2007年02月24日

さくらん3

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 111分
監督 蜷川実花
製作 豊島雅郎、宇田充、藤田義則
原作 安野モヨコ
脚本 タナダユキ
音楽 椎名林檎
出演 土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃 、
菅野美穂 、永瀬正敏 、美波 、山本浩司 、小池彩夢 、安藤政信 、小泉今日子、石橋蓮司

さくらん

本作がデビュー作となる世界的フォトグラファーの蜷川実花が、カリスマ漫画家・安野モヨコの同名コミックを映画化。華やかな江戸時代の吉原遊郭を舞台に、8歳で吉原に足を踏み入れ、やがて伝説の花魁(おいらん)となった女性の生き様を描く。主人公の花魁(おいらん)を演じるのは『下妻物語』の土屋アンナ。音楽監督を人気ミュージシャン、椎名林檎が務める。ヴィヴィットで斬新な映像世界と、女性の心情に深く迫るリアルなストーリーを堪能したい。ヒロインの先輩花魁(おいらん)を演じた木村佳乃と菅野美穂の大胆な濡れ場も必見。


 8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁(おいらん)としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛貴)と恋に落ちるが……。

 予備知識として、まずは花魁とは何ぞや → こちらへどうぞ

 んで、舞台となった吉原とは? → 再びこちらへどうぞ
 ちなみに、この吉原は毎朝仕事で都心に抜ける為に通り抜けています♪

【耕作のコメント】

 とっても楽しみにしていた作品を、ようやく観る事が出来ました。

 さて、その感想ですが…。



   と〜っても、微妙…。



 というか、映画としては成り立ってない。

 というか、「蜷川実花」作品のファンや「椎名林檎」のファン、「土屋アンナ」が好きな人じゃないと、ちょっと ツライ かも…。

さくらん2

 個人的に「土屋アンナ」は大好き♪
 彼女の歌もそうなんだけど、その表現は素直で自分に正直、ストレートで嫌味がない。
 自分のキャパシティー一杯に、出し惜しみする事無く目一杯表現をする。
 その代わり、そのキャパシティー以上のものは、なかなか出て来ないけど(笑)

 だから、間違っても演技は上手くない、というか、多分出来ないんだと思う。
 だから、正直に自分の中から出てくるものは表現できるけど、“演技”=“嘘”をする事が出来ないんじゃないかな…。
 オイラはそんな彼女のキャラクターが、面白くて大好きなのであります♪

 そんな彼女が、この作品の主役 “きよ葉/日暮” 役。
 作品中は彼女のキャラクターが爆発、とっても生き生きとしていて魅力的に感じました。

 ただ、作品的には監督が彼女をコントロールし切れていない感じ。
 彼女のキャラを尊重したのかどうか知りませんが、演出的な主人公の感情の押し引きがなく、とっても平板な主人公として映ってしまいました。
 聞けば「蜷川実花」監督と「土屋アンナ」はかなり意気投合したらしいのですが、それがこの作品にとって良い方向には出なかったみたいですね。

 その「蜷川実花」監督の本編初演出も楽しみの一つでした。
 チラシや予告編での極彩色のような色彩には期待感は増すばかり…。

 だったのですが、ちょっとオイラの好みとは違いましたね。
 赤というか、朱を基調にした色彩はとっても刺激的で、監督の世界観を表現しているのだと思います。
 でもそれは、衣装やセット、背景などの個々として見た場合という事。
 映画のシーンとして、それらが繋がっていくと、もの凄くゴチャゴチャした印象が強く、結局うるさいだけで何の印象も残さない、という感じでした。

さくらん3

 演出的には、印象に残る所があったのですが。
 吉原の中にいる遊女達の置かれた状況を、吉原大門( “よしわらおおもん” で “よしわらだいもん” ではありませんよ)上の水槽の金魚や、 “びいどろ” の中の金魚を描写する事で、暗示する演出は面白かったし…。
 色事中に襖の隙間から覗く禿に対する、「菅野美穂」と「土屋アンナ」の振り返りの微笑も、とっても印象に残るシーンだったし…。

 これは原作や脚本の「タナダユキ」のものか分りませんけど、台詞も印象に残るものが多かったし…。
 例えば、「土屋アンナ」本人も好きな台詞と言っていましたが、映像の中での


  「ああ、笑う鬼だ…。


 という台詞はもの凄く印象的。
 他にも色々ありましたけど。

 ただ、これらの印象に残るものが、映画としてひとつに繋がっていない、という感じが強いです。
 ワンカット、ワンカットはとても美しかったり、構図として印象に残るのに映画として形を成して行かない。
 これが「蜷川実花」監督の限界なのか?
 何か、勿体ないなあ。

 そして、これは「椎名林檎」の音楽にも言える事。
 その楽曲は、とっても力強く、とっても切なく感じます。
 そして、刹那的(笑)
 本当に良い楽曲だと思う。

 ただ、その音楽に映像が負けている、と感じてしまった。
 「椎名林檎」の音楽に映像がパワー負けしている。
 楽曲が流れるまでは映像に集中できるのですが、その音楽が流れ始めると音楽の方に神経を持って行かれてしまう…。

 という事は、やっぱり映像に力がないのだと思う。
 か、「椎名林檎」を選んだ事が間違い(笑)

 あと、ラストは???
 “きよ葉” のキャラとしては、強く生きて欲しかったなあ。
 というか、キャラとして方向性が違うような気がしました。
 ちょっと、甘すぎるラストで、それまでの展開からは意外な感じがしました。
 原作ではどうなったんだろう…。

さくらん4

 キャストはけっこう熱演しています。

 冒頭に登場する “粧ひ” を演じた「菅野美穂」。
 前記した、振り返りの“微笑”は一見の価値ありです。
 かんざしのエピソードも個人的には好き。
 ただ、着物捌きは裾を踏んでばかりで微妙でしたけど(笑)

 きよ葉を目の仇にしてイビる、花魁 “高尾” 役を演じた「木村佳乃」。
 表面的にはプライドが高く、精神的にも強く見えるが、実は心が折れやすい、という難しい役を無難に演じていました。
 もっと、物語に絡んでくるのかと思ったら、意外と早く退場したのにはちょっとビックリ。
 というか、あの退場の仕方は展開的に唐突でご都合的に感じた。
 原作もそうなのかな?
 そして、濡れ場で意地でもバストを露出しないのは事務所的にNGなんでしょうか(笑)
 でも、どう観ても不自然ですよ(爆)

 そして、彼女が早目に退場したから、その後から絡んで来ると思った「美波」演じる “若菊” が、結局いっしょに退場してしまったのは残念
 面白いキャラだったのに勿体ない(笑)

 女将役の「夏木マリ」も、本当に因業ババア役が良く似合うし(笑)


 続いて男性陣キャスト。
 この作品では、基本的にみんな良い人(笑)

 “きよ葉”を幼い頃から見守り続けて来た “清次” を演じた「安藤政信」。
 子役の頃の “きよ葉” に出会っているのに、“清次” はずっと「安藤政信」が演じていて成長しなかったなあ(笑)
 寡黙なキャラを優しく演じていたんじゃないでしょうか。

 「市川左團次」が演じた “ご隠居” は可愛かったです♪
 吉原を知り尽くした好々爺を、本当に上手く演じていましたね。
 退場の仕方も、らしくて可愛かった

 口角を上げた笑顔が曲者の “惣次郎” を演じた「成宮寛貴」や、バカ正直な武士 “倉之助” を演じた「椎名桔平」も良かったですね。
 ただ、展開的にも変で、あっ、という間に退場した「永瀬正敏」は意味不明でしたね(笑)
 そして、「小泉今日子」が本当にチョイ役で出演しているので、お見逃しなく。



 ともかく、期待していた作品ですが…。
 パーツ、パーツは良い所もあったのですが、作品としては次回作を期待という事で(笑)

 ★二つの所ですが、相変わらずの「土屋アンナ」が観れたので★三っつ!!
 あと、「椎名林檎」の楽曲も大変素晴らしかったです♪

 オフィシャル・サイトはこちら → http://sakuran-themovie.com/

【関連商品はこちら】

4063348296さくらん
安野 モヨコ

講談社 2003-11
売り上げランキング : 94

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4062138433さくらん写真集
蜷川 実花

講談社 2007-02
売り上げランキング : 1316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4062138301『さくらん』オフィシャルガイドブック
1週間編集部

講談社 2007-02-09
売り上げランキング : 2164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000LPS3QWさくらん ~花魁音楽画巻~
土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴

角川エンタテインメント 2007-02-21
売り上げランキング : 274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000KJTLMOこの世の限り
椎名林檎 椎名純平 斎藤ネコ

東芝EMI 2007-01-17
売り上げランキング : 201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B000LPRN6S平成風俗
椎名林檎×斎藤ネコ コマエノオーケストラ ノラネコオーケストラ

東芝EMI 2007-02-21
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ti1025 at 17:19│Comments(8)TrackBack(36)【2007年 劇場鑑賞】 | 【邦画 さ行】Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

36. さくらん  [ miko's blog ]   2008年03月08日 12:39
今年の15本目 本作がデビュー作となる世界的フォトグラファーの蜷川実花が、カリスマ漫画家・安野モヨコの同名コミックを映画化。華やの..
35. さくらん  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年12月31日 10:47
青空に金魚! さしづめアンナは出目金w  さくらん 特別版posted with amazlet on 07.08.13角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 68おすすめ度の平均: 思っていたより・・・ 宮.
34. さくらん  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年12月30日 09:02
青空に金魚! さしづめアンナは出目金w  さくらん 特別版posted with amazlet on 07.08.13角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 68おすすめ度の平均: 思っていたより・・・ 宮.
33. さくらん  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年08月14日 08:34
青空に金魚! さしづめアンナは出目金w  さくらん 特別版posted with amazlet on 07.08.13角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 68おすすめ度の平均: 思っていたより・・・ 動く写真集、まるで??p:/A
32. さくらん−(映画:2007年81本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年07月22日 20:50
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。 原色バリバリの映像美と、土屋アンナ演...
31. 「菅野美穂」カンノさんは、いつまでもかわいいですね。  [ アイドルCM動画を見たい!! ]   2007年04月28日 08:39
ソフィーナ_ファインフィット_ほわり桃美肌「菅野美穂」カンノさんは、いつまでもかわいいですね。15 秒 解凍パスワード:LeCouple 放送日:2006年04月頃...
30. さくらん  [ 明け方シネマ ]   2007年04月18日 10:00
 遊郭という遠い時代の一世界を舞台にしながら、描かれているのは恋に身をやつし、愛憎の間で揺れる男女の普遍的なドラマと思う。主役の土屋アンナにおいてはメロドラマ、その顛末は少女マンガ!(天国の花畑だとしても)になっていたけど、それでも本作には魅力を感じた。 ...
29. 『さくらん』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2007年03月30日 00:36
『さくらん』鑑賞レビュー! 花魁をなめんじゃねぇよ! 極彩色エンタテインメント ヴィヴィッドで力強さに満ち 今を生きる私たちの心に深く突き刺さる いま最高にカッコいい女たちが この映画で勝負する! 「てめえの人生、てめえで咲かす」 恋に...
28. さくらん/てめぇの人生、てめぇで咲かす  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年03月20日 10:40
 監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たちがタ...
27. 「さくらん」  [ Tokyo Sea Side ]   2007年03月20日 01:19
楽しみにしていた「さくらん」を観に行きました。ストーリはだいたい原作と同じなのですが、後半はオリジナル?? 惣次郎との関係がメインだと思いきや、かなり出番が少なくてビックリ。そしてオリジナルと思われる後半は少々勢い不足な印象です。原作を知らないとストーリ...
26. 『さくらん』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年03月17日 03:23
感動度[:ハート:]          2007/02/24公開  (公式サイト) 映像美[:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】蜷川実花 【脚本】タナダユキ 【原作】安野モヨコ 『さくらん』(講談社刊) ...
25. これが金魚の生きる道♪~「さくらん」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年03月16日 18:30
2本目は絢爛豪華なおいらんでありんす。(笑) いや~ま~好き勝手やってくれちゃって 気持ちよかったです。土屋アンナ。 「下妻物語」のイチゴにしか見えなかったけど。(ノ*゚▽゚)ノ もっと言うたら夏木マリは似合いすぎで しかも湯婆婆とかぶるかぶる、 きよ葉じゃなくっ...
24. さくらん  [ 5125年映画の旅 ]   2007年03月13日 06:58
2 遊郭に売られた八歳の幼い少女。彼女はそこできよ葉と名付けられ働く事になる。しかし自由を求めるきよ葉は、周りの大人達に反発し「中庭の咲かない桜の木に花が咲いた時にここを出て行く」と宣言する。そして月日は流れ、大人になったきよ葉は遊郭一の売れっ子して名をは...
23. 【2007-32】さくらん  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年03月11日 19:41
4 男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
22. さくらん  [ メルブロ ]   2007年03月11日 18:34
さくらん 上映時間 1時間51分 監督 蜷川実花 出演 土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃 菅野美穂 永瀬正敏 評価 5点(10点満点) 会場 渋谷シネクイント    漫画家安野モヨコ先生原作の映画。吉原の花魁のお話です。  菅野さんファンな...
21. さくらん  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年03月08日 21:03
8歳の時に、吉原の玉菊屋に売られてきた少女は、きよ葉と名付けられ、花魁、粧ひに面倒を見られるようになります。脱走を図るなど問題児だったきよ葉ですが、やがて、吉原一の花魁を目指すようになります。17歳になり、遊女としてデビューしたきよ葉は、注目を集める存在とな...
20. さくらん(07・日)  [ no movie no life ]   2007年03月07日 20:07
「てめえの人生、てめえで咲かす」このキャッチに心掴まれ、観て来ました。 江戸時代の吉原遊郭、玉菊屋に身売りされたある少女。気が強く、吉原にある「稲荷の桜」が咲いたら自分の足でここを出て行ってやると思い続けて数年。とうとうナンバー1の花魁・日暮となる日が...
19. 『さくらん』  [ tu y mi-na☆ ]   2007年03月07日 00:10
『さくらん』     【内容】 8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は 何度も脱走を図るがあえなく失敗。 気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひ(菅野美穂)は、 そんなきよ葉に花魁(おいらん)とし...
18. さくらん  [ Lemon Tea のマイブーム ]   2007年03月06日 23:30
『さくらん』を観てきました! 吉原を赤で表現する独特な色彩感覚な映像の蜷川実花。 ガンガン主張する音楽、それがまたかっこいい椎名林檎。 ヤンキー役がピッタリ。そして今回もイメージ通りの土屋アンナ。 と、まさにこの3人のための作品。 って感じでした。...
17. 「さくらん」(2007)  [ TMDiary ]   2007年03月06日 17:15
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、安藤政信、成宮寛貴、椎名桔平、菅野美穂、木村佳乃、市川左團次、夏木マリ 他 江戸の遊郭、吉原。女衒に連れられ大門をくぐった8歳の少女(小池彩夢)は、玉菊屋に買われ、きよ葉と名付けられる。しかし、向こう意気が強いきよ葉は脱走...
16. 映画「さくらん」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年03月06日 08:37
映画館にて「さくらん」 フォトグラファーの蜷川実花の監督デビュー作。安野モヨコの同名コミックを映画化。 江戸時代の吉原遊郭。8歳で玉菊屋に連れてこられた少女・きよ葉(土屋アンナ)は何度も脱走を重ねるが失敗。完璧な高級花魁・粧ひ(菅野美穂)に花魁としての生き...
15. ★「さくらん」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年03月06日 02:30
土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
14. 「さくらん」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2007年03月05日 22:23
☆「さくらん」 監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏、 安藤政信、石橋蓮司、夏木マリ、市川左團次 満開の桜の下、お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。 美しい金魚が宙を泳ぐ大門をくぐると、そこは煌...
13. 「さくらん」吉原に生きた伝説の花魁の破天荒な日常  [ オールマイティにコメンテート ]   2007年03月05日 00:44
4 「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一時の夢を男に尽す役割を担っていた。
12. 「さくらん」吉原に生きた伝説の花魁の破天荒な日常  [ オールマイティにコメンテート ]   2007年03月05日 00:42
4 「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一時の夢を男に尽す役割を担っていた。
11. 『さくらん』  [ 世界中のトラが溶けてバターになる瞬間 ]   2007年03月04日 22:45
『さくらん』を観ました 8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は 何度も脱走を図るがあえなく失敗。 気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた 完璧な高級花魁・粧ひ(菅野美穂)は、 そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える...
10. 映画「さくらん」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年03月03日 14:52
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き人と...
9. 何とも不思議な時代劇。『さくらん』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年03月03日 11:13
華やかな江戸時代の吉原遊郭を舞台に、伝説の花魁(おいらん)となった女性の生き様を描いた作品です。
8. 映画:さくらん完成披露試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年02月28日 14:39
さくらん完成披露試写会(ユナイテッド・シネマ豊洲) 「どこもおんなじ、それがわかっただけでももうけもんだ」 ■舞台挨拶 完成披露試写会ということで、司会エリカワクロさん、蜷川実花監督、主演土屋アンナさんの舞台挨拶がありました。 土屋アンナさんはアッシ...
7. さくらん 07056  [ 猫姫じゃ ]   2007年02月28日 00:37
さくらん 2007年   蜷川実花 監督  安野モヨコ 原作  タナダユキ 脚本  椎名林檎 音楽土屋アンナ 木村佳乃 菅野美穂 夏木マリ 椎名桔平 成宮寛貴 石橋蓮司 安藤政信 市川左團次 今最高にかっこいい女たちが、この映画で勝負する。 なのね、、、 ...
6. さくらん  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年02月27日 20:58
普段は食指が動くタイプの映画ではないが、予告編を観て魅せられた綺麗な色。。。【story】八歳の名も無き少女は、吉原の玉菊屋に買われ「きよ葉」と名づけられる。遊女になるのを怖れ、「いつか自分の足で吉原を出る!」と誓うきよ葉は、自分の意志とは裏腹に、ぞくぞくする...
5. 「さくらん」金魚と花魁(おいらん)  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2007年02月26日 19:53
監督・蜷川実花、脚本・タナダユキ、原作・安野モヨコ、音楽・椎名林檎(初映画音楽 ! )、主演の「きよ葉(後に日暮)」役に土屋アンナと、まさに女性たちによる究極のコラボレーション「さくらん」。注・内容に
4. 『さくらん』  [ Sweet* Days ]   2007年02月25日 18:42
監督:蜷川実花 音楽:椎名林檎 CAST:土屋アンナ、安藤正信、夏木マリ 他 STORY:江戸時代。吉原の遊郭「玉菊屋」に8歳で売られてきた少女は「きよ葉」と名付けられ、その破天荒振りで周りの者も手を焼いていた。そんなきよ葉(土屋アンナ)はいつしか売れっ子の...
3. さくらん   [ シュフのきまぐれシネマ ]   2007年02月25日 18:05
さくらん  2月21日(水)@よみうりホール(試写会) 監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ 原作:安野モヨコ 主演:土屋アンナ 音楽監督:椎名林檎 配給:アスミック・エース たのしみにしてた「さくらん」観てきました なにがたのしみって そりゃ音楽
2. 菅野美穂 腰ふりすぎて「ハゲた」  [ 近頃話題のニュース 話のネタにどうぞ ]   2007年02月25日 17:25
歌手、モデルとしても活躍する土屋アンナ(22)がおいらんの世界を豪華けんらんに演じた映画「さくらん」が24日、公開され、土屋、木村佳乃(30)、菅野美穂(29)らが舞台あいさつした。
1. 「さくらん」:高輪警察署前バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2007年02月24日 22:45
{/hiyo_en2/}この異様な建物は何? {/kaeru_en4/}高輪消防署の火の見やぐらだ。昭和8年築っていうから歴史的な建造物だな。 {/hiyo_en2/}火の見やぐらって、昔はたくさんあったのかしら。 {/kaeru_en4/}「火事とけんかは江戸の花」っていうくらいだから、とくに江戸時代に...

この記事へのコメント

1. Posted by 由香   2007年02月27日 21:03
耕作さん、こんにちは!
私はこの映画の極彩色に魅せられました。
しつこいくらいの派手な色合いが好きで。。。
マリーアントワネットのパステルカラーと正反対のケバケバしさが良かったです♪
あと菅野さんと木村さんの熱演にもビックリしました。
2. Posted by 耕作   2007年02月28日 17:42
◆由香さん
いつもドーモです♪
この作品の色使いは、個人的に映画としては
イマイチと感じてしまいました。
静止画としたら良いのかも知れませんが。
カメラが動くと、色がにじむんですよね。
次回作に期待させるものはあるように感じましたけど。
3. Posted by ミチ   2007年03月06日 08:43
こんにちは♪
きよ葉が男装してまで会いに行った惣様が笑ったシーン・・・・「笑う鬼」ですが、原作でもとても印象に残るシーンだったんです。
あの微笑は結構難しいと思いました。
原作では、「笑う鬼」に絶望してもう一度吉原へ帰るところで終わっています。
(漫画の初回に日暮という花魁が登場し、彼女の人生を振り返るという流れで進みます)
4. Posted by 耕作   2007年03月06日 17:13
◆ミチさん
そーなんですか。
原作はあそこで終わっているんですね。
という事は、その後の日暮は脚色なんですねぇ。
という事は、あのラストは原作にはないのかぁ。
なんか、とっても微妙〜。
5. Posted by カオリ   2007年03月07日 20:10
こんばんは!
私もあのラストはどうなの!!と思ってしまいました。全然違うじゃない・・・と。

マンガは読んでないんですが、おっしゃるとおり「微妙〜」な作品だと思います。
6. Posted by 耕作   2007年03月08日 05:19
◆カオリさん
ちょっと、想像した作品とは違っていた感じでしたね。
ラストはちょっと安易という印象です。
次回作に期待しましょう(笑)
7. Posted by ちーちゃん   2007年03月14日 02:42
2 さくらん やっと観て来ました★

・・・期待して行ったため
友達と二人 テンションガタ落ちしました。(;´・`)ヾ



どうして あんな風に原作を変更しまくったのか。。。
理解できません。(T_T).゚・。.・゚

時系列や役どころがめちゃめちゃでしたね〜。


写真や予告では おもしろそうだったのに。。。


でも、土屋アンナや菅野美穂の花魁姿は綺麗でした★
8. Posted by 耕作   2007年03月14日 05:18
◆ちーちゃんさん
かなりのお怒りモードですか?
原作を読んでいないオイラとしても、
映画としては疑問符がつきますが…。
パーツ、パーツの魅力はとてもあると思います。
次回作に期待です♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析