2007年01月30日

どろろ3

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 138分
監督 塩田明彦
製作総指揮 −
原作 手塚治虫
脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦
音楽 安川午朗 、福岡ユタカ
出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、
麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団ひとり 、中村嘉葎雄 、原田芳雄 、中井貴一

どろろ

解説: 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の最高傑作とも言われている怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すために男装した泥棒“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。主演の百鬼丸役に『涙そうそう』の妻夫木聡、どろろ役に『県庁の星』の柴咲コウを迎え、初の本格的なアクションを披露する。男女間の微妙な心情を強調したドラマや総製作費20億円以上を投入した驚異の映像が見もの。

戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろ(柴咲コウ)は百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、彼を追いかけ始める。



【耕作のコメント】

 これまた、凄い作品に目を付けたもんだ、と。

 原作は“フランケンシュタイン”をモチーフに、自己再生や当時のアナキズムを主題にした「手塚治虫」作品。
 オイラぐらいの年代の人間は、アニメを夢中になって見たんじゃないだろうか(笑)

 しかし、“どろろ”を「柴咲コウ」が演じると知った時には、正直ビックリした。
 そりゃ、確かに原作でも“どろろ”は女の子だが、あまりにも年齢設定がカケ離れすぎている。
 CMなんか見ても、明らかに“客寄せパンダ”のようだし。

 そして、監督が【黄泉がえり】や【この胸いっぱいの愛を】の「塩田明彦」と来た。
 この監督さん、ファンタジー系の脚本を書かせると本当につまらない。
 どこか現実を引きずり、潔さがなく収拾がつかなくなった脚本しか書けない感じで…。



 そんな、様々な不安を抱えつつ、やっぱり原作の魅力に惹かれて観ちゃった(笑)

 だから、かなりハードルは低いぞぉ(爆)

どろろ2

 ンで…。


   いやぁ、面白かったです♪


 前半20分と後半20分は(笑)

 この重厚な原作をどう処理するのかと思っていましたが、冒頭の酒場の踊り子達のシーンを見て、ああ、そう来たのね、って感じで。
 完全に“無国籍映画”として、ファンタジー色の強い世界観で行くのか。
 これは上手く行けば面白くなると思いました。
 ただ、原作とかなり世界観は違うかも…。
 でも、これもアリかな、と。


 画像彩度のデジタル処理も雰囲気あるし、音楽もジャンルにこだわっていない。
 そして、クリーチャーのCGIもリアル過ぎず、アクションにも遊びが感じられる…。
 これはひょっとして、ひょっとすると、傑作の誕生かぁ?

 残る問題は脚本だけだ、と思いました(笑)
 その結果は後ほど書くとして。

 クライマックスの展開も、けっこう意外な展開で面白かったです。
 「中井貴一」演じる醍醐景光と「妻夫木聡」演じる百鬼丸との闘いも楽しめました。
 ただ、何か“殺陣”というより、香港や中国映画の“ソード・アクション”だなあ、と(途中のアクションも含め)ずっと思って観ていたのですが、クレジットを観て納得です。
 アクション監督に【HERO】や【LOVERS】の「チン・シウトン」が参加していたんですね。
 これは、百鬼丸の両手が剣、というキャラ&作品の世界観にはぴったりの選択だったんじゃないでしょうか。
 ただ、日本の“殺陣”と違って、その動きはまったく理解できないけど(笑)

 そして、ラストの“どろろ”が瞬間女の子に戻るシーン。
 この泣きの演技があったから「柴咲コウ」をキャスティングしたんでしょうか。
 たしかに、このシーンだけを観れば、彼女のキャスティングもしょうがないかな、とも思いますけどね(笑)

どろろ3

 さて、やっぱり問題は途中の展開でした。

 脚本に【ドラゴンヘッド】や【ウルトラマンマックス】などの「中村雅」が参加している事もあったのか、架空の時代・世界を舞台にした無国籍な世界観や、“自己再生”というよりも途中の鯖目のエピソードとしても描かれるように、「親子愛」に主題を絞ったのもそれなりに良かったのですが…。

 勿体ないと思ったのが、この作品なら許されるはずのファンキーさやPOPなノリが、途中ではトーンダウンしてしまった事。
 あまりにも周りのノリが悪く、お笑い連中の登場も活かされず、飛び跳ねる「柴咲コウ」の“どろろ”キャラが浮きまくってしまい、彼女の一生懸命さだけがこちらに伝わって来ちゃった(笑)
 ちょっと、ウザかったです。
 周りの空気感と違うノリは白けるだけで。
 「柴咲コウ」の“どろろ”は彼女なりに良かったのですが、個人的には、この“どろろ”のキャスティングは、もっと若い子や新人で冒険して欲しかったと思う。

 そして、鯖目のエピソードが無駄に長い。
 エピソード冒頭の村人夫婦との会話が、あまりに説明的で無駄、無駄。
 ただ、鯖目の奥方を演じた「土屋アンナ」には笑わせてもらいました。
 彼女は本当にインパクトがある。
 ちょっと、太った感じ?
 2月に公開される、彼女主演の【さくらん】は本当に楽しみで(笑)
 あろう事か、ナビゲートDVDまで買ってしまった(爆)
 早く観たいなあ♪

 話がそれましたが…。
 この後の、三つの魔物退治のエピソードも長いし。
 全体的に2時間を超える上映時間の内容じゃない、と思う。
 もっと、テンポ良く展開すれば、もっと面白くなったと思います。

 そして、このエピソード後に醍醐景光とのシークエンスに持っていく展開が、あまりに唐突で強引でしたね。
 この辺の展開は本当にガッカリしました。

 もっとPOPな世界観とファンタジー色を徹底して、展開を整理すれば、オイラ好みの最高のエンターテイメント作品になったと思います。
 余計なお世話ですが(笑)

どろろ4

 でも、本当に勿体ない作品だと思う。

 作品世界を演出する美術、特に建築理論(笑)を無視した造形の「醍醐城」や、おどろおどろしさを感じさせる映像は良かったと思う。
 「黒澤和子」の衣装デザインも無国籍な世界を表現しているし、もっと(赤と黒の)鎧だけじゃなくて、甲冑とか出しちゃえば良いのにと思ったくらい(笑)
 安っぽい特撮!! や気ぐるみ感も良い感じだったしね。
 ずっと吹いている“風”の演出も良かった。
 【幸福の食卓】に続いて、この作品のエンディングもミスチルだった。
 何故に?
 単なる偶然なのか?
 でも、意外と作品に合っていたと、珍しく感じました(笑)

 もちろん、キャストも良かった。
 百鬼丸を演じた「妻夫木聡」は、ちょっと優男っぽい感じだけど、クールで見得も決まってるし、何より髪の間から覗く目が魅力的(笑)
 琵琶法師の「中村嘉葎雄」や百鬼丸育ての親、寿海を演じた「原田芳雄」もなんかリラックスして演じていたみたい。
 醍醐景光を演じた「中井貴一」は意外と野太い声を出したので驚いた(笑)
 アクションはちょっと微妙だけど。
 多宝丸を演じた「瑛太」の初登場シーンには笑わせて貰った。
 あの髪型はもう少し何とかならなかったのか?


 いやあ、しかしあの中弛みさえなかったら、最高の娯楽映画だったのになあ…。

 明らかに続編を意識した終わり方でしたが、もし続編があるのならば、もっともっとファンキーPOPなカラーの世界観の作品にして欲しい、と願います。

 でも、面白かった♪


 オフィシャル・サイト→http://www.dororo.jp/
 無駄に重くて使えないサイトだ(笑)


【関連商品】

4061087479どろろ (1)
手塚 治虫

講談社 1981-03
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

402264382Xどろろ〈上〉
手塚 治虫 NAKA雅MURA

朝日新聞社 2006-12
売り上げランキング : 1459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4022643838どろろ〈下〉
手塚 治虫 NAKA雅MURA

朝日新聞社 2006-12
売り上げランキング : 1113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4840117705どろろ完全図絵

メディアファクトリー 2007-01
売り上げランキング : 12743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000A5HLT8どろろ Complete BOX
手塚治虫

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-09-21
売り上げランキング : 149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000J0ZP24どろろ ナビゲートDVD ~序章~
妻夫木聡 柴咲コウ 瑛太

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-12-22
売り上げランキング : 739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 05:07│Comments(12)TrackBack(42)【2007年 劇場鑑賞】 | 【邦画 た行】Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

42. どろろ  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年09月13日 21:21
物語が、動き出す。
41. 『どろろ』'07・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年08月27日 09:16
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...
40. <どろろ>   [ 楽蜻庵別館 ]   2007年12月17日 01:42
2007年 日本 138分 監督 塩田明彦 原作 手塚治虫 脚本 塩田明彦  NAKA雅MURA 撮影 柴主高秀 音楽 安川午朗  福岡ユタカ アクション監督 チン・シウトン 出演 妻夫木聡  柴咲コウ  中村嘉葎雄  原田芳雄    杉本哲太  中井貴一  ...
39. どろろ  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年09月27日 03:01
手塚治虫の同名の漫画の映画化。 原作は読んでいないのですが、興味あり。 DVDで鑑賞。 賢帝歴3048年、大地の東の果てにある国。 争いが絶えず、血で血を洗う地獄の日々が続いていた。 天下統一を目指す武将・醍醐景光は、 我が子の体48ヶ所を魔物に差し出す代わりに...
38. どろろ <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2007年03月03日 00:58
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...
37. どろろ  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2007年03月01日 20:09
どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) 2007/01/27 劇場初公開 公式サイト: http://www.dororo.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン9 I-15 2007年2月26日(月)19時の回 ゴウ先生総合評価: B-/C+   画質(ビスタ): C   音質(SRD): A-
36. どろろ  [ 超どフリーなブログ ]   2007年02月27日 14:34
時代劇で妖怪物、ちうごっつう特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なんやよりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊の孤児が主人公ちうことで、差別問題やらなんやらビミョーな問題がようけ地上波で...
35. どろろあらすじ  [ 超どフリーなブログ ]   2007年02月27日 14:31
室町時代末期、武士の醍醐景光は天下取りの代償としてオノレの子を生贄として48体の魔神に差し出す。その結果赤ん坊は体の48箇所を欠損した体で生まれ、化け物としてそのまんま川に流され、ホらられてまう。医者・寿海に拾われた赤ん坊は彼の手により義手や義足を与えられは...
34. 香港で「どろろ」旋風!妻夫木&柴咲も熱いファンに大感激  [ 竹内結子、中村獅童、新庄剛志,赤西仁,浜崎あゆみ、 長瀬智也、長澤まさみ、沢尻エリカ 。目指せ芸能通。 ]   2007年02月27日 13:05
目指せ芸能通。
33. 映画:どろろ 完成披露試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年02月22日 17:37
どろろ 完成披露試写会(国際フォーラムC) 「化け物小僧って意味だぞ??????どろろ」 公式ブログのキャンペーンで当選しました♪でも関係者中心のため一般客は3階席まで追いやられてしまいました・・・早くから並んでいれば2階席だったのでしょうか・・・ま席まで...
32. 『どろろ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年02月22日 12:43
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で...
31. 「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2007年02月14日 15:02
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
30. 『どろろ』  [ 映画大陸 ]   2007年02月12日 10:47
 学生の頃だったでしょうか、一時期手塚治虫の漫画をよく読みました。ちょうど秋田書店から文庫版のシリーズが出始めた頃だったと記憶しています。  当時暇な本屋でバイトしていた(時給650円だったよ!)ので何気なく手に取って読み始めた『ブラック・ジャック』をキカッ...
29. 映画vol.106 『どろろ』*試写会3  [ Cold in Summer ]   2007年02月09日 16:20
どろろ ナビゲートDVD〜序章〜 監督:塩田明彦 アクション:チン・シウトン 出演:妻夫木聡 柴崎コウ 瑛太!   製作:2007年 日本 公式HP 試写会第3弾は、どろろでした♪ アニメの録画を見せてもらったことがありましたが、「誕生時....
28. どろろ 観た!!  [ せるふぉん☆こだわりの日記 ]   2007年02月08日 21:20
ワーナーのレディースデイで映画を見てきました。 公開直後から評判がイマイチな感
27. 「どろろ」  [ Tokyo Sea Side ]   2007年02月07日 23:12
もともと興味も観る気もなかったのですが、何となく足が向いたので観に行きました。…しかし、やはり直感は大事ですね。私はこの映画、ダメでした。 原作は読んだコトないので、そのギャップがどうこうというのはありませんでしたが、そもそもどろろに好感が持てません。そ...
26. どろろ(1月27日公開)  [ オレメデア ]   2007年02月07日 13:35
手塚治虫原作の「どろろ」が,ついにスクリーンに登場した 日本の,そして世界の漫画・アニメの歴史を作った人の作品というだけあって,ストーリーの斬新さはなかなか. でも,原作が「戦国時代」なのに対して,この映画では舞台が「神話的な世界」になっていて,それが原作と少し...
25. どろろ  [ いろいろと ]   2007年02月06日 17:33
手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である  出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太
24. ★「どろろ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年02月05日 23:50
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ〜」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
23. 映画「 どろろ 」鑑賞  [ C級セールスマン講座 ]   2007年02月05日 22:57
実写映画で「 どろろ 」?妻夫木聡が「 百鬼丸 」?柴咲コウが「 どろろ 」?『 大丈夫かぁ~?昔見たアニメ「 どろろ 」のイメージを損なうなよ~ 裏切るなよ~ 』って思っていた。 でも、昔見たアニメって言っても、放映は今から38年前、小学校に入るか入らないかって頃....
22. どろろ  [ りらの感想日記♪ ]   2007年02月05日 20:37
【どろろ】 ★★★★☆ 2007/02/03 ストーリー とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井 貴一)は
21. 映画「どろろ」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年02月05日 13:25
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス...
20. どろろ (2007)  [ シネマテーク ]   2007年02月05日 09:55
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
19. 「ウエディング・クラッシャーズ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年02月05日 00:39
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンの共演。 この2人ってことは、間違いなく、おバカコメディ。
18. 「どろろ」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年02月04日 17:31
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
17. 「どろろ」長尺も満腹感ナシ、でもダメダメ映画じゃない  [ soramove ]   2007年02月04日 10:09
「どろろ」★★★ 妻夫木聡、柴咲コウ主演 塩田明彦監督 見終えて素直に面白かった。 CGで動く魔物たちの完全作り物感や、、 主人公の背負った苦難な感じが あまりにサラリとしている部分など 気にはなったが、 一番心配していた、 安っぽさはあまり感じ...
16. ただの妖怪映画ではない。『どろろ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年02月03日 11:03
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
15. どろろ・・・・・評価額800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年02月03日 00:27
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー〈退
14. どろろ??続編希望♪♪  [ シネマでキッチュ ]   2007年02月02日 23:14
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) おもしろかった??。 映画が終わるともぉPART2を期待している自分がいたりして。 充実したエンターテイメントよ♪ 感動しました! なかなかどうして深いんですものねえ??。さすが手塚治虫原作。 天下を取るという欲望にとり憑かれた男、...
13. どろろ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年02月02日 23:07
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ〜〜【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)。肉体を取り戻す旅に出た彼は、戦で天涯孤独の身とな...
12. 『どろろ』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年02月02日 17:33
感動度[:ハート:][:ハート:]             2007/01/27公開  (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] CG度 [:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】塩田明彦 【アクション監督】チ...
11. どろろどろろー  [ ネヤガワ・デイドリーム ]   2007年02月01日 20:13
「どろろ」を見てきた。おもしろかった。おもしろかったけど素直に「おもしろかったー」と言いながら劇場を出ていけないくらいのおもしろさ。怪物のショボさっていうのは覚悟していたので、そんなに気にならなかったけど、アクションシーン自体があまり迫力なかったから...
10. 「どろろ」(13)  [ 映画とワンピースのこでまり日記 ]   2007年01月31日 16:53
おもしろかったけどぉ・・・’07 日本 138分監督・・・塩田明彦出演・・・妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 原田美枝子 原田芳雄戦国の世、武将・醍醐景光は力を欲し、我が子の肉体48箇所を48の魔物に捧げた。20年後、その子・百鬼丸は自分の体を取り戻すべく、...
9. 劇場鑑賞「どろろ」  [ 日々“是”精進! ]   2007年01月31日 12:09
「どろろ」を鑑賞してきました手塚治虫の同名マンガを映像化した時代劇アクション。総製作費20億円をかけた大作。肉体を魔物に奪われた悲運の男の戦いと、彼のお供する天涯孤独な盗っ人との絆を描く。ストーリーは・・・乱世を治める力を得るため父により体の48の部分...
8. 『どろろ』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年01月31日 07:18
  『どろろ』   父の野望のために体を奪われし者――。時の権力に両親を奪われし者――。 失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め。   昔漫画を読んだこともあり、アニメも微かに記憶あり(再放送だと思うけど・・・)、でももう忘れてるけどね・・・。
7. どろろ  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年01月31日 01:37
 日本  アドベンチャー&アクション&ファンタジー  監督:塩田明彦  出演:妻夫木聡      柴咲コウ      中井貴一      瑛太 とある時代のとある国。戦乱が続き荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は国を 治める力を手に入れるため生まれてくる我....
6. 映画 「どろろ」 を見ました  [ THE有頂天ブログ ]   2007年01月31日 00:31
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) ■DVD:どろろ Complete BOX 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウとい...
5. 映画「どろろ」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年01月30日 22:01
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得る...
4. どろろ  [ Akira's VOICE ]   2007年01月30日 11:09
自分探しは永遠に終わらない!
3. どろろ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年01月30日 11:03
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェックが....
2. ミニコミ 手塚治虫漫画全集  [ ミニコミ 手塚治虫漫画全集はAmazon が安い! ]   2007年01月30日 10:30
手塚治虫氏の漫画作品を手のひらサイズで楽しめる「ミニコミ」シリーズです。「ジャングル大帝」鐔ァ屮屮薀奪ジャック」等の名作を場所を取らないミニコミでコレクション出来ます。手塚治虫氏の漫画作品を手のひらサイズで楽しめる、単行本丸々1冊をそのまま手のひらサイズ...
1. どろろ 07025  [ 猫姫じゃ ]   2007年01月30日 09:58
申し訳ありません、、、livedoorの調子が悪いのにTBしていたら、複数送られてしまったところが、多々あるようです。この場でお詫び申し上げます、、、 どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋....

この記事へのコメント

1. Posted by ゆかりん   2007年01月30日 11:16
こんにちは♪
普通に楽しめて面白かったですね。
中井貴一はやっぱりというかいつもというかああいう役ですが悪役が好きなので良かったです。
クールな妻夫木くんにちとフラッときました(笑)
2. Posted by ミチ   2007年01月30日 22:05
こんばんは♪
コウちゃん、すごく頑張っていたと思うのですが、やっぱり浮いていましたよね。
それがとても残念です。
映画を見たあとすぐに原作を読み直したのですが、どろろと百鬼丸の身長差年齢差が全く違うんですよね。
原作はやっぱり偉大です。
できれば完結させてほしかったな〜→手塚先生
3. Posted by ちーちゃん   2007年01月31日 00:27
こんばんは★

『どろろ』
私は原作を読んでいて、柴崎コウのどろろ役に
ど〜やろ?(;´・`)ヾと不安に思ってたんですが...

別物として見れば、楽しめそうですね★(^O^)

映画館で見るか、DVDを待つか、、、
悩みます〜(>_<)

どろろ役、個人的に鈴木杏ちゃんでも見てみたい気がします★
4. Posted by 耕作   2007年01月31日 06:12
◆ゆかりん さん
中井貴一は敵役が似合うようになっちゃいましたね(笑)
妻夫木くんはイイ男に映ってましたねぇ。
作品的には、もう少し苦悩がにじみ出ると…♪
5. Posted by 耕作   2007年01月31日 06:31
◆ミチさん

>できれば完結させてほしかったな〜→手塚先生

けっこう未完の作品てあるんですよね。
まあ、「どろろ」に関しては、その誕生動機が水木しげるの
作品への対抗心から、という事もあるでしょうけど(笑)
6. Posted by 耕作   2007年01月31日 06:36
◆ちーちゃんさん

>映画館で見るか、DVDを待つか、、、
>悩みます〜(>_<)

そりゃ、映画館で観た方が良いと思いますけど。

>どろろ役、個人的に鈴木杏ちゃんでも見てみたい気がします★

う〜ん、鈴木杏かあ…。
個人的には、土屋アンナ…♪(ウソ)
7. Posted by こでまり   2007年01月31日 16:52
<この泣きの演技があったから「柴咲コウ」をキャスティングしたんでしょうか。
ホント、あの泣き顔は可愛かったですね〜
前半は飛ばしすぎて、ちょっとうっとうしかったですけど
土屋アンナも、いかにも魔物ぽくて良かったです。

原作は知らないんですが、映画としては個人的に微妙な感じでした。
続編あるみたいなので、そっちに期待したいと思います。
8. Posted by 耕作   2007年01月31日 21:46
◆こでまりさん

>土屋アンナも、いかにも魔物ぽくて良かったです。

彼女は本当に面白い“奴”ですよね。
普通やらないでしょう、あんな役(笑)
いつまでも目が離せないキャラです♪
9. Posted by 由香   2007年02月02日 23:14
耕作さん、こんばんは!
この映画、あまり期待していなかったのですが、面白かったです〜♪
妻夫木君の暗い表情にクラクラきました(笑)
でも、魔物がショボ過ぎてガッカリでした。もっとなんとかならなかったんでしょうか?
10. Posted by 耕作   2007年02月05日 07:13
◆由香さん
原作とある程度設定を変更している所が
けっこう面白かったですね。

>でも、魔物がショボ過ぎてガッカリでした。

この無国籍な世界の作品には、合っていたと思いますけど(笑)
11. Posted by ひらりん   2007年02月05日 23:55
すみませんでした・・・トラバ間違って送ってしまって。
勘違いして、数名の方に同様に間違いトラバしてしまったようです。
今後気をつけますので、またよろしくお願いします。
ところでこの映画・・・
ひらりん的にはなかなか楽しめた作品でした。
「妖怪大戦争」を大絶賛したので・・・
この作品の魔物も、全然オッケーの部類。
今回のツンデレ・柴咲・どろろは・・・
中性的ツンツンどろろだったけど、
次回作を作るとしたら・・・
ハチャメチャ+でれぇぇぇぇっとしたどろろも見てみたいものです。
12. Posted by 耕作   2007年02月11日 17:15
◆ひらりんさん

>「妖怪大戦争」を大絶賛したので・・・

個人的には、そっちより良かったです(笑)
続編は、本当にもっとハチャメチャにして欲しいですね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析