2007年02月03日

魂萌え!3

製作年度 2006年
製作国 日本
上映時間 125分
監督 阪本順治
製作総指揮 −
原作 桐野夏生
脚本 阪本順治
音楽 coba
出演 風吹ジュン 、田中哲司 、常盤貴子 、加藤治子 、
豊川悦司 、寺尾聰 、藤田弓子 、由紀さおり 、今陽子 、林隆三 、三田佳子

魂萌え!

解説: 新聞連載時から評判を呼んだ桐野夏生の同名小説を映画化した人間ドラマ。平凡な主婦が夫の急死によって人生の荒波にもまれてゆく姿を、『亡国のイージス』の阪本順治監督が繊細(せんさい)に描き出す。世間知らずな専業主婦の敏子には『ハリヨの夏』の風吹ジュン。彼女の夫の“女”に三田佳子がふんするほか、加藤治子、寺尾聰、豊川悦司など実力派が共演。次々と降りかかる試練に動揺しながらも、自立に目覚めてゆくヒロインの姿が共感を誘う。

定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は、夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男……。生まれて初めて深い喪失感を味わう敏子を、次々に人生の荒波が襲う。


【耕作のコメント】

 【どついたるねん】や【】、【亡国のイージス】を監督した「阪本順治」という事で鑑賞。

 前作の【亡国のイージス】では力が入りすぎて失敗しましたが、基本的に人間の佇まいを描くのは上手い監督さんだと思います。
 だから、挑戦するのはいい事ですが、ジャンル的には人間ドラマを撮った方が、魅力の発揮される監督さんという感じ(笑)

 さて、「桐野夏生」原作のこの作品は、還暦を目の前にして今まで夢中で生きて来た為に考えもしなかった「孤独と老い」に対する戸惑いを主題に、昨年にNHKでも全三話で放送されました。
 「高畑淳子」主演のこのドラマは、リアルに今までの自分の生き方に疑問を持つ(持たされた?)、いわゆる“団塊の世代”の主婦層の共感を得て厚い支持を受けたらしい。

 オイラはこのドラマは未見だし、“団塊の世代”でもないから、いまいちピンとは来ないのですが、観客の多くはそんな年代の夫婦連れでしたね。

魂萌え!2

 原作の映画版となるこの作品では、主題が「孤独と老い」というよりも、流されるままに長年夫に寄り添って生きて来た、ある主婦の「再生と自立」になっていると感じました。

 定年を迎えた夫との平穏な老後を想像していたものの、その夫の急死によって平凡だった主婦の主人公に降りかかって来る“家庭”の内外の現実。
 10年もの間隠されて来た夫の秘密、プチ家出、エゴイズム丸出しの子供達、自分だけの携帯電話、予期せぬ情事、女としての意地…。

 次々とやってくる人生の荒波を経験する事により、次第に主婦ではなく、一人だけの“自分”を確立していく主人公…。
 そんなある意味「自分探し」の物語を、繊細に明るく描いた作品だと思います。
 ちょっとファンタジーも入ってますけど(笑)

 でも、本当に世間知らずの主人公が、予想もしていなかった出来事が起こり激しく戸惑いながらも、真摯に向き合い成長していく姿は、2時間を越える上映時間ながら飽きる事無く魅入ってしまいました。

 そして、夫の趣味が「蕎麦打ち」というのも変にリアルだし、カプセルホテルでの「フロ婆さん」のエピソードも笑えるけど妙に切ない。
 主人公が“自分だけの携帯”から夫の携帯に、恨みを込めたメッセージを残すのも有りそうで怖い(笑)

 ただ、残念だったのが、クライマックス・エピソードの“女の対決”の展開が、説明不足で違和感を感じた事。
 その前のエピソードで、相手の女性が「心の病」だ、という説明があったのに、まったくそんな気配がなかったのは何故?
 舞台の蕎麦屋が臨時休業だったのに、突然に主人公が訪れ、しかも相手の女性がいるのは何故?
 ひょっとしたら待ち合わせしていたの?
 でも、そんな説明描写は無かったから、もの凄く唐突で、もの凄い違和感で頭が???
 オイラが見落としていたのかな…。

 そんなことも影響して、クライマックスだというのに緊張感も何も感じられませんでした。

 もうひとつ、主人公の心理描写の為に【ひまわり】を使いたかったのでしょうが、その為に主人公の新たなスタートとして「映写技師」を選択したのは、説得力のある説明が何もなかったので、あまりに不自然で本末転倒のような気がしました。
 軍手に魅かれる、という意味が分らない。
 師匠役の「麿赤児」は、相変わらずインパクトありましたけど(笑)

魂萌え!3

 そんな、最後に来て不満の残る作品でしたが、出演者の演技は一見の価値があると思います。

 パッと見、どう見ても59歳(実年齢も'52生れの55歳なのに)には見えない、主人公を演じた「風吹ジュン」は正直イタイが、その演技の素人っぽさが役柄にピッタリ(笑)
 そして、スクリーン一杯に映し出されるアップでの、小皺を含めた表情の切り取り方は、監督の演出のセンスの良さを感じました。
 個人的には、彼女が自転車のスタンドを掛けるショットで、ちょっとオバさんを感じましたけど(笑)
 しかし、孫のいるお祖母ちゃんにはどうしても見えなかった。

 「フロ婆さん」を演じた「加藤治子」が、お茶目で孤独な宮里しげ子を好演していました。
 やっぱり、上手いですね。
 今回は入浴シーンのサービス・ショットもあります(笑)

 主人公の同級生役を演じた「藤田弓子」「由紀さおり」「今陽子」の三人も面白いキャスティングですね。
 特に「今陽子」の演技がサマになっていたのには感心しました。
 そして、このメンバーでの“合唱”は、さすがに聞き惚れた(笑)

 「左右田一平」の渋い演技、というか渋い声や、ダメ男をやらせると妙にはまる「豊川悦司」の演技、「常盤貴子」や「田中哲司」、「林隆三」などの脇を固める演技は、安心して観ていられました。
 しかし、登場する男性キャラが、みんな情けないのにはちょっと複雑な気持ち(笑)

 そして、特に印象に残ったのが伊藤昭子を演じた「三田佳子」ですね。
 クライマックスの“静かなる女の戦い”での、彼女の嫌味のある演技は必見です。
 しかし、彼女が夫の浮気相手という、敵役というか汚れ役を演じるようになったんですねぇ。
 ちょと、感慨深いものがあります(笑)


 このキャストの演技と中年から老年に向かう“恋する女性”を正面から描く映画作品として、★★★「観て損はない作品」だと感じました。
 そして、「阪本順治」はこういう“女性映画”の方が、魅力的な演出をすると思います。


 この作品、ある意味女性よりも男性にお薦めかもしれません(笑)


【関連商品】

4101306338魂萌え!〈上〉
桐野 夏生

新潮社 2006-11
売り上げランキング : 2128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4101306346魂萌え!〈下〉
桐野 夏生

新潮社 2006-11
売り上げランキング : 1708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000HXE34ENHK土曜ドラマサウンドトラック「魂萌え!」
Spanish Connection 伊藤芳輝 大渕博光

ビクターエンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 40961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 05:10│Comments(0)TrackBack(11)【2007年 劇場鑑賞】 | 【邦画 た行】Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

11. 『魂萌え!』'07・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年05月04日 13:59
あらすじ定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男・・・。感想風吹ジュ...
10. 五十代の衝動  [ ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル ]   2007年05月31日 17:53
『魂萌え!』を観た。 萌えるより燃えてた。 女(人間)の業がメラメラと…   2005年のふかや映画祭ゲスト。 美術応援で参加した『この世の外へ クラブ進駐軍』。 阪本順治監督最新作。   関口敏子は59歳の平凡な主婦。 夫が定年後に急死…その葬儀を...
9. 魂萌え!  [ いろいろと ]   2007年03月03日 07:12
題名につられて鑑賞しましたが、思っていたより楽しめた映画でした。  出演 風吹ジ
8. 魂萌え!  [ いろいろと ]   2007年02月17日 17:49
題名につられて鑑賞しましたが、思っていたより楽しめた映画でした。  出演 風吹ジ
7. 【2007-11】魂萌え!(たまもえ)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年02月12日 14:14
4 あなたの妻でいて、幸せでした。 今、私のもうひとつの人生が、始まります。
6. 「魂萌え!」  [ こだわりの館blog版 ]   2007年02月10日 16:46
小説と映画の微妙な関係… 1/27 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:阪本順治 原作:桐野夏生 出演:風吹ジュン、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾聰、藤田弓子、     由紀さおり、今陽子、左右田一平、なぎら健壱、林隆三、三田佳子、他  定年を
5. 魂萌え!  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年02月09日 21:12
定年退職した夫がその3年後に急死します。夫に先立たれた敏子は、夫の死後、夫に10年来の不倫相手がいたという思いもかけなかった事実を突きつけられます。他にも、相続の問題など様々な問題が敏子に襲い掛かります。その一つ一つの経験が、徐々に、敏子を強くしていき......
4. 阪本順治監督「魂萌え!」  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2007年02月09日 10:53
監督 阪本順治 出演 風吹ジュン、加藤治子、三田佳子  もし、この作品が女性監督の手で撮られていたら……。こういう仮定はよくないことなのかもしれないけれど、どうしてもそう思ってしまう。  風吹ジュンを中心にした同級生4人組の関係がすっきりしすぎている。いが...
3. 『魂萌え!』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年02月08日 18:01
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。   ■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰  □オフィシャルサイト ...
2. 映画「魂萌え!」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年02月05日 01:19
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺によ...
1. 「魂萌え!」:昭和橋バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2007年02月03日 09:32
{/hiyo_en2/}昭和橋から目黒川を望む・・・。 {/kaeru_en4/}お前は、昭和橋から目黒川を望む昭和の女・・・。 {/hiyo_en2/}なに、それ。意味わかんない。 {/kaeru_en4/}いや、「魂萌え!」なんて観ると、昭和の女の話だなあって思うわけよ。 {/hiyo_en2/}ますます、わかんな...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析