2007年06月24日

憑神 2

製作年度 2007年
製作国・地域 日本
上映時間 107分
監督 降旗康男
原作 浅田次郎
脚本 降旗康男 、小久保利己 、土屋保文
音楽 めいなCo.
出演 妻夫木聡 、夏木マリ 、佐々木蔵之介 、鈴木砂羽 、
森迫永依 、笛木優子 、佐藤隆太 、赤井英和 、上田耕一 、鈴木ヒロミツ 、
本田大輔 、徳井優 、大石吾朗 、石橋蓮司 、香川照之 、西田敏行 、江口洋介

憑神

解説: 激動の幕末を舞台に、しがない下級武士が3人の災いの神様に取り憑(つ)かれて奮闘する姿を描いた時代劇ドラマ。1999年に公開され大ヒットした『鉄道員』の原作・浅田次郎と監督・降旗康男のコンビが8年ぶりにタッグを組み、時代が移りゆく世相の中で、武士としての本分を取り戻していく若きサムライの生き様を活写した。人生の意義に目覚める主人公の妻夫木聡をはじめ、災いの神様にふんした西田敏行、赤井英和ら演技派たちによる掛け合いも見もの。



 うだつのあがらない下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)は、ささやかな出世を願って神様に懇願するが、祈る稲荷を間違えたために貧乏神・疫病神・死神という3人の災いの神に取り憑かれてしまう。社会や家からのけ者扱いされて日々を過ごしてきた彦四郎だったが、突然の災難に見舞われたことによって、次第に自分の人生の意義について目覚めていく。



【耕作のコメント】


 う〜ん、詰めの甘い作品でした。


 大ヒット作【鉄道員】と同じ原作者と監督コンビ…。
 作品の出来は雲泥の差か…。

 時代が移り変わる江戸を舞台に、その時代を生きた青年武士を描く作品。
 作品中に3人の災いの神を登場させる事で、より分りやすく、青年の心の変化と生き方を描くつもりだった?

 しかし、この監督「降旗康男」には、コミカルなセンスを感じない。
 苦手なコミカルな演出に神経を取られ、作品全体がグダグダになってしまったようだ(笑)
 てか、エンターテイメント作品は苦手という、東映の(センスのない)独特なカラーを感じる?



 時代は幕末、らしい。
 自分を持たない、人が良い、優しさだけが取り柄で冷や飯食いの別所彦四郎。
 そのキャラに「妻夫木聡」はピッタリ♪
 イイ男だ(笑)
 時代劇が似合いますね。

 脇を固める「佐々木蔵之介」や「香川照之」、「石橋蓮司」はやっぱり面白い。
 「夏木マリ」は個性が強すぎて微妙(笑)
 「江口洋介」は何しにきた?(爆)


 下級武士の次男坊の主人公。
 配下の城中での喧嘩を止められず、離縁されたりイマイチ運がない男。

 そんな彼が出世目的にお稲荷さんに神頼みに行く事になる。
 ところが、目的とは違うお稲荷さんに願い事をしたばかりにひどい目に…。
 何故か、3人の災いの神に取り憑かれる事になる。
 展開は原作どおり?


 第一の災いの神は“貧乏神”が登場。
 “貧乏神”のキャラが良い。
 でも、演出じゃない。

 「西田敏行」の“福の神”を思わせるキャラにおんぶに抱っこじゃん。
 そんな「西田敏行」は【ゲゲゲの鬼太郎】より良かったな。
 クスリという笑いが心地良い。

 この後、“疫病神”、“死神”と登場するのだが…。
 基本的に展開は“貧乏神”と同じ。
 なのに、神さん達が彦四郎に感情移入する描写が甘い。

 「何で、そんなに簡単に」って感じ。
 製作側が予定調和を観客に押し付けている。
 しかも、どんどんコミカルな部分が減っていくので、観ていてまったく面白くない。

 “疫病神”の「赤井英和」は活舌が悪過ぎ。
 何を言っているのか分んない(笑)
 てか、何故相撲取り?

 “死神”の「森迫永依」はキャラのギャップが上手く描かれていない。
 どこが“死神”なのさ?
 鞠つきのシーンとかいくらでも不気味に出来たのに…。
 子役にしている意味がない。

 「森迫永依」は頑張っていたけど…。
 さすがに「西田敏行」と違って、監督の演出なしでは無理?



 クライマックスの展開も演出不足。
 てか、唐突?
 てか、いきなりシリアス?
 そこまで、まるで幕末の雰囲気なんか無かったのに。

 榎本武揚と勝海舟が登場するだけ。
 幕末において、追い詰められている幕府の感じなんか描かれていない。
 説明台詞だけ…。

 主人公の想いが何故そこに行くのか?
 感情移入できるほどの描写がないでしょう?

 100歩譲っても寛永寺の戦いは余計。
 映像もチャチだし(笑)
 彦四郎と小文吾の二人が出陣する後姿で終わらせるべき。
 その方が余韻があるような気がする。

 てか、「佐藤隆太」演じる小文吾のキャラというか、動きも唐突だったな。
 省略しすぎのキャラでしたね。
 物語的には重要なキャラだったみたいだけど…。



 ラストのどっかのサスペンス・ドラマみたいな「お遊び」は御愛嬌?
 興醒めして、意味不明だけど(笑)
 エンド・クレジットは所詮内輪受けだな…。



 オフィシャル・サイトはこちらから→http://tsukigami.jp/


 次回は、オイラも懲りない男だ(笑)
 「ウーヴェ・ボル」監督作品。やっぱりゲームが原作。【ブラッドレイン】です。



ti1025 at 11:29│Comments(3)TrackBack(29)【2007年 劇場鑑賞】 | 【邦画 た行】Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

29. 『憑神』 この世の沙汰は憑神次第  [ *モナミ* ]   2008年07月25日 09:14
婿養子先の義父に、「ただの種馬だ」と追い出された、 どうにもうだつの上がらない彦四郎。 家柄も、代々将軍の影武者を勤めてきた家で、悪くはないけれど、 時代が悪かった。 まるで浪人のようにブラブラ過ごしている彦四郎、それよりも、 家督を継ぎながらも全くや...
28. mini review 08308「憑神」★☆☆☆☆☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2008年07月01日 13:21
激動の幕末を舞台に、しがない下級武士が3人の災いの神様に取り憑(つ)かれて奮闘する姿を描いた時代劇ドラマ。1999年に公開され大ヒットした『鉄道員』の原作・浅田次郎と監督・降旗康男のコンビが8年ぶりにタッグを組み、時代が移りゆく世相の中で、武士としての本分を取...
27. 憑神&週刊少年ジャンプ27号  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年06月03日 20:32
憑神はWOWOWで1日に録画して本日の午後から鑑賞したけども 結論から言えば面白かったけども内容が予想通りだし微妙だったね 内容は江戸時代の幕末に出世を逃がした下級武士が稲荷様で祈ったら 災いを発生させる貧乏神&疫病神&死神に取り憑かれ展開だった 妻...
26. 憑神 <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2008年01月08日 01:05
日々、腹を減らしていて、ちょいパラサイトぎみの彦四郎。弱り目にたたり目とは 正にこの事?めちゃめちゃツイて無い人が 更に不幸になっていくという。彦四郎は向島にある「三囲り稲荷」にお参りするはずが、酔っていた為に「三巡り稲荷」にお参りしてしまう。それが災...
25. ★「憑神(つきがみ)」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年08月09日 03:34
今週の平日鑑賞は、今月、妙に気になる作品をリリースしてる「109シネマズ川崎」で2本。 その2本目。
24. 【劇場映画】 憑神  [ ナマケモノの穴 ]   2007年07月14日 22:21
≪ストーリー≫ 時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦もない平和な世においては影武者の出番などあるはずもなく、毎日暇をもてあますばかり。出世はもはや...
23. これはご利益?!~「憑神(つきがみ)」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年07月13日 17:08
「三巡」違いで手を合わせちゃって 同じお稲荷さんでもよりによって 呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ンの神様がこんなんじゃ、 あまりに悲壮な彦四郎。 外見は金持ちの旦さんみたいな貧乏神、 病気のほうが逃げ出しそうな力士風貌の疫病神、 どう考えても死からは程遠....
22. 憑神(つきがみ)  [ ちわわぱらだいす ]   2007年07月11日 01:20
見てきました~♪ 評価がイマイチだったのでまったく期待せずに 反対に行くのはいやだったんだけど梨菜に引きずられて。。。。 面白かったです。。。 配役が良かったよねぇ。あちこちに結構名の通ってる役者さんたちがわらわら。。。 妻夫木聡は見事なまでに清く正しく...
21. 憑神(つきがみ)  [ 空想俳人日記 ]   2007年07月07日 19:56
憑いた神 月も嘘突く 願い事   おおお、死神が飯を食ってるよ。しかも何杯もお替りしおって。すげえ食欲。見るからにもう、元気もりもりだあね。育ち盛りなんだろうね。  カメラ・フォーカスは、そんな彼女おつやを演じる森迫永依にピンが来てる。だけどだけど、...
20. 憑神(つきがみ)  [ Good job M ]   2007年07月07日 06:37
公開日 2007/6/23原作:浅田次郎監督:降旗康男出演:妻夫木聡/森迫永依/佐々木蔵之介/香川照之/赤井英和/西田敏行/江口洋介 他【あらすじ】時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の...
19. 「憑神」  [ Tokyo Sea Side ]   2007年07月04日 13:40
うだつのあがらない生活をしている武士・彦四郎に取り憑く災いの神たちが皆個性的で、どこか憎めない。特に貧乏神役の西田敏行はいい味出してます☆ 彦四郎とこの神たちのやり取りが面白く、彦四郎の人間性に触れるにつれて徐々に変化していく過程が見物です。 “宿がえ”...
18. 憑神(つきがみ)  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年07月03日 22:41
このチラシの妻夫木聡の表情の様に疑問の残る「憑神」。本当に浅田次郎作品なのか、コレは!?                               評価:★4点(満点10点) 2007年 1...
17. 「憑神」軽妙さから『面白い』を取ってしまった  [ soramove ]   2007年07月02日 09:06
「憑神」★★☆ 妻夫木聡主演 降旗康男 監督、2007年 時は幕末、 一般のひとより苦労の生活を強いられる 下級武士が主人公。 人が良く、プラス思考で 明るい人柄の主人公に 取り憑いたのは「貧乏神」「疫病神」 そして「死神」 深刻にならず、飄々と...
16. 憑神 07146  [ 猫姫じゃ ]   2007年07月02日 04:57
憑神 2007年   降旗康男 監督  浅田次郎 原作妻夫木聡 佐藤隆太 香川照之 夏木マリ 佐々木蔵之介 鈴木砂羽 笛木優子 西田敏行 赤井英和 森迫永依 初めてじゃないかなぁ、ぶっきぃが、かっこよく見えたのって、、、 ま、落語ですよね。 なかなかおも....
15. 「憑神」試写会レビュー えんたていめんと   [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2007年06月30日 19:19
まわりの観客が笑ってるとこちらまでもうれしくなる。とくにご年配のひと。純粋に、なんか良い空間だなと思う。
14. 『憑神』観た〜  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2007年06月30日 17:25
変なお稲荷様に拝んだばかりに、三人のとんでもない神に取り憑かれる男、彦四郎(妻夫木聡) 貧乏神と疫病神は”宿替え”して、難を逃れたものの、最後の死神は自分で運命を引き受ける...。 いや〜、私も、ついこの間
13. 憑神(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年06月30日 14:24
神様いったい、何様のつもりですか?
12. 男の運命を握っているのは、やぱっり女?『憑神』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年06月29日 11:30
災いの神に取り憑かれた武士の物語です。
11. 憑神(つきがみ) (2007年)  [ シネマテーク ]   2007年06月28日 22:08
【コメント】★★★★☆☆☆☆☆☆ 後半に行くにしたがって、段々とつまらなくなる。原作を読んだ時から、こうなる可能性があるなぁとは思っていた。ビンゴ!!! 原作はそれなりに楽しめるのだが、映像化にはチト無理があるストーリー展開をしているのだ。 映画の最初は面白い...
10. 憑神  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年06月28日 13:16
試写会にブロガーとして招待されました。 同伴1人可能だったので妹を引き連れて参加也。 原作は浅田次郎氏、監督は降旗康男氏。 「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビですね。 時は幕末。 別所彦四郎は下級武士とはいえ、 代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。...
9. 映画「憑神」  [ 日々のつぶやき ]   2007年06月28日 11:19
監督:降旗康男 出演:妻夫木聡、佐々木蔵之助、夏木マリ、西田敏行、香川照之、江口洋介、佐藤隆太、赤井英和、森迫永依 「幕末、下級武士の彦四郎は婿養子先から離縁され兄のもとに居候の身。ある日酔っ払った帰り道に拍手打ったところ出てきた神様は・・」 いい
8. 憑神 [映画]  [ mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 ]   2007年06月27日 23:43
★★★★★★☆☆☆☆ http://tsukigami.jp/index.ht
7. 憑神  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年06月27日 14:53
       イワシの頭も信心から・・・っちゅう言葉もありますわな。   ど〜やろうね、コレ。 可もなく不可もなく、といったところでしょうか。 時は幕末。 下級武士の彦四郎(妻夫木聡)が出世したいという思いから、手を合わせたお稲荷様が、なんと災いの神...
6. 「憑神(つきがみ)」題材はおもしろいのに  [ ももたろうサブライ ]   2007年06月27日 14:13
監督 降旗康男 原作・浅田次郎と監督・降旗康男という「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビ復活!って振り仮名いれないとタイトルが読めないところまで前作を踏襲(?) 浅田次郎は好きな作家なのだけど、「鉄道員」も含めて映画化はあまり成功していない(全部観たわけでは...
5. 【2007-88】憑神(つきがみ)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年06月26日 19:47
3 人気ブログランキングの順位は? あんた、ツイてるね。 いいえ、とりツカれてるんです。 神頼みのはずが、 現れたのは三人の災いの神だった。 あなたも、ツイてるよ。 神様いったい、 何様のつもりですか?
4. 憑神  [ Akira's VOICE ]   2007年06月26日 16:57
印象に残るのは米米クラブの「御利益」だけ。
3. 『憑神』舞台挨拶@丸の内TOEI 1  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2007年06月26日 00:17
今回は、妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、佐藤隆太、江口洋介、香川照之、佐々木蔵之介、夏木マリ、鈴木砂羽、森迫永依出演の『憑神』の舞台挨拶レポートでございます。会場は丸の内TOEI1。ココで映画見るのは何年ぶりだ?『バトル・ロワイアル』公開時は徹夜で並んだ記憶も....
2. 憑神 / 映画   [ あかねのたわごと☆本日記 ]   2007年06月25日 16:07
全てのツイてない人に幸せ《ツキ》を呼ぶ。。。とゆーキャッチコピーに惹かれて(笑)観ました映画『憑神』ですSTORY:時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦...
1. 「憑神」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2007年06月24日 23:03
試写会で観てきました。6月23日公開  「憑神」公式サイトあらすじ:うだつのあがらない下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)は、ささやかな出世を願って神様に懇願するが、祈る稲荷を間違えたために貧乏神・疫病神・死神という3人の災いの神に取り憑かれてしまう。社会...

この記事へのコメント

1. Posted by あん   2007年06月30日 17:24
>『江口洋介』は何しにきた?(爆)
全くでございます(爆)

『鉄道員』とは、同じ作者でも出来不出来があるのだと思います。
いくら死神に取り憑かれたといっても、武士の価値観が崩れる幕末で、あのような行動は共感を呼ばないので、あります。
うん、戦いも長かったし。
最後になればなるほど”詰めは甘かった”ですね。

妻夫木君に時代劇は似合うのか?う〜ん、微妙〜。
少なくともヅラは、似合わない...。
2. Posted by 耕作   2007年07月02日 17:15
◆あんさん

>『鉄道員』とは、同じ作者でも出来不出来があるのだと思います。

う〜ん、真理だ(笑)
つまらない原作を面白くする事も出来るんですけどね、映画では…。
所詮、作り手の問題か(爆)
3. Posted by ������������   2013年08月08日 14:14
2 ������������絅純���������������~ ���紊�~

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
 
今までのお客様
お客様数が増えると
とっても励みになりますw



耕作のかわら版
ご意見、ご要望、伝言、お叱り、
なんでもありの掲示板です。
お気軽にどうぞ♪

livedoor プロフィール

耕作

単なる映画好きのタクシードライバーです。
日頃のストレスを映画で発散する為、理不尽な作品に出会うと時々ですが、暴走した感想を投稿いたします♪
その為、お怒りを買うかもしれませんがなにとぞ御容赦を…。

ぺっと?たち
この意味のなさが素敵w
げいじゅつ?
絵画のあるブログ(笑)


4コマ漫画で“ホッ”と一息
♪すぽんさーどりんく♪

DVD通販はこちら

ぺーじらんきんぐ♪


アクセス解析