脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

2013年09月

とある科学の超電磁砲S<レールガン> 公式サイト:

ソースとPDF
screenshot1screenshot2


ステップ1
グリッドを表示し、各文字の位置決め、大きさ(拡大率)を設定する。
screenshot1screenshot2

数値指定では、厄介なので、最初の「と」以外はシェイプ(矩形)を利用する。
そのために、編集時には、drawオプションを付け、シェイプを表示させておく。

screenshot1screenshot2

なお、「レールガン」はひとつにまとめている。



ステップ2
赤地に白文字のものを重ね合わせる。(scope環境)
screenshot1screenshot2


ステップ3
必要なものだけ残す。(clip)
screenshot1screenshot2


注意.
「レールガン」を縦にするには




kmaed/pdffill · GitHub:
screenshot1

「特に日本語を扱いたい場合は pdflatex ではほぼ無理なので,xelatex か lualatex のどちらかが必要となります.」
→この情報は古い!
pdflatexの場合は、
(BXjscls)+ bxcjkjatype

まずは、ドキュメントpdffill.pdfを見ながら、スマホ(アンドロイド携帯)でのひとつの入力例を示す。

1.ファイルマネージャで新しいフォルダ(pdffill-test)を作成し、ここにsampleform.pdfをコピーし、新しいファイル(kaken-template.tex)を作成する。

image

2.kaken-template.texをVim Touchで開き、日本語以外のコードを書く。

imageimageimageimage

3.今度は、TeXpert Lightで開き、コンパイル、ログ確認、PDFを表示する。Cleanも行う。

コンパイル
imageimageimageimage

ログ確認
imageimage

PDF表示
imageimageimage

生成されたファイルの削除
image


4.名前を変えて保存し、日本語部分を編集する。

imageimageimageimage

ありゃま、はみ出ています。。。


ちなみに、xelatexで処理したものは
imageimageimage

ドキュメントpdffill.pdfの結果と同じになる。


参考サイト:
オフラインのルートなしAndroid上で日本語texをする(インストールなどにオンライン作業要、PC不要、フリーソフトのみ) - Yahoo!知恵袋:

【改良点】
・パッケージがインストールされる毎にオンラインでダウンロードする
→インストール予定のパッケージを予めダウンロードしておく。
・追加パッケージ(ipaex-type1,bxcjkjatype,BXjscls)およびupdmapの変更が面倒
→フォルダごとコピーするだけ、あるいは圧縮ファイルを展開するだけでいいようにする。

・準備

https://www.dropbox.com/sh/mpvm9c7nf9r2pqw/R9oiuRQJ2g/install-plus
より、
step1.zipとstep3.zipをダウンロードしておく。

image

【初めてTeXPortalをインストールした場合】

ステップ1.
step1.zipをTeXポータルのfilesフォルダに展開、または中身をコピー

imageimage

ステップ2.
TeXポータルのinstall packageで、latexをインストール

imageimageimage


ステップ3.
step3.zipをTeXポータルのfilesフォルダに展開、または中身をコピー(上書き)

*****
step3.zipの中は
image

これを/mnt/sdcard/Android/data/lah.texportal/filesフォルダにコピーします。
imageimageimage

注意.
ここは、参考サイトの「ステップ4」です。
参考サイトでは、ipaex-type1関連をtexmf-distフォルダに入れてますが、追加パッケージはすべてtexmfフォルダに入れて構わない。
もし、参考サイトと同じようにしたいのなら、step3.zipの中のtexmfフォルダを開いて該当フォルダを個別にコピーすればいいでしょう。
*****

ステップ4.
TeXポータルのinstall packageで、cjkをインストール
(私のスマホSBM003SHでは、15分以上かかる)
imageimageimageimage


以上

後の操作は、TeXpert Light(無料)で行えばよい。

このページのトップヘ