機種:acer ICONIA TAB A500
Androidのバージョン:3.2.1 (ルートなし)

シェルスクリプト fmtutil.sh を使おう!
kboxシェル端末なら、シェルスクリプトは無修正でいける場合が多い。(awkコマンドはないので、注意する)

1.tl2013のツリーを使う場合(2013以降、TEXMFMAIN と TEXMFDIST は同じ)
ディレクトリ $TEXMFMAIN/scripts/texlive/ に fmtutil.sh があるので、直接 sh してよい。

が、ホームにパスの通ったスクリプトの格納場所を作り、ここにコピーし、実行権(chmod 755 fmtutil.sh)を与えよう。
さらに、fmtutil および mktexfmtにリンクしておく。(ln -s fmtutil.sh fmtutil; ln -s fmtutil.sh mktexfmt )

2.w32texのツリーを使う場合

ディストリビューションW32TeXには、シェルスクリプトは含まれていない!
したがって、別途用意する必要がある。(あとでアップしよう)
ここでは、tl2013のツリーも導入しているので、そこからコピーした。

しかし、 fmtutil.shだけではfmtファイルは作成できません(-_-;)
そこで、必要なものを見つけてみる。
******
ti5942@Ubuntu-D:/usr/local/texlive/2013/texmf-dist/scripts/texlive$ grep 'TEXMF' fmtutil.sh
#   get $MT_TEXMFMAIN from $TEXMFMAIN
  case $MT_TEXMFMAIN in
    "") MT_TEXMFMAIN=`kpsewhich --var-value=TEXMFMAIN`;;
  export MT_TEXMFMAIN
  MT_FEATURES=none "$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexdir" "$@" >&2
  "$MT_TEXMFMAIN/texconfig/tcfmgr" "$@"
  "$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexupd" "$@"
    : ${MT_TEXMFVAR=`kpsewhich -var-value=TEXMFVAR`}
    destdir=$MT_TEXMFVAR/web2c
ti5942@Ubuntu-D:/usr/local/texlive/2013/texmf-dist/scripts/texlive$
******
必要なものは、
$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexdir
$MT_TEXMFMAIN/texconfig/tcfmgr
$MT_TEXMFMAIN/web2c/mktexupd

$MT_TEXMFVAR/web2c
******

・texconfigディレクトリは、w32tex ツリーにはないので tl2013 ツリーから持ってくる。
・web2c ディレクトリは、とりあえず両方の内容を確認する必要がある。
【tl2013のweb2c】
・tcxファイル多数
fmtutil.cnf,fmtutil-hdr.cnf
mktexdir,mktedir.opt
・mktexnam,mktexnam.opt
mktexupd
・texmf.cnf
・texmfcnf.lua
・updmap.cfg,updmap-hdr.cfg
【w32texのweb2c】
・fmtファイルの入ったディレクトリ群
・tcxファイル多数
・fmtutil.cnf
・texmf.cnf
・updmap.cfg

なお、w32texのtexmf.cnfではTEXMFVARが使用しない設定になっている。
*******
% TEXMFVAR, where texconfig/updmap/fmtutil store cached runtime data.
% TEXMFVAR = ~/w32tex/texmf-var
%

%
% W32TeX does not define TEXMFCONFIG
%
% TEXMFCONFIG, where texconfig/updmap/fmtutil store configuration data.
% TEXMFCONFIG = ~/w32tex2013/texmf-config
%

% List all the texmf trees.
%
%
TEXMF = {$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
*******
これを、以下のように修正する。
*******
% TEXMFVAR, where texconfig/updmap/fmtutil store cached runtime data.
TEXMFVAR = ~/w32tex/texmf-var
%

%
% W32TeX does not define TEXMFCONFIG
%
% TEXMFCONFIG, where texconfig/updmap/fmtutil store configuration data.
% TEXMFCONFIG = ~/w32tex2013/texmf-config
%

% List all the texmf trees.
%
%
%%TEXMF = {$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
TEXMF = {$TEXMFVAR,$TEXMFHOME,$TEXMFPROJECTS,$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN}
*******

ということで、tl2013のtexconfigディレクトリと修正w32tex用texmf.cnfに置き換えたweb2cディレクトリをアップした。2つのディレクトリをw32texツリーのtexmf-distに入れる。web2cディレクトリは、上書きでいい。
w32tex-tuika-pkg.zip

また、とりあえずのkbox用のスクリプトもアップした。
scripts-kbox.tar


以上。