあまり良い印象はなかったのですが、
ちょっとは見直しました(笑)
本当によく頑張りました、って感じで。
ちなみに伊勢谷はキャシャーンの主役でございます(笑)
3. Posted by 現象   2006年11月19日 02:48
TBありがとうございました。
ここのところライブドアブログとアメーバブログの相性がずっと悪く、
こちらからのTBはできない状態が続いています。
コメントのみ失礼させていただきます。
DVDは豪華な仕様となっているようですね。
そのごった煮エンターテイメントが特典群と一体化しているような気がします。
ところで女性におけるスクワットは、男性の場合だと何になるか考えています。
最近鍛えたい衝動に駆られていますw
使う機会はここのところ全くないのですが。
4. Posted by 耕作   2006年11月19日 19:23
◆現象さん
いえいえ、コメントだけでも、とても嬉しゅうございます♪

>ところで女性におけるスクワットは、男性の場合だと何になるか考えています。

何になるんでしょうね〜。
自分はもう虹色の珠が出ちゃったので終わってますw
5. Posted by にら   2006年11月22日 15:35
スクワット、印象的でしたね。

それにしても、何かと保守反動なジャニーズ事務所が、よくぞこの映画に光ゲンジの使用を許可したもんです。

ま、諸星くんとか大沢くんとか、ジャニーズにしてみれば鬼っ子扱いしたくなる気持ちも判らなくもないんですけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
6. Posted by 耕作   2006年11月23日 19:35
◆にらさん

>それにしても、何かと保守反動なジャニーズ事務所が、
>よくぞこの映画に光ゲンジの使用を許可したもんです。

すでに賞味期限切れ、だからでは(笑)
そっち系は全然興味がないので、
その疑問は新鮮でした、ありがとうございます。
7. Posted by 奈緒子と次郎   2006年11月28日 14:10
TBありがとうございました♪
本当に最高に素敵な映画でしたね(^o^)
悲惨な話だってことを忘れちゃってました…。
8. Posted by 耕作   2006年11月28日 18:57
◆ 奈緒子と次郎さん
内容と相反するような映像にもう降参です(笑)
今から中島監督の次回作が楽しみです♪
9. Posted by かおりん★   2006年12月12日 01:36
5 はじめまして^^

私もですね・・・
松子並に・・・
どんどん落ちて行ってる
気がなきにしろあらずでして

嫌われてるんです

TBありがとうございました

10. Posted by 耕作   2006年12月12日 11:26
◆かおりん★ さん
わざわざコメントまでありがとうございます。
とことん底まで行けば、後は昇るだけですから(笑)
愛なんて無くても生きては行けるんです
11. Posted by TATSUYA   2007年03月21日 16:05
5 達也です。
DVDでやっと観ました。
いやー、期待以上に思い切りよかったです。
こんなに不幸な女性の一生を、そのまま描いたら
観れたものじゃありません。
中島監督の「曲げて伸ばした」演出が正解ですね。
最後には、松子がとっても愛しくなりました。
荒川良々やクドカン、黒沢あすかが光っていました。

トラバさせてくださいね。
12. Posted by 耕作   2007年03月23日 04:56
◆TATSUYAさん
中島監督が自分の世界に妥協しなかったのが良かったですね。
本当にオイラ好みの作品でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール
ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析