Screenshot01
Rを使えば,50個のデータから度数分布表を作らないでも即ヒストグラムが描けるけど...
ここでは,階級が10〜100まで10点刻みで,各範囲の個数は?
Screenshot01

> h$counts
[1]  3  4  3  8  8 12  9  2  1

だから,データxをソートして区切ってみると

> sort(x)
 [1] 15 18 20 23 25 25 30 | 35 40 40 | 45 45 46 46 48 50 50 50 | 55 55 56 57
[23] 58 60 60 60 | 62 62 63 63 65 65 65 67 67 70 70 70 | 75 75 75 78 78 78
[45] 79 79 80 | 85 90 | 95

aとbの間のデータというのは a < x[i] ≦ b (aより大きくてb以下)ということがわかる

ところが教科書をみてみると
DSC_0024


階級の区切りが15〜95の10刻みで範囲が以上未満になってる.
加えて「95点のデータ」は85点以上95点未満に入れますとなってる.(^_^;)

そこでhist関数のヘルプをみてみると

Screenshot01Screenshot02

ということで,とりあえず次のように描き変えた.

Screenshot01

yラベルを「縦書き」にするにはtikzコード化してから.

【tikzコード化】
library(tikzDevice)
tikz("tex/tikz/成績ヒストグラム.tikz")
hist(x,breaks = seq(15,95,10),right=F,col = "cyan",
     main="成績ヒストグラム",xlab="成績",ylab="人数")
dev.off()
訂正
library(tikzDevice)
tikz("tex/tikz/成績ヒストグラム.tikz")
hist(x,breaks = seq(15,95,10),right=F,col = "cyan",
     main="成績ヒストグラム",xlab="成績",ylab="人数")
dev.off()

これなら「警告メッセージ」は出ない
Screenshot01

QTikZで見てみる
Screenshot01Screenshot02
standaloneクラス,previewパッケージどちらのテンプレートでも大丈夫みたいだ.

注意.
QtikZでファイル保存すると日本語部分が文字化けする.

Pandocでも試してみる
とりあえず,別名「成績ヒストグラム1.tikz」で保存する.

【lualatex】
pandoc-luaP
Screenshot01Screenshot02


pandoc-luaS
Screenshot01Screenshot02



【uplatex】
Pandoc-uplatexP
Screenshot01Screenshot02Screenshot03




Pandoc-uplatexS

Screenshot01Screenshot02Screenshot03


standaloneクラスのときはワーニングが出る...

実はどちらもjsarticleクラス
Screenshot01Screenshot02

これをbxjsarticleクラスにするとどうなるか?
Screenshot01Screenshot02

Screenshot01Screenshot02Screenshot03




Pandoc-uplatexPbx
Screenshot01Screenshot02Screenshot03


Pandoc-uplatexSbx
Screenshot01Screenshot02Screenshot03



ありゃ,どちらもjsarticleのときと同じ結果だな.当然か...


y軸ラベルとラベルを縦書きに修正
Screenshot01Screenshot02Screenshot03




QTikZでラベルの大きさと位置を調整して,PNG形式でエクスポート(ブログにアップするため)
Screenshot01成績ヒストグラム1
なお,QTikZのテンプレートをpreviewパッケージのもの(template_luaP.pgs)にすると縦書きの「人数」が横になる...
Screenshot01Screenshot02


Pandocの場合はどうだろうか?