脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

2012年01月

・Qt4リンギスト
・翻訳ファイル(qtikz-ja.ts)
・フレーズブック(.qph)の利用

ヒント:
days of speed:
screenshot1


【翻訳ファイル(qtikz-ja.ts)の作成】
コマンドlupdateを使います。
*****
ti5942@Ubuntu-D:~/ktikz/app$ lupdate -help
使い方:
    lupdate [オプション] [プロジェクトファイル]...
    lupdate [オプション] [source-file|path|@lst-file]... -ts ts-files|@lst-file

lupdate は Qt Linguist ツールチェインの一部です。Qt UI ファイル、C++ 、Java、
JavaScript/QtScript のソースコードからメッセージを抽出します。
抽出されたメッセージは原文として翻訳ソースファイル(通常は Qt TS XML)に保存されます。
新しく追加されたり変更されたメッセージは既存の TS ファイル内のメッセージからマージされます。

オプション:
    -help  このヘルプを表示して終了します。
    -no-obsolete
        すべての未使用の文字列を取り除きます。
    -extensions <ext>[,<ext>]...
        与えられた拡張子のファイルだけを処理します。
        拡張子のリストはカンマで区切り、空白スペースを含んではいけません。
        デフォルト: 'java,jui,ui,c,c++,cc,cpp,cxx,ch,h,h++,hh,hpp,hxx,js,qs,qml'
    -pluralonly
        複数形のメッセージだけインクルードします。
    -silent
        完了した事を通知しません
    -no-sort
        TS ファイル内のコンテキストをソートしません。
    -no-recursive
        ディレクトリ内を再帰的に処理しません。
    -recursive
        ディレクトリ内を再帰的に処理します。(デフォルト)
    -I <includepath> or -I<includepath>
        include ファイルを検索するパスを追加します。
        複数回の指定が可能です。
    -locations {absolute|relative|none}
        TS ファイルに保存されるソースコードの参照方法を指定/上書きします。
        デフォルトは absolute (絶対パス)です。
    -no-ui-lines
        UI ファイルを参照する行番号を記録しません。
    -disable-heuristic {sametext|similartext|number}
        指定された手法のあいまいマージを行いません。複数回の指定が可能です。
    -pro <ファイル名>
        .pro ファイルの名前を指定します。.pro ファイルの書式に従いながら、
        拡張子が異なる場合に有用です。
        プロジェクトは再帰的に検索し、複数指定時はマージされます。
    -source-language <language>[_<region>]
        新しくファイルを作成する場合のソース文字列の言語を指定します。
        指定されない場合のデフォルトは POSIX です。
    -target-language <language>[_<region>]
        新しくファイルを作成する場合の翻訳言語を指定します。
        指定されない場合はファイル名から推測されます。
    -ts <ts-file>...
        出力ファイルを指定します。プロジェクトファイルで指定された
        TRANSLATIONS と CODECFORTR は無視されます。
    -codecfortr <codec>
        tr() の呼び出し時に想定されるコーデックを指定します。-ts オプションを指定した場合にのみ有効です。
    -version
        lupdate のバージョン情報を表示して終了します。
    @lst-file
        lst-file を使って追加で読み込むファイル名(1行に1ファイル)を指定します。

*****
screenshot1

ソースのktikzフォルダの中のappフォルダの中に、app.pro、qtikz_de.ts、qtikz_es.ts、qtikz_fr.tsが入っています。

そこで、
lupdate -pro app.pro -ts qtikz_ja.ts
とすれば、
screenshot1
qtikz_ja.tsが作成されます。
これをQt4リンギストで開くと
screenshot1
これで翻訳を始めてもいいのですが、付属のjapanese.qphを開いて、一括翻訳をしてみます。
screenshot1

screenshot2screenshot1







たったの6項目。。。(´;ω;`)

ヒントは
田中 健太 さんが,Texmaker 日本語化キット を作成してくださっています.日本語化が必要な方はこちらもダウンロードしてください.

この日本語化キットの中のREADME.txtにこう書かれています。
*****
3. 誤訳の指摘など
誤訳の指摘やさらに良い翻訳案などがありましたらぜひ上記メールアドレス
宛てにお知らせください。

あるいは、翻訳リソースファイルtexmaker_ja.tsも同梱していますので、
ご自分でメッセージファイルを再構築してください:-) texmaker_ja.tsを
Qtツールキットのlinguist(-qt4)コマンドあるいはUTF-8を扱えるテキストエ
ディタで開き、適宜編集してください。修正が終わったら、Qtツールキットの
lrelease(-qt4)コマンドで変換します。
*****
Ubuntuソフトウェアセンターでqtで検索するとありました。これを使いましょう!
screenshot1

Index of /tex-archive/macros/latex/contrib/stex/xsl/LaTeXML:
screenshot1

例題は
screenshot1
コマンドは
ti5942@Ubuntu-D:~/TeX/texwiki$ latexml --destination=ex2.xml  ex2
ti5942@Ubuntu-D:~/TeX/texwiki$ latexmlpost --numbersections --destination=ex2.html --pmml --stylesheet=LaTeXML-html5 --css=tama-style.css ex2
screenshot1

tama-style.cssというのは、
多摩美 - メディアリテラシー 2010 HTML5+CSS3 入門 | yoppa org:

でダウンロードしたもので、navを右側にしたもの。
screenshot1
こんな感じを期待したが。。。

しかし、上記の例の結果は
screenshot1
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
多少は覚悟していたが、あまりにも期待していたものとかけ離れているヽ(TдT)ノ

そこで、htmlのソースを見てみると
screenshot1
(((( ;゚д゚)))(つд⊂)ゴシゴシ

ちょっと待って、これじゃ、h2,h3は?h1しかないではないか(`□´)コラッ!
TeX入門/HTMLとLaTeXの比較 - TeX Wiki:
screenshot1

どうすりゃいいんだ?



Texworks,Texmaker3.2.2と同じく編集画面でIM(インプットメソッド)の指定ができます。(ibus-qt4はインストール済みとする)
注意.内部エディタでのファイルの保存はNG!日本語が化けるぞ(ノ`Д´)ノ

screenshot1
PDFLaTeX command: pdflatex,xelatex,lualatexのいずれか
【テンプレートの例】
テンプレートの修正はここで指定した外部エディタで行います。デフォルトはkwriteですが、私はgeditにしました。
(1)pdflatexの場合、ucsパッケージを使います。
screenshot1screenshot1

screenshot2

(2)xelatex,lualatexの共通のテンプレートはfontspecパッケージを使います。
screenshot1
xelatexの場合は、fc-list | sort で表示されたフォントの名前の和名、英名どちらでも指定可能ですが、lualatexの場合は、mkluatexfontdbにより作成したデータより検索するので指定は英名のみしか受け付けません。
xelatex
screenshot1

lualatex
screenshot1screenshot2

(3)lualatexのもうひとつの例:luatexjaパッケージを使用する。
screenshot1

この利点は折り返しをしてくれるということ。
screenshot1screenshot2
(2)のときは折り返しがうまくいきません。
screenshot1screenshot2


システムにインストールしたくない場合は、ソースをダウンロード。
展開したktikzフォルダにてqmake→makeで下位のappフォルダにqtikzができるので、それを起動すればいいだろう。

【スクリーンショット】
screenshot1screenshot2

注意.内部エディタでのファイルの保存はNG!日本語が化けるぞ(ノ`Д´)ノ

screenshot1


なお、画像のExportはちゃんと日本語が出力されるオオーw(*゚o゚*)w

保存が必要なら、外部エディタで保存。保存したソースはinputで使えるが、画像の挿入だけで使うからソースはいらないかも。。。でも後で修正したい時はソースがあったほうがいいよな。(^_^;)

Flog » KtikZ – Editor for the TikZ language:

QtikZ binary package for Ubuntu LucidはUbuntu 11.10にインストールできる!
(Ubuntu LucidはUbuntu 10.04のこと)

とりあえず、これを使ってみよう!

まずは、このエディタの使い途(みち)だが。。。
TeX Wikiでは描画・グラフツールのドローソフトのカテゴリーに入っています(2012.01.22現在)
これは、このエディタで作成した画像を利用するということでしょう。

でも実は、ソースを利用することもできますね。

QTikZは、挿入される親ファイルをTemplateと呼び、そこに挿入する子ファイルを編集するためのエディタです。

screenshot1

まず、SettingsのConfigure QTikZ...
screenshot1

ここで、「Show TikZ commands in dock instead of menu」にチェックしてこのQTikZを起動しなおすと
screenshot1screenshot2
これは、Texmakerに似た構成の編集画面でしょう(^_^;)
あとは、PDFLaTeX commandとTemplatesのEditor commandを変更すればいいです。

当然、PDFLaTeX commandは、Templatesに合ったコマンドを指定します。

このページのトップヘ