脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

2011年12月

Set operations illustrated with Venn diagrams | TikZ example:
前記事では画面上のソースをコピーしましたが、ダウンロードしたTeXソースには preview.sty が使われています。

これに、

\def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}

を入れても platex→dvipdfmx ではうまくいきません!

screenshot1
のように用紙はA4のままで図は上の方に飛び出してしまいます。(´;ω;`)

さて、どうしたものか?


参考:
KURASAWA's Home Page : Ubuntu:

こんなに簡単ならもっと早くにインストールすべきだった(^_^;)

【やったこと】
(1)install-tl-unx.tar.gzをダウンロード
(2)ホームにworkフォルダを作成し、install-tl-unx.tar.gzを展開する(フォルダinstall-tl-20111227ができる)
(3)端末(コマンドライン) を開いて、install-tl-20111227をカレントにする。
(4)sudo ./install-tl
(5)i を入力すればインストールが始まる。

私のパソコンでは1時間とちょっとだが、眠ってしまったので定かではない。(^_^;)
確認のためplatex -helpと入力するとそんなもんないと怒られた( ̄▽ ̄;)!!ガーン

PATHを通していなかったことが原因だった。。。
以下はTeXworks以外でも、latexするのに必要だ。
(6)インストールが終了したら,環境変数 PATH を変更するため ~/.profile に
PATH=/usr/local/texlive/2011/bin/i386-linux:$PATH
を追加する。
(7)ログオンしなおし

screenshot1
****
ti5942@Ubuntu-D:~$ platex -version
e-pTeX 3.1415926-p3.2-110415-2.3 (utf8.euc) (TeX Live 2011)
kpathsea version 6.0.1
ptexenc 1.2.0
Copyright 2011 D.E. Knuth.
There is NO warranty.  Redistribution of this software is
covered by the terms of both the e-pTeX copyright and
the Lesser GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file
named COPYING and the e-pTeX source.
Primary author of e-pTeX: D.E. Knuth.

****

【TeXworksの設定】
参考:
TeX Live 2011のインストール on Ubuntu 10.04 - どこかWiki:

【platexでTikZ】
Set operations illustrated with Venn diagrams | TikZ example:
まずは、pdflatexでうまくいくかを確かめる。
screenshot1screenshot2
次にplatex+dvipdfmx
screenshot1screenshot2
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
そこで、参考:
latex-beamerと日本語とdvipdfmxでtikzを使う | ujimushiの日記 | スラッシュドット・ジャパン:
プリアンブルに
\def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}
を入れればうまくいくらしい。
【確認】

\def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}

\usepackage{tikz}


screenshot1screenshot2

順序を入れ替えても大丈夫かな?

% \def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}

\usepackage{tikz}

\def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}

screenshot1screenshot2
やっぱりダメですね。。。

次にjsarticleで試してみる。

\documentclass{jsarticle}

% Set operations illustrated with Venn diagrams

% Author: Uwe Ziegenhagen

% This is an expanded version of an example provided by T. Tantau

\def\pgfsysdriver{pgfsys-dvipdfmx.def}

\usepackage{tikz}

\begin{document}

screenshot1screenshot2
オオーw(*゚o゚*)w、jsarticleは余白が少かったんだ!


最後に日本語を使ってみる!
screenshot1screenshot2
v( ̄∇ ̄)v

GeoGebraでは、変換できないし。。。
他のツールはコードが膨らむからなあ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
【HTML5 Canvas】


ヾ(´ω`=´ω`)ノ

(1)与えられた円に内接する正五角形
screenshot1
半直線AOと円との交点をB、直径ABの垂直二等分線と円との交点をC,Dとする。
半径ODの中点をEとし、Eを中心にEOを半径として円を描く。
screenshot1
あとは、グリッド表示のときと同じ。

ということで、今回は数字を入れていこう!
最初の円の半径を1とします。すると、円Eの半径は \(\displaystyle \frac{1}{2} \)
線分EBの長さは\(\displaystyle \frac{\sqrt{5}}{2} \) なので BF=\(\displaystyle \frac{-1+\sqrt{5}}{2} \) =\(\displaystyle \frac{1}{\phi} \)
screenshot1
ここで点Bを中心に半径BFの円を描き、最初の円との交点をG,Hとする。
screenshot1
四角形AGBHの面積は AG・GB = \(\displaystyle \frac{1}{2} \)AB・GH = GHだから
\[ \frac{\text{AG}}{\text{GH}} = \frac{1}{\text{GB}} = \phi \]

あとは省略

(1)与えられた円に内接する正五角形、五芒星
screenshot1

。。。
screenshot1

screenshot2

screenshot2


(2)与えられた線分を一辺とする正五角形
screenshot1

screenshot1

screenshot1

線分BFの垂直二等分線
screenshot1

三角形AFBに外接する円
screenshot1

点Fを中心とする半径FHの円
screenshot1

出来上がり!
screenshot1

あっ、間違えた。。。
線分BFの垂直二等分線の次は

線分AFの垂直二等分線と点Fを中心とする半径FHの円
screenshot1

今度こそ、出来上がり!
screenshot2
ちなみに、点Gは正五角形に外接する円の中心になっている。

(1)与えられた円に内接する正方形
screenshot1
さて、どうしたものか?

直線AOと円との交点をBとし、線分ABの垂直二等分線と円との交点をC,Dとする。
screenshot1

点A,C,B,D,Aを結べばよい。
screenshot2

ありゃ?「角度を指定して点の回りにオブジェクトを回転」がよかったかな。。。
screenshot1screenshot2
あっ、分度器使っちゃダメやん。。。

(2)与えられた線分を一辺とする正方形
screenshot1
さて、どうしたものか?

線分ABの中点をCし、線分ABの垂直二等分線と線分ABを直径とする円との交点のひとつをDとする。
screenshot1
点A,Bの点Dに関する対称点をそれぞれA',B'とする。
screenshot1
点A,B',A',B,Aを結べばよい。
screenshot2

あっ、違った。。。

対称点のところを以下のように修正(同じことだが。。。)
点Dを中心として点Aを通る円を描き、半直線AD,BDと交点をそれぞれE,Fとする。
screenshot1
あとは、点A,F,E,B,Aを結べばよい。
screenshot2
このほうがわかりやすいような気がする。同じことだけど。。。(^_^;)

(1)まず、円に内接する正方形をグリッドを利用して描く。
screenshot1
残りの3点B,C,Dを下左図のようにとり、それらを結べばよい。
screenshot1screenshot2

(2)与えられた線分を一辺とする正方形
screenshot2

残り2点C,Dを下左図のようにとり、点A,C,D,B,Aを結べばよい。
screenshot1screenshot2



適当な円から始めるものと線分から始めるものの2種類。
グリッドを利用するものと利用しないものの2種類。

これらの組み合わせの計4種類。

screenshot1screenshot2

screenshot1screenshot2

まあ、適当に描いてみることにする。

このページのトップヘ