脳卒中左片麻痺になりました

twitter http://twitter.com/#!/ti5942

2014年05月



dvipdfmxのオプション指定ができないので、フォント埋め込みは諦めてたのだが。。。

「文書中で埋め込みフォントを指定する」スペシャルというのがあるんですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

\AtBeginDvi{\special{pdf:mapfile ptex-ipaex.map}}

フォントが埋め込まれたかどうかは、「Adobe Reader」で開くとわかる。
2014-05-29-22-40-50
2014-05-29-22-41-41

フォントが埋め込まれてないときは、ゴシック体になるのです。


2014-05-29-22-39-26

 


ということなので、pdflatexで、pdf14パッケージを使うとOK!

 2014-05-29-07-22-442014-05-29-05-49-242014-05-29-05-49-442014-05-29-05-49-52


まあ、bb直接指定でもpdflatexを走らせるつもりだったから、名前の変更は必要だが、mediabbを使うことにしよう(⌒▽⌒)

以下のツールで変換して試してみた。
1.Texpad pdflatex クラウド(オンライン)・previewパッケージ
2.TeX Writer pdflatex ローカル・previewパッケージ
3.Neu.Draw
4.Foxit PDF
5.writeLaTeX(オンライン)・previewパッケージ
*******

1.「bbファイルが見つからない」でエラーになる。
つまり、mediabb.styが効かない。。。予想外の結果(-_-;)
(bb直接指定でOK!)

2.これは、mediabb.styが機能する。1でうまくいかなかったので、ある意味驚いた。
iPad用のアプリだから、うまくいったのかな?

3.これも、mediabb.styが機能するが、画像の下部に少し余白が入る。これは、このアプリの仕様だと思う。

4.エラーにならないが、画像が表示されない。ダウンロードしたapple.pdfも同じ。
pdfLaTeXなら、挿入できるが、以下のワーニングがでる。
2014-05-28-12-38-26

5.1と同じ

結論、他のアプリで変換しないとmediabbが有効にならないのなら、却って面倒だ。。。(-_-;)

では、「mediabbパッケージ」に改善の余地はあるかというと。。。

ということらしい。

ということで、medibb パッケージの使用は諦めることにしよう。。。。

graphicsパッケージのdvipdfmドライバでpdf画像のサイズを直接取得する:

使うのは、graphicxパッケージのdvipdfmxドライバなんだけど、「pdf画像のサイズを直接取得する」には問題ないだろう。

が、混乱してしまう。。。ので、PDF画像のみに制限したものがほしいところだ。

注意する点は、他のアプリで作成または変換したPDFが、dvipdfmxではうまく挿入できないことがあるということ。そんなPDFでもpdfLaTeXで挿入できる場合が多いので、pdfLaTeXを通すといいかも。
特に、PNGやJPEG画像は、pdfLaTeXでPDF変換するのが無難だと思う。

 例.まずは、apple.pngのダウンロード。サイトを開いて、画像を保存する。
2014-05-22-11-44-48 
2014-05-22-11-45-022014-05-22-11-45-04



この画像は、写真ロールに保存され、その際に、名前が変わってしまう。
次に、この画像を適当なアプリで変換するのだが、今のところ以下の4つで試してみた。
1.Texpad pdflatex クラウド(オンライン)
2.TeX Writer pdflatex ローカル
3.Neu.Draw
4.Foxit PDF
5.writeLaTeX(オンライン)

(続く。。。)


機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

(2)吹き出し(Callout)
screenshot01

Shapes ライブラリのcalloutsに
retangle callout(矩形)、 ellipse callout(楕円形)、 cloud callout(雲形)
の3種類あるが、矩形の場合はオプションに rounded corners を指定することで、4隅を丸くすることができるので、実質4種類。

注意.絶対位置のポインタ指定(callout absolute pointer )は、最新では使えるが、そうでなければ、エラーになる。
例えば、
screenshot01

このページのトップヘ